2010年11月01日

舐められる日本、狙われる日本、襲われる日本


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



もう…呆れると同時にため息しか出ない…。


日本は完全に中国に舐められている。


中国側が日中首脳会談を一方的にドタキャンしたそうである。


しかも! その責任は日本側にあると 中国はのたまった。


それだけじゃなく、


中国に対し強硬な姿勢を見せる前原外務大臣を更迭しろ!


…と日本政府に要求を突きつけて来たそうだ。

 中国、日中首脳会談開催を拒否「日本側が首脳会談の雰囲気を壊した」(FNN)
 中国メディア「前原外相はトラブルメーカー」集中攻撃 対日批判(産経ニュース)


な・に・さ・ま?


アメリカ大統領との会談であったら中国はドタキャンするだろうか?


ヒラリー・クリントン氏を更迭しろ!…ってアメリカ側に要求するだろうか?


たとえアメリカが中国に取って好ましくない政策をしても、そういうことは絶対にしないだろう。


日本が相手だから中国はこんな態度に出るのだ!


しかも今回の尖閣諸島の件では、民主党政権は中国様の言いなり状態だったではないか。


こんなのいいがかりとしか言えない!


これに対して日本政府は中国に対して何か抗議をしたのか?


民主党は中国様をこれ以上怒らせまいと必死なんだろうか…?



西日本新聞のコラムに、次 ↓ のようなことが書いてあった。

 日中会談拒否 非常識な対応にも冷静に
ストレスのたまる相手ではあるが、「逆ギレ」するのは無益だ。中国の真意を見極めつつ、焦らずに冷静で的確なアプローチを続けていけばよい。



非常識な対応にも冷静に…って…!


確かに感情的になってはいけないけれどもどんなに冷静に対応しても 中国は日本を舐めた対応に出て来る。


そうやって今までも腫れ物に触るかのような扱いをして来たから現状のような状況に陥っているんじゃないか!


あの国は下手に出たら 舐めてかかって来る国である。


民主党政権になってからというもの、中国はますますふざけた対応を加速させている。



ここ最近の中国の動きは目に余るものがあるが、


それ以上に不安をかき立てられるのは「日本の動き」である。


ご存知の方もおられるかもしれないが、


日本の一部が中国化されようとしている。


以前の記事にUPしたように沖縄県を「中国人ビザなし特区」とする案が出ている。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    沖縄ビジョンの第一歩か…? 〜中国人のビザなし渡航〜


これだけではない。


九州も沖縄と同じように「中国人ビザなし特区」にする案を出しているのだ。


北海道では「北海道観光インバウンド特区」を提案している。

北海道観光振興機構は政府が創設を目指す「総合特区制度」で、中国の運転免許証の使用を認めたり、ホテル従業員として働きやすいよう外国人の就労規制を緩和する「北海道観光インバウンド特区」を提案した。
北海道を舞台にした中国映画のヒットや、ビザ発給要件緩和の波を生かし、受け入れ体制を整えて中国人観光客をいっそう増やしたい考えだ。

  中国の免許でも運転OKに 北海道観光インバウンド特区(47News)


そして北海道自衛隊基地を見下ろす高台を中国資本が買収したらしい。


高台の森林を切りだされてしまったら自衛隊の駐屯地が丸見えなんだそうだ。


国防であるはずの自衛隊基地が外国に丸見え…って!


これでは防衛にならないではないか…!


どうしてそのような重要な場所にある高台を中国に売却してしまったのか?


そしてこんな ↓ ニュースも…!

韓国資本のゴルフ場買収は九州、中四国からはじまり、どんどん北上しているという。
地方では温泉や良質の湧水が出るなど、ゴルフ場経営以外の付加価値があるところも少なくない。
韓国資本がゴルフ場買収に積極的になっても、おかしくはない。

そこへ追い討ちをかけてきたのが、2〜3年前からの中国資本による森林買収の噂だ。
「山を買いたい」とか「木材が欲しい」という中国人、あるいはその代理人とおぼしき日本人が各地に現れた。
中国が買収した後志(しりべし)地方はほとんどが森林地帯。

ゴルフ場や森林など一定以上の土地売買情報は把握できるが、小規模取引は把握困難。仮に把握できても現行法制度下では外資の土地買収を規制するのは不可能。
それだけ日本は野放図なのだ。

かつて中国の李鵬元首相は「日本なんて21世紀には消えている」と豪語したが、囲碁同様に内陸から布石を打たれ、内部から蝕まれたらまさしく日本は消える!

  外資の土地買収に潜むもの 姿を現したゴーストたちの狙い(NETIBニュース)


中国は日本の森林、水源地を狙っているとも言われている。


中国では砂漠化、渇水状態が深刻な問題だそうだ。


13億人、14億人といわれる巨大な中国の人口、


そして中国国内ではきれいな水を求める裕福層が増えて来ているらしい。


そこで目を付けられたのが豊かな水の国、日本なのである。


山林買収のさらなる動機は「水」だ。
世界の水需給が逼迫していく中、水資源の源である森林資源、すなわち水源林を確保しようとする動きが各国で活発化している。
特に中国ではペットボトルの水に対する需要が急速に伸びており、1997〜2004年の間に需要は四倍、年間消費量は九十八億リットルにまで拡大した。
水メジャーやウオーター・バロンズ(水男爵)と呼ばれる大手水企業は水源地の利権獲得のための買収活動を世界各地で展開中だ。
ウオーター・ファンドと呼ばれる水資源事業への投資マネーの流入もここ数年急増している。
こうした世界的潮流の中で、我が国の不当に安い山林が「買い」だと注目されているのだ。

 日本の「水源林」が狙われている(三万人のための情報誌 選択)


日本の水が危ない!


現在はきれいで安心できる飲料水を安く飲むことができる日本であるが、


そのうち中国から水を買わなくてはならないことになってしまうかもしれない。


水だけじゃない。国土そのものも 合法的に中国のものになっていってるのだ。


一部の富豪が日本の土地を買い占めているかのように思うが全く違う!


後ろには中国共産党の存在があるのだ!


日本の土地を、水源を買い占めているのは中国共産党の策略なのである。


誰が日本の土地を中国人に安易に売却しているのか…?


それはまぎれもなく日本人自身である。


明らかに売国行為ではないか…!



他にもチャイナタウンを横浜、神戸以外にも作ろうとか、


新潟、名古屋の広大な小学校跡地を中国領事館にするために中国に売却するとか。


いいかげんにしてほしい!


なんで日本はこんなに無防備なのか…?


なぜ制限する法律がない?


どうして法律を整備しない?



そして怖いのが7月1日から実施された 中国の「国防動員法」である。

 関連記事はこちら ↓ をご覧になってください。
   「ビザ緩和」で大量の中国人が日本にやって来る!


「国防動員法」とは…!

中国が日本の一部の地域の侵攻を決定などした場合、
日本国内にいる中国人全員が中国兵に様変わりし兵隊として戦うことが出来るようになる。
中国は兵隊を出兵しないで敵国の人民を攻撃できるようになる。
そして、中国内の外資系の全財産没収を中国共産党の判断で行うことができてしまう
…というものである。


万が一、日本と中国が争うことになった場合、


日本国内にたくさん移住し、ふくれあがった在日中国人が 日本人を襲うのだ!


日本国内だけではすまないかもしれない。


例えばアメリカに住む在米中国人が 在米日本人を襲撃する可能性だってあるのだ…!


中国における反日デモでは 多くの日系人のお店やスーパーが破壊された。


その破壊行為は想像を絶するものである。


13億人のたった1割の中国人が日本にやってきて住みついたとしても、


今の日本の人口を軽く超えてしまう…!


もし兵隊と化した中国人による暴動が起こったら…!


想像しただけで恐怖ではないか…?


先日の記事で書いたが、人間の心の中には悪魔が潜んでいる。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    魔女狩りの街セーラム〜本当の悪魔はだれか?


過去に文化大革命天安門事件などで多くの中国国民が中国人によって虐殺されたことは 皆さまもよくご存知であると思う。


中国人の暴走はいったん走り出すと止めることができなくなるのだ。


人口がハンパなく多い中国人が集団になると悪魔のように豹変する…!



いよいよ上海万博が終了した。


今までは上海万博に影響が出たら困るということでいろんな面でブレーキをかけていた中国共産党であるが、


今後は日本に対して 今まで以上に理不尽なことを強硬に押して来るであろう。


だって…日本は舐められているのだから…。


日本の総理大臣は何をされてもヘラヘラ笑っているだけだから…。



日本を愛する日本人の皆さま!


中国に対し危機感を持ってください!


そしてお知り合いの方と情報を共有してください!


中国はあと5年で日本という国はなくなると言っています。


今、危機感を持たないととんでもないことになってしまいます。


お願いします。。。




     【お知らせ】


インターネット署名のお願いです。


『創生「日本」』が【尖閣諸島問題】及び【東シナ海ガス田掘削問題に関する声明に賛同する方の署名を募っておられます。


詳しくはこちら ↓ をご覧ください。(PDFで開きます)
 http://sosei-nippon.jp/data/report101027.pdf

署名はこちら ↓ からお願いします。
 http://www.sosei-nippon.jp/shomei101027.html


ご賛同いただける方は署名をお願いいたします。m(。・∇・。)m




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:22| Comment(20) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

北方領土問題の歴史を知ってください!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



この11月1日にロシアのメドベージェフ大統領が北方領土訪問を敢行したことを 皆さまはご存知でしょうか?

ロシアのメドベージェフ大統領が1日、沖縄・尖閣諸島近海での中国漁船衝突事件で日中関係が悪化しているのを見計らったように、北方領土訪問を敢行した。
中露の蜜月関係を背景に、領土問題をめぐる日本の主張を一気に封じるのが狙いだ。
ロシアは今年に入り旧ソ連の対日参戦(1945年8月9日)や北方領土の不法占拠を正当化する歴史認識でも、中国と連携を強めていた経緯がある。

メドベージェフ大統領は2009年2月、当時の麻生太郎首相との会談で「型にはまらない独創的アプローチ」による領土問題の解決を提唱した。だが、メドベージェフ政権下では領土問題をめぐる対日圧力が強まる一方で、日本はそれに満足な対抗策を打ち出してこなかったのが現実だ。

ロシアは今年、日本が第二次大戦の降伏文書に署名した9月2日を事実上の対日戦勝記念日に制定し、極東各地で戦勝65年の行事を行った。
新記念日制定の根底には「ソ連が朝鮮や満州、サハリン(樺太)を解放し、日本の降伏を早めた」との歪曲(わいきょく)した歴史観があり、ロシアは日本の領土返還運動を「歴史の捏造(ねつぞう)」(上院議長)と称するまでに増長している。

ソ連の対日参戦と北方領土の不法占拠も同じ「スターリン体制の犯罪」でありながら、日本に対するロシアの態度は対照的だ。裏を返せば、日本外交の限界が垣間見える。

【露大統領北方領土訪問】中露連携で対日攻勢 歪曲史観で「強い指導者」誇示(産経ニュース)


今回のロシアの大統領の北方領土訪問は我が国、日本の主権をないがしろにする許すことができない行為です。


ここ最近、尖閣諸島の問題で保守派の国民の意識が中国にばかり向いているが、(もちろん尖閣諸島問題も重要です)


この北方領土問題も尖閣諸島と同じくらい問題にすべきことなのです。


ところで、北方領土はいったい何が問題であるのかご存知でしょうか?


多くの日本人はあまり深く知らないのではないでしょうか…?


北海道の根室半島の沖合の4島はもとは日本の領土だったのに、大戦後にロシア(当時のソ連)に占領されてしまった。

日本政府は返還を要求しているが、ロシアはなかなか応じず解決しないまま現在に至っている。



…と、こういう認識 ↑ の方が多いのではないかと思います。(かつては私もそうでした…汗)


こちらの画像 ↓ をご覧になってください。
(画像は北方領土の歴史さんより引用させていただきました)


kokkyou1.jpg kokkyou2.jpg

左の画像 ↑ は1855年(安政元年)に伊豆下田において調印された日魯通好条約の後の状況です。


はじめて日ロ両国の国境は択捉島と得撫島の間に決められ、 択捉島から南は日本の領土(レッド)とし、 得撫島から北のクリル諸島(千島列島)はロシア領土(グリーン)として確認されました。


樺太はそれまでどおり国境を決めず、両国民の混住の地(イエロー)としたのです。


この条約が結ばれた段階で 明確に北方4島は日本の領土と認識されたのです。


右 ↑ の画像は1875年(明治8年)に樺太千島交換条約を結んだ際に、


樺太を放棄する代償としてロシアから千島列島を譲り受けました。


この段階で北方4島 及び 千島列島全域が正式に日本の領土となりました。


kokkyou3.jpg kokkyou4.jpg

左 ↑ の画像は1905年(明治38年)日露戦争の結果ポーツマス条約が締結され北緯50度以南の南樺太が日本の領土となりました。


この段階で正式に北方4島 及び 千島列島、南樺太が日本の領土となったわけです。


右 ↑ の画像は1951年(昭和26年)、日本はサンフランシスコ講和条約に調印した後の領土です。


この講和条約で日本は千島列島と北緯50度以南の南樺太の権利、権原及び請求権を放棄しました。(敗戦したために放棄させられました。)


しかし! 放棄した千島列島に固有の領土である北方四島は含まれていなかったのです!


つまり現在に置いて 明らかに北方4島は日本の固有の領土なのです!


しかし現在、ロシアが事実上実効支配しているのであります。



さて、ここで歴史を振り返ってみましょう。


日露戦争で日本はソ連に勝利したのは歴史上の事実ですね。


この勝利をしたことで日本は合法的に樺太(サハリン)の半分を日本の領土としたのです。


けっして非合法に略奪、侵略して領土としたわけではない、正式な取り決めによって日本の領土になったのです。


しかし。


現在、ロシアが主張している領土は 明らかに日本から奪い取ったものです!


思い出してください。


1941年(昭和16年)に締結された日ソ不可侵条約のことを…!


この条約は相互不可侵および、一方が第三国の軍事行動の対象になった場合の他方の中立などを定めたもので5年間の有効期間がありました。


この条約を結んでいたから日本は北海道、南樺太、北方領土に防衛のための軍隊を置かなかったのです。


だって…国際的な条約を結んでいるのだから、まさか裏切って攻め込んで来たりしないだろう…って普通は思うじゃないですか…。


それをソ連は裏切った…!


日ソ不可侵条約の有効期間がまだ残っていた1945年の8月8日に、ソ連は日本に宣戦布告をし、


8月9日には満州に侵攻していったのです。


さらに日本が敗戦を認め、8月15日にポツダム宣言を受諾した その後に!


8月17日にソ連軍が南樺太、そして千島列島に侵攻したのです!


これは明らかに国際法に違反する行為です!


ソ連は千島列島、南樺太に住んでいた多くの日本人を虐殺し、


そのまま千島列島、南樺太、そして北方4島を暴力的に略奪しました。


この事実を日本人は忘れてはいけない!



   あの時のことは、何故忘れ去られたのか?1/13

こちらの動画 ↑ をお時間を作ってぜひご覧になって見てください。(1〜13話まで連続で見れます)


この動画 ↑ は真岡郵便局で働いていた女性電話交換手の物語で、


真岡郵便局の電話交換手の9人の乙女たちは 純潔を守るために全員 青酸カリで自決をした、これは実話です。


なぜ真岡郵便局の電話交換手の乙女たちは自決をしなくてはならなかったのか…?


それだけソ連軍の侵攻は残酷であったということなのです…。


戦争が終わったにも関わらず 日本軍が守っていない千島列島や南樺太に攻め込んでいったソ連軍。


戦闘力が全くない、武器を持たない一般の日本国民を次々と陵辱し虐殺したのです。


こんなにも卑怯な、残酷な事実が65年前にあったのですよ…!


このことを日本人は絶対に忘れてはならない…!



本来であれば北方4島だけではなく、千島列島及び南樺太も日本の領土だと主張すべきです。


しかし、悲しいことにサンンフランシスコ講和条約で放棄してしまっているのです…。


でも! 


北方4島はまぎれもなく日本の固有の領土です!


放棄もしていません!


日本人自身がこのことを忘れてしまったら 本当にロシアのものになってしまう…!


ロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問を受け、国後島の南約40キロにある北海道根室市・納沙布のさっぷ岬で1日午後、元島民の団体「千島歯舞諸島居住者連盟」(千島連盟)などが抗議集会を開いた。

雨交じりの強風が吹き付ける中、同市の長谷川俊輔市長が「今日の雨は65年間の先人の悔し涙、返還運動関係者の怒りの涙。ロシアの姿勢に屈せず、解決に向けまい進する覚悟だ」と気勢を上げた。参加者約200人は「おおーっ」と大声で応え、北方領土に向かって拳を突き上げた。

集会で千島連盟根室支部長の河田弘登志さん(76)は「何があっても北方4島は日本固有の領土」と、訪問を非難。参加者は「北方領土を返せ」とシュプレヒコールを繰り返した。

  国後の元島民「悔し涙、怒りの涙」と雨中の抗議(読売オンライン)


もともと南樺太、北方領土に住んでおられた方々の叫びです。


財産も何もかもすべて没収され、裸同然でソ連に祖国を追い出された方々の叫びなんです。


私たちも一緒に叫ばなければ! 声を上げなくてはならないのではないでしょうか?



ソ連が崩壊して民主主義国家ロシアが誕生しました。


一党独裁の共産国家はなくなりましたが、ロシアの現政権は共産党です。


ロシア政府は中国と手を組んで、日本を挟み撃ちにしようとしています。


危機感を持たなければ…!


尖閣諸島だけでなく、北方領土にも目を向けないと…!


日本人はもっと歴史をしっかりと知り、主張すべきことは主張していかないと…!



今の民主党政府できちんと対応できるのだろうか…?


ロシアの大統領は「自分の領土を通るのにどうして日本の許可がいるのか」と言ってます。


はっきりと北方4島はロシアのものだ!と宣言しているんです。


日本政府、民主党はいったい何をやっているのか…?


このままでは日本の国は北から南から 領土が減っていくでしょう…!


もう…民主党ではダメです…!


皆さん、気がついてください…! お願い…!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 12:05| Comment(24) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

沖縄辺境を守れ! 85歳の女性に武士道の魂を見た!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日10月24日に行われた「尖閣諸島・沖縄に自衛隊配備を求める日本国民大行進!」in 埼玉の記事を書きました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
  ビデオ公開を! 憲法9条改正を! そして尖閣諸島 与那国島に自衛隊を!


このデモで先頭を切って歩かれている中に一人のおばあちゃまがおられます。


 senkaku10-1.jpg


真ん中の女性の右側の方 ↑ です。この写真はお顔を隠していますが、写真の拝借元の花うさぎの「世界は腹黒い」さんのブログではそのままの写真が掲載されています。


このおばあちゃまは沖縄県在住の金城てるさんという方で、


なんと! 御年85歳!


沖縄から上京され、デモに参加されました。


そして「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」を自衛隊統合幕僚長に直接提出されました。



10/24「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」提出:金城てる(5分33秒)


統合幕僚長 折木良一 殿

「尖閣諸島・沖縄に自衛隊の緊急配備を求める要請書」

自衛官の皆様、日々の国防の任務、本当にありがとうございます。

皆様におかれましては、尖閣危機の今、新たな情勢に即した訓練に日々励まれている事と存じます。

一方、中国人民解放軍は東シナ海の覇権を目指して着々と動いており、尖閣諸島の実効支配も本気で狙っている事もご存知だと思います。

そして、もし尖閣諸島が人民解放軍に実効支配されたら、二度と取り返すことが困難であることもご存知だと思います。

国防のプロである自衛隊の皆様は、本来なら自衛隊を尖閣諸島近海や先島諸島近海に派遣するべきであることもご存知だとおもいます。

それにもかかわらず、現政権では国防に関する危機意識が不充分な国会議員が多いため、自衛隊も思うように動けず、臥薪嘗胆の思いでいるのではないかと推察いたします。

しかし、私達、日本の主権と自由を守るためには、日本の自衛隊が国家を守る意志を強くみせる事が必要不可欠だと確信しております。

このような中、尖閣危機の最前線の沖縄県民こそ、自衛隊配備要請の声を上げるべきだと考え、この度、上京し要請させていただきます。

「私達、沖縄県民は、日本国の主権と自由を守るために、尖閣諸島・沖縄へ自衛隊を緊急配備する事を強く要請致します。」

「一日でも早く、配備するようご尽力を更に強くお願いいたします。」


私たち沖縄県民は、国民の立場から、自衛隊の配備が実現するまで、国会に対して請願活動を行い続ける覚悟です。

自衛官の皆様は、国防のプロの立場から、どうか国会議員を教育し説得をお願いいたします。

自衛隊の皆様が沖縄に増強配備、駐屯される時には、沖縄県民総出で日の丸を振って、大歓迎で迎えさせていただきます。

国を守る尊い任務に励む隊員の皆様と、ご家族のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

          平成二十二年十月二十四日     

   沖縄請願団 代表 沖縄県那覇市○○○丁目○○-○ 金城てる


沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク(JSN)さんより転載させていただきました。



金城てる氏の活動を拝見して、


私は金城氏の中に「武士道」の魂を感じました。


国のために! 沖縄を守るために立ち上がって活動されている85歳の女性!


普通85歳にもなって上京して運動しますか?


それも自分のために…ではないんです! 国のために! 沖縄のためにですよ?


私は国を思うこの女性の魂の中に「武士道」を強く感じました!



ところで、話は変わりますが。


11月4日に台湾人の高金素梅氏が尖閣諸島へ上陸するかもしれないとの情報があります。


高金素梅という人は父親が外省人(戦後に台湾に渡った中国人)、母親は台湾原住民 タイヤル族だそうで。


中国共産党から支援を受けて 強烈な反日運動を行なっている台湾の政治家です。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    靖国神社に戦犯は一人も存在しない


高金素梅氏は2009年8月11日に大勢の台湾原住民を引き連れて「靖国神社」で大暴れをしました。

  高金素梅が靖国神社で暴挙 8月11日 1/2(動画8分41秒)
  靖国合祀に対する台湾原住民の本音(動画3分47秒)


この人は反日行動を行うことによって 中国から多額のお金を受け取っています。


つまり。


反日運動をすればするだけお金になるのです。


日本に対し何らかの不満を持ってる人はお金になるんだったら反日運動をやろう〜♪って思いますよね?


すべて自費で、大勢のタイヤル族の人々を連れて日本にやって来て神社で大暴れしますか?


普通はしませんよ。


他の日本人や外国人による反日左翼の運動も同じです。


反日運動をするとお金が出るんです。だからするんです。


中国の狙いは「この極左反日議員を駆使して台湾国内の親日ムードに冷や水を浴びせる一方」で、


日本の親台派には「台湾にこんな反日議員がいるのか」と悪印象を抱かせて、日本と台湾の民間交流を分断させるとの思惑があるようです。


こんな中国の陰謀に 日本は乗ってはいけません!


尖閣諸島が台湾の領土であると主張しているのは、中国の息がかかった台湾人の行動です。


中国は「台湾は中国の一部」だと言い切っているのですから。


高金素梅氏は中国共産党に利用されているだけなんです。


いや、彼女は「台湾は中国に併合されるべき」と考えているので、台湾にとっては売国議員なのでしょうね。



以前の記事にも書きましたが、


国境って本当に危険な場所なんですよ。


特に、日本の場合は近隣諸国に領土を狙われていますからね。


尖閣諸島は中国、台湾に、


竹島(実効支配されている)及び対馬は韓国に狙われていますからね。


北方領土(実効支配されている)はロシアに奪われてしまってますし。


日本は領土、領海、辺境にもっと気を配らないとダメなんです。


ボーッとしてたら国土がどんどん削られてしまいますよ!


もしあなたの家の庭の離れに埋蔵金が埋まってるということを知ったお隣の家のちょっと強面のご主人が、


「そこはわしの土地だから、お前は出て行け!」…って言ってきたとしたら…。


あなただったらどうします?


お隣のご主人の言うがままになりますか? それとも断固として自分の土地を守りますか?



国境近くって かなり危険地帯なんです。


皆さま、アメリカのアラスカ州、バローをご存知でしょうか?


バローがどんな町かはこちらの記事の第9章 ↓ をご覧になってくださいね。
    えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)


ご存知の方もおられるかもしれませんが、アメリカのアラスカ州、バローにはアメリカ軍が厳重に配置されています。


アラスカ州の原住民族、エスキモーの方々が住むのどかな田舎町に厳重な軍隊ですよ。


なぜだかわかりますか?


目と鼻の先にロシアがあるからですよ…。


ソ連が崩壊し冷戦は終わりましたが、現在に置いてもアラスカの辺境には軍を置いて警戒しているのです。


それが普通です。国防とはそういうことなのです。


中国船の衝突事件が起きた尖閣諸島周辺の海域は良い漁場として知られている。
中国人船長の釈放に、漁業関係者からは「安心して漁ができない」「何を信じればいいのか」など、怒りと不信の声が上がった。
 
尖閣諸島に近い与那国町漁協の中島勝治組合長(44)は「あの辺りは最高の漁場。国交を断絶してでも、起訴すべきだった。
中国の圧力に負けてみんな憤慨している」。
中国船の目的は漁ではなく、領土の主張だとみる中島さんは「これからは中国側が日本船を拿捕するようになるのではないか。
政府は国境に暮らしている人の気持ちが分かっていない」
と不安も漏らした。
 
石垣島の遊漁船船長(58)は「地元の船はあの辺にはほとんど行っていない。
トラブルがないようにはっきり線引きし、中国や台湾とも仲良くやっていければいいのだが…」と声を落とした。

【中国人船長釈放】「安心して漁ができない」 地元漁師に怒りと不信(産経ニュース)


これ ↑ が国境付近で暮らす方々の本音です。


日本は沖縄の離島、尖閣諸島に自衛隊を駐屯させ、国土を守るのが当然だと思いませんか?


沖縄にも「日本の国を、沖縄を守りたい!」と思っておられる方はたくさんおられます。


沖縄のマスコミは 日本本土よりも強烈な左巻きですから、なかなか沖縄県民の声が聞こえて来ないのです。


そこで!


金城てるさんは立ち上がったのです!


沖縄の声が、国を護りたいという沖縄県民の声が 本土になかなか届かない!


この現状に危機感を持たれたのです。


どこかの運動家のように、お金になるからやっているのではないのです。


自らの意志で「沖縄、尖閣諸島に自衛隊を!」と運動されているのです。


我々も声を上げなくては!


国境の島を守らなくて国そのものを守れるはずはないのですから…!



ところで、沖縄最西端の島、与那国島の島民を守ってるのは警察官二人なんだそうです。


1670人の島民をたった二人のお巡りさんが守ってるんですって!


国境の島なんですよ?


国境を防衛しない…ってありえません!



さて、去年の8月に与那国島の町長選挙が行われたそうです。


こちら ↓ は与那国島の自衛隊誘致賛成派と反対派の議員の意見を収録した動画です。



 【与那国島レポート】自衛隊誘致反対派・小嶺博泉町議に聞く(26分50秒)


 【与那国島レポート】自衛隊誘致推進派・外間守吉町長に聞く(6分20秒)


こちらの動画 ↑ は2009年の8月の与那国町長選挙前であり、


もし自衛隊誘反対派の候補者が選挙に勝つと 辺境の自衛隊誘致は不可能になるという懸念がされていたわけですが、


結局 選挙では自衛隊誘致賛成派の外間守吉氏が勝ったようです!


本当に良かった!


与那国島の町民の方々は 中国の脅威を肌で感じておられるからでしょうね!


与那国島町民の方々! Good Jobですっ!


もし、お時間に余裕のある方はこちらの動画 ↓ もぜひご覧になってください。

 【与那国島レポート】与那国町・糸数健一議員に聞くその1(16分)
 【与那国島レポート】与那国町・糸数健一議員に聞くその2(12分10秒)


与那国島の議員さんが沖縄、そして日本にとって 大変重要なことを述べられています。


こんな大切なことを沖縄のマスメディアはまったく報道しないんですよ…。



そして! もうすぐ大事な選挙が沖縄であるんです!


11月28日の沖縄知事選挙です!


これ、ものすごっく重要な選挙ですよ!


だって…!


現職の仲井眞知事の対抗馬は こういう人 ↓のようですから…!
   沖縄の県知事選 masaさんのブログより


対抗馬の現 宜野湾市長の伊波氏はバリバリの「米軍基地反対派」です!


沖縄の米軍海兵隊を全部グアムに移転させると明言している方ですから…!


普天間基地だけじゃなくですよ?


沖縄を防衛のまったくない 丸裸にしようとしているんです。


こんな人が当選しちゃったら…。


間違いなく中国は沖縄を狙ってやってきますよ…!


沖縄県民の方! 賢明な選択をお願いしますっ!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 14:41| Comment(21) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

なぜ今「人権侵害救済法案」なのか? 言論の自由を守るためにも この法案を許してはならない!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



皆さま、人権侵害救済法案(人権擁護法案)をご存知でしょうか?


以前記事にしましたが、言いたいことが言えなくなってしまう社会を作り上げる 恐ろしい法案です。

 この法案についての過去記事はこちら ↓ をご覧になってください。
   言論支配の日がやってくる? 人権擁護法案


この法案の恐ろしさは次の通り ↓ です。

正当な批判さえ差別と取られる可能性がある。

差別の基準が非常にあいまいで、人権委員会だけの判断で罰せられてしまう可能性がある。

国籍条項を設けない人権局の設置により、同じく国籍条項を設けない個人の「通報制度」を設けることにより国民個人の言動や、ひいては 公の言動までのすべてが監視対象となる。

人権委員会の行動を監視、抑制する機関が存在しないので不当に訴えられ処罰されても泣き寝入りになる可能性がある。

インターネットを潰す事によるマスコミの情報操作能力の向上が考えらる。
そしてマスコミの曲解報道に一切対抗できなくなる可能性もある。(マスコミの情報規制ができるので議員の汚職及び犯罪隠蔽が容易になる)

何が差別と取られるかわからないので使える表現が減る。
その結果、アニメ、漫画、ゲーム、小説、映画、テレビ、お笑い、音楽、ドラマの衰退が考えられる。(当たり障りのないものしか作れなくなる)

特定の人権を過剰に守るという事はそれ以外の人権を踏み躙る事に繋がる。

テレビやマスコミでほとんど取り上げられてないため、現在 多くの国民に浸透していない。


具体的に言うと、例えば…。


中国産のものは危険だからできるだけ国産のものを購入しよう…ということが差別だ!と言われたり、


家賃を滞納した人に賃貸住宅を退去させたり、外国人には部屋を貸さない…ということも差別だ!と言われたり、


今問題になっている朝鮮学校無償化に反対!…って言うと差別だ!…って言われたり…。(実際に言ってますしね)


外国人参政権付与反対!に関しても外国人を不当に差別しているということになるようですしね。(これも実際に言ってます)


正当な批判すらできなくなる…って恐ろしいことだと思いませんか。


問題提起ができなくなるってことですから。


こうやって「日本の国を護るためのブログ」を書くことも差別だ!と言われて、


強制的に家宅捜査、証拠物品押収、罰金…ということになってしまう可能性があるのです。


私たちが考える「区別」が「差別」と捉えられ、罰せられることにつながるんです。


そんな恐ろしい「人権侵害救済法案」を 柳田稔 現法務大臣は早急に成立させようとしているんですよ。早急に!ですよ?



   2010 10 29【法務委員会】人権擁護法案早期提出へ(9分15秒)


野党の城内実氏が述べられていますが、現在の人権侵害事案、年間2万件のうち99%は現行の法案で解決されているんだそうです。(5分40秒あたり)


現行の法案で個別に対応できるのに、なぜこういう問題の多い法案を早急に成立させる必要があるのかということですよ。


柳田稔法務大臣はいじめ、DVなど重大な人権侵害に対応させたいと述べられています。


確かにいじめやDV、高齢者虐待などは大きな問題です。


しかしいじめやDVが本当に人権侵害なのかを判定するのは非常に難しいのではないでしょうか?


いろんな事情があるのに一方の言い分だけで人権侵害路判定され、処罰を受けることにつながるわけです。


城内実氏はネズミには殺鼠剤、ゴキブリにはゴキブリホイホイ、ガンには抗がん剤を使えばいいのに、


ネズミやゴキブリを退治するのに火炎放射器やミサイルを使うようなもの、抗がん剤を必要以上に使うと健康な組織も殺してしまう…ということなんだと言われています。


同じことでもAさんにとっては差別、人権侵害だと感じることでも、Bさんにとってそうではないと感じることがあるのです。


それを国籍条項のない 強力な権限を持つ組織が判定するわけですよ…?


社会通念上認められていることまで「人権侵害だ」という烙印を押され、


普通に生きている一人の人間を社会的に抹殺する可能性がある「恐ろしい法案」なのだということを考えなくてはいけないのです。



ところでなぜ 民主党はこんなに急いで「人権侵害救済法案」を成立させたいのか…?


今の日本は他に検討しなければいけない事案がたくさんあるのに、なぜ「人権侵害救済法案」なのでしょうか…?


過去記事に書いたように日本は多くの外国人を受け入れようとしています。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   舐められる日本、狙われる日本、襲われる日本


中国人がビザなしで日本に渡航できるような特区が日本のあちこちに作られ、


日本の山林や土地が外国人に買収されはじめているのです。


帰化(日本国籍を取得)条件も緩和させるべきだという意見も出ているようですし。


子ども手当は日本に住む外国人ももらえるので、


自分の国に住むよりも日本に住みたいと思う外国人はどんどん増えるでしょうね。


文化も生活習慣も考え方も全く違う外国人が日本中にあふれるわけです。


そうすると…日本人の間で「外国人はイヤだ、うちの近所に来て欲しくない」という感情がでてくるでしょう。


外国人は「なぜ、外国人というだけで嫌がるんだ! それって差別だ!」と主張するわけです。


文化も生活習慣も考え方も違う民族が同じ場所に住むと衝突するものなんです。


人数が少なければ問題になることは少ないんですけどね…。


中国人の場合人数がすごいでしょう…?


だって中国人の人口のたった1割の人が日本にやって来たとしても、


今の日本の人口を軽く超えてしまう勢いなんですから…!


今、民主党政府が 早急にこの人権侵害救済法案を成立させたい、その目的は、


このふくれあがる外国人とトラブルを起こさせないために、日本人に言いたいことを言わせないようにしよう…という思惑があるのではないか…。


それと同時に、インターネットなどの情報を制限することで、日本人にいろんな問題意識を持たせないようにさせる目的があるのではないか…。


そんな風に思ってしまうのです。



日本には言論の自由があります。


言いたいこと、感じたことを自由に言える国です。


もちろん100%自由があるわけではないんですけど、少なくとも言いたいことを言う権利は認められている国ですよね。


ブログをお持ちの方は、ブログにどんなことを書かれているでしょうか。


毎日の出来事、子育て、旅行のことやおいしい食べ物のことなどなど、


いろんなテーマでブログを書かれていますよね。


時には「これって変じゃない? これでいいの?」


…などと問題意識を持たれたことをテーマにブログを書く ことってありませんか?


もし人権侵害救済法案という法律ができたら…。


いったい何が「差別」と指摘されるかわからないので、言いたいことが言えない、書きたいことがブログに書けないようになりますよ。


「楽しい結婚生活日記」は結婚ができない人にとっては「人権侵害」


「子育て日記」は子供ができない人にとっては「人権侵害」


「旅行日記」は経済的や身体的に問題があって旅行できない人にとっては「人権侵害」


えぇえ〜〜〜! そんなことが「人権侵害」になるのぉ〜〜〜? うそ〜っ!


まさか〜そんなことで「人権侵害」だって言われるなんて…あるわけないでしょう?


普通はそう思いますよね?


だけど それがそうとも言えないから怖いんですよ。


まさかこんなことで…!…って思うようなことで訴えられる可能性だってゼロではないんですよ…。


嘘みたいな話だけど、それだけ定義がはっきりしていない怖い法案だってことなんです。


だから怖いんです。


どんなことで訴えられるかがわからないから、


怖くて言えない、書けない社会にだんだん変化していくのです。


この法案は言論を規制する法案です!


もちろんこのブログのように「政府を批判する」ことを書いたら 即! 逮捕でしょうね。



去年の夏に政権交代で民主党が第1党政党となりました。


その後、何かいいことがありましたか?


民主党は「元気な日本を復活させる」…って言ってましたけど、


もう1年と2ヶ月ちょっと経ちましたけど日本がいい方向に向かってますか?


景気は回復してるんですか? 雇用は生まれてるんですか?


サラリーマンの平均年収が一時の1/3くらいに落ちてるんですけど?


去年の衆議院選挙で民主党に投票された方は、まさか、こんなはずだとは思ってなかったでしょう?


皆さん! 怒りましょうよ! 民主党にもっと文句を言いましょうよ!


この「人権侵害救済法案」に賛成している政党は、


民主党、公明党、社民党です!


はっきり言います。


「人権侵害救済法案」を推進する政党は 売国政党です!


日本の国のことを思う政党、政治家に政治をしてもらわないと、


日本はあと1〜3年のうちに沈みます!


一刻も早く! 解散総選挙を…!



      【お知らせ】

こちらのブログ意見を送るHPや住所、FAXの連絡先を掲載されています。


人権侵害救済法案に関しては法務省 及び 柳田稔法務大臣宛に、


早期の解散総選挙を求める意見は自民党、立ち上がれ日本などの保守政党に、


そして各メディアにも取り上げて欲しい番組としてご意見やご要望を出していただくとうれしいです。


メディアの中ではTV東京、関西TV、チャンネル桜などが取り組んでくれると思います。


もし国会に提出てれてしまったら、野党の公明党が賛成に回るので可決される可能性が高いのです!


国会に提出される前に絶対に食い止めないと…!


皆さま! よろしく願いします。。。





私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 05:17| Comment(20) | TrackBack(2) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

中国共産党の傀儡である民主党は日本国民を守らない!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



皆さま! こちら ↓ を読んでくださいまし!


お友達ブロガーのこうめさんのブログです。


もうわたくしの気持ち、そっくり丸ごと同じなので まるっきり引用させていただきまっす!

 ちょっと整理するヨ

昨日のコメ欄にもちょこっと書いたのだけれど、
昨夜7時過ぎごろ、関東地方で地震があったので
ハプハプ、と思ってNHKをつけたざます。
どんなに狂った放送局とは思っていても
非常時にはたよらざるえないテレビ・・・。
その責任をわかってないようだがな。

とりあえずそれはおいといて、
ちょうどその時間帯は7時のニュースだったらしく
ビデオ流出!の話を詳しくやっとった。
なんで流出したのか、とか
流出したことによって日中関係はどうなる、とか
民主党は犯人をきちんとみつけて
国家公務員法で刑事罰も視野に入れ・・・

と言っておりました。

オウオウオウ、チョー待ってやー。
ちょっと話ちゃんとしましょ。

そもそもやねー、ファーストオブオールやねー、
中国の不審船がわが国の領土に不法侵入して
さらには海保に攻撃を加えてきた
のだよ。
それをタイホして粛々と国内法で裁くって言っておきながら、
証拠の船も船員もさっさと返して
その上拘留した船長は、地検の判断ですから!
とかわけのわからん言い訳をして返しちゃった
よね??
船長のオッサンレイを胸にかけてVサインしとったよね??
政府の対応はどういうこっちゃって、国民が怒って
全国でデモが実施された
よね?

マスコミは総スルー、民主も総スルー、
仙石に至ってはデモに参加した人をたしなめとった
よね??

その上、ビデオは公開しない、って頑張ってて
やっとで限られた国会議員だけに6分だけ見せて
あー、見せた見せた、って言ってた
よね?
当の中国からは、まるで日本が悪いかのように世界にデタラメ発信されてるのに
否定もせずに敬語つかって会談もドタキャンされてもエヘエヘ笑っとったよね??

これがこれまでの流れですよ。
そんな状況下でビデオ流出して、
流したヤツは国家公務員法違反ですから!って
タイホして中国様に申し開きせねば!って言ってるデスよ。
コレでホントーによくわかりました。
民主党政権は、中国共産党の傀儡政権だったのサー。
お上に逆らったらタイホなんだもんね??

国家公務員法とか、情報漏えいがとか、
もっともらしく言ってるけど、
そもそもアンタら動きおかしかったでしょ、最初っから。
中国人センチョーは釈放したのに、
流出させた日本人はタイホ刑事罰って
鳩山の脱税を不問にしておきながら、
税務署が毎日せっせと脱税を摘発してるのと同じ
だよね。


日本国民なめんなよ??

スパイ防止法も作らずに
人権擁護法案を必死に通そうとしてるってことは
日本人を守ろうじゃなく、
さからう日本人はどんどん黙らせるための
法整備をしている
ってことです。

大事なことなのでもう一回言うけども


民主党政権は中国共産党の傀儡

早いとこ政権交代しなければなりません。

政権交代民主党!政権交代民主党!

                        〜〜〜引用ここまで〜〜〜



今回の尖閣ビデオ漏洩で一番問題なのは、


誰がリークさせたのか、どこからリークしたのかではありません!


ビデオを見たら一目瞭然!


海保の静止命令を無視して 中国の船は海保の船にぶつけてきているのです!


公道でパトカーにぶつかって逃げたのと同じ状況ですよ?


海上保安庁は海の警察官なんですから!


しかも日本の領海で!


領海侵犯された上に 海保の船に体当たりしてきたんです!


それなのに日本は起訴することもなく船長を返しちゃったんですよ…!


一番問題にすべきことは「リークした犯人探し」ではなく「中国の船長を処分保留で釈放したこと」ではないですか!


そしてこのビデオを今の今まで公開せずにほっておいたこと…!


はじめからきちんとした形で公開されていたら こんな問題にならなかったのです。


一番責任を問われるべき人物は…!


菅直人総理と仙谷由人官房長官の二人です!


国民の皆さま、そこんとこ見誤ったらダメですからね。



海上保安官は海の警察官です。


日本を守るために日夜 頑張ってくださっているんです。


あんなにも緊迫した海で 毎日 賢明に戦ってくださっているんですよ?


命を落とすかもしれない状況だってあるんです。


それなのに民主党は 中国船に対しあんな処分しかしなかった!


しかも真実を国民に、世界に公開しようとしなかった…!


真実が葬り去られようとする危機感があったからこそビデオの流出につながったのではないでしょうか…?


なのに必死で「犯人探し」をする現日本政府、民主党…!


いったい誰を守ってるのでしょうか…?


民主党は 日本国民を守らないということですよ。


我々日本人の命を守らない 民主党に今後も政治をさせていいんですか…?



今、こんな風に尖閣ビデオの流出に国民の意識が集中しておりますが、


その陰で日本解体法案が着々と進められていることも忘れてはなりません。


昨日の記事にUPした人権侵害救済法案(人権擁護法案)は絶対に成立させてはならない法案です。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
なぜ今「人権侵害救済法案」なのか? 言論の自由を守るためにも この法案を許してはならない!


その他にも外国人参政権付与法案、外国人住民基本法案、選択制夫婦別姓法案、重国籍法案などなど…。


民主党が政権を握っている間に通したい法案がてんこ盛りです。


こういう日本解体法案がまだまだ廃案になっていないということを認識しておかないといけません。


この騒ぎにまぎれて、危険な法案をしれっと通されてしまわないよう目を光らせておかないと…!


そして真面目に政権交代を考えないといけない時期に来ていると思います。


内閣不信任ではダメです!


日本国民を守ろうとしない 民主党には日本を任せられません!


絶対に解散総選挙しかありません!


日本人皆が立ち上がることできっと実現します。


皆さん、今の現状に気がついてください。お願いします。。。



     【デモのお知らせ】

アジアに自由と平和を! 尖閣諸島侵略糾弾!中国のアジア軍事覇権糾弾!
「ノーベル平和賞」劉暁波氏の釈放を! 「自由と人権 アジア連帯集会」 & デモ in 東京

  平成22年11月6日(土)12時00分〜
 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=48

頑張れ!日本全国行動委員会 栃木県本部設立式
  平成22年11月7日(日) 開会:13:00、閉会:14:30
 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=41

中国のアジア侵略・人権弾圧を阻止する抗議デモ in 横浜
  平成22年11月13日(土)12時00分〜
 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=50

がんばれ日本!全国行動委員会愛知県本部総会/講演会 in名古屋
  平成22年 11月14日(日) 18:30〜20:30
 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=40

アジアに自由と平和を!中国(胡錦濤)のアジアと尖閣諸島侵略糾弾!街頭宣伝活動 in 横浜
  平成22年 11月14日(日)12時00分〜
 http://www.ganbare-nippon.net/event/diary.cgi?no=51




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 10:50| Comment(14) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。