2010年08月04日

台湾の歴史を知る〜二二八事件


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



台湾には二二八和平公園という広い公園があります。


 t-228kinenkan10-1.jpg


ここは庭園風の池や涼亭などがあり、市民の憩いの場になっている公園なのですが、


その中心には二二八事件記念碑があります。


   t-228kinenkan10-2.jpg


この慰霊碑は1995年に建立されたそうです。


この慰霊碑の入り口に「碑文」が刻まれています。


   t-228kinenkan10-3.jpg


こちら ↑ がその「碑文」なんですが、


この「碑文」の中で「蒋介石総統」の責任を明確にしていないと、台湾住民から猛反発が起こったそうなんです。


何とかまとまって除幕式が行われたのは慰霊碑建立の2年後の1997年だったそうです。


この「碑文」を眺めていますと、台湾の方が話しかけて来られました。


「日本人の方ですか? この歴史をご存知なんですね。


たくさんの苦しみがこの地であったんですよ…」
…と話されました。



ところで二二八事件、皆さまはご存知ですか?


私は 恥ずかしながら今回、台湾旅行をするまでは「二二八事件」の内容まで詳しくは知りませんでした。


台湾に行く前に少し台湾の歴史を勉強し、そして二二八事件の真相を知りました。


 ーー台湾二二八事件とは――

大東亜戦争が終わるとともに日本人が台湾より去り、蒋介石率いる中華民国が大陸からやって来ることになる。

二・二八事件(にいにいはちじけん)は、大東亜戦争後の1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と外省人(中国人)との大規模な抗争。
約40年後、戒厳令の終了と政府側の遺族への謝罪により漸く終結した。
本省人はこの事件を「台湾大虐殺」と呼んでいる。

1947年2月27日、台北市で闇タバコを販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起きた。
これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われた。
しかし、憲兵隊がこれに発砲、抗争はたちまち台湾全土に広がることとなった。本省人は多くの地域で一時実権を掌握したが、国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧した。

事件の際発令された戒厳令は40年後の1987年まで継続し、白色テロと呼ばれる恐怖政治によって、多くの台湾人が投獄、処刑されてきた。
また、内外の批判によって国民党政府が漸く戒厳令を解除した後も、国家安全法によって言論の自由が制限されていた。
今日の台湾に近い形の「民主化」が実現するのは、李登輝総統が1992年に刑法を改正し、言論の自由が認められてからのことである。

                ウィキペディア「台湾二二八事件」参照


1992年に初めて発表された「二二八事件」の報告書によると、


事件で殺害されたものは354人、その後の「白色テロ」の犠牲者は18000から28000人にものぼったそうです。


わずか13%の外省人(戦後に大陸からやってきた中国人)が多くの本省人(もともと台湾に住んでいた人々)を弾圧したという歴史があるのです。


   t-neikayo10-14.jpg

これほどの国民党(外省人)による 台湾 本省人の残虐な殺害があったんですね…。



この碑の中には こんな風 ↓ に手を置く場所がありました。


 t-228kinenkan10-5.jpg


ここで手を置いて過去に亡くなった方のために祈るのでしょうか…?



 t-228kinenkan10-6.jpg


公園の一角に二二八紀念館 ↑があります。


ここは日本統治時代はNHK台北支局が置かれ、


戦後は中国広藩公司放送局が置かれていたそうです。


この放送局が二二八事件発生時に民衆代表の報告を放送したことで、


1997年に事件の記念碑として開館したそうです。


 t-228kinenkan10-7.jpg


二二八事件で亡くなられた方の肖像があります。


   t-228kinenkan10-9.jpg



今回、紀念館の内部は改装中とのことで見学が出来ませんでした。


非常に残念でしたね…。内部を見学したかったです。


台湾に旅行等に行かれることがあったら二二八事件紀念館に足を運んでみてくださいね。


台湾のおいしもの食べ歩きも もちろん楽しくていいのですが、


台湾の歴史を知るのもいいんじゃないかな…と思います。



     【インフォーメーション】


   台北二二八事件紀念館
    
     住所:台北市中正区凱達格蘭大通3號
     電話:(02)2389-7228
     FAX:(02)2389-5228

  開放時間:火曜日〜日曜日 10:00〜17:00
  休館日:毎週月曜日、祝日、祝日が月曜日に当たった場合、その翌日、旧正月
  MRT最寄り駅:新店線 台大醫院下車 徒歩3分




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

       ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 05:13| Comment(13) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。