2010年11月07日

国民は怒っている! デモに4500人が集結!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



日本時間の11月6日(土)に『自由と人権 アジア連帯集会』 & デモが行われました。


お天気もよく絶好のデモ日和となったこの日には、なんと!


『自由と人権 アジア連帯集会』には4000人!そしてデモには4500人の参加があったということです。
 (画像は花うさぎの「世界は腹黒い」さん 及び正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現さんよりお借りしました)


 1106demo1.jpg


見てください! 集会会場となった日比谷野外音楽堂のすごい人!人!人!


尖閣事件以降に同会が都内で呼びかけた10.2は2670人、10.16は3500人、そして今回は4500人もの人々が参加してくださったのです。


まさしく! 右肩上がり! すごい!


それだけ中国に、ロシアに、そして民主党政権に危機感を持つ一般の方々が増えてきたということなんですね。


参加してくださった皆さま! ありがとうございました!


会場に大きな日章旗があります。


集会の開始の際に参加者全員で日章旗に向かって「君が代」を斉唱されています。



  君が代(現代語訳付き) Japan's national anthem(1分13秒)


何度聞いてもすばらしい…。


静かな中に力強さがある…! これは日本人そのものではありませんか…?


「君が代」は世界で一番素晴らしい国歌であると私は思います。


この日本の国歌「君が代」を歌いたくないと言う人が 今の日本の総理大臣なんですよ…。(-。ー;)


 1106demo3.jpg


気合いのシュプレヒコールを行って、いよいよデモ行進の開始です。


 j-102demo10-1.jpg


あぁ、やはり日の丸って美しい…!


そう思われませんか?


日本ではこんな風に日の丸を掲げると「右翼」ということになるらしいです。


10月に行われたデモがマスコミにスルーされたのは「右翼デモ」と思われたからだそうですよ。


日本の場合、右翼=過激な軍国主義者って思われていますからね。これもおかしな話ですけど。


自分の国の国旗を掲げたら「過激な右翼」って、どゆこと?…って思いません?


私が住んでるアメリカではスーパーなんかでもアメリカの国旗が普通にはためいてますよ?


アメリカのスーパーが過激な右翼なんですかねぇ?


日教組教育のおかげさまで、日の丸アレルギーになっちゃった方も多いと思いますが、


こんな風にデモなどで日の丸を何度も見ていると 見慣れて違和感がなくなってくる気がしませんか?


1日もはやく日本人が普通に日の丸を掲げることができる世の中になって欲しいですね。


 1106demo5.jpg


   15時50分にデモ隊出発です。


 1106demo2.jpg


  子供も参加 ↑してますよー。


  日の丸を持って頑張ってくれました!


 1106demoi6.jpg


背中に日の丸をつけたワンコも参加 ↑です!


かわいぃ〜〜〜。(*´∇`*)



今回、これほどの人数が集まったのは尖閣諸島沖での事件の民主党の対応に怒りを感じた国民が多かったからでしょうね。


デモに初めて参加したという千葉市の主婦(34)は「今までデモに参加しようなんて思ったこともなかったけれど、流出した映像を見て中国に怒りを覚えた。政府に対しても『よくもここまで隠していたな』と思い、足を運んだ」と参加理由を話した。

東京都内の私立高3年の男子生徒(17)も「映像を見てデモに参加しようと思った。中国に対する怒りの声を届けることができた」と話した。

家族連れの姿も多く見られた。堺市から妻、長女と3人で参加した公務員の男性(43)は、初めてのデモに近所で購入したという国旗を持参。「政府の外交はその場しのぎにしか思えない。国民の声を政府や海外に届けるには、一人でも多く集まったほうがいいと思った」と語気を強めていた。

【尖閣ビデオ流出】都心で4500人抗議デモ、主婦や家族連れも 中国に怒り、日本政府にも不満(産経ニュース)


1回目、2回目のデモでは「何? この集団? 怖い人の集まり?」と、


沿道から遠巻きに見ている人が多かったそうですが、


今回のデモはデモ隊に手を振ってくれる人や、応援してくれる人が増えたなという印象だったそうです。


なんだか嬉しいですね〜。



ところで、参加された方が書いておられましたが、


今回のデモは警察官により デモ隊の列の分断があったそうです。


梯団ごとに区切るならまだしも梯団の途中で分断されたそうです。


途中で都営バスも入ったりして、シュプレヒコールがあまり聞きとれず困惑した時もあったようです。


確かに人数が増えると交通整理も大変なんでしょうけど…ちょっと考えて欲しいですねぇ。



さて、今回はさすがにマスコミも無視できなかったようですね。いい傾向ですな。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101106/crm1011062129023-n1.htm(産経)
http://www.nhk.or.jp/news/html/20101106/t10015076561000.html(NHK)
http://mainichi.jp/select/today/news/20101107k0000m040038000c.html(毎日)
http://www.asahi.com/national/update/1106/TKY201011060378.html?ref=rss(朝日)
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110601000610.html(47NEWS)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00187468.html(FNN)



民主党政権は漁船衝突ビデオをノーカットで公開せよ!

中国の尖閣諸島への領海侵犯、侵略を許さない!

中国の沖縄侵略を許さない!

中国はチベット人への虐殺、人権弾圧をやめよ!

中国はウイグル人への虐殺、人権弾圧をやめよ!

中国の台湾侵略と併合を許さない!

私たちは自由と平和、民族自決を求めるチベット人、ウイグル人、モンゴル人、台湾人と連帯して戦う!

ロシアは北方領土を返せ!

私たちは絶対に拉致被害者を見捨てない!

私たちはノーベル平和賞、劉暁波氏の釈放を要求する!

日本人は日本の平和と安全と守り抜く!



こういったシュプレヒコール ↑が行われました。


もちろん、このデモは民主党政権や中国に向けた抗議の声なのですが、


それと同時にまだ気がついていない日本人の方々に 関心を持ってもらいたいという思いが含まれています。


このデモは「組織されない」「草の根の」「普通の人たち」が集まったデモです。


戦後最大の日本の危機的状況に気がついた一般の普通の人々が、


この国を、日本を護りたい! 愛する我が子が安心して暮らせる日本を残したい!


そう願う一心で、立ち上がり 声を上げたデモなんです。


デモにはじめて参加した方はまさか自分がデモに参加するなんて…! とドキドキしながら参加されたようです。


沿道の方も はじめは遠巻きに見てるだけだったけれども、


途中から列に加わったり、手を振って応援したりしてくださるようになったのです。


そんな風に一般の方に変化が見られるようになってきたのは大きな成果であると思います。


何度も書いていますが、民主党政権では日本が持ちません!


一刻も早い解散総選挙が必要なのです。


そのためにも、こうやって声を上げることが大事であると思っています。



    20101106_尖閣諸島侵略糾弾デモ(1分26秒)


 

     【おまけ】


アメリカの北国に冬将軍がやってまいりました〜。


昨夜、バッファローに初雪が降りました〜〜〜。


最低気温は華氏28度(摂氏−2.3度)ですー。


アメリカの北国にお住まいの皆さま、風邪など引かれませんように…。



そして!


いよいよサマータイム終了〜冬時間の開始です。


7日の日曜日の午前2時に時間が1時間戻りますよー。


今までの午前7時は、午前6時になりますからね。


時計を直すのをお忘れなく〜♪



     【おまけ その2】


おなじみのテキサス親父さんが、今回の中国船の衝突の件、及び 腰抜け日本政府について吠えてくださってます。


英語(日本語字幕付き)なので 英語圏の方にも見てもらってくださいまし。



   テキサス親父 中国漁船の巡視船への衝突ビデオが流出(6分36秒)




     【おまけ その3】


遅くなりましたが、コメントのお返事をしましたので、お時間のある時にご覧になってくださいね♪

北方領土問題の歴史を知ってください!
沖縄辺境を守れ! 85歳の女性に武士道の魂を見た!
なぜ今「人権侵害救済法案」なのか? 言論の自由を守るためにも この法案を許してはならない!
中国共産党の傀儡である民主党は日本国民を守らない!



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 16:51| Comment(29) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

メイド・イン・JAPANを選ぼう〜安全な暮らしのために 日本を元気にするために〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



さて。


皆さまは、普段のお買い物をされる時、何に気を配られていますか?


モノの価格、質、安全性に気を配っておられる方が多いと思います。


安い商品と言ったら…中国製、中国産のものがあげられますよね。


同じものでも中国製品、中国産のものは安い価格がついていることが多いです。


ホームセンターで300円で売られているものが 100均のお店にも同じものが売られてたり…なんてことがありますもんね。


何が違うかって言うと生産地が中国だったりすることが実に多いのです。


でも、ちょっと待ってください。


安いものの方が私たちにとって本当にいいのでしょうか…?


確かに家計には優しいでしょうけど、質、安全面ではどうなんでしょう…?


以前、こちらの記事 ↓ で中国製のモノの恐ろしさをUPしました。
  中国製の割り箸や爪楊枝は大変危険! この恐怖の事実!
  チャイナフリーでいこう! 自分自身や家族の身を守るために〜


農薬まみれの中国野菜
抗菌剤や水銀入り中国うなぎ
大腸菌入り粉ミルク
メチルアルコールを混入したニセモノの洋酒
髪の毛が原材料のお醤油
工業用の亜硝酸塩から製造されたニセモノの塩
下水から回収した廃棄された工業用油から食用油を製造
ドブ川の水から食用の氷を製造
日本向けの冷凍餃子に有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を混入



などなど…。食べる物だけじゃありませんよ〜。


毒性物質が混入された歯磨き粉
「フタル酸ジエチルヘキシル」(DEHP)が検出された中国製のおもちゃ
中国製医薬品とペットフードから毒性物質が検出
発ガン剤が混入した子供服
病院の使用済み脱脂綿や家庭ごみから作った綿を使用して作られたお布団
発がん性物質入りの使い捨ての食器類
使用済みの割り箸、爪楊枝を回収、漂白して販売



怖いですよね…。


普通の感覚ではこんな危険なものを売らないでしょ?…って思いますよね…?


そのあり得ないものを普通に販売するのが中国という国なんです。



こちらの動画 ↓ をご覧ください。


   テキサス親父が中国製品に激怒(3分58秒)


おなじみのテキサス親父さんがツバキを飛ばして吠えてますよぉ〜〜〜。


中国製の壁のペイント剤は有毒物質が含まれていることや、


中国製の携帯電話は爆発の危険があることを言われています。


携帯電話が爆発って…!


万が一使用中に爆発なんかしたら…顔面がぶっ飛びますやんか…。


怖すぎませんか〜〜〜?



そしてこちらの動画 ↓ も衝撃的です。


     中国車のクラッシュテスト(1分22秒)


これ ↑ は中国産の自家用車の衝突事故実験の様子です。


これと比較するためにこちら ↓ もご覧になってください。


日本自動車研究所が自動車衝突実験を公開(2分7秒 初めの数秒CMが入っています)


こちら ↑ は日本製の自家用車の衝突事故実験の様子です。


どちらが安全な車か、一目瞭然ですよね。


価格の安い中国製の自家用車。


価格は高くても安全性の高い日本製の自家用車。


あなただったらどちらの車に乗りたいですか?



そしてもうひとつ。


日本製を購入することで「日本を元気にしよう」ということです。


お友達ブロガーのドサンコさんがステキな記事を書いておられますので、一部引用させていただきます。
   「女性たちもいきまっせ〜日本を元気にしよう大作戦」

〜〜〜引用ここから〜〜〜

「いらんよ。レアアース。レアアースだけで世の中まわってへん。
日本の歴史を見たら、アメリカとかも締め上げとかいろいろあったけど、そっからぐっと、町工場から、ぐっとおっさん考えて、がっとなってきた。」
 たかじんのそこまで言って委員会(2010/10/17)中国五大迷惑(経済問題)

たかじんさんのこの発言を受けて、
「日本の女性たちもいきまっせ〜ぐっと、おばちゃん考えて、がっとなってきた」大作戦です。

まずは、ばっさり発言が凛々しくも素敵な金美齢さんからのご提言です。
厳しいことをおっしゃっても嫌みがなくて、素敵です。

「いつもいうのはできない人はしょうがないけど、できる人はね、とにかく、メイドインジャパンに回帰せよと。
それから、地方に行って消費しなさいと。
できる人は努めてそういうことをしましょうってね、ここ数年ずっといいふらしているんですよ。」
たかじんのそこまで言って委員会(2010/10/17)中国五大迷惑(マナー問題)

つまり、簡単なことです。大作戦の柱は二つ。

ひとつ。

日本製を購入せよ。
ふたつ。
国内−特に地方−で消費せよ。

このふたつって、それほど難しいことじゃないと思いませんか。
我が家の例でいえば、食材に関しては、極力「国産」を選ぶようにしていましたし、単に旅行が好きなので、あちこち出かけておりました。
それをこの際、もっと意識して、やっていこうかと思ったんです。
パーフェクトを目指さなくても、まずはできるところから変えていこうかなと。
そうしたら、自分の意識も、そして、この動きが大きくなれば、日本だって、きっと変わってくるんじゃないかって。

今の日本について知ろうとするたびに、
政治家のみならず、目先の欲に目がくらんだ経済界のお歴々の毒が隅々にまで蔓延し、日本を腐らせようとしていることがわかる
から。
そして、それを支えているのは、有権者でもあり、消費者でもある私たち一人一人なのだから。

消費者たちが単に「安ければいい」から「生産地を意識し始めたよ」ひいては「企業姿勢も商品を選択する条件になってきているよ」ということを、
ひとりひとりが企業側に伝えていけば、そして、その声が大きくなれば、日本の政治も変わっていくんじゃないかなと思うわけです。

で、そうなってくると、なんといっても、女性の出番ですよ。
主婦は家計を握り、独身女性は自分へのご褒美に投資を惜しまないわけですから、女性の購買力をなめてもらっては困ります。


私、以前から思っているんですが、日本人に「大量消費」の「使い捨て」文化ってなじまないと思うんですよ。
DNAレベルで「もったいない」精神が埋め込まれているというか、そうすることに対して、「罪の意識」みたいなものが拭えない気がします。

「ちょっと高くても、国産の質の良いものを買って、長く大事に使おう」

そういう気持ちって、多かれ少なかれ、日本人の心にはあるんじゃないかなと思います。
そして、それが自分の心を豊かにしたり、結果的に、日本企業を元気にすることにつながるんだったら、バンバンザイ
だから、そんなにむずかしいことでもないのかなって。

まあ、現実的には難しいこともいろいろありますが、
まずは、レジに持っていく前に、生産地を意識することから始めている、私のご報告の記事を次回からアップしていきます。
日本で頑張っている企業を見つけると、嬉しくなるこの頃です 
買い支えたい本や雑誌を購入したり、応援したい団体や組織にわずかながらお金を出したりして、この上さらに、日本製にこだわるというのもなかなか台所事情として、苦しいところではあるのですが。
無駄遣いを見直せば、どうしても出せないわけでもないとも思う。
ムリをせず、ただ、自分が納得できるところに、お金をつかえばいいんだ。
だって、日本が「人民元通貨圏」になんてなったら、私の虎の子のへそくりもただの紙切れだし。


                 〜〜〜引用ここまで〜〜〜


まさにここ ↑ に書かれている通りだと思われませんか?


食べる物も日用品も、価格が安いからと 安易に購入しない方がいいんです。


多少価格が高くても日本製のものを買うことで、


安全性はもちろん、日本の企業を応援することにつながっていくんですね。


かつて日本はコストが安いからと 中国に生産工場を造り、中国製のものを積極的に輸入していましたが、


それはけっして日本を元気にすることにはつながらなかったのです。


生産コストで競争したら人件費などの問題で日本製が負けるのは当たり前です。


そして、多くの日本の小さな町工場が倒産してしまいました。


日本人自身が あふれ来る中国製品のために苦しめられるということにつながっていたのです。


日本製のものを購入することで、日本の町工場や企業を応援することにつながり、


そして日本そのものを元気にしていくことにつながっていくんじゃないかなって思うのです。



ちょっと前までは安い方がいいって思ってお買い物をされてた方も多かったと思いますが、


最近は安いだけじゃちょっとね…って思われる方が多くなって来たように感じます。


いい傾向ですよね。


100%目指さなくてもいいんです。


できるところから、できる範囲でチャイナフリーを目指しませんか?


そしてお金は使っていかないと、お金が世の中に回らないと景気の回復はみこめません。


無駄遣いはしなくていいけど、日本国内で、地方でお金を回すってことが景気の回復にはとっても大切なんです。


私たちみんなで力をあわせて日本経済を支えていきませんか?



     【おまけ】


お友達ブロガーのLisa_ceriseさん中国製品の見分け方を記事にしてくださっています。
お買い物の際の参考にしてみてください。
   必見!中国産の見分け方。

   〜〜〜引用ここから〜〜〜

中国産を排除しましょう!
そのためには、目利きをしなければ!
バーコードの頭2桁を見ましょう。


 tyuugokuuu1.jpg

『69』は『ろくでもない国』(中国)の製品です。
大韓民国もイエローカード。『88』は『嘘パチ(8)の国8』です。


 tyuugokuuu2.jpg

 [世界各国の国コード]
EANコードでは最初の2桁00-99を国コードとし、
加盟国が増えることを想定して、国と国の間に空番号を設けてあります。
※日本には49と45が割り当てられています。

 [EAN加盟国の国コード]
バーコードの国コードを見ると、どこの国から来たかわかります。
[但し、加工地のみです]
産地が中国で、加工地が日本の場合、45 49になりますのでご注意ください。
日本製を買おうと心がけていても、45、49だけを信じていたら騙されます。

じゃあどうするの?という事になりますが、
要は、信用出来る所で買うということが肝心です。
安い商品は、やっぱり疑うべきだと思います。


               〜〜〜引用ここまで〜〜〜 



そしてもうひとつ。コメント欄からの情報です。(Byけろちん さん


「made in R.O.K」と記載してある商品にも要注意です。


なんだかヨーロッパのどこかの国の製品?…って思っちゃいますよね?


実は、この「made in R.O.K」は「Republic of Korea」つまり韓国製なんですよ。


堂々とメイド・イン・Koreaって書かないあたりがちょっとイヤらしいですね。


韓国製を避けたいと思われている方はお気をつけ下さいね。



さて、私は中国産のものが100%危険であるとは思っていません。


かつて 私が買ったモノの中には中国製品がとても多いです。


気付かずに買ってしまってたこともあるし、中国製品しか手に入らない種類のモノもありますから…。(実際、アメリカは中国製しかないことが実に多いのです)


それでも 今のところは健康的に生きているわけですし。


中国製品すべてが危険、粗悪であるとはいいませんが、


危険である可能性が 他の国の製品より格段に高いこと、


そして日本製品を購入することで 日本を元気にするためにメイド・イン・JAPANを選ぼう運動を行っておる次第でございます。


ぜひ、皆さまもできるだけメイド・イン・JAPANの商品を選ぼう運動にご協力をお願いいたします〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 03:56| Comment(42) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

コロラド州デンバーに来ています


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



皆さま、お久しぶりです〜。


しばらく更新が滞っておりましたが、実は…。


えいと@夫妻はただ今コロラド州デンバーに来ておるのでございます。


何しにやってきたのかといいますと…。


そうなんです。いつものえいと@夫の学会なんですねぇ〜。


今回は、医学学会、会計学学会、そして経済学学会と、


ここデンバーでは多くの学会が開催されているようです。



さて、コロラド州デンバーですが。


さ、さ、寒い〜〜〜!


今週の火曜日から急に気温が下がったようなんですね〜。


月曜日頃までは外気温が25度ほどあって暖かかったようなんですけど、


火曜日には氷点下5度くらいにまで急激に気温が下がったみたいです。


これがアメリカの内陸部の気候なんですねぇ〜。


本当に急激に気温が変化するんです。


昨日までクーラーつけてたのに今日は雪が降ったとか 平気でありますから。


風邪をひかないように気をつけなきゃ〜って思います。



そんなわけで。


ただ今、ホテル暮らしをしております。


ネットの接続環境が良くない(…てか、都会のホテルのネット接続は有料が多い)ので、思うように接続ができません。


その上、えいと@が普段 旅行時に使っているノートPCが、イマイチ調子が悪くて無線の電波をキャッチしにくくなっちゃいまして。


そのため、今回はえいと@専用のPCを持ってこなかったのです。


今は、夫の仕事用のPCを拝借しております。


そんなわけで、ブログの更新がもうちょっと滞るかもしれません。


先日いただいた皆様のコメントのお返事も遅れております。


メイド・イン・JAPANを選ぼう〜安全な暮らしのために 日本を元気にするために〜にはたくさんのすばらしいコメントをいただきました。


ありがとうございました! 


BUFに戻りましたらお返事をさせていただきますので、もうちょっとお待ちくださいね。



えいと@夫の学会は本日(11月13日)までで、今夜からデンバーからコロラドスプリングスへ移動します。


その際に更新できたらコロラド州の様子をお届けしたいな…って思っています。


また時々除きにお越しくださいまし〜。



     【お知らせ】


先日のコメントランで、尖閣映像をUPした航海士に対する刑事罰を科すことに反対する署名の募集を呼びかけておられます。


尖閣映像をUPした航海士は 現政府(民主党幹部)の今回の処置に対する怒りの抗議のため、国益のためにビデオ流出されたのです。


日本の国を、日本国民を守ろうとしない民主党政権を許してはならない!


きっとそういう気持ちでビデオを流出されたのだろうと想像します。


正義感を持って働いてくださっている海保職員を守るためにも、


賛同いただける方は署名をよろしくお願いいたします。


 http://www.sassaoffice.com/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2010年11月16日

高山病になりかけました


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



ただ今、えいと@夫妻はコロラド州にやって来ております。


11月10日〜3日間は えいと@夫の学会のためにデンバーに。


そして13日〜3日間は デンバーを南下したところにあるコロラドスプリングスにやってまいりました。


寒いですね〜。


コロラドスプリングスはデンバーよりも標高が高いので 気温が低めになるようです。


雪はチラチラ降る程度なので良かったです。


大雪になっちゃうと動きが取れませんから〜。



さて。


コロラドスプリングス滞在の1日目はPIKES PEAKという山に登ってきましたよ。


PIKES PEAKというのは14110フィート(4300メートル)の高さを誇るロッキー山脈の一部です。


4300メートルの高さの山ってけっこう高いんですよ〜。


富士山が3776メートルですから。


PIKES PEAKへはPIKES PEAK Cog Railwayという登山電車で行く方法の他に、


ドライブ、徒歩で山頂まで行くことができます。


今回、私たちはレンタカーを借りているので、


ドライブして山頂まで行くコースPIKES PEAKに登ってきました。


まぁ〜〜〜なんとすばらしい風景!


感激しまくりでしたよー。


今は 写真をPCに取り込めないので、BUFに戻りましたらPIKES PEAKのすばらしい風景の写真をUPしますね〜。



ところでね。


高い山に登るときには注意をしないといけないことがあるんです。


それはいったい何かといいますと…。


高山病なのです〜〜〜。


高山病っていうのは…。

高山病とは高地において、低圧、低酸素に順応できずに生じる一連の症状のことをいう。
一般的には2000m、高齢者は1500m以上で高山病が生じる可能性がある。
高山病の症状には、頭痛、全身倦怠感、食思不振、吐き気、不眠、下痢などがある。二日酔いのような症状が出るので、山酔といわれることもある。
さまざまな症状が出るので、「旅行疲れ」「風邪」などと混同されやすい。
高山病の怖いところは、山酔いacute mountain sickness (AMS)だけではなく、致死的になることもある。致死的な病態として高地脳浮腫high-altitude cerebral edema (HACE)と高地肺水腫high-altitude pulmonary edema (HAPE)などがある。

            高山病情報局参照


急激に高い山に登ったり、山頂で激しい運動(走ったり)すると高山病になりやすいようです。


前日は標高1950メートルのマニトウスプリングスに宿泊しているので、急激に登ったわけではないし、


山頂で走ったりはしなかったのですが…。


山頂で気分が悪くなってしまったのですねー。


えいと@の症状は鼓動が速くなり、フワフワして気が遠くなる感じでした。


カフェでしばらく休憩すると治まるのですが、


建物の外に出ると動悸とフワフワする感じが強くなるんですね〜。


もしかしたら夢中で写真を撮ってたせいで 知らず知らずのうちに早歩きになっていたのかもしれません。


予防法としては前日は睡眠をしっかりとる、山頂では水分をしっかりとる、アルコールは避ける、激しい運動は避けるなどだそうです。


高山病で死亡する場合があるそうなので、


標高の高い山で気分が悪くなったらはやめに下山するのがいいようです。


楽しい旅行は健康な状態であるからこそですもんね。



それにしても…大自然って本当にすごい!


本当にすばらしかったです!


ビバ! ロッキー山脈でございました〜。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2010年11月18日

しっかりと主張できる日本にするために…


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



昨日の夜に無事にコロラド州から戻りました。


今回はコロラド州デンバー → ノースキャロライナ州シャーロット → ニューヨーク州バッファローという経路で帰って来たのですが、


デンバーは強風で 飛行機が遅れ、その上シャーロットでは雷雲がひどくてなかなか着陸できなかったのです。


そのせいで、なんとシャーロットでの乗り継ぎ時間がたったの15分間!


搭乗がすでに始まっていて、最後の方でした〜。


ちょっと(かなり)焦りましたね〜〜〜。


何とかギリギリ間に合いましたよ〜。良かったぁ〜。


しかし気流が悪くて飛行機がかなり揺れたんです。


まるで悪路を走っているおんぼろバスに乗ってるような感じでしたよ。


しんどかった〜。


帰って来たら午前1時をまわっていたのもあってグッタリ〜でした。



さて。


えいと@夫妻がコロラド州に行ってる間に、日本ではいろいろあったようです。


先週末に横浜で開かれたAPECでは 菅直人総理は大恥を世界にさらして、日本のカブを大幅に下げてくれたようですね?


    20101114-青山繁晴-sundayscramble-1(6分36秒)
    20101114-青山繁晴-sundayscramble-2(12分47秒)


こちらの動画 ↑ をご覧になってください。(消される可能性があるのではやめにご覧になってくださいね)


あぁ、もう…! 菅直人総理、なんて恥ずかしい…!


小、中学生のプレゼンテーションじゃないんだし、


首脳会談で原稿をただ読むだけだなんて…。


チラッと原稿を見るくらいだったらまだしも、会談中、相手の首脳の顔も見ないで原稿を読む日本の総理大臣…。


日本の代表がこんなだってこと、世界に暴露してしまいましたね…。


恥ずかしすぎませんか…?


そして。


今回の日中首脳会談で 中国は尖閣問題が領土問題であることを世界に発信してしまいました。


日露首脳会談でも ロシアの大統領に「北方領土はロシアのものだ」と言い切られてしまいました。


これに対し菅直人総理はロシアや中国との関係について「経済的な協力関係が深まれば 領土問題にいい影響がある」と発言したそうですけど…。


はぁ? 何を言ってんの?…って思いませんか?


経済的な協力関係…って…! 


日本がお金をジャンジャン出して 中国やロシアのご機嫌をとっていけば何とかなるって思っているのでしょうかね。


何ともなりませんって…。(´Д`|||)


相手は話せばわかる国ではないのですよ…。


はぁあ〜〜〜もうBUFに戻って来たとたんに脱力感MAXですよ…。



動画 ↑ の中で青山氏が「対等に話をするには対等な位置で話をしなければ、話にならない」と言われています。


これは何を意味しているのでしょうか…。


私は軍事力だと思っています。


軍事力のない国は発言力はないということです。


軍事力を持った国と対等に話すには 同じように軍事力を持たないと無理です。


そりゃそうですよ。


軍事力がない=強気に出ることができないってことですからね。


相手の国の立場で言えば軍事力のない国に対して 好き勝手なことをやっても反撃する能力はないって思ってますから。


動画 ↑ で青山学院大学の袴田教授は二国間の関係が時に不快感を示すべき時には、一時的に関係が悪化しても言うべきことはキチンと言うべきである。


普通の国であれば国益のために普通にやっていることなのに、


日本だけは「常に良好な関係であることが外交的に良いことである」と思い込んでいると言われています。


これも日本には軍事力がないからですよ。


衝突が起こった時に「では、攻撃するぞ」と言われた場合、軍事力のない日本は手も足も出ないから 相手の国を怒らせないように外交せざるを得ないんです。



以前の記事で日本は外国に完全に舐められていると書きました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    舐められる日本、狙われる日本、襲われる日本


この記事 ↑ では中国のことを書いていますが、中国だけではなくロシアも日本を狙っていますよ。


こちらの地図 ↓ をご覧ください。何の地図かおわかりになられますか?

   nihonsoren1.jpg


日本周辺をひっくり返した地図 ↑です。


こうやって見ると日本列島って見事に大陸の蓋をしていますよね。


今はもうロシアに奪われてしまいましたが千島列島が今も日本であったら、千島列島〜沖縄南西諸島まで完全に蓋をした状態なのです。


中国やロシアにとって日本はとても邪魔な位置にあるわけですよ。


中華人民共和国は建国の1949年以降、日本を中国のものにするための長期戦略をたてています。


その第一歩が尖閣諸島を中国領にすることです。


そしてロシアも同じように日本をロシアのものにしようとしているのかもしれません。


先の大戦で、ロシア(当時のソ連)は戦争が終了した後に 日本の領土である南樺太、千島列島、北方領土を占領しました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    北方領土問題の歴史を知ってください!


敗戦後に 日本軍は最後の力を振り絞り ソ連に抵抗したおかげで北海道は守られたのです。


中国が沖縄を狙っているように、ロシアは北海道を狙っているのかもしれませんよ。


中国とロシアが手を組んで日本に攻めて来たらどうしますか?


アメリカが助けてくれると思いますか?


日米同盟、日米安保条約があるから大丈夫って言い切れますか?


自分の国を自分たちで守ろうとしない日本を アメリカが全力で助けるはずがないと思いませんか…?


現在の自衛隊の数、力では戦争状態になった場合,戦えるのはわずか3〜4日です。


しかも今の法律では専守防衛しかできないので、日本人に犠牲が出てからでないと攻撃はできません。


つまり多くの日本人が死んでからでないと反撃できないのです。


憲法9条、自衛隊法がある限り、日本はだるまさん状態なのです。


憲法9条を死守すると主張している人は9条があるから65年間も戦争を回避できたとよく言われるけれども、


これから先も 今までと同じ状況であると言い切れるのでしょうか?


もし中国やロシアが武力でもって領土を獲得する状況になった場合、


話し合いで解決できると信じているのでしょうか…?


それとも黙って従えばいい、日本が中国やロシアに割譲されても仕方がないと思われているのでしょうか…?


話せばわかる国であれば問題はないのでしょうが、


残念なことに日本の周辺国は話が通じない国が多いのが現実です。


憲法9条改正=戦争になると考える方が多いのですが、


そうではありません。


戦争を回避するために軍事力を強化すべきなのです。


先ほども書きましたが、軍事力の弱い国は話し合いの際に相手にされないのが現実なのです。


日本の国益を考えた主張をするためにも 憲法9条、自衛隊法を改正し、軍事力を強化すべきであると 私は考えます。


皆さまはどう思われますか…?




     【デモのお知らせ】


中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動 in 大阪

 平成22年11月20日(土) 12時30分〜新町北公園(大阪市西区)集合

 詳しくはこちらのHP ↓ をご覧になってください。
  http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=21



先日台風のために中止になった大阪のデモです。


関西人のパワーに期待します!


お近くの方は参加をよろしくお願いします。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 05:41| Comment(14) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。