2010年07月21日

日本人としての誇りを取り戻すために…


最近、日本人の心について考えることが多くなった。


特に去年の夏の衆議院選挙で民主党が政権をとってからよりいっそう考えるようになった。


それまででも考えてはいた。


日本人の心が 日本にむいていないという気持ちはずっと持っていた。


しかし、民主党が与党となり、日本の国益にはほど遠い政策を次々と成立させようとしているのを見て、


よりいっそう日本人の心はどこにむいているのかを考えるようになった。


昨日の記事に書いたように、


民主党の仙谷由人官房長官は 「日韓戦後処理は不十分」として「日韓請求権協定で消滅した個人補償を行う」と述べ、


さらに「日韓併合100年」で韓国に対し謝罪をしようとしている。

  関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
    日韓併合で韓国に謝罪するということ


なぜ? どうして?


戦後65年にもなる現在において 何で謝罪をする必要があるのだろう。


1995年に 時の総理大臣 村山富市氏(元社会党)が、


戦後50周年の終戦記念日にあたって閣議決定に基づいた声明、いわゆる村山談話を発表したが、


この村山談話は 15年経過した現在においてもなお尾を引きずっている。


そして今回の「日韓併合100年」で韓国に対し謝罪声明…。


謝罪することで 一時的には友好関係を取り戻したかのように感じるかもしれない。


しかし数年後には 韓国の反日感情はいっそう高まることが容易に予想できる。


いったい民主党政府は日本をどうしたいのであろうか?


歴史を歪曲してまで この先もずっと謝罪を続けることを望んでいるのであろうか…?


そして日本人自身はどう思っているのだろう…?


日本は侵略国家であったと、


アジア諸国の人々に辛く苦しい思いをさせた…と 心から信じているのだろうか…?



この日本人の心の奥底に潜む「自虐史観」はどうやって形成されて来たのであろう。


私は戦後の教育が 日本人の心を変えてしまったと思っている。


かつて 日本人には愛国心があった。


国を愛し、天皇陛下を敬い、家族や友人を大切にしていた日本人。


人に優しく、正直で、礼儀正しく勤勉であった日本人。


今の日本人はどうであろうか? 


かつての日本人と同じだ!と胸をはって言えるであろうか…?


お友達ブロガーが 以前、こんな記事 ↓ を書かれていた。
 国家の品格を読んで(ByCat's mamaさん

 〜〜〜引用ここから〜〜〜

藤原正彦教授の書いた「国家の品格」という本を読んだ。
藤原教授は本来の日本と言う国は、どの国も羨む程素晴らしい国柄を持つ国であったと説明される。
日本には、美しい自然がある。そして太古の昔から自分たちは自然の一部と考え、その自然に跪く心があった。
非常に高い美的情緒があった。
美しい情緒から「神道」が生まれた。
そしてその地で形作られた「武士道」の精神や、「もののあわれ」の精神こそが日本の底力となり、明治維新後、わずか40年足らずでロシア軍を破る程の軍事力をつけ、その後、第二次世界大戦後の経済発展を遂げるに至ったのである。
今の日本の使命は欧米支配下の野蛮な世界に一線を画し、日本の中に培われた「国家の品格」を保つ事である。
この事こそが日本人に生まれた真の意味であり、人類への責務であるとしめくくられている。

読み終わって、ため息が出た。確かにそうである。
日本と言う国は素晴らしい国である。
今は少し変わっているようだが、昔の日本は信じられない位治安が良かった。
忘れ物は忘れた場所に残っているのが当たり前。
子供同士で遠出をして遊んでも親は何も心配をする必要がなかった。
日本を出て生活をしている現在も日本へのイメージはポジティブなものが多いと思う。
日本人は勤勉に働く。日本製品は性能が良い。日本人は奇麗好きで正直である、等。

 (中略)

今こそ、日本人は、日本の良さを今一度見つめ直してみる必要があるのではないか?
日本の学校で、卒業式や入学式に日の丸を掲げない、君が代を斉唱しないなんて馬鹿げたことをやっていないで、
日本人として日本の良さを理解し、日本人として生まれ、そのことに誇りを持てるような人間を育てるべきである。

                   〜〜〜引用ここまで〜〜〜



その通りであると思う。


この記事を拝見してなぜ 日本人の品格が失われているのだろう…?と考えてみた。


今の日本は、何かおかしい。


他人に対し無関心、事なかれ主義、自分の要求を満たすことに一生懸命で 周りのことに目がいかない傾向にあるように思う。


なぜ、こんな風になったのか?


…ということを私なりに考え、このようにコメント ↓ に書いた。


かつて、日本には「武士道」というものがあった。
「武士道」は男性だけのもの、武士の世界だけにあるものではなく、
女性も、武士以外の身分の人間も「武士道」は心の奥に持っていた。

そして明治維新後に身分制後が撤廃された後でも、この「武士道」は日本人の心の中で生き続けた。
目上のものを敬い、自分より弱いものに対しては優しかった。
そして、何よりも「人として恥ずかしくない生き方」が身にしみ込んでいた。
国を思い、家族を大切にして生きる、これがかつての日本人の姿であった。

この「武士道」が最近の日本人には欠けて来ているように思う。
すべての日本人がそうではないのだが、
国を大切にする心が薄れ、人よりは自分が大事になってしまっている日本人が増えているように感じる。
これは時代の流れもあるのだろうが、戦後の教育に原因があるように思えてならない…。



そう、日本人は武士道を忘れてしまったのだ。


なぜ忘れてしまったのであろう…?


それは戦後の教育に責任がある。


戦後に行われた「日教組の教育」が日本人から日本人の良さを奪ってしまったのだ。

  過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
   民主党に潜む「日教組」の魔の手から日本の子供を守ろう!
   日本の将来をつぶす「日教組」の教育


日教組の目的。


それは天皇制、日本政府打倒を掲げて、マルクス主義に基づく階級闘争的イデオロギーによる教育活動を目指し、


その結果、愛国心やモラルを剥奪して日本人を骨抜きにし、日本を弱体化させてしまったのだ。


そして さらに日本の近代歴史を歪曲させ「日本は侵略国家であった」と洗脳教育をし、思い込ませたのだ。


日本の近代歴史について「悪いことばかりでもなかった」などと言うことが許されない雰囲気を作り出してしまった。


日本人の「謙遜する」という特性を利用した 巧みな戦後教育の賜物である。


日本人が気付かないうちに、「日本は侵略国家であり、悪いことをして来た」と思い込むような教育をしてきたのだ。



ところで、日本の軍人さんは台湾や東南アジアで慕われていた、と聞いたら 皆さまはどんな風に思われるだろうか。


えっ! それってホント? ウソじゃないの?


…って思われた方は、しっかり洗脳されている。


戦後半世紀以上かけてジワジワと洗脳教育されてきた結果なのだ。



       日本の台湾統治の真実(You Tube 7分41秒)


ぜひ この動画 ↑ を見て欲しい。


日本人が思っている「戦時中の日本の軍人の姿」とは全く違うことが理解できるだろう。


もちろん100%の日本人がすばらしかったとは言い切れないかもしれない。


しかし、少なくとも我々日本人が思い描いている「残虐な日本軍」は事実ではなかったのだ。



  日本人必見 −世界の偉人、著名人が日本人を絶賛(You Tube 5分41秒)


この動画 ↑ を見ていただくと日本人が世界からどんな風に評価されているかおわかりいただけるだろう。


外国人がこんなに「素晴らしい国、日本」と評価しているのに、


なぜ日本人は「日本って素晴らしい国だったんだ! 日本が大好き!」と大きな声で言わないのか?


言わないのではなく言えないのかもしれない。


長年、刷り込まれて来た洗脳教育は すぐにはぬぐい去れるものではないであろうから…。




あなたは信じられますか?


あなたのおじいさん、ひいおじいさんが極悪非道なことをしてきた…って信じられますか?


あなたの知っているおじいさん、ひいおじいさんはそんな悪魔のような人間ではなかったはずです。


先人方は愛する家族のために必死で国を守ってくださったのです。


もしかの戦争をしなかったら、日本はどうなっていたかを考えてみてください。


日本は戦わずして滅んでいたかもしれないのですよ…。


どうか日本の近代歴史を知ってください…!


今の日本があるのは 先人が一生懸命に日本を守ってくださったからなのだと。


どうか気付いてください。


日本だけが100%悪かったのではないことを…!


まずは歴史の事実を知ること!


そして日本を誇りに思い 日本を大好きになること!


ここから始めようではありませんか。


この すばらしい日本を我々の子孫に残すためにも、


そのためには近代歴史を知ることがら始めませんか?


今からでも遅くはないのです。


学校では教えられなかった「正しい近代の歴史」をしっかりと心に刻み、


先人たちの功績に感謝しましょうよ。


日本人が しっかりと自国の歴史を知ることが出来たなら、


特定アジアの国々が何を言ってもひるむことはなくなるはずです。


もう特定アジアに謝罪し続けることはないこのです。


近代歴史を正しく知ることで日本人としての誇りを取り戻せると 私は信じています。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 12:40| Comment(20) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。