2010年07月16日

安くて便利な庶民の足 MRT in台北


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。



台北のいいところのひとつ!


それは公共交通機関が充実しているということです。(*゚▽゚*)b


これね〜日本に住んでる方は普通のことじゃないの?って思われるでしょう〜?


それがねぇ〜。アメリカの田舎では 公共交通機関なんてないんですよー。(-Θ-:)


どこへ行くにも車が必要なんです。


買い物に行くにも 郵便局に行くにも ピザを買いに行くにも車です。


徒歩圏内にありませんからね〜。


だから80歳くらいのお年寄りだって車の運転をされているんですよ。


そんなところに住んでいると日本と同様、公共交通機関が発達しているってすばらしいことだなぁ〜♪


…と、しみじみ思うのでありました。(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪



そんなわけで えいと@夫妻の台北旅行中の移動手段は電車&バスが中心でした。


たまにタクシーに乗ることもありましたが、ほとんどは電車&バスを使いましたねぇ。


でっ!


実は、えいと@は旅行前にこ〜んなステキなもの ↓ をGETしていたんですよー。(^O^)/


 t-MRT10-6.jpg


これはいったい何かと言いますと…。


悠々カードというチャージ式のプリペイドカードなんです。


これがあれば台北のMRT(電車)と市バスを利用する際に毎回小銭を準備しなくていいという優れもの。


日本のJRの Suica、ICOCAみたいなもんですかね?


小銭を準備しなくていいだけでなくMRTの運賃が毎回2割引、バスに乗り継ぎをしたらバス運賃も割引になるというオトクなカードなんです。


ツアーに参加される方はあまり使うことはないでしょうけど、


個人的にあちこち電車に乗って移動する方にはとーっても便利なオトクなカードだと思いますよ。(*^▽^*)


このカードは台湾のMRT駅やコンビニエンスストアで購入できるんですけど、


購入時にはNT$100(300円)のデポジットが必要なんですねー。


で、旅行前に ネットで台湾情報を集めていた時にこの悠々カード(NT$50チャージ済)を無料でいただけるという情報をGETしたのですよー。


こちらのHP ↓ にアクセスして FAXで申し込んだら4日くらいで送って来ました。O(≧▽≦)O ワーイ♪
   http://www.go-taiwan.net/tourtaiwan.html


悠々カード以外にも台湾各地テーマパーク入場無料チケットなどいろんなプレゼントがあるようで、


いずれかひとつを無料でいただけるそうです。


日本にお住まいの方で台湾旅行のご予定がある方は利用してみてくださいね♪(2010年5月1日現在)



さて、えいと@夫妻の足として活躍した台北の電車 MRTでありますが。


かなり使い勝手が良かったです。(*^◇^*)b


すご〜くわかりやすいんですねぇ。


   t-MRT10-2.jpg


こんな風 ↑ に各線を色分けしてあり、乗り換えの道順もわかりやすく表示されています。


何と言っても漢字を読めるのが強みですね!ヾ(^∇^)ノ


車内放送は中国語なので何を言ってるか わけわかんないんですけど、


車内に表示される文字が漢字なので降りる駅が簡単にわかるんです。


漢字がわかる日本人はお得♪ですねぇ〜〜〜。(⌒o⌒)b♪


 t-MRT10-5.jpg


悠々カード、1日乗り放題カードを持ってない方は こちら ↑ の販売機でトークンを買います。


 t-MRT10-3.jpg


こちらが一回限りのトークン ↑です。



MRTは距離によって金額は変わるんですけど、何と言っても安い!(o ̄∇ ̄o)


初乗り料金が何と NT$20(60円)なんですよー!


最も高い料金でNT$65(195円)ですからっ。ヽ(*゚O゚)ノ ヤスッ!


これだったらちょっとの距離でも乗っちゃおう〜♪って思いますよね?


MRTはいつ乗っても地元の方でいっぱいでした。


安くて便利な庶民の足ってことなんでしょうねー。(o^-^o)


 t-MRT10-15.jpg


   t-MRT10-7.jpg


改札口はこんな感じ ↑ です。ちょっと日本に似てますね?


   t-MRT10-9.jpg


こちらは高架で地上を走るMRT「文湖線」↑です。


   t-MRT10-8.jpg


こちらは地下を走るMRT「板南線」↑です。



えいと@夫妻は悠々カードにNT$850(2550円)分チャージしました。


で、最終日に余った分のNT$180(540円)くらい払い戻しをしたので、


結局、8日間でNT$670(2010円)しか使わなかったってことになります。


やっすーい! v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v


MRT 最高ですっ!\(*^▽^*)/



ちなみに…。


市バスでも 悠々カードは使えるのですが、


市バスはわかりにくいんですよね〜。σ( ̄、 ̄=)


長距離バスは まだわかるんですけど、(目的地が漢字でババーンと書いてあるので)


短距離バスはわけわかりません〜。┐(´-`)┌


路線がたくさんあって ややこしくて 観光客にはまず乗りこなせないと思います。


中国語ができるかあるいは地元の方と一緒の時でないと無理ですね〜。


でも、たいていのところはMRTの利用で十分見て回ることができます。


それ以外はタクシーですね。


タクシーも初乗りがNT$70(210円)と安いので利用価値大です。


30分くらい乗ってもNT$200(600円)くらいなのでそんなに高くなかったですし。


交通機関が安い台湾!


これはとってもありがたいですね!ヽ(*⌒∇⌒*)ノ




     【おまけ】


台北のMRTや市バスの中では飲食禁止だそうです。


   t-MRT10-10.jpg


駅のあちこちに こういう禁煙、飲食禁止の貼り紙 ↑がありました。


禁煙はわかるけど飲食も禁止なんですねぇ〜。


しかも罰金がNT$7500(22500円)だそうで。すご〜。( ̄△ ̄;)


まぁ、でも、そのほうがいいかも。


長距離はともかく、短距離の電車やバスでものを食べられるとニオイがねぇ〜。(・Θ・;)


狭い車両に食べ物のニオイが充満するのってきついですもんね。(〃゚д゚;A


それにしても禁止飲食のイラストがかわいぃ〜♪


リンゴがかじられてるし…。ぷぷ。(*^m^)=3



いろんな楽しい看板や標識が他にもたくさんあったので、またご紹介していきますね♪


まだまだ台湾旅行記は続きます。


飽きないで見にお越し下さいまし〜♪ (o⌒∇⌒o)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 03:19| Comment(12) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

驚き! 銀行の両替レートの交渉! in台北


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。



海外旅行でまず行うこと。それは両替でございます。


通貨が異なる国に旅行に行く場合、両替をする必要がありますよね。


最近はクレジットカードが使える国が増えたので現金を多く持ち歩く必要はなくなったのですが。


台湾は現金が必要です!(・o・)b キッパリ!


ホテルや大きなレストラン以外ではクレジットカードは まず使えないと思った方がいいでしょう。


昨日の記事台北の電車 MRTの悠々カードのチャージもクレジットカードは不可でしたから。(・・;)


一般的なお店や夜市などでは現金しか受け付けないところが多いのです。


なのである程度の現金を両替しておく必要があるのですよ。


ちなみに。両替は現金同士が一番お得ですよ。(o^-^o)b


台湾ではTC(トラベラーズチェック)からの両替は手数料が非常に高いそうなので、


円 → NT$ への両替が一番良いようです。



さて、どこで両替をするのが一番いいかでありますが。


成田空港や関西空港などの日本の空港の銀行では両替をしないほうがいいですよー。


なぜならレートがかなり悪いからなんですね〜。


台北に到着後、すぐにバスに乗る必要があるがら台湾のお金が必要という方でも心配ありません。


台北の桃園空港の中に銀行 ↓があります。


 t-ryougae10-1.jpg


日本の空港の銀行より 台北空港内の銀行で両替した方がだんぜんレートがいいのです。


例えば成田空港や関西空港の銀行のが場合だと1000円がNT$300にしかならないのに対し、


台北の桃園空港の銀行で両替した場合は1000円がNT$330になります。


もし1万円両替したらNT$300(900円)も違ってくることになるのですよ。


これって 大きいでしょー? (*゚▽゚*)b


で、さらにいうと空港の銀行より町の銀行の方がレートはいいそうです。


なので とりあえず1〜2日分の両替を台北の桃園空港内の銀行でしておくことをおススメします。


ツアーの方で空港とホテルの送迎付きの場合などは、途中でDFSに立ち寄ることが多いそうです。


この途中に寄るDFS内の両替所のレートがかなり良いとどこかのHPに書いてありました。


このDFS内の両替所のレートに関しての確証はないので、ツアーでのご旅行をされる方は ツアーの添乗員に確認してくださいね。



さて、桃園空港の両替所で滞在中の現金を全部両替してもいいのですが、


先ほども書いたように町の銀行の両替の方が空港の銀行よりレートがいいんですよ。


なので、空港の銀行ではとりあえずの現金を両替しておいて、


翌日に町の銀行で両替するのがいいとアドバイスしてくださった方がおられるんです。


実は、今回の旅行はOさんというえいと@夫のアメリカの大学の同級生(台湾人)の幼なじみの方がいろいろお世話してくださったのです。(o⌒∇⌒o)


旅行前には何度かメール交換をして いろんな台湾情報をくださった方なんです。


Oさんは日本が大好きな女性で、何と日本語がペラペラなんですねぇ。


台湾で 現地の方に日本語でいろいろと説明、案内してくださるOさんの存在は、


台湾初心者の えいと@夫妻にとって大変心強い存在でありました。(=´▽`=)



さて、Oさんは町の銀行に両替のために付き添ってくださいましてねぇ。


Oさん付き添いのもとに 滞在中に必要であろう現金の両替を行ったのです。


すると、Oさん。


「両替のレートの交渉してみますね」っておっしゃるんです。


え? レートの交渉??? そんなことでできるの??? (゚〇゚;)


…と目を丸くさせておりますと、Oさんが中国語で銀行員の方と何やら話し始めましたよ。


えいと@は横に座ってるだけ。


Oさんは「大したことはないけど交渉できましたよ」と にっこり笑顔。


もうびっくりたまげちゃいました!ヽ(*゚O゚)ノ


銀行の両替で交渉が可能とは!Σ(^∇^;)


個人経営の両替屋さんではないのですよ? 銀行ですよ?


あ、ちなみに台北では「個人経営の両替屋さん」はありません。


インドネシアやタイでは街中に個人の両替商の店がありますが、


台北で両替する場合は「町の銀行」のみだそうです。(台中、台南はどうか知りませんが)


結局、Oさんのおかげで空港の銀行より良いレートで両替ができちゃいました。☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!


こういうレートの交渉は観光客には無理でしょうね。


Oさんは貿易関係のお仕事をされているので、お仕事上、こういった交渉を普段からされているのかもしれません。d(゚▽゚)


そんなわけで。


銀行での両替レートが交渉できるなんてびっくりたまげてしまった えいと@でございました〜。\( ~∇~)/ 




     【おまけ】


台湾のお札のご紹介ですー。


台湾のお札はNT$100、NT$200、NT$500、NT$1000、NT$2000の5種類だそうです。


一番流通してるのはNT$100とNT$1000でしょうかね?


今回の台湾滞在中に えいと@夫妻はNT$2000は一度も手にしなかったですねぇ。


NT$200は両替したときに一度手にしたのですが、それ以降はお釣りなどでは来なかったですね〜。


  t-ryougae10-6.jpg


こちらはNT$100(300円)札 ↑です。


このNT$100が一番よく使いました。


特に夜市などではNT$100より大きいお金だとお釣りがないなんてこともありましたし。(;^_^A


  t-ryouge10-3.jpg
  t-ryougae10-5.jpg


こちらはNT$500(1500円)札 ↑です。


  t-ryougae10-2.jpg


こちらはNT$1000(3000円)札 ↑です。


このNT$1000札 ↑を使う時には、お店によっては偽札かどうかをチェックしてましたよ。


大きいお金は偽造されていることもあるのでしょうねぇ。


NT$2000(6000円)札が出回ってないのは偽札防止のためでしょうか?


アメリカで50ドル、100ドル札が流通していないのと同じように…。(-_-)ウーム




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 06:36| Comment(12) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

居心地満点! 便利で快適なホテル「兄弟大飯店」in台北


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



えいと@夫妻の今回の台湾旅行の目的は えいと@夫の学会です。


で、学会がある時には学会会場を往復するのに便利なホテルをあらかじめオファーしてくれるのです。(えいと@夫妻の場合は自腹ですけどね。。。涙)


そして学会レートという「普通の宿泊費に比べ より安価な宿泊費」を設定してくれていて、


先着順に その学会レートで宿泊するホテルを決めることが出来るのです。(⌒o⌒)b♪


今回は5カ所くらいのホテルの紹介があったのですが、


いろいろ検討した結果、えいと@夫妻は一番安く設定されているホテルを選択しました。


安価なホテルっていっても めちゃくちゃ安価なわけではなく、


紹介されていたホテルの中では一番安かったというだけのことですけどね。┐(´-`)┌


台湾や日本、アメリカや欧州から おエラい学者さんたちが集まる学会なので、


格安ホテルを準備するわけにはいかないですからねぇ〜。('〜`;)


ちなみに。えいと@夫はおエラい学者ではございません。('д')b アシカラズ



さて、えいと@夫妻が選択したホテルは こちらの兄弟大飯店(ブラザーホテル) ↓です。


   t-kyoudaih10-1.jpg


こちらのホテル、なぜ兄弟大飯店(ブラザーホテル)というネーミングなのかといいますと、


1979年創業の兄弟大飯店は5人兄弟が株主となってできた企業だからなんだそうです。


そしてもうひとつの理由は兄弟エレファンツ(ションディーエレファンツ)という台湾の野球チームがあるんですが、


このホテルは兄弟エレファンツチームを擁するホテルだからなんだそうです。


創立者の中に熱烈な「兄弟エレファンツファン」がいたのかもしれませんね。(*^m^*)



さて、このホテルのいいところは、何と言っても便利!ってところなんです。


こちらの記事でご紹介した庶民の足 MRTという電車の駅の目の前にあるんですね〜。


駅から徒歩1分ですよ!(*゚▽゚*)b


これは素晴らしい立地ですよねぇ。


 t-kyoudaih10-2.jpg


立地がいいだけでなく、サービスもGoodでした。(o⌒∇⌒o)/


ここのホテルのフロントのスタッフは皆さん、日本語ができるのです。


これには感激しましたねー!(´▽`)


日本からの観光客が多いからなんでしょうね。


日本語が通じるって何かと便利だし、安心です。



さて、そんな兄弟大飯店のお部屋でございます〜。


 t-kyoudaih10-3.jpg


えいと@夫妻はダブルベットを希望したんですけどねぇ。


なぜかツインにされちゃいましたー。( ̄ω ̄;)


代えてもらうのもめんどくさいので、ま、ツインでいっか〜ってことにいたしました。


ベッドがシングル2つでやや小さめ ↑な気がしましたが、小柄な日本人には十分です。


お部屋は14階建ての11階部分。


   t-kyoudaih10-8.jpg


窓からの景色はこんな感じ ↑ です。線路はMRT 文湖線です。


大きな通りのすぐそばですけど、防音がしっかりしているので静かでした。(*゚v゚*)


   t-kyoudaih10-9.jpg


部屋の窓からは台北のシンボル「TAIPEI101」↑が見えましたよー。

 「TAIPEI101」に関して興味がある方はこちらの公式HPをご覧くださいね。


 t-kyoudaih10-5.jpg


部屋のTVは液晶のでっかいTVでしたし、冷蔵庫付きっていうのはうれしかったですね〜。


近くにコンビニエンスストアがたくさんあるので、そこで台湾ビールやジュースなどを買って冷やしておくことが出来ます。d(゚▽゚*)


   t-kyoudaih10-7.jpg


コーヒー紅茶が無料っていうのは どのホテルもありますが、


台湾のホテルには「無料のミネラルウオーター」がついています!


これはありがたい!\(^▽^)/


だってね。台湾ってめっちゃ暑いのです。


水を持って出かけないと脱水を起こしてしまいます。(;´д`)ゞ アチィー!


毎日ミネラルウォーターが補充されていたのはとーっても嬉しかったですねぇ〜。(^∇^)


   t-kyoudaih10-6.jpg


バスルームの備品も完璧!


アメリカじゃ〜ホテルには歯磨きセットはついていないことが多いですけど、


台湾のホテルは歯磨きセットもついているんですねぇ。


毎日のベットメイク、お掃除も完璧だったし♪


いたせりつくせりでございましたよー。( ´∀` )



そして感激だったのがインターネット接続が無料だったこと!\(*^▽^*)/バンザイ


都会のホテルは有料のところが多いですよね?


この兄弟大飯店ではネット接続は無料!


これはうれしい〜〜〜!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/



ただひとつ。床が薄い???


これはえいと@夫妻の不満ではないんですけど、同じ学会に参加されていた他の方が言われていたことなんですけどね。


8階に宿泊されていたんですけど、すんごく上の階の音が響いたそうです。


運動会でもしてるのか?…っていうやかましさだったそうで。


えいと@夫妻の部屋はそんなことはなかったんですけどね。。。


たまたま上の階に騒がしいお客さんが泊まっていたのかもしれませんね。


あんまりひどい時にはフロントに苦情を言ってもらうなどしたほうがいいのかもしれません。



ところで兄弟大飯店で 宿泊料金は「学会レート」で1泊 朝食付きでT$3000(9000円)でした!(≧∇≦)b


ツインのお部屋は普通の時にはNT$5200(15600円)なんだそうです。


1日NT$2200(6600円)の割引ですよー! ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ


えいと@夫妻は兄弟大飯店に6泊もしちゃいました〜。


いいホテルでございました。おススメです♪ v(*'-^*)


  兄弟大飯店のHPはこちら → http://www.brotherhotel.com.tw/
    http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10283.html





     【台北ホテル ミニ情報】


台北のホテルは高級ホテル、中級ホテル、経済的ホテル、格安ホテル、YHがあるのですが、


高級ホテルは1泊がNT$8000〜10000(25000〜30000円)以上するラグジュアリーなホテルで、


すごーっく優雅な高級ホテルに泊まりたい方にはおススメです。


グランドハイアットホテルなどは1泊NT$15000(45000円)以上するみたいです。\(;゚∇゚)/ ヒャー


高いですねぇ〜。日本の高級温泉旅館並みですやん。。。(;^_^A


で、中級ホテルは1泊NT$3000〜6000(9000〜18000円)くらいのホテルで、


えいと@夫妻が宿泊した兄弟大飯店も このランクです。


はっきりいって中級ホテルでまったく問題はないし 大満足でしたよ。c( ̄▽ ̄)


立地が不便なホテルはやや安い傾向があるようです。


そして経済的ホテルは1泊NT$1000〜2000(3000円〜6000円)のホテル、


格安ホテルは1泊NT$300〜700(900円〜2000円)くらいで宿泊できるホテルです。


台湾の友人から台湾では格安ホテルはやめたほうがいいとのアドバイスを受けました。


なぜかというと、格安ホテルは治安に問題がある場所にあることが多いこと、


そして大きな問題は衛生上に問題があるんだそうです。


なのでよっぽど旅慣れた人以外は格安ホテルは避けた方がいいようです。


トラブルが起こってしまっては悔やむに悔やまれませんからね。


台湾の物価を考えるとホテル代は高めでが、


楽しい旅をするためには ある程度の投資は必要かな〜と思います。 d(゚ー゚)(。_。)ウン!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 03:11| Comment(18) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

がっつり朝食! 兄弟大飯店のバイキング♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



昨日の記事で こんなコメント ↓ をいただきました。

飯店と付くとつい食べる店かと思ってしまいます。(笑)(By masaさん


確かに! ヽ(゚∀゚)ノ 思わず大きなレストラン?って思っちゃいますよね。


台湾のあちこちで「大飯店」「大酒店」という看板を見かけますが、


これはホテルのことなんですねぇ〜。


中国では 比較的大きな設備が整ったホテルを「酒店(ジュデン)・飯店(ファンデン)・賓館(ビングアン)」と表記し、


一般の中国人がよく利用するホテルを「旅店(ルィデン)・旅館(ルィグアン)・客店(クァデン)」と表記するようです。


香港や台湾では「〇〇大酒店(ダジュデン)・〇〇大飯店(ダファンデン)」と「大」が付くホテルが多いんだそうです。


もともとは「酒場・飯屋」という、そのまんまの意味であったそうですが、


食事やお酒をお客様にもてなす設備がある、


また、旅のお客さんに「お食事やお酒を振る舞い、そのままお客さんを泊めた」ところから、


食事の設備を持つ宿泊所を「大飯店」「大酒店」というようになったようです。(^○^)b



さて。


えいと@夫妻が台北で宿泊した兄弟大飯店でございますが。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
   居心地満点! 便利で快適なホテル「兄弟大飯店」in台北


こちらのホテルは朝食付きでございました。(*^^*)


台湾では「朝食付き」のホテルが多いようです。(中には別料金のホテルもありますが)


で、兄弟大飯店の「朝食バイキング」は評判がいいとのクチコミを ホテルのサイトで見つけたんですよ〜。


もうね、期待しちゃいましたよ〜♪ ヾ(^∇^)ノ


えいと@夫は学会の最中は 朝の7時半にロビーに集合であったため、(送迎バスが来る)


朝食を取る時間などなく、起きてすぐに出かけて行ってましたけどね。(朝食を食べるより朝はゆっくりと寝る方を選択するヤツですから)


もったいないですね〜〜〜。┐(´-`)┌


えいと@は1日も欠かさず 毎日利用させていただきましたっ♪ (>▽<)b


 t-kyoudaih10-10.jpg


14階にあるレストラン ↑ でビユッフェスタイルの朝食をいただきます。


朝の6時〜10時までです。


えいと@はだいたい朝9時頃にレストランに出向いて10時まで1時間かけてゆっくりと朝食をいただくのがパターンでした。


   t-kyoudaih10-14.jpg


台湾といえばお粥です!(⌒0⌒)b


ここのお粥がものすごーっくおいしかったのです。


いつでも白粥、地瓜粥の2種類のお粥がありました。


地瓜粥甘くないカボチャのような瓜が入ったお粥でした。


 t-kyoudaih10-11.jpg


こちらの卵は戯鴨蚕 ↑っていって鴨のゆで卵なんだそうです。


 t-kyoudaih10-22.jpg


タイワニーズのOさん(こちらの記事を参照)にお店に売ってる「戯鴨蚕」↑を教えてもらいました。


見かけは普通の鶏卵のゆで卵とそっくりです。大きさもほぼ同じ。


殻の色がややグレーっぽい感じでした。


このゆで卵 1個がNT$12(36円)だそうで。


こんな風に売ってるってことは、台湾では普通に食べるゆで卵のようですね〜。


この「鴨のゆで卵」は塩辛い味付けがしてあってこの塩辛さが お粥にあうんですよ〜。


おいしかったです〜♪ (*´▽`*)


 t-kyoudaih10-15.jpg


こちらは台湾豆腐 ↑です。


日本の木綿豆腐をもっと固くしたような感じのお豆腐でした。


 t-kyoudaih10-17.jpg


こちらは 日本でもおなじみの枝豆 ↑です。


日本の枝豆は粗塩をパラパラ〜♪っとかけて塩味で食べますが、


台湾の枝豆はごま油と胡麻で味付けがされていましたよ。


これはこれでおいしかったです。ちょっと不思議な感じはしましたが。(*゚ー゚)


 t-kyoudaih10-12.jpg


こちらは台湾のお野菜のお惣菜 ↑です。


これがまたおいしいの〜〜〜。(=´▽`=) 何回もお変わりしちゃった♪


 t-kyoudaih10-18.jpg


これは冷肉盤 ↑っていうものです。


一体何かわかんなかったんですけど ご存知の方おられます? d(゚д゚)


食感は 柔らかめのハムのような感じでした。


味の特徴はなかったような…。何かソースをつけて食べるのかな??? (?_?)


   t-kyoudaih10-21.jpg

        盛りつけの図 ↑ ↓


 t-kyoudaih10-20.jpg



他には欧米式に コンチネンタルブレックファーストもありましたよ。


パン、コーヒー、ジュース、果物やデザートも充実していました。


パンもとってもおいしかったです。


えいと@はセサミパン、クルミパンがお気に入りでした。(*^◇^*)


   t-kyoudaih10-13.jpg


コーヒーはその都度引くタイプの ひきたてコーヒーでしたし♪


いい香りのコーヒーでしたよ〜〜〜。(´∀`)


えいと@は食後のコーヒーは欠かせませんからっ。 d( ̄‥ ̄)=3



ところで、えいと@は普段は低血圧の関係で起きてすぐに食事が出来ないタイプなんですけど、


旅行の時にはエネルギーが出るので朝、はやめに起きるんですね〜。(・∀・)v


台湾滞在中は、だいたい朝6時には起きて、シャワーをして、9時頃に朝食というパターンでした。


健康的であります♪ (○゚ε^○)v



今回。6泊 兄弟大飯店に宿泊して毎日 朝食をいただきましたが、


メニューは日替わりだったので飽きることはなかったです。


本当に大満足な 朝食ビュッフェでした。(^_-)v


やはり1日の活力となる朝食は必要ですね!


朝からがっつり!な えいと@でございました! \(*^▽^*)/




     【インフォーメーション】


このホテル内にはたくさんのレストラン ↓があります。
   http://www.brotherhotel.com.tw/japanese/index04.htm  


台湾の方に伺うと どのレストランの評判もいいようです。


値段がちょっと高めですが、行かれた方は満足されているようですよ。


えいと@夫妻はいろんなところで食事を楽しみたかったので、あえてこのホテルのレストランには行きませんでした。(朝食だけで満足しましたからね)


ちょっと豪華に食事をしてみたい方は レストランに行かれてもいいんじゃないかなって思います。


  兄弟大飯店のHPはこちら → http://www.brotherhotel.com.tw/
    http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10283.html




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 04:00| Comment(16) | TrackBack(1) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

日韓併合について韓国に謝罪するということ


民主党が 大変なことを計画している。


今年8月の「日韓併合100年」で日本政府が韓国に対し謝罪の声明を行うというものだ。

政府は16日、「日韓併合100年」を迎える8月に向け、韓国国民に過去の植民地支配へのおわびの意を示す方向で検討に入った。
韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えだ。

「首相談話」発表も視野に入れているが、日本国内には閣議決定が必要な首相談話をあらためて出すことへの根強い反発もあり、世論の動向を見極めながら慎重に判断していく。

これに関連し、岡田克也外相は16日午後の記者会見で、村山富市、小泉純一郎両元首相が「植民地支配と侵略」への反省とおわびを談話で表明したことに触れ、「(日韓併合)100年という区切りの年に、政府としてどう対応するか検討している」と説明した。

外交筋によると、韓国は日本政府に対し、日本による支配からの解放を祝う「光復節」(8月15日)に合わせた首相談話発表への期待感を伝達している。

また、在京の韓国政府筋は「同時期に菅直人首相が韓国を訪問すれば、韓日関係が前進するのは間違いない」と述べた。

  日韓併合百年で「おわび」検討 政府、韓国国民に 47NEWS


はぁ? 日韓併合のお詫び?


なぜお詫びをする必要があるのか? 


日韓併合は日本が一方的に 強制的に行ったことなのか?


もちろん、あの時代日本は自衛のために韓国を併合したのは事実だ。


日本は帝政ロシアの南下に備えるために 朝鮮半島の独立を希望し 支援をしたが、


結果的に朝鮮半島の独立、自立はできなかった。


朝鮮半島が 帝政ロシアや清国の侵略圧力にさらされていた当時、


それらの国家に対して侵略をさせないだけの経済力と軍事力を朝鮮半島は独自でもつことが必要であったが、


それができなかったという状況の下での次の善の選択として「日韓併合」が行われたのだ。


日韓併合はもっとも妥当なものに近いと考えられたからである。


日本の自衛のために、そして朝鮮半島を救うために行われた「日韓併合」であった。


何も日本だけにうまみがあったわけではない。


日韓併合により 日本から多額の資金が投入され、朝鮮半島は甦った。


日韓併合後の朝鮮半島は、インフラが整えらえ、衛生状態が改善し、寿命は30年延び、人口が2倍に増えている。


もし日韓併合が「搾取するだけの植民地のようなもの」であったとしたら、


朝鮮半島の人々の寿命は延びることはなかったであろうし、2倍にも人口が増えることはなかったのではないだろうか?



1995年に 時の総理大臣 村山富市氏(元社会党)が、


戦後50周年の終戦記念日にあたって閣議決定に基づいた声明、いわゆる村山談話を発表した。

 村山談話の全文はこちら ↓ をご覧ください。
   「戦後50周年の終戦記念日にあたって」



      根拠のない村山談話(You Tube 4分)


こちらの動画 ↑ をぜひご覧になっていただきたい。


「国策を誤り 侵略によって多くの国々(アジア諸国の人々に対し)多大の損害と苦痛を与えました。」


…と、こう村山元総理は述べている。


この談話を発表した後に国会で談話内容の質疑応答が行われた。


それによると…。


「国策を誤り」については「その原因を含め具体的に断定することは適当でない」ということであるらしい。


「具体的に断定することは適当でない」のに「国策を謝った」と断言していいのか?


「侵略によって」については「確立された法的概念としての『侵略の定義』はないと承知している」と答えている。


「法的概念としての侵略の定義がない」のに「侵略した」と断言していいのか?


「多大の損害と苦痛を与えた」については「先の戦争に対する責任が誰にあるかについて明らかにしたものではない」と答えている。


誰に損害と苦痛を与えたのか、その主体が明らかでないのに「損害と苦痛を与えた」と断言していいのか?


こんなあいまいな根拠のない談話を「日本政府の正式な見解」として国際世論に発表してしまったのだ。


一国の総理大臣が発表した見解は なかなか覆せない。


なぜなら1995年から現在までの15年間に渡り 「村山談話」はまだ継承され続けているからだ。


この「村山談話」の最大の問題は「歴史の事実とは異なる声明文である」ことである。


GHQや日教組の自虐的な教育ではなく、しっかりと近代歴史を勉強した方はすでにご存知であろうが、


日本は決して国策を謝ったわけでも 侵略したわけでもなかった。


台湾を植民地にしたのは 日清戦争で勝利した日本が 正式に清国から割譲されたものであり、


日本が武力でもって台湾を侵略したわけではない。


日韓併合は 両国が合意の上で行った合法的な併合であり、


日本が一方的に 嫌がる韓国・朝鮮を力でもって併合したわけではない。


東南アジアへは 欧米の植民地支配に代わって共存共栄の新秩序をアジア地域に樹立する目的で進出したのだ。


もちろん石油の獲得のために進出し、植民地政策をしようとしていたのは事実ではあるが、


けして国をのっとり ただ搾取しようという目的で行ったのではなかった。


しかもあの時代は列強国が東南アジア諸国を植民地にすることは 違法でもなんでもなかったことである。


今の時代の常識で物事を考えていけない。


日本だけでなく、多くの欧米列国が植民地を有してしたのだ。


植民地政策は 本国の国益のためであり 当時は違法でもなんでもないことだったのだ。



なぜ日本のみが侵略によって多くの国々(アジア諸国の人々)に対し多大の損害と苦痛を与えたとして


国の総理が謝罪しなくてはならなかったのか?


なぜ当時、国際的にも認められていたことを 日本が行ったというだけで、戦後何十年も謝罪を続けなければいけないのか?


そして一度謝罪したら丸くおさまるものではないということを頭に入れておかなければならない。


村山談話が発表された後、中国や韓国の日本に対する対応はどうなったか?


現在においても いまだに反日感情が薄れていないではないか。


河野談話(慰安婦問題)が発表された後、慰安婦問題は終結したのか?

  河野談話の全文はこちら ↓ をご覧になってください。
    慰安婦関係調査結果発表に関する 河野内閣官房長官談話


いまだに謝罪を求め、賠償を請求され、あげくの果てはアメリカやその他諸外国で 広められているではないか。


もしこれらの「政府の見解」が正しい歴史認識であれば 日本は真摯に受け止める必要があるとは思うが、


実際はまったく誤った歴史認識のもと、政府が声明を世界に発信し、


その結果、中国、韓国の日本に対する反日感情はおさまることなく、さらに強まっているのだ。


日本の悪いところはその場を納めようとして要求をのんできてしまったことである。


結局、その場は丸くおさまったとしてもその後にはもっと問題が大きくなってしまうという結果になっている。



今回、民主党の仙谷由人官房長官は 「日韓戦後処理は不十分」として「日韓請求権協定で消滅した個人補償を行う」と述べ、


「日韓併合100年」で韓国に対し謝罪をするというのだ。


さらに天皇陛下に韓国で「謝罪」をさせようとしている!

韓国の市民団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」などは16日、ソウルで記者会見し、植民地時代に多くの朝鮮半島出身者が日本に強制動員され犠牲になったとして、天皇陛下の謝罪などを求める訴訟を起こすとの声明を発表した。

今年8月で植民地支配が始まった日韓併合から100年となるのに合わせ、日本の弁護士の協力も得て訴訟準備を進めているという。

声明によると、朝鮮王朝がかつて所蔵し、現在は日本の宮内庁に保管されている書物などの返還や、朝鮮王朝末期の1895年に王妃だった閔妃(死後に明成皇后と呼称)が暗殺された事件の真相究明を求める訴訟も計画している。

      天皇謝罪求める訴訟検討 併合百年で韓国市民団体(産経ニュース)


こんなことを許してはいけない!


政府は韓国の意向に配慮することで、歴史問題に一定の区切りを付けたい考えのようだが、


謝罪することで「歴史問題に一定の区切り」がつくはずがない!


真実ではない「菅談話」が日本政府の声明として発信されてしまうと、


日本はこの先、さらに50年、いや100年以上 真実ではない歴史に対して謝罪、賠償をし続けなくてはならなくなる。




どうかお願いです!


あなたが日本人であるなら 日本の近代歴史を知ってください!


近代歴史を日本人が知らないのは仕方がないことだったんです。


なぜなら教えられててこなかったんですから。


だから今から知る努力をしてもらいたいのです。


日本だけが100%悪かったのではないことを…!


今の日本があるのは 先人が一生懸命に日本を守ってくださったからなのだということを…。


そして、今後の日本のことを考えると 民主党政権をこのまま放置しておいてはいけないということを…!


どうか気付いて欲しい…。



  【日下公人】これからの日本 [桜H22/7/15](You Tube 27分27秒)


お時間があったら こちらの動画 ↑ をご覧になってみてくださいね。




     【お知らせ】


先日の記事 ↓ でも書きましたが。
   韓国への戦後補償など必要なし! 政治家は近代歴史を認めよ!


これって日本国民の皆さんが納得していることですか?


韓国に謝罪し 個人賠償をするのはやむを得ないことだと、皆さん、お考えなのでしょうか?


そうお考えの方はこのまま放置してもかまいません。


そんなバカなこと許せない! 断固反対!


…と思われる方は ぜひ! 行動に移してください!


このまま国民が黙っていれば民主党は勝手に「日韓併合100年記念」で謝罪し、


すでに決着した「日韓基本条約」を反古にして 個人賠償をやってしまいます。



皆さま! メールや電話、ファックスで抗議しませんか!

  https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose(各府省への意見・要望)
      ↑ 内閣官房にチェックしてメール送信してください。

  http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html(首相官邸ホームページ)

   kan-naoto@nifty.com(菅直人氏 ご意見箱メールアドレス)

  office@y-sengoku.com(仙谷由人氏 ご意見箱メールアドレス)

  民主党「国民の声」TEL 03-3595-9988[代表]
      ↑ 深夜でも留守電に吹き込めるそうです。

  民主党「国民の声」FAX 03-9535-7316  

  菅直人氏 FAX 03-3595-0090

  岡田克也氏 FAX 03-3502-5047

  仙谷由人氏 FAX 03-3508-3235



もう黙っていてはダメです! 


今のままではいけない! 未来の日本のために何かしないと!


…と思ってくださった方は ぜひ行動をお願いします!


できたらお知り合いの方やお友達にも呼びかけてください。


ブログをお持ちの方は ブログで拡散。呼びかけてくださるとありがたいです。



あぁ…本当に情けなくなってしまいます。


こんな日本の国益を損なう政党が 今の政権与党なんですから…。


一刻もはやく解散総選挙をしていただき国民に信を問うて欲しいと思います。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 01:09| Comment(10) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。