2010年08月18日

靖国〜武士道の心を持って生きていきたい


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



今年も8月15日、終戦の日が過ぎました。


ところで、この終戦の日ですが。


マスコミではしきりに「終戦記念日」と書いています。


でね、私はこの「記念日」という表現の仕方に抵抗を感じるのでございますよ…。


確かに「記念」というのは 思い出となるように残しておくこと、過去の出来事・人物などを思い起こし、心を新たにすることという意味ですが、


「記念日」となると記念すべき出来事のあった日ということとなってしまうのですね。


戦争が終結した日は「記念すべき出来事ではない」と思うのです。


多くの保守のブログでも「終戦記念日」と書かれていることがあるので ちょっと気になります。


何気なく使ってたり…とか、こういう細かいことを気にしない人が多いのかもしれませんが…。


私は あえて「終戦の日」と書くようにしています。




さて。


今年の「終戦の日」には多くの参拝の方が靖国神社にお参りに行かれたようですね。


      j-yasukuni09-1.jpg


こちらの写真 ↓ をご覧になってください!
   別枠でパノラマ写真が開きます


このパノラマの写真 ↑ は産經新聞者が撮影された写真です。


ものすごい人!人!人!じゃないですか?


約16万6千人にもなったそうです!


これだけのたくさんの日本人が8月15日の「終戦の日」に靖国神社に足を運ばれたのです。


多くの日本人が「英霊に、先人に感謝の心を持っている」ということですよ…。


うれしいじゃありませんか…。



ところで、この日の靖国神社の外では 反天連デモ(靖国解体、反天皇制度のデモ)があったそうで、


靖国神社の外ではかなり騒々しかったようです。


どんな思想を持とうが、それは個人の自由ですが、


反天連デモを行っている人たちの中にもし日本人がいるのだとしたら…。


これほど悲しい、情けないことはないですね…。


このデモは国を護り続けてくださった天皇、英霊、先人方を、我が国を作り上げてきた歴史そのものを冒涜する行為ですから…。


日本人であれば とてもできない行為です。


外は騒々しかったようですが、一歩 靖国神社に足を踏み入れると 静寂な空気が流れていたそうです。


本年の靖国神社は、思いのほか静かだった。
しかし、参拝の人々は例年より多かった。
人々は、声を立てることなく、炎天下の参道に並び、参拝の順番を静かに待っていた。

           西村真悟氏の「真悟の時事通信」より


炎天下の中を80を越しているであろうと思われるお年寄りの方が杖をついてお参りに来られる姿があったそうです。


そして10代 20代の若い方まで、年齢を超えた多くの参拝の方々。


今の日本があるのは 英霊や先人方のおかげなのだという感謝の気持ちで多くの方が靖国神社を参拝されたのでしょう。


j-yasukuni09-5.jpg



日本人の心にあるもの、それは武士道。


「武士道」とは「人のために死ねる覚悟を持つ」こと。


「武士道」は男性だけのもの、武士の世界だけにあるものではなく、

女性も、武士以外の身分の人間も「武士道」を心の奥に持っていた。

明治維新後に身分制後が撤廃された後でも、この「武士道」は日本人の心の中で生き続けた。

目上の者を敬い、自分より弱い者に対しては優しかった。

そして、何よりも「人として恥ずかしくない生き方」が身にしみ込んでいた。

国を思い、家族や友人を大切にして生きる。

そして人のために生きることができ、

人のために命を投げ出す勇気を持っていること。



これが武士道なのです。


日本の国を作り上げてきた我々の祖先、かの戦争を戦い国を護ってくださった英霊や先人方は武士道の心を持っておられたのです。


武士道があったからこそ日本を護るために命をかけて戦ってくださったのです。


硫黄島での戦い。あれはもう負けるとわかっていた戦いでした。


それでも1日でも長く アメリカ兵を食い止めることで 日本本土への上陸を防ぐことが出来ると信じ、命をかけて戦ってくださったのです。


戦艦大和も 二度と日本の港に戻ることはないとの覚悟で出航して行かれたのです。


そして空に散華された特攻隊の兵士たちも…。


すべて日本を護るため、愛する家族を護るためだったのですね…。


こういうことを日本人は絶対に忘れてはならないと思います。


たとえ靖国神社に参拝することができなくても、


終戦の日には 先人に手を合わせる気持ちを持っていただけたらな…って思います。


日本の歴史を正しく知り 感謝の心を持つことが大切なのではないかと思うのです。


英霊に、先人に感謝する「心」を持つ日本人がもっともっと増えることを願ってやみません。


j-yasukuni09-8.jpg




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

         banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 10:08| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。