2010年08月24日

使い勝手のいい「2」のつくお金〜2000円札をどんどん使おう


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



寒い〜〜〜! {{(>0<)}}


アメリカの北国、バッファローはいきなり秋がやってきたかのようです。


最低気温は摂氏で15度くらい、最高気温も25度くらいで肌寒いんです。


何と、今日はフリースを出して着ちゃいましたよ。


8月でフリース…。ちょっとびっくりですよね。((´д`))



さて、先日「流通させよう! 2000円札運動!」についての記事をかきました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    2000円札を流通させよう〜沖縄を中国から守るために〜


この記事 ↑ で このようなコメント ↓ をいただきました。

2000円札はもう全く流通に想定されていないからねえ。
すでに1000円札があるのにあまり変らない2000円札じゃあ流通は難しい気がします。
(By かげさん

2000円札は数年見てないですねぇー。今度お目にかかったら保存しておこうと思うくらいです。
しかし一定量刷られているはずなんですけど・・・いったいどこに行ったのでしょうね?
(By ちょびまめさん

二千円札、、、一体最後に見たのはいつか思い出せないです。
発行されてから、何回見たかな・・・多分、数えるほどしか見たことないです。
なので記憶からも消えかかっている感じが正直な所です。
(By cha^^chaさん


2000円札の存在を忘れつつある人が多いんですねー。私を含めて…。σ(^_^;)


西暦2000年と沖縄サミットを記念して二千円札が発行されてから今月で丸10年。流通枚数は約1億1千万枚(5月末)で全紙幣の1%ほどというが、最近はすっかりお見かけしない。
既に新札の発行はストップ。大量の紙幣が流通もせずに、日銀の金庫に“在庫”として眠っているようだ。

国立印刷局によると、2000年度に7億7千万枚、03年度に1億1千万枚と計8億8千万枚の二千円札を日銀に納入。
しかし、その後は製造されていない。

日銀によると、二千円札の流通は、04年8月に約5億1千万枚でピーク。
この時は五千円札より多かったというが、その後は激減し、06年5月以降は1億枚台で推移している。
一部は古くなって裁断処分されたが、大量の紙幣が日銀の金庫に積まれたままのようだ。

日銀発券局の担当者は「日本人は2のつくお札になじみがなかった。
慣れ親しむ前に、使い勝手が悪いというイメージが広がってしまった」と分析。
「映画館やタクシーでの支払いなど意外に便利な場面はあるのだが…」と話す。

多くの銀行の現金自動預払機で出金用には使われず、担当者は「要望に応じ窓口で出すように用意しているが、希望者はほとんどいない」という。

     発行から10年、二千円札は? 製造中止、日銀に山積み 47NEWS


なるほど〜〜〜。


日本人は「2」のつく貨幣になじみがなかったってわけですね〜。


でもね、「2」がつく貨幣って外国ではけっこう見かけるんですよ。


私が住んでるアメリカは20ドル札がメインですしね。


6月に旅行に行った台湾でも200元、2000元がありましたし。


他にもインドだって2ルピー、20ルピー札があるし、
中国だって20元札があるし、
タイだって20バーツ札があるし、
ネパールだって2ルピー、20ルピー札があるし、
ビルマ(ミャンマー)だって20チャット、200チャット札があるし、
インドネシアだって20000ルピア札があるし、
シンガポールだって2ドル札があるし、
フィリピンだって20ペソ、200ペソ札があるし、
ユーロだって20ユーロ、200ユーロ札があるし、
イギリスだって20ポンド札があるし、
スイスだって20フラン、200フラン札があるし、
オーストラリアだって20ドル札があるし、
ニュージーランドだって20ドル札があるし、
カナダだって20ドル札があるんです。
                   世界の貨幣参照

  
これだけの国 ↑ が「2」がつく紙幣を流通させているんですねぇ。


…ってことは、「2」がつくお金ってけっこう使いやすいんじゃないの?…って思いませんか?


日本経済新聞のサイト2のつくお金は理論上も便利であることが実証されています。


   〜〜〜引用(一部)ここから〜〜〜

海外では2のつくお札は珍しくない。英国はお札全体の約6割が二十ポンド紙幣だし、米国も二十ドル札が約4分の1ある。

てんびんで1グラムから40グラムまで1グラムずつ量ろうとすれば、何個の重りで済むのかという有名な数学の問題がある。

答えは1グラム、3グラム、9グラム、27グラムの4つ。

例えば22グラムの塩を量る時はAの皿に27グラム、3グラム、1グラムの合計31グラム、反対のBの皿には9グラムを置く。Bの皿に塩を徐々に載せて釣り合うのは31から9を引いて22グラムだ。

1、3、9、27というのは1から次々3をかけた数。より重い物でも3をかけた数の重さを用意すれば自在に量れると証明されているそうだ。

「この考え方はお金にも応用できます」

例えば一円玉のほか三円玉、九円玉、二十七円玉……と用意すればお金のやりとりが一番減らせる。

「そんなお金は実際にないし、あっても計算が難しい」

「お金は十や百ずつが計算しやすいから、5や10で割り切れる近い数字を選んでもいいです」

3なら五円、9は十円、81なら百円、729は五百円と千円……。「あれ 実際の日本のお金じゃない」目を見張った。

「2187なら二千円か」

「日本は千円から五千円の間がだいぶ空いていました」

二千円札の登場で理論に近くなり、十、二十、五十ドル札があるドルと同じ数字の並びになったわけだ。


  shiharai.jpg

二千円札があれば、財布のお札が少なくなる。

例えばレジで一万円札を出して9000円のおつりがある場合。全部千円札なら9枚、五千円と千円なら5枚になるが、五千円と二千円なら3枚で済む。


                      〜〜〜引用ここまで〜〜〜



ね? いかがですか?


2000円って けっこう使い勝手がいいみたいなんですよ。


日本って「にーしーろーはー」って数を数えるじゃないですか。


計算も チャチャッとできちゃいません?



でね。


既に新札の発行は中止されているって書いてますけど、


これは流通していないから新札の発行がされていないだけなんです。


1万円札や1000円札はどんどん新札が発行されているように思いますけど、


むやみやたらと新札が刷られているわけではないんです。


どういう状況で新札が発行されるのかというと、


日銀に戻って来た古いお札のうち、ボロボロになって裁断、破棄されるお札があるんですが、


その裁断、破棄される分のお札が新札に交換されているだけなんです。


数の管理をしないで紙幣の濫発をさせてしまうと ハイパーインフレーションを起こしてしまいますからね。


なので2000円札が流通して 古いお札がたくさん出て来たら新札が発行されるはずです。



で、2000円札を手に入れる方法ですが。


大手の銀行、郵便局で両替してもらうのが一番確実ですし新札が手に入ります。


1万円や5千円札を両替してもらう際に2000円札を入れてもらいましょう。


キャッシュカードの使える銀行なら自動両替機で交換ができます。こちらも新札である場合が多いようです。


コンビニのATMで2000円が出るようになっている場合があるそうです。この場合は古いお札が出て来る可能性があります。


でね、大事なことは2000円札を手に入れたら使うことです。


2000円札が手に入った後、そのまま貯金箱に貯めておいたのでは意味がありませんから。


流通させる=使うことですからね。


大勢の人が使わないと流通しませんから、そこんとこよろしくです。


  omote.jpg
  ura.jpg 
        大蔵省HPより画像をお借りしました。



ところで、先日のコメント欄で首里城の「守礼門」の深い歴史を教えていただきました。

  先日の記事のコメント欄はこちら ↓ をご覧くださいね。
    2000円札を流通させよう〜沖縄を中国から守るために〜コメント欄


コメントをいただいて 丸1日考え込んでしまいました。(笑)


歴史の紐を解くと、時代の背景が鮮明に見えてくるものですね。


どの国でも自国が生き残るのに必死だった時代があります。


琉球王朝にとって苦悩の象徴であった「守礼門」


それもまた歴史なのです。


時代は流れて琉球は清ではなく、薩摩藩に併合され、そして明治の時代に沖縄県となって日本の一部になりました。


守礼門が屈辱的なものであったとしても、それはもう歴史上のこと。


その「守礼門」をあえて日本のお札の柄にしたということは、


そういう歴史を丸ごとひっくるめて「沖縄は日本なのだ」と主張することにならないでしょうか?


2000円札の柄が「守礼門」であることが屈辱的だと思う人がいるかもしれませんが、


そういう歴史を土台にして今の沖縄があるのだと、そんな風に考えることもできると思うんです。


どんな国も歴史を抱えているものです。


過去の歴史が屈辱的であったから、それはなかったことにしようなんて、


そんな、どこかの国がしているような歴史を歪曲するようなことはおかしいし、


歴史をなくしてしまうことなどできるはずはありません。


誇れる歴史であっても屈辱的な歴史であっても、歴史は歴史なのです。


歴史をふまえた上で、過去にしばられることなく 今後の国のあり方を考えて行くべきであると 私は思います。


故 小渕元総理が守礼門がどういうものであったか、ご存知であったかどうかはわかりませんが、


「沖縄」をお札に入れ込んだことは 私はすごい功績であると思います。


だからこそ! 2000円札を支持したいと思っているのです。


中国が何と言おうと 沖縄は日本です!


このブログをご覧になってくださっている皆さま!


2000円流通させよう運動をいっしょに頑張りませんか?




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 13:35| Comment(22) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。