2010年08月10日

謝罪談話が発表されてしまいました… (T^T)


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



ついに「日韓併合100年」における「菅総理の謝罪談話」が発表されてしまいました。


予定の8月15日ではなく8月10日に閣議決定、発表されました。


どうしてはやめたのでしょうね…?


民主党内保守派の阻止運動が大きくならないうちに前倒しの先手を打った…ということでしょうか?


談話では「韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられた」との認識を表明。
そのうえで、「歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたい」として、戦後50年を機に出された1995年の「村山談話」の表現と同様に「植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫(わ)びの気持ちを表明する」としている。
そのうえで「これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築する」として、将来の東アジア共同体の構築に向けて、両国関係をアジア地域の平和と安定、核軍縮、気候変動などで「協力してリーダーシップを発揮するパートナー」と位置づけた。

  「改めて痛切な反省」 韓国併合100年 首相が談話 asahi.com


談話の全文こちらのHPをご覧になってください。



この「謝罪談話」に対しては、野党のみならず与党からも反発が出ていたのです。


「謝罪外交が繰り返される」


「談話をきっかけに韓国側から新たな補償要求が出ないとも限らない」


「(戦後補償は)法律的に解決済みなので、談話を出す必要はない」


「(韓国という)国名を出せば、ほかの国からも個別に『談話を出せ』と言われ、国益に反する」
など…。


その通りですよね。


自民党の谷垣禎一総裁も会見で「今、談話を出す必要があるのか大きな疑問だ。不用意に蒸し返すのは、極めて間違っている」と批判されたそうです。


他にも「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が、絶対阻止の意向を提出しましたし、


「創生日本」が反対署名集められていましたし、


多くのブロガーの方も「謝罪談話」に反対!の記事を書かれていました。


このように多くの日本人が「謝罪談話」にNO!と意思表明していたにも関わらず、


民主党の菅直人総理や仙谷由人官房長官は「謝罪談話」を10日の昼過ぎに発表してしまいました。


仙谷氏は「植民地支配の過酷さは言葉を奪い、文化を奪い、韓国の方々に言わせれば土地を奪う実態もあった。そこを直視しなければならない」などと発言しています。


この人は本当に歴史を知らないのでしょうか…?


まず、日本は韓国を「植民地」にしたわけではありません!


ここからして間違っています。


以前の記事に書いたように、日本は統治下時代の朝鮮半島に「七布施」「七恩」を与えているのです。(By 黄文雄氏 「韓国は日本がつくった!」より
      日本の存在そのものを否定する「日韓併合」謝罪声明

1. 国王を救った 
2. 韓国の主権を確立した(清の属国から解放した) 
3. 韓国人の生命を救った(人口が2倍に増え、寿命が20年延び
た) 
4. 朝鮮半島の土地を豊かにした(不毛の土地を開墾し農業国
家にした) 
5. 朝鮮半島の資源開発に多額の投資をした(インフラの整備
) 
6. 韓国に国語を取り戻した(ハングル語の普及) 
7. 全韓国人に姓名を与えた(創氏改名で 名前のなかった国民にも名前が与えられた)



「言葉を奪い」ですが、奪った事実はありません。


上の「七恩」に書いてあるように日本は韓国に「ハングル語」を普及させたのです。


日本統治下時代の朝鮮半島での日本語普及率は20%で、


日本語が話せる韓国・朝鮮人はバイリンガルだったのです。


次に「文化を奪い、土地を奪い」ですが。


併合前の朝鮮半島はインドのカースト制度よりも もっと著しい「身分差別」があったのです。
  韓国の身分差別、「両班」についてはウィキペディア「両班」をご覧ください。


その「両班」といわれる一部の特権階級(貴族)が農民の土地を略奪し、占領していたのを、


大日本帝国は「土地調査事業」を行い、数々の改革により 荒廃した土地を豊かな土地に改良
したのです。


「特権階級であった両班」にとっては「土地を奪われた」ということになるのでしょうが、


多くの農民にとっては 土地が豊かになり生活は楽になったのです。


「文化を奪い」とは、著しい身分差別制度を廃止したことをさし、


「土地を奪い」とは、一部の特権階級の者だけが占有していた土地を多くの農民や一般庶民に分け与えられたことなのです。


菅直人氏や仙谷氏はそういうことも知らずに韓国に謝罪をしたのでしょうか…?


とても恥ずかしいことだと思うのですが…。



元民主党の議員で 保守的なことを発言したことで民主党を離脱させられた土屋たかゆき氏が、自身のブログ「今日のつっちー」でこう書かれています。

 これが日本の朝鮮経営の実態だ。どこが侵略・植民地政策なのか?

1 朝鮮半島の人口が2倍に増えて
2 24歳だった平均寿命が30年以上伸ばされて
3 人口の30%を占めていた奴隷が解放されて
4 幼児売書や幼児売買が禁止されて
5 家父長制が制限されて
6 家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになって
7 度量衡が統一されて
8 忘れられていたハングル文字が整備され、標準朝鮮語が定められ
9 朝鮮語数育のための教科書、教材が大量に作成され、持ち込まれて
10 5200校以上の小学校がつくられて
11 師範学校や高等学校があわせて1000校以上つくられて
12 239万人が就学して、識字率が4%から61%に上がって
13 大学(帝国大学)がつくられて、病院がつくられて
14 カルト呪術医療が禁止されて
15 上下水遭が整備されて
16 泥水すすって下水垂れ流しの生活ができなくなって
17 日本人はずっと徴兵されていて戦場で大量に死んだのに
18 朝鮮人は終戦間近の1年しか徴兵されす、内地の勤労動員だけで済まされていて
18 志願兵の朝鮮人が戦死したら、日本人と同じく英霊として祀られてしまって
20 100キロだった鉄道が6000キロも敷かれて
21 どこでも港がつくられて、どこまでも電気が引かれて
22 会社がつくられるようになって、物々交換から貨幣経済に転換して
23 二階建て以上の家屋がつくられるようになって
24 入浴するよう指導され
25 禿げ山に6億本もの樹木が植林され、ため池がつくられて
26 今あるため池の半分もいまだに日本製で
27 道路や川や橋が整儀されて
28 耕作地を2倍にされて
29 近代的な農業を教えられたせいで、1反当りの収穫量が3倍になってしまって
加えて、朝鮮から国会議員も選出し、「洪中将」のように、朝鮮名であっても、中将に昇進させ、更に、貧民の出身であっても、朴大統領のように、優秀な人材は、校長が進学させ、幹部候補生学校で恩賜の金時計を賜った。

 これが、「差別」か?
   
       一体この国の名誉は誰が守るのか
       ふざけるな!韓国反日勢力!無知にも程がある!



そして こんなとんでもないニュース ↓ がありましたよ。

  【ソウル3日聯合ニュース】
「独立有功者遺族会」「3・1女性同志会」など11の民族運動団体が3日にソウル・鍾路の在韓日本大使館前で記者会見し、韓日併合100年を迎え、日本に対し「欺まん的な首相談話ではなく心からの天皇の謝罪」を要求した。
 団体側は、日本は100年が過ぎた現在も主権侵奪と植民支配、侵略戦争の過程で犯した非人道的な犯罪行為について真率な謝罪や反省がなく、半世紀の間、「村山談話」以降、閣僚が厚顔無恥な妄言を繰り返してきたと主張。国会の決議を経て、謝罪するよう求めた。
 また、1910年の韓国併合条約は道義的にも国際法的にも根本から無効だとし、法的に効力を喪失している屈辱的な韓日基本条約を全面改正すべきだと主張した。
 さらに、日本は第二次韓日協約、第三次韓日協約など暴力と強制により締結したすべての条約の無効を宣言し、歴史的、国際法的真実を謙虚に認め、未来志向の韓日関係発展に向け、歴史認識と外交政策を変えなければならないと強調した。

    民族運動団体ら、韓日併合100年で天皇に謝罪要求


結局、韓国側は天皇陛下に謝罪をさせたいのです。


総理大臣が何度謝罪しても満足しないのですよ。


満足しないために何度謝罪を繰り返しても要求がエスカレートするばかりでしょうね…。


韓国側に「正しい歴史」を認識させるのは無理です。


国をあげて反日教育をしていますからね。
 

  民族抹殺統治
わが民族は日帝の内鮮一体、日鮮同祖論、皇国臣民化のような荒唐無稽な スローガンのもとで、わが国の言葉と歴史を学ぶことができなかった。
また、皇国臣民の誓詞暗唱、宮城遥拝、神社参拝はもちろん、甚だしくは、 われわれの姓名までも日本式に変えるように強制した。
日帝はこれを拒否する人に対しては投獄、殺傷までも躊躇せず、 このような政策に従わない宗教系統の学校は閉鎖された。

   国定韓国高等学校歴史教科書 韓国はなぜ反日か さんより引用


韓国の全教科書に こういうこと ↑ が書かれ、韓国国民に教えられているのです。


ほとんどの韓国人が「日本統治時代はひどいことされた」と思い込んでいるのですね。


いえ、思い込まされているのです…。


日本は今まで、近隣諸国に気を使うあまり謝罪外交をし続けてきました。


でも本来は謝罪などしてはいけなかったし、相手にしなければよかったのです。


どこかのブログのコメントで見たんですが、


「韓国の謝罪しろ」はブログや掲示板のアラシのようなもので、


相手にすればするほどアラシは喜んで、さらにエスカレートして荒らすのであるから、


無視するに限る!…と書かれていました。


その通りだと思います。


相手にするから余計に調子に乗って大騒ぎをするのです。


正しい歴史をしっかり知ると、特定アジアの国々に謝罪をするなんてナンセンスだということがわかります。



今回の「日韓100年」謝罪談話で、今後の日韓の関係が良くなるのでしょうか…?


新たな火種をつくってしまったのではないか…と危惧してしまいますね…(ため息)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)




posted by えいと@ at 14:20| Comment(8) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。