2010年11月05日

なぜ今「人権侵害救済法案」なのか? 言論の自由を守るためにも この法案を許してはならない!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



皆さま、人権侵害救済法案(人権擁護法案)をご存知でしょうか?


以前記事にしましたが、言いたいことが言えなくなってしまう社会を作り上げる 恐ろしい法案です。

 この法案についての過去記事はこちら ↓ をご覧になってください。
   言論支配の日がやってくる? 人権擁護法案


この法案の恐ろしさは次の通り ↓ です。

正当な批判さえ差別と取られる可能性がある。

差別の基準が非常にあいまいで、人権委員会だけの判断で罰せられてしまう可能性がある。

国籍条項を設けない人権局の設置により、同じく国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設けることにより国民個人の言動や、ひいては 公の言動までのすべてが監視対象となる。

人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しないので不当に訴えられ処罰されても泣き寝入りになる可能性がある。

インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上が考えらる。
そしてマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる可能性もある。(マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる)

何が差別と取られるかわからないので使える表現が減る。
その結果、アニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退が考えられる。(当たり障りのないものしか作れなくなる)

特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がる。

テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、現在 多くの国民に浸透していない。


具体的に言うと、例えば…。


中国産のものは危険だからできるだけ国産のものを購入しよう…ということが差別だ!と言われたり、


家賃を滞納した人に賃貸住宅を退去させたり、外国人には部屋を貸さない…ということも差別だ!と言われたり、


今問題になっている朝鮮学校無償化に反対!…って言うと差別だ!…って言われたり…。(実際に言ってますしね)


外国人参政権付与反対!に関しても外国人を不当に差別しているということになるようですしね。(これも実際に言ってます)


正当な批判すらできなくなる…って恐ろしいことだと思いませんか。


問題提起ができなくなるってことですから。


こうやって「日本の国を護るためのブログ」を書くことも差別だ!と言われて、


強制的に家宅捜査、証拠物品押収、罰金…ということになってしまう可能性があるのです。


私たちが考える「区別」が「差別」と捉えられ、罰せられることにつながるんです。


そんな恐ろしい「人権侵害救済法案」を 柳田稔 現法務大臣は早急に成立させようとしているんですよ。早急に!ですよ?



   2010 10 29【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ(9分15秒)


野党の城内実氏が述べられていますが、現在の人権侵害事案、年間2万件のうち99%は現行の法案で解決されているんだそうです。(5分40秒あたり)


現行の法案で個別に対応できるのに、なぜこういう問題の多い法案を早急に成立させる必要があるのかということですよ。


柳田稔法務大臣はいじめ、DVなど重大な人権侵害に対応させたいと述べられています。


確かにいじめやDV、高齢者虐待などは大きな問題です。


しかしいじめやDVが本当に人権侵害なのかを判定するのは非常に難しいのではないでしょうか?


いろんな事情があるのに一方の言い分だけで人権侵害路判定され、処罰を受けることにつながるわけです。


城内実氏はネズミには殺鼠剤、ゴキブリにはゴキブリホイホイ、ガンには抗がん剤を使えばいいのに、


ネズミやゴキブリを退治するのに火炎放射器やミサイルを使うようなもの、抗がん剤を必要以上に使うと健康な組織も殺してしまう…ということなんだと言われています。


同じことでもAさんにとっては差別、人権侵害だと感じることでも、Bさんにとってそうではないと感じることがあるのです。


それを国籍条項のない 強力な権限を持つ組織が判定するわけですよ…?


社会通念上認められていることまで「人権侵害だ」という烙印を押され、


普通に生きている一人の人間を社会的に抹殺する可能性がある「恐ろしい法案」なのだということを考えなくてはいけないのです。



ところでなぜ 民主党はこんなに急いで「人権侵害救済法案」を成立させたいのか…?


今の日本は他に検討しなければいけない事案がたくさんあるのに、なぜ「人権侵害救済法案」なのでしょうか…?


過去記事に書いたように日本は多くの外国人を受け入れようとしています。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   舐められる日本、狙われる日本、襲われる日本


中国人がビザなしで日本に渡航できるような特区が日本のあちこちに作られ、


日本の山林や土地が外国人に買収されはじめているのです。


帰化(日本国籍を取得)条件も緩和させるべきだという意見も出ているようですし。


子ども手当は日本に住む外国人ももらえるので、


自分の国に住むよりも日本に住みたいと思う外国人はどんどん増えるでしょうね。


文化も生活習慣も考え方も全く違う外国人が日本中にあふれるわけです。


そうすると…日本人の間で「外国人はイヤだ、うちの近所に来て欲しくない」という感情がでてくるでしょう。


外国人は「なぜ、外国人というだけで嫌がるんだ! それって差別だ!」と主張するわけです。


文化も生活習慣も考え方も違う民族が同じ場所に住むと衝突するものなんです。


人数が少なければ問題になることは少ないんですけどね…。


中国人の場合人数がすごいでしょう…?


だって中国人の人口のたった1割の人が日本にやって来たとしても、


今の日本の人口を軽く超えてしまう勢いなんですから…!


今、民主党政府が 早急にこの人権侵害救済法案を成立させたい、その目的は、


このふくれあがる外国人とトラブルを起こさせないために、日本人に言いたいことを言わせないようにしよう…という思惑があるのではないか…。


それと同時に、インターネットなどの情報を制限することで、日本人にいろんな問題意識を持たせないようにさせる目的があるのではないか…。


そんな風に思ってしまうのです。



日本には言論の自由があります。


言いたいこと、感じたことを自由に言える国です。


もちろん100%自由があるわけではないんですけど、少なくとも言いたいことを言う権利は認められている国ですよね。


ブログをお持ちの方は、ブログにどんなことを書かれているでしょうか。


毎日の出来事、子育て、旅行のことやおいしい食べ物のことなどなど、


いろんなテーマでブログを書かれていますよね。


時には「これって変じゃない? これでいいの?」


…などと問題意識を持たれたことをテーマにブログを書く ことってありませんか?


もし人権侵害救済法案という法律ができたら…。


いったい何が「差別」と指摘されるかわからないので、言いたいことが言えない、書きたいことがブログに書けないようになりますよ。


「楽しい結婚生活日記」は結婚ができない人にとっては「人権侵害」


「子育て日記」は子供ができない人にとっては「人権侵害」


「旅行日記」は経済的や身体的に問題があって旅行できない人にとっては「人権侵害」


えぇえ〜〜〜! そんなことが「人権侵害」になるのぉ〜〜〜? うそ〜っ!


まさか〜そんなことで「人権侵害」だって言われるなんて…あるわけないでしょう?


普通はそう思いますよね?


だけど それがそうとも言えないから怖いんですよ。


まさかこんなことで…!…って思うようなことで訴えられる可能性だってゼロではないんですよ…。


嘘みたいな話だけど、それだけ定義がはっきりしていない怖い法案だってことなんです。


だから怖いんです。


どんなことで訴えられるかがわからないから、


怖くて言えない、書けない社会にだんだん変化していくのです。


この法案は言論を規制する法案です!


もちろんこのブログのように「政府を批判する」ことを書いたら 即! 逮捕でしょうね。



去年の夏に政権交代で民主党が第1党政党となりました。


その後、何かいいことがありましたか?


民主党は「元気な日本を復活させる」…って言ってましたけど、


もう1年と2ヶ月ちょっと経ちましたけど日本がいい方向に向かってますか?


景気は回復してるんですか? 雇用は生まれてるんですか?


サラリーマンの平均年収が一時の1/3くらいに落ちてるんですけど?


去年の衆議院選挙で民主党に投票された方は、まさか、こんなはずだとは思ってなかったでしょう?


皆さん! 怒りましょうよ! 民主党にもっと文句を言いましょうよ!


この「人権侵害救済法案」に賛成している政党は、


民主党、公明党、社民党です!


はっきり言います。


「人権侵害救済法案」を推進する政党は 売国政党です!


日本の国のことを思う政党、政治家に政治をしてもらわないと、


日本はあと1〜3年のうちに沈みます!


一刻も早く! 解散総選挙を…!



      【お知らせ】

こちらのブログ意見を送るHPや住所、FAXの連絡先を掲載されています。


人権侵害救済法案に関しては法務省 及び 柳田稔法務大臣宛に、


早期の解散総選挙を求める意見は自民党、立ち上がれ日本などの保守政党に、


そして各メディアにも取り上げて欲しい番組としてご意見やご要望を出していただくとうれしいです。


メディアの中ではTV東京、関西TV、チャンネル桜などが取り組んでくれると思います。


もし国会に提出てれてしまったら、野党の公明党が賛成に回るので可決される可能性が高いのです!


国会に提出される前に絶対に食い止めないと…!


皆さま! よろしく願いします。。。





私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 05:17| Comment(20) | TrackBack(2) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。