2010年07月20日

日韓併合について韓国に謝罪するということ


民主党が 大変なことを計画している。


今年8月の「日韓併合100年」で日本政府が韓国に対し謝罪の声明を行うというものだ。

政府は16日、「日韓併合100年」を迎える8月に向け、韓国国民に過去の植民地支配へのおわびの意を示す方向で検討に入った。
韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えだ。

「首相談話」発表も視野に入れているが、日本国内には閣議決定が必要な首相談話をあらためて出すことへの根強い反発もあり、世論の動向を見極めながら慎重に判断していく。

これに関連し、岡田克也外相は16日午後の記者会見で、村山富市、小泉純一郎両元首相が「植民地支配と侵略」への反省とおわびを談話で表明したことに触れ、「(日韓併合)100年という区切りの年に、政府としてどう対応するか検討している」と説明した。

外交筋によると、韓国は日本政府に対し、日本による支配からの解放を祝う「光復節」(8月15日)に合わせた首相談話発表への期待感を伝達している。

また、在京の韓国政府筋は「同時期に菅直人首相が韓国を訪問すれば、韓日関係が前進するのは間違いない」と述べた。

  日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に 47NEWS


はぁ? 日韓併合のお詫び?


なぜお詫びをする必要があるのか? 


日韓併合は日本が一方的に 強制的に行ったことなのか?


もちろん、あの時代日本は自衛のために韓国を併合したのは事実だ。


日本は帝政ロシアの南下に備えるために 朝鮮半島の独立を希望し 支援をしたが、


結果的に朝鮮半島の独立、自立はできなかった。


朝鮮半島が 帝政ロシアや清国の侵略圧力にさらされていた当時、


それらの国家に対して侵略をさせないだけの経済力と軍事力を朝鮮半島は独自でもつことが必要であったが、


それができなかったという状況の下での次の善の選択として「日韓併合」が行われたのだ。


日韓併合はもっとも妥当なものに近いと考えられたからである。


日本の自衛のために、そして朝鮮半島を救うために行われた「日韓併合」であった。


何も日本だけにうまみがあったわけではない。


日韓併合により 日本から多額の資金が投入され、朝鮮半島は甦った。


日韓併合後の朝鮮半島は、インフラが整えらえ、衛生状態が改善し、寿命は30年延び、人口が2倍に増えている。


もし日韓併合が「搾取するだけの植民地のようなもの」であったとしたら、


朝鮮半島の人々の寿命は延びることはなかったであろうし、2倍にも人口が増えることはなかったのではないだろうか?



1995年に 時の総理大臣 村山富市氏(元社会党)が、


戦後50周年の終戦記念日にあたって閣議決定に基づいた声明、いわゆる村山談話を発表した。

 村山談話の全文はこちら ↓ をご覧ください。
   「戦後50周年の終戦記念日にあたって」



      根拠のない村山談話(You Tube 4分)


こちらの動画 ↑ をぜひご覧になっていただきたい。


「国策を誤り 侵略によって多くの国々(アジア諸国の人々に対し)多大の損害と苦痛を与えました。」


…と、こう村山元総理は述べている。


この談話を発表した後に国会で談話内容の質疑応答が行われた。


それによると…。


「国策を誤り」については「その原因を含め具体的に断定することは適当でない」ということであるらしい。


「具体的に断定することは適当でない」のに「国策を謝った」と断言していいのか?


「侵略によって」については「確立された法的概念としての『侵略の定義』はないと承知している」と答えている。


「法的概念としての侵略の定義がない」のに「侵略した」と断言していいのか?


「多大の損害と苦痛を与えた」については「先の戦争に対する責任が誰にあるかについて明らかにしたものではない」と答えている。


誰に損害と苦痛を与えたのか、その主体が明らかでないのに「損害と苦痛を与えた」と断言していいのか?


こんなあいまいな根拠のない談話を「日本政府の正式な見解」として国際世論に発表してしまったのだ。


一国の総理大臣が発表した見解は なかなか覆せない。


なぜなら1995年から現在までの15年間に渡り 「村山談話」はまだ継承され続けているからだ。


この「村山談話」の最大の問題は「歴史の事実とは異なる声明文である」ことである。


GHQや日教組の自虐的な教育ではなく、しっかりと近代歴史を勉強した方はすでにご存知であろうが、


日本は決して国策を謝ったわけでも 侵略したわけでもなかった。


台湾を植民地にしたのは 日清戦争で勝利した日本が 正式に清国から割譲されたものであり、


日本が武力でもって台湾を侵略したわけではない。


日韓併合は 両国が合意の上で行った合法的な併合であり、


日本が一方的に 嫌がる韓国・朝鮮を力でもって併合したわけではない。


東南アジアへは 欧米の植民地支配に代わって共存共栄の新秩序をアジア地域に樹立する目的で進出したのだ。


もちろん石油の獲得のために進出し、植民地政策をしようとしていたのは事実ではあるが、


けして国をのっとり ただ搾取しようという目的で行ったのではなかった。


しかもあの時代は列強国が東南アジア諸国を植民地にすることは 違法でもなんでもなかったことである。


今の時代の常識で物事を考えていけない。


日本だけでなく、多くの欧米列国が植民地を有してしたのだ。


植民地政策は 本国の国益のためであり 当時は違法でもなんでもないことだったのだ。



なぜ日本のみが侵略によって多くの国々(アジア諸国の人々)に対し多大の損害と苦痛を与えたとして


国の総理が謝罪しなくてはならなかったのか?


なぜ当時、国際的にも認められていたことを 日本が行ったというだけで、戦後何十年も謝罪を続けなければいけないのか?


そして一度謝罪したら丸くおさまるものではないということを頭に入れておかなければならない。


村山談話が発表された後、中国や韓国の日本に対する対応はどうなったか?


現在においても いまだに反日感情が薄れていないではないか。


河野談話(慰安婦問題)が発表された後、慰安婦問題は終結したのか?

  河野談話の全文はこちら ↓ をご覧になってください。
    慰安婦関係調査結果発表に関する 河野内閣官房長官談話


いまだに謝罪を求め、賠償を請求され、あげくの果てはアメリカやその他諸外国で 広められているではないか。


もしこれらの「政府の見解」が正しい歴史認識であれば 日本は真摯に受け止める必要があるとは思うが、


実際はまったく誤った歴史認識のもと、政府が声明を世界に発信し、


その結果、中国、韓国の日本に対する反日感情はおさまることなく、さらに強まっているのだ。


日本の悪いところはその場を納めようとして要求をのんできてしまったことである。


結局、その場は丸くおさまったとしてもその後にはもっと問題が大きくなってしまうという結果になっている。



今回、民主党の仙谷由人官房長官は 「日韓戦後処理は不十分」として「日韓請求権協定で消滅した個人補償を行う」と述べ、


「日韓併合100年」で韓国に対し謝罪をするというのだ。


さらに天皇陛下に韓国で「謝罪」をさせようとしている!

韓国の市民団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」などは16日、ソウルで記者会見し、植民地時代に多くの朝鮮半島出身者が日本に強制動員され犠牲になったとして、天皇陛下の謝罪などを求める訴訟を起こすとの声明を発表した。

今年8月で植民地支配が始まった日韓併合から100年となるのに合わせ、日本の弁護士の協力も得て訴訟準備を進めているという。

声明によると、朝鮮王朝がかつて所蔵し、現在は日本の宮内庁に保管されている書物などの返還や、朝鮮王朝末期の1895年に王妃だった閔妃(死後に明成皇后と呼称)が暗殺された事件の真相究明を求める訴訟も計画している。

      天皇謝罪求める訴訟検討 併合百年で韓国市民団体(産経ニュース)


こんなことを許してはいけない!


政府は韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えのようだが、


謝罪することで「歴史問題に一定の区切り」がつくはずがない!


真実ではない「菅談話」が日本政府の声明として発信されてしまうと、


日本はこの先、さらに50年、いや100年以上 真実ではない歴史に対して謝罪、賠償をし続けなくてはならなくなる。




どうかお願いです!


あなたが日本人であるなら 日本の近代歴史を知ってください!


近代歴史を日本人が知らないのは仕方がないことだったんです。


なぜなら教えられててこなかったんですから。


だから今から知る努力をしてもらいたいのです。


日本だけが100%悪かったのではないことを…!


今の日本があるのは 先人が一生懸命に日本を守ってくださったからなのだということを…。


そして、今後の日本のことを考えると 民主党政権をこのまま放置しておいてはいけないということを…!


どうか気付いて欲しい…。



  【日下公人】これからの日本 [桜H22/7/15](You Tube 27分27秒)


お時間があったら こちらの動画 ↑ をご覧になってみてくださいね。




     【お知らせ】


先日の記事 ↓ でも書きましたが。
   韓国への戦後補償など必要なし! 政治家は近代歴史を認めよ!


これって日本国民の皆さんが納得していることですか?


韓国に謝罪し 個人賠償をするのはやむを得ないことだと、皆さん、お考えなのでしょうか?


そうお考えの方はこのまま放置してもかまいません。


そんなバカなこと許せない! 断固反対!


…と思われる方は ぜひ! 行動に移してください!


このまま国民が黙っていれば民主党は勝手に「日韓併合100年記念」で謝罪し、


すでに決着した「日韓基本条約」を反古にして 個人賠償をやってしまいます。



皆さま! メールや電話、ファックスで抗議しませんか!

  https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose(各府省への意見・要望)
      ↑ 内閣官房にチェックしてメール送信してください。

  http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html(首相官邸ホームページ)

   kan-naoto@nifty.com(菅直人氏 ご意見箱メールアドレス)

  office@y-sengoku.com(仙谷由人氏 ご意見箱メールアドレス)

  民主党「国民の声」TEL 03-3595-9988[代表]
      ↑ 深夜でも留守電に吹き込めるそうです。

  民主党「国民の声」FAX 03-9535-7316  

  菅直人氏 FAX 03-3595-0090

  岡田克也氏 FAX 03-3502-5047

  仙谷由人氏 FAX 03-3508-3235



もう黙っていてはダメです! 


今のままではいけない! 未来の日本のために何かしないと!


…と思ってくださった方は ぜひ行動をお願いします!


できたらお知り合いの方やお友達にも呼びかけてください。


ブログをお持ちの方は ブログで拡散。呼びかけてくださるとありがたいです。



あぁ…本当に情けなくなってしまいます。


こんな日本の国益を損なう政党が 今の政権与党なんですから…。


一刻もはやく解散総選挙をしていただき国民に信を問うて欲しいと思います。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 01:09| Comment(10) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。