2010年11月01日

舐められる日本、狙われる日本、襲われる日本


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



もう…呆れると同時にため息しか出ない…。


日本は完全に中国に舐められている。


中国側が日中首脳会談を一方的にドタキャンしたそうである。


しかも! その責任は日本側にあると 中国はのたまった。


それだけじゃなく、


中国に対し強硬な姿勢を見せる前原外務大臣を更迭しろ!


…と日本政府に要求を突きつけて来たそうだ。

 中国、日中首脳会談開催を拒否「日本側が首脳会談の雰囲気を壊した」(FNN)
 中国メディア「前原外相はトラブルメーカー」集中攻撃 対日批判(産経ニュース)


な・に・さ・ま?


アメリカ大統領との会談であったら中国はドタキャンするだろうか?


ヒラリー・クリントン氏を更迭しろ!…ってアメリカ側に要求するだろうか?


たとえアメリカが中国に取って好ましくない政策をしても、そういうことは絶対にしないだろう。


日本が相手だから中国はこんな態度に出るのだ!


しかも今回の尖閣諸島の件では、民主党政権は中国様の言いなり状態だったではないか。


こんなのいいがかりとしか言えない!


これに対して日本政府は中国に対して何か抗議をしたのか?


民主党は中国様をこれ以上怒らせまいと必死なんだろうか…?



西日本新聞のコラムに、次 ↓ のようなことが書いてあった。

 日中会談拒否 非常識な対応にも冷静に
ストレスのたまる相手ではあるが、「逆ギレ」するのは無益だ。中国の真意を見極めつつ、焦らずに冷静で的確なアプローチを続けていけばよい。



非常識な対応にも冷静に…って…!


確かに感情的になってはいけないけれどもどんなに冷静に対応しても 中国は日本を舐めた対応に出て来る。


そうやって今までも腫れ物に触るかのような扱いをして来たから現状のような状況に陥っているんじゃないか!


あの国は下手に出たら 舐めてかかって来る国である。


民主党政権になってからというもの、中国はますますふざけた対応を加速させている。



ここ最近の中国の動きは目に余るものがあるが、


それ以上に不安をかき立てられるのは「日本の動き」である。


ご存知の方もおられるかもしれないが、


日本の一部が中国化されようとしている。


以前の記事にUPしたように沖縄県を「中国人ビザなし特区」とする案が出ている。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    沖縄ビジョンの第一歩か…? 〜中国人のビザなし渡航〜


これだけではない。


九州も沖縄と同じように「中国人ビザなし特区」にする案を出しているのだ。


北海道では「北海道観光インバウンド特区」を提案している。

北海道観光振興機構は政府が創設を目指す「総合特区制度」で、中国の運転免許証の使用を認めたり、ホテル従業員として働きやすいよう外国人の就労規制を緩和する「北海道観光インバウンド特区」を提案した。
北海道を舞台にした中国映画のヒットや、ビザ発給要件緩和の波を生かし、受け入れ体制を整えて中国人観光客をいっそう増やしたい考えだ。

  中国の免許でも運転OKに 北海道観光インバウンド特区(47News)


そして北海道自衛隊基地を見下ろす高台を中国資本が買収したらしい。


高台の森林を切りだされてしまったら自衛隊の駐屯地が丸見えなんだそうだ。


国防であるはずの自衛隊基地が外国に丸見え…って!


これでは防衛にならないではないか…!


どうしてそのような重要な場所にある高台を中国に売却してしまったのか?


そしてこんな ↓ ニュースも…!

韓国資本のゴルフ場買収は九州、中四国からはじまり、どんどん北上しているという。
地方では温泉や良質の湧水が出るなど、ゴルフ場経営以外の付加価値があるところも少なくない。
韓国資本がゴルフ場買収に積極的になっても、おかしくはない。

そこへ追い討ちをかけてきたのが、2〜3年前からの中国資本による森林買収の噂だ。
「山を買いたい」とか「木材が欲しい」という中国人、あるいはその代理人とおぼしき日本人が各地に現れた。
中国が買収した後志(しりべし)地方はほとんどが森林地帯。

ゴルフ場や森林など一定以上の土地売買情報は把握できるが、小規模取引は把握困難。仮に把握できても現行法制度下では外資の土地買収を規制するのは不可能。
それだけ日本は野放図なのだ。

かつて中国の李鵬元首相は「日本なんて21世紀には消えている」と豪語したが、囲碁同様に内陸から布石を打たれ、内部から蝕まれたらまさしく日本は消える!

  外資の土地買収に潜むもの 姿を現したゴーストたちの狙い(NETIBニュース)


中国は日本の森林、水源地を狙っているとも言われている。


中国では砂漠化、渇水状態が深刻な問題だそうだ。


13億人、14億人といわれる巨大な中国の人口、


そして中国国内ではきれいな水を求める裕福層が増えて来ているらしい。


そこで目を付けられたのが豊かな水の国、日本なのである。


山林買収のさらなる動機は「水」だ。
世界の水需給が逼迫していく中、水資源の源である森林資源、すなわち水源林を確保しようとする動きが各国で活発化している。
特に中国ではペットボトルの水に対する需要が急速に伸びており、1997〜2004年の間に需要は四倍、年間消費量は九十八億リットルにまで拡大した。
水メジャーやウオーター・バロンズ(水男爵)と呼ばれる大手水企業は水源地の利権獲得のための買収活動を世界各地で展開中だ。
ウオーター・ファンドと呼ばれる水資源事業への投資マネーの流入もここ数年急増している。
こうした世界的潮流の中で、我が国の不当に安い山林が「買い」だと注目されているのだ。

 日本の「水源林」が狙われている(三万人のための情報誌 選択)


日本の水が危ない!


現在はきれいで安心できる飲料水を安く飲むことができる日本であるが、


そのうち中国から水を買わなくてはならないことになってしまうかもしれない。


水だけじゃない。国土そのものも 合法的に中国のものになっていってるのだ。


一部の富豪が日本の土地を買い占めているかのように思うが全く違う!


後ろには中国共産党の存在があるのだ!


日本の土地を、水源を買い占めているのは中国共産党の策略なのである。


誰が日本の土地を中国人に安易に売却しているのか…?


それはまぎれもなく日本人自身である。


明らかに売国行為ではないか…!



他にもチャイナタウンを横浜、神戸以外にも作ろうとか、


新潟、名古屋の広大な小学校跡地を中国領事館にするために中国に売却するとか。


いいかげんにしてほしい!


なんで日本はこんなに無防備なのか…?


なぜ制限する法律がない?


どうして法律を整備しない?



そして怖いのが7月1日から実施された 中国の「国防動員法」である。

 関連記事はこちら ↓ をご覧になってください。
   「ビザ緩和」で大量の中国人が日本にやって来る!


「国防動員法」とは…!

中国が日本の一部の地域の侵攻を決定などした場合、
日本国内にいる中国人全員が中国兵に様変わりし兵隊として戦うことが出来るようになる。
中国は兵隊を出兵しないで敵国の人民を攻撃できるようになる。
そして、中国内の外資系の全財産没収を中国共産党の判断で行うことができてしまう
…というものである。


万が一、日本と中国が争うことになった場合、


日本国内にたくさん移住し、ふくれあがった在日中国人が 日本人を襲うのだ!


日本国内だけではすまないかもしれない。


例えばアメリカに住む在米中国人が 在米日本人を襲撃する可能性だってあるのだ…!


中国における反日デモでは 多くの日系人のお店やスーパーが破壊された。


その破壊行為は想像を絶するものである。


13億人のたった1割の中国人が日本にやってきて住みついたとしても、


今の日本の人口を軽く超えてしまう…!


もし兵隊と化した中国人による暴動が起こったら…!


想像しただけで恐怖ではないか…?


先日の記事で書いたが、人間の心の中には悪魔が潜んでいる。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    魔女狩りの街セーラム〜本当の悪魔はだれか?


過去に文化大革命天安門事件などで多くの中国国民が中国人によって虐殺されたことは 皆さまもよくご存知であると思う。


中国人の暴走はいったん走り出すと止めることができなくなるのだ。


人口がハンパなく多い中国人が集団になると悪魔のように豹変する…!



いよいよ上海万博が終了した。


今までは上海万博に影響が出たら困るということでいろんな面でブレーキをかけていた中国共産党であるが、


今後は日本に対して 今まで以上に理不尽なことを強硬に押して来るであろう。


だって…日本は舐められているのだから…。


日本の総理大臣は何をされてもヘラヘラ笑っているだけだから…。



日本を愛する日本人の皆さま!


中国に対し危機感を持ってください!


そしてお知り合いの方と情報を共有してください!


中国はあと5年で日本という国はなくなると言っています。


今、危機感を持たないととんでもないことになってしまいます。


お願いします。。。




     【お知らせ】


インターネット署名のお願いです。


『創生「日本」』が【尖閣諸島問題】及び【東シナ海ガス田掘削問題に関する声明に賛同する方の署名を募っておられます。


詳しくはこちら ↓ をご覧ください。(PDFで開きます)
 http://sosei-nippon.jp/data/report101027.pdf

署名はこちら ↓ からお願いします。
 http://www.sosei-nippon.jp/shomei101027.html


ご賛同いただける方は署名をお願いいたします。m(。・∇・。)m




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 07:22| Comment(20) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。