2010年09月17日

大富豪たちのリゾート地〜1000 Islands♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日の記事の続編です。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね♪
    高速道路で迷子&入管で取り調べを受ける〜の巻



えいと@夫妻が 先週末から3泊4日で旅行に行った先。


それはThousand Islandsというところなんです。


オンタリオ湖から流れる St. Lawrence Riverに「1000の諸島」という観光地があるのです。


a-1000sima10-12.jpg
    You Say Too「1000 Islands より写真をお借りしました。


いかがです〜? ステキでしょ〜〜〜? (=^▽^=)


上の写真 ↑ は上空からの撮影で、ヘリか飛行機に乗らないと撮れませんので画像をお借りいたしました。


こんな風にたくさんの島が寄せ集まった地域なんですねー。


島は全部で1864ほどあるそうですが、


この地域では2つの基準を満たさないと「島」としては認められないのだそうです。


その基準とは1年365日の間 沈むことがないこと、2本以上の生きた樹が生えていることだそうです。


単なる岩山では「島」として認められないのですねぇ〜。


実際に島として利用されている(建物が建っている)島は800くらいなんだそうですよ。σ(゚・゚*) ホ~ォ


   a-1000sima10-1.jpg


この島はクルーズ船で遊覧することができるんです。


えいと@夫妻もクルーズ船に乗ってのんびり遊覧観光をいたしました。(o^-^o)


a-1000sima10-7.jpg


このあたりの島は1870年あたりに発見され、


大富豪たちが島を買い取ってそこに豪邸を建てたそうです。


   a-1000sima10-3.jpg


こんなお城のような邸宅 ↑もあるんですよ〜。(゚▽゚*)


昔の大富豪ってすごいお金持ちだったのでしょうねぇ。(´ー`)


a-1000sima10-5.jpg


このあたりは比較的新しく建てた邸宅のようです。かなりの豪邸ですよね。


a-1000sima10-6.jpg


持ち主たちは夏の時期のリゾート地としてここでバカンスを楽しむのでしょうね〜。


このあたりは冬は雪に覆われてしまうので短い夏の期間だけのリゾート地なんです。


うらやましいほどの贅沢さですよね。ε- (´ー`*)


a-1000sima10-9.jpg


こちら ↑ はLighthouse(灯台)です。


昔はここに灯台守が住み込んでお仕事をされていたそうです。


現在は電子灯台になって、この灯台は使われなくなったそうです。


右の赤いのが電子灯台 ↑です。ちょっと味気ないですね〜。


この灯台は一般の方に売却され、今ではリゾート地として使われているそうです。


a-1000sima10-10.jpg


こちらの家 ↑ は壊れてしまっています。(゚゚;)


冬の間に崩壊してしまったんだそうです。


こちらの家って梁を使わない建築が多いのですね。


なので古くなると家が傾いたり崩壊してしまうことがあるのです。


ここの持ち主の方はショックだったでしょうね…。(゚-゚;)


シーズンが終わる頃は大丈夫だったのに 翌年に来てみたら家が壊れてた…って、かなりショックだったと思います。


取り壊すにも大変な労力とコストがかかってしまうようで、放置されているんだそうです。


a-1000sima10-2.jpg


こちら ↑ ↓ もお城のような邸宅です。すごいですよねー。( ̄ー ̄;)


a-1000sima10-13.jpg


たまたま帆船が停泊していて絵になるなぁ〜と思いました。(´▽`)



ところで、このお城のような邸宅は(上から4枚目の写真の邸宅も)下船して見学ができるんです。(⌒ο⌒)b


え? えいと@夫妻は 見学したのかって?


もちのロンロンですよ〜〜〜。o(*^▽^*)o~♪


長くなっちゃうのでこれらの豪邸の中についてはまた後日、記事にいたしますね〜♪


お楽しみに〜♪ (o⌒∇⌒o)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。