2010年09月26日

〜平和主義が戦争に導く〜外国に住んでいる日本人の方々! 他人事ではありませんよ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



日本の固有の領土、尖閣諸島海域を侵犯した中国の漁船の船長が解放されて丸1日以上が経過しましたが…。


日本ではどんな様子ですか?


普段は事実を報道しない日本のマスコミも、今回はさすがにきちんと事実を報道しているようですね?


それに対し、日本の国民の反応はどんな感じでしょうか?


皆さん、怒ってます?


それとも普段と同じように何事もなく過ごされています?



ところで皆さま。


毎日、楽しく過ごされていますか?


おいしいものを食べ、映画を観たり、お買い物を楽しんだり、たま〜に旅行に行ったり。


100%満足ではなくても、贅沢はできなくても、それなりに満足する日常生活を送られている方が多いでしょう。


もし、その生活がなくなってしまうとしたら…どうしますか?


平和な日本がなくなってしまうかもしれない…って、考えることはないですか?


日本から平和がなくなってしまうなんて、今の生活がなくなるなんてありえない!


本当にそうでしょうか…?



今回の中国の船長を起訴しないまま釈放したこと、これは今後、日中間で大きな問題になっていきます。

 関連記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね。
  一番恐れていたこと…! 中国に屈した日本〜日本の民主国家の崩壊の始まり


9月22日のニュースアンカーで青山繁晴氏が言っておられたように、


日本が中国の船長を起訴することなく中国に返すということは、


日本という国が死ぬことを意味します。


民主主義が共産主義に負けることになるのです。


いや、もう起訴する前に中国に返しちゃったわけですから日本が負けたんですよ。


法治国家が独裁国家に屈したのです。


今後日本の領海に中国が侵犯して来ても、日本はもう反撃できなくなってしまうのですから。


沖縄・尖閣諸島沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件で、中国は「謝罪と賠償」を要求し、船長の釈放により、日中関係悪化が収拾に向かうと期待した菅政権は目算が狂った格好だ。
中国の強硬姿勢はやむ気配がなく、日中対立は長引く恐れが出ている。

  ◆甘かった見通し◆
「日本側の方が(中国より)少し大人の対応をした。抜き差しならない関係になるのはいいことではない」
片山総務相は25日、東京都内で記者団に対し、公務執行妨害容疑で逮捕した船長釈放を評価した。
だが、謝罪と賠償を求めるという中国側の予想外の要求に、政府の受けた衝撃は大きかった。
政府筋は25日、「尖閣諸島は日本の領土だ。日本の法律にのっとったことなのに、謝罪要求とはどういうことなのか」とうめいた。
というのも、中国人船長の釈放を決めた24日、首相官邸内には、日中の関係改善に直ちにつながるという楽観論が広がったからだ。
中国側の強硬姿勢は、「菅外交」の見通しの甘さを露呈する形となった。

  ◆やりたい放題?◆
政府内では「中国は船長釈放を勝ち取り、矛を収めるどころかさらに、揺さぶりを強めてくるのではないか」と先行きを危ぶむ声が出ている。
まず、今回の漁船同様、尖閣周辺の日本領海における中国漁船の侵犯行為がエスカレートする事態が予想される。
海上保安庁などからは「中国漁船が違法操業していても、有効な取り締まりができなくなる」と心配する声が出ている。

中国側が東シナ海のガス田開発問題で単独掘削の構えを見せるなど、船長逮捕の「報復措置」とみられる動きも解決のメドが立っていない。
ガス田の一つ「白樺しらかば」(中国名・春暁)では最近、中国側施設で掘削用ドリルのような機材の搬入が確認され、新たに白樺付近の海水に濁りがあることも判明した。
24日に開かれた自民党外交部会で、資源エネルギー庁幹部は「掘削の可能性は高いとの判断は変わっていない」と説明。
外務省も「中国側が掘削をした可能性がある」とみて、外交ルートを通じて中国側に事実確認を繰り返している。

中国・河北省で「フジタ」の日本人社員4人が中国当局に拘束された問題でも、北京の日本大使館が25日、ようやく領事面会を実現させたものの、解放には至っていない。
政府・民主党内では、「船長というカードを手放したことで、中国にやりたい放題やられる恐れがある」(民主党関係者)との警戒感も出ている。

「日中は国際社会に責任を持つ重要な隣国で、戦略的互恵関係を深めるため、双方が冷静に努力することが必要だ」
菅首相は24日(日本時間25日)、ニューヨークでの内外記者会見でこう強調した。しかし、メッセージは中国に届いていないようだ。(政治部 鎌田秀男、宮井寿光)

   釈放─収拾のはずが…交渉カード失い目算狂う(YOMIURI ONLINE)


今頃なに言ってるんです。


交渉カードが「船長を返すこと」だったわけですか…?


船長を返したら フジタの社員を返してくれる…って本当に信じてたの?


中国がそんな甘い国だと真面目に信じていたってわけですか…?


民主党っておバカですか?


船長を釈放したら 日本は「脅せば何でも言うことを聞く国だ」と中国に宣言することになるってわかっていたことじゃないですか…!


日本が譲歩すれば、中国は理解してくれるなんて甘っちょろいことを考えていたのですね!


本当に何てことをしてくれたのでしょう…! 


みんしゅとう〜〜〜っ!!!!! ヾ(*`Д´*)ノ"<怒怒怒怒怒



船長が中国に戻ったとたんに中国側は謝罪と賠償を要求してきてますよね。


もちろん日本としては断固として拒否すべきです。


しかし中国は何度も要求を突きつけてくるでしょうね。


民主党は どうおとしまえをつけるつもりでしょう?


この騒ぎで中国は「尖閣諸島を何としても中国のもの」にしたいのです。


そのためなら何だってやると思いますよ。


日本が諦めるまで日本を攻めてくるでしょうね。


脅すようですけど、


中国は戦争にまで持っていこうと考えている可能性があります。


もし、そうなったらどうしますか?


日本は二度と戦争をしてはいけないのであるから…っていうことで尖閣諸島を中国に明け渡しますか?


戦争をするくらいなら領土を諦めますか?


尖閣諸島にとどまらないかもしれない。


沖縄も奪いにくるでしょうね。


もしかしたら九州も狙われるかもしれませんよ。


九州も沖縄県と同じく 外国人(主に中国人)にノービザで入国できるようにするっていうことですしね。
観光推進機構 九州入国規制緩和を 特区申請へ アジアから集客狙う(西日本新聞)


いったい何を考えているのやら…。


お金欲しさに安全を売るんですか。


こういうアイデアを出す人ってわかってないの?


中国は今年の7月より「国防動員法」を制定したんですよ?

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    「ビザ緩和」で大量の中国人が日本にやって来る!


日中間で有事があれば、日本にいる中国の一般人が全員兵隊になって日本人を襲うのですよ?


中国は 自国の国民を意のままに操ることができる国です。


中国共産党の命令に逆らう者は、本人はもちろん その家族までも犯罪者として処刑されるため、


中国人は亡命しない限り、中国共産党に従うしかないのです。


中国共産党は「国防動員法」により中国国外に住む中国人をもを強くコントロールしようとしています。


日本に大量の中国人を送り込み、そして中国のために働かせる。


万が一日本と中国の間に衝突が起これば 日本に住む一般の中国人が「中国軍の兵士」になるわけです。


これに対し日本は何か対策を立てているのでしょうか?


スパイ防止法がないんですよ、日本には!


どうやって日本を守るのでしょうか…?



中国が本気で日本に攻め込もうとしている時期、それがいつか…。
   

上海万博が終わった後でしょうね。


来年の6月頃に 100隻以上の中国船を尖閣諸島海域に集合させ、尖閣諸島に上陸させるという計画があると聞いています。


それが事実だったとしたら…。


中国による尖閣諸島の実行支配が始まるのです。


尖閣諸島をおさえられたら…シーレーンは脅かされることになるでしょうね。


シーレーンが中国に脅かされることになったら、日本の今の生活はないですよ。


おいしいスイーツ発見〜♪ 冬にはコートを新調したいな〜♪


…なんて、言ってられなくなりますよ。



戦争といっても、かつての戦争のようにドンパチと地上戦にはならないでしょうが、


日本人としては覚悟は必要だと思います。


そのためにも国防をしっかりして、日米同盟を強固たるものにしておく必要があるのです。


ところが、これにまっこうから異議を唱える集団が日本には存在するのですよね…。



「国防なんて日本には不要!」座談会←日本を滅ぼしたいんですか?(9分55秒)


こちらの動画 ↑ をご覧になってみてください。


左巻きの平和主義の方々のお花畑な思考回路をよく表しています。


殺されても殺さない。相手がどんな暴力を振るっても仕返しをしない。


自衛権も捨てるべきだと言っています。


それが外国から叩かれない、攻められないことだと言っているのです。


びっくりすると同時にあきれてしまいませんか…?


近所で泥棒騒ぎがあっても 自分の家に鍵をかけないで暮らした方が安全だと言っているようなものです。


こんな風におっしゃる方は自分の子供が殺人鬼に襲われても 逆らわずにいたら助けてくれると思っているのでしょうか…?


この方々に中国に向かって同じことを言ってみて欲しいですね。


なぜ日本だけ自衛しなくていいって言うのか 意味不明です。


日本にはこんな風に考える平和ボケした平和主義の方々がたくさん存在するんですよね…。


そしてこういう平和主義がことごとく戦後の日本の防衛力を弱体化させてきたのです。


防衛しないということがどういうことか、考えてみてください。


平和憲法があるから戦争が起こらない?


憲法9条があるからどの国も戦争を仕掛けて来ることはない?


そんな風に考えておられる方、チベット、東トルキスタン(ウィグル)のことを知ってください。


チベットも東トルキスタンも武力を持たない国でした。


平和であった国が侵略され、民族が滅亡の危機にさらされているのです。


上の動画に出て来る方と同じ意見をお持ちの方は中国に話し合いに行ってくださいよ。


ぜひ平和主義で戦争を回避できることを 実践して見せてください。



とにかく。


中国共産党は計画的です。


1949年から60年間にわたり、一党独裁政治を行って来たのです。


その政策の中には尖閣諸島、台湾、沖縄を中国の領土に飲み込むことが含まれているのです。


台湾は 尖閣諸島の領有権を主張していますが、


これは外省人、つまり戦後に中国から台湾に渡った蒋介石率いる中国国民党(中国人)の行動であり、


台湾全体が尖閣諸島の領有権を主張しているわけではありません。


つまり中国、香港の中国人、台湾の外省人(中国人)が資源欲しさに尖閣諸島を狙っているというわけです。


日本は台湾の本省人(もともと台湾に住んでいた人々)と共に シーレーンを守るためにも中国共産党に立ち向かう必要があるのです。


戦争を起こされたくないから 中国に逆らわない方がいいなんて考えてはダメなのです。


中国の言うがままの日本になってしまうということは、


日本は中国共産党の支配下に置かれることを意味します。


いいのですか…?


近い将来、日本が中国の一部になってもいいと思われますか…?


チベットや東トルキスタンと同じ状況になってもいいですか…?


日本人が同じような目にあわないと言い切れますか…?


未来の日本〜こんな日本になってもいいですか?の記事に書いたようなことが現実に起こるかもしれないのですよ…?


  nihonjichiku.jpg


こんな日本 ↑ にしないためにも 危機感を持って欲しいのです。


中国共産党のような一党独裁国家の覇権主義に平和憲法は通用しません!



外国にお住まいの方も外国に住んでいるから安心ってことはないですよ。


日本という国があるから「日本人としてのアイデンティティーが保てる」のです。


もし日本という国がなくなってしまったら、今と同じ状況では暮らせないはずです。


ネットされている方はスルーしないで調べてみてください。


遠い将来の話ではないのです。


間近に迫っている事実なんですよ…。


日本人全体で危機感を持たないといけない時期になって来ているんです。


お願いです。


ご家族で、職場のお友達の間で、ママ友の間で、ちょっと話題に出して考えてみてください。


よろしくお願いします。。。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 16:04| Comment(41) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。