2010年11月02日

北方領土問題の歴史を知ってください!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



この11月1日にロシアのメドベージェフ大統領が北方領土訪問を敢行したことを 皆さまはご存知でしょうか?

ロシアのメドベージェフ大統領が1日、沖縄・尖閣諸島近海での中国漁船衝突事件で日中関係が悪化しているのを見計らったように、北方領土訪問を敢行した。
中露の蜜月関係を背景に、領土問題をめぐる日本の主張を一気に封じるのが狙いだ。
ロシアは今年に入り旧ソ連の対日参戦(1945年8月9日)や北方領土の不法占拠を正当化する歴史認識でも、中国と連携を強めていた経緯がある。

メドベージェフ大統領は2009年2月、当時の麻生太郎首相との会談で「型にはまらない独創的アプローチ」による領土問題の解決を提唱した。だが、メドベージェフ政権下では領土問題をめぐる対日圧力が強まる一方で、日本はそれに満足な対抗策を打ち出してこなかったのが現実だ。

ロシアは今年、日本が第二次大戦の降伏文書に署名した9月2日を事実上の対日戦勝記念日に制定し、極東各地で戦勝65年の行事を行った。
新記念日制定の根底には「ソ連が朝鮮や満州、サハリン(樺太)を解放し、日本の降伏を早めた」との歪曲(わいきょく)した歴史観があり、ロシアは日本の領土返還運動を「歴史の捏造(ねつぞう)」(上院議長)と称するまでに増長している。

ソ連の対日参戦と北方領土の不法占拠も同じ「スターリン体制の犯罪」でありながら、日本に対するロシアの態度は対照的だ。裏を返せば、日本外交の限界が垣間見える。

【露大統領北方領土訪問】中露連携で対日攻勢 歪曲史観で「強い指導者」誇示(産経ニュース)


今回のロシアの大統領の北方領土訪問は我が国、日本の主権をないがしろにする許すことができない行為です。


ここ最近、尖閣諸島の問題で保守派の国民の意識が中国にばかり向いているが、(もちろん尖閣諸島問題も重要です)


この北方領土問題も尖閣諸島と同じくらい問題にすべきことなのです。


ところで、北方領土はいったい何が問題であるのかご存知でしょうか?


多くの日本人はあまり深く知らないのではないでしょうか…?


北海道の根室半島の沖合の4島はもとは日本の領土だったのに、大戦後にロシア(当時のソ連)に占領されてしまった。

日本政府は返還を要求しているが、ロシアはなかなか応じず解決しないまま現在に至っている。



…と、こういう認識 ↑ の方が多いのではないかと思います。(かつては私もそうでした…汗)


こちらの画像 ↓ をご覧になってください。
(画像は北方領土の歴史さんより引用させていただきました)


kokkyou1.jpg kokkyou2.jpg

左の画像 ↑ は1855年(安政元年)に伊豆下田において調印された日魯通好条約の後の状況です。


はじめて日ロ両国の国境は択捉島と得撫島の間に決められ、 択捉島から南は日本の領土(レッド)とし、 得撫島から北のクリル諸島(千島列島)はロシア領土(グリーン)として確認されました。


樺太はそれまでどおり国境を決めず、両国民の混住の地(イエロー)としたのです。


この条約が結ばれた段階で 明確に北方4島は日本の領土と認識されたのです。


右 ↑ の画像は1875年(明治8年)に樺太千島交換条約を結んだ際に、


樺太を放棄する代償としてロシアから千島列島を譲り受けました。


この段階で北方4島 及び 千島列島全域が正式に日本の領土となりました。


kokkyou3.jpg kokkyou4.jpg

左 ↑ の画像は1905年(明治38年)日露戦争の結果ポーツマス条約が締結され北緯50度以南の南樺太が日本の領土となりました。


この段階で正式に北方4島 及び 千島列島、南樺太が日本の領土となったわけです。


右 ↑ の画像は1951年(昭和26年)、日本はサンフランシスコ講和条約に調印した後の領土です。


この講和条約で日本は千島列島と北緯50度以南の南樺太の権利、権原及び請求権を放棄しました。(敗戦したために放棄させられました。)


しかし! 放棄した千島列島に固有の領土である北方四島は含まれていなかったのです!


つまり現在に置いて 明らかに北方4島は日本の固有の領土なのです!


しかし現在、ロシアが事実上実効支配しているのであります。



さて、ここで歴史を振り返ってみましょう。


日露戦争で日本はソ連に勝利したのは歴史上の事実ですね。


この勝利をしたことで日本は合法的に樺太(サハリン)の半分を日本の領土としたのです。


けっして非合法に略奪、侵略して領土としたわけではない、正式な取り決めによって日本の領土になったのです。


しかし。


現在、ロシアが主張している領土は 明らかに日本から奪い取ったものです!


思い出してください。


1941年(昭和16年)に締結された日ソ不可侵条約のことを…!


この条約は相互不可侵および、一方が第三国の軍事行動の対象になった場合の他方の中立などを定めたもので5年間の有効期間がありました。


この条約を結んでいたから日本は北海道、南樺太、北方領土に防衛のための軍隊を置かなかったのです。


だって…国際的な条約を結んでいるのだから、まさか裏切って攻め込んで来たりしないだろう…って普通は思うじゃないですか…。


それをソ連は裏切った…!


日ソ不可侵条約の有効期間がまだ残っていた1945年の8月8日に、ソ連は日本に宣戦布告をし、


8月9日には満州に侵攻していったのです。


さらに日本が敗戦を認め、8月15日にポツダム宣言を受諾した その後に!


8月17日にソ連軍が南樺太、そして千島列島に侵攻したのです!


これは明らかに国際法に違反する行為です!


ソ連は千島列島、南樺太に住んでいた多くの日本人を虐殺し、


そのまま千島列島、南樺太、そして北方4島を暴力的に略奪しました。


この事実を日本人は忘れてはいけない!



   あの時のことは、何故忘れ去られたのか?1/13

こちらの動画 ↑ をお時間を作ってぜひご覧になって見てください。(1〜13話まで連続で見れます)


この動画 ↑ は真岡郵便局で働いていた女性電話交換手の物語で、


真岡郵便局の電話交換手の9人の乙女たちは 純潔を守るために全員 青酸カリで自決をした、これは実話です。


なぜ真岡郵便局の電話交換手の乙女たちは自決をしなくてはならなかったのか…?


それだけソ連軍の侵攻は残酷であったということなのです…。


戦争が終わったにも関わらず 日本軍が守っていない千島列島や南樺太に攻め込んでいったソ連軍。


戦闘力が全くない、武器を持たない一般の日本国民を次々と陵辱し虐殺したのです。


こんなにも卑怯な、残酷な事実が65年前にあったのですよ…!


このことを日本人は絶対に忘れてはならない…!



本来であれば北方4島だけではなく、千島列島及び南樺太も日本の領土だと主張すべきです。


しかし、悲しいことにサンンフランシスコ講和条約で放棄してしまっているのです…。


でも! 


北方4島はまぎれもなく日本の固有の領土です!


放棄もしていません!


日本人自身がこのことを忘れてしまったら 本当にロシアのものになってしまう…!


ロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問を受け、国後島の南約40キロにある北海道根室市・納沙布のさっぷ岬で1日午後、元島民の団体「千島歯舞諸島居住者連盟」(千島連盟)などが抗議集会を開いた。

雨交じりの強風が吹き付ける中、同市の長谷川俊輔市長が「今日の雨は65年間の先人の悔し涙、返還運動関係者の怒りの涙。ロシアの姿勢に屈せず、解決に向けまい進する覚悟だ」と気勢を上げた。参加者約200人は「おおーっ」と大声で応え、北方領土に向かって拳を突き上げた。

集会で千島連盟根室支部長の河田弘登志さん(76)は「何があっても北方4島は日本固有の領土」と、訪問を非難。参加者は「北方領土を返せ」とシュプレヒコールを繰り返した。

  国後の元島民「悔し涙、怒りの涙」と雨中の抗議(読売オンライン)


もともと南樺太、北方領土に住んでおられた方々の叫びです。


財産も何もかもすべて没収され、裸同然でソ連に祖国を追い出された方々の叫びなんです。


私たちも一緒に叫ばなければ! 声を上げなくてはならないのではないでしょうか?



ソ連が崩壊して民主主義国家ロシアが誕生しました。


一党独裁の共産国家はなくなりましたが、ロシアの現政権は共産党です。


ロシア政府は中国と手を組んで、日本を挟み撃ちにしようとしています。


危機感を持たなければ…!


尖閣諸島だけでなく、北方領土にも目を向けないと…!


日本人はもっと歴史をしっかりと知り、主張すべきことは主張していかないと…!



今の民主党政府できちんと対応できるのだろうか…?


ロシアの大統領は「自分の領土を通るのにどうして日本の許可がいるのか」と言ってます。


はっきりと北方4島はロシアのものだ!と宣言しているんです。


日本政府、民主党はいったい何をやっているのか…?


このままでは日本の国は北から南から 領土が減っていくでしょう…!


もう…民主党ではダメです…!


皆さん、気がついてください…! お願い…!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 12:05| Comment(24) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。