2010年07月08日

「外国人参政権」を公約から外した民主党


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



今回も日本の政治の記事を続けてUPします。


政治なんて苦手だわ〜…って思われる方もおられるでしょうが、どうか耳を傾けてください。


このまま民主党政権が続くと日本が亡国になってしまう可能性があるのです。


そんなバカな…!…と思われる前に、読むだけでも読んでください。


もうすぐ参議院選挙です!


国民がしっかり政治家を選ぶ必要があるんです。


政治には感心がないなんて言わないで日本を守るために いっしょに考えてください。


どうかお願いします。。。



さて、各党のマニフェスト ↓が出そろいました。       
       http://www.election.co.jp/manifest/


この各党のマニフェストで 非常に気になる部分があります。


それは「外国人地方参政権」の党としての姿勢です。


各党が党としての「外国人地方参政権」に対する姿勢を「公約」としてマニフェストに記載しています。


しかし! 


唯一、マニフェストに載せていない政党があるんです!

自民党 : 「導入には反対!」

国民新党 : 「断固反対!」

たちあがれ日本 : 「絶対に阻止する!」

日本創新党 : 「全力でに反対する!」

みんなの党 : 「反対」

新党改革 : 「反対」

幸福実現党 :「反対」


公明党 :「実現する」

社民党 :「付与する」

共産党 :「実現に全力を挙げる」


民主党:「記載なし」


はぁ?


先の国会で「外国人参政権」に最も積極的だったのは民主党だったんじゃないんですか?


民団の会合で「外国人参政権は何としても実現させます!」…ってよその国の方々に公約をしたんじゃないんですか?


なぜ日本のマニフェストに堂々と記載しないのでしょうか!


この「外国人地方参政権法案」過去記事にも書いたように「夫婦別姓法案」「人権侵害救済法案(人権擁護法案)」と共に、


民主党が次の国会で何としても通したいと思っている法案なのですよ?


他の党はしっかり意思表示しているのに与党である民主党は意思表示なしですか?


これほど国民に対し無責任な卑怯なやり方はないと思いますけど…!



ところでこの動画 ↓ をご覧になってください。


今週の水曜日に関西TVで放送された「スーパーニュース ANCHOR」です。


日本にとって大変重要なことを言われているので、まだご覧になっておられない方は お時間を作ってぜひ! ご覧になってください。



   スーパーニュース ANCHOR 2010.7.7 その1(You Tube 5分31秒)


   スーパーニュース ANCHOR 2010.7.7 その2(You Tube 7分32秒)


   スーパーニュース ANCHOR 2010.7.7 その3(You Tube 9分23秒)


皆さまもご存知のように朝鮮半島が緊迫しています。


いつ何時 朝鮮戦争が再発してもおかしくない情勢です。


韓国は「盧武鉉大統領の時代に米韓連合軍の主権を2012年に韓国に移す」ことを決定していたのですが、それを覆し、


李明博大統領とオバマ大統領との話し合いで「2015年まで米韓連合軍の作戦指揮権をアメリカが握る」ということに方針を変更したのです。


これは今後5年以内に北朝鮮が崩壊する可能性があり、それに備えるためなんだそうです。


現在は中華人民共和国(中国)が北朝鮮の後ろ盾をしていますが、


それは上海万博開催中に朝鮮半島で有事が起こって欲しくないからなんですね。


つまり上海万博が終了すれば 朝鮮半島の情勢が急速に不安定になるのは必須なわけですよ。


詳しくは 上の動画 ↑ をご覧になっていただきたいのですが、


北朝鮮という国が崩壊するかもしれないし、国が崩壊しないまでも金正日政権が倒壊する可能性は高く、


その結果日本にも北朝鮮からの「難民」がやってくるだろうということなんです。


それが近い将来、この先5年前後でやってくるということなのですよ。


それに対し日本はどんな準備をしているのでしょうか…?


マスコミは報道していますか?


お茶の間には話題すら上がっていないのではないでしょうか?



さて、日本にとって北朝鮮からの難民は「普通の難民」とは異なります。


日本は1981年に難民条約に加入したことでベトナムやラオス、カンボジア、インドシナからの難民を受け入れて来ました。


平成22年度からは第三国定住の枠組みによって、3年間で約90人のミャンマー難民を受け入れる予定なんだそうです。(詳しくは外務省HPを参照してください)


北朝鮮からの難民は 今まで日本が受け入れていた難民 ↑ とはちょっと異なるのです。


それは北朝鮮は韓国と同様、1910年に行われた日韓併合により一時期は日本であリ、国民は日本人であったこと。


合意の元で行われた日韓併合を、北朝鮮は「植民地」として従属関係に置かれたとして日本に謝罪、補償を求めていること。



そして重要なことは北朝鮮では「徹底した反日教育」が行われていることです。


こういった人々が難民として日本に大量にやって来たとして、いったい日本はどのように受け入れたらよいのでしょうか。



そして問題になってくるのは外国人地方参政権です。


難民として日本にやって来た北朝鮮人たちは、日本への定住を臨むでしょう。


こういう人々にも選挙に参加させる権利を与えるのかどうか。


大変重要な問題であると思うのです。


こういう近隣諸国の情勢をしっかり認識していたら「外国人参政権」に関しては党としての意思をしっかりと持ってしかるべきなのではないのでしょうか?


それなのに民主党だけ あいまいにしているのです。


政権与党が!ですよ?


国のこと、国民のことを第一に考えるのなら、しっかりとマニフェストに記載すべきでなないのですか?


しかも民主党は選挙後にはこの法案を通そうともくろんでいるのですよ?


記載すると不利になるからと選挙の争点にはしていないのが民主党のやり方なのです。


選挙のことしか考えていない政党=民主党と断言してもいいですね!



本当に、真剣に「外国人参政権」は重要な問題なのですよ!


日本が伝統を守り、日本の主権を持った国であり続けるためには、


「外国人参政権付与法案」は絶対に許してはならない法案
だと思っています。



もう一度「外国人地方参政権付与法案」の各党のマニフェストを載せておきます。


どの党が「外国人参政権」に賛成しているのか、反対しているのか。


これをしっかりと把握しておいてくださいね。


自民党 : 「導入には反対!」

国民新党 : 「断固反対!」

たちあがれ日本 : 「絶対に阻止する!」

日本創新党 : 「全力でに反対する!」

みんなの党 : 「反対」

新党改革 : 「反対」

幸福実現党 :「反対」


公明党 :「実現する」

社民党 :「付与する」

共産党 :「実現に全力を挙げる」


民主党:「記載なし」(実は「実現に全力を挙げる」)




有権者の皆さま! お願いです!


耳障りのいいマニフェストに騙されないでください!


マスコミに乗せられないでください!



どの政党が日本のために働いてくれるのかをよくよく考えてあなたの清き1票を投じてください。


こちらに大変参考になるHP ↓があります。


選挙に行く前に知りたい 放送されない政治家の思想と実績


2010年参議院選挙候補者の思想と実績がまとめられています。


このHP ↑ では国益重視(+1)、中立(±0)、国益軽視(-1)の三段階で評価し、その合計点により政治姿勢を判断してあります。


HPの上に掲載されている政治家は日本の国益を損なう「反日議員」であり、


下にいくほど日本の将来を考える「愛国議員」であると言っていいと思います。


参議院選挙まであと4日です。


ぜひ! 選挙前にこのHP ↑ をチェックしてください。



日本列島は日本人のものです!


日本を守るために、日本のことを真剣に考えてくれる政治家、政党に投票してくだだることを願っています…。



    




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 15:25| Comment(25) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

日本の将来をつぶす「日教組」の教育


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日に引き続き日教組に関することを記事にします。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    民主党に潜む「日教組」の魔の手から日本の子供を守ろう!


こちらの記事 ↑ では戦後から65年間にわたり 日本人に対して気がつかないうちにジワジワと「自虐史観」を植え付けて来た「日教組」の存在を書きました。


今回は具体的にどんな風な被害があったのか例を挙げて見たいと思います。



まずはこちらのサイト → 被害を受ける生徒達を見て欲しい。


このサイト ↑ に書かれていることを読むとまさか! そんなことが教育の現場でおこなわれるはずがない!…と信じられない人も多いかもしれない。


確かにすべての公立の学校においてこのようなことが行われているというのではない。


日教組の力は 都道府県によってかなり温度差があるからだ。


しかし、日教組の強い学校では こういうことが日常茶飯事的に行われているのである。



私にとって近い存在のA氏(男性、現在30代半ば)の例をあげてみよう。


A氏は中学生時代、日教組の強い、ほとんどの教師が日教組という学校に通っていた。


その学校で戦争を考えるという授業があったそうで、


戦争がいかに残酷非道なものであったかをコンコンと教えられたのだそうだ。


そしてお決まりのように太平洋戦争は日本が悪かったのだという結論で締めくくられる。


その授業の最後には必ず感想文を提出させられるのであるが、


多くの生徒は「戦争は二度と起こしてはならない。多くの人々を殺した日本人は反省しなくてはならない」と感想文を書いていたそうだ。


ほとんどの素直な子供たちは しっかり日教組教師の思い通りに洗脳教育されていったようだ。


そんな中、A氏は「戦争はいいことではないが、その時代に生きればやむをえないのではないか。日本だけが悪いという決めつけには賛成できない」


…と、まっこうから教師に反論をしたのである。


その教師は A氏を職員室に呼びつけ考えを改めるよう 何度も迫ったという。


A氏の他にも何人か A氏と同じように反論する生徒がいたが、


そういった生徒は職員室に呼びつけられ「個人的指導」が行われたらしい。


ほとんどの生徒は日教組教師の「個人的指導」により素直に考えを改めていったそうだ。


考えを改めるか、改めたフリをしないと「教師からのいじめ」があったからだ。


いったいどんな「教師のいじめ」があったのだろうか。


A氏はどんなに教師に迫られても考えを改めなかった。


その結果成績ををつけてもらえないことが何度もあったという。


そう、「教師のいじめ」とは「成績をつけない」ことなのだ。


「成績がつかない」ことは「進学に致命的な影響」がある。


どんなにおかしいと思っても自分の進路を考えると、教師には逆らえないのだ。


受験が近くなった時期に その担当の教師はA氏に「考えを改めないと内申書を書いてやらないぞ」と脅しをかけてきたそうだ。


頑固なA氏は最後まで日教組教師の言うことを聞かなかった。


彼は「意地でもこんな教師の思い通りにはならない」と思ったそうだ。


その結果、A氏は高校進学のための「内申書」を書いてもらえず、


県内の高校に進学することが出来なかった。



A氏は自分で内申書のいらない県外の高校を探し出して進学せざるを得なかったのだ。


こんなことが許されていいのか!


教師が生徒の進路を妨害したのだ!


一教師が生徒の将来を左右する権利がどこにあるのか!


A氏は今でもその教師を許せないという。



次にB氏(女性、現在40代後半)の例をあげてみよう。


B氏は日教組の強い学校に 新任教師として就職した。


その学校では教員は日教組に入会するのが当たり前という雰囲気があったそうで、


B氏にも入会するように強い勧誘があったそうである。


そんな中で数人、日教組に入会しない教師が存在した。


就職して1ヶ月が過ぎた頃、B氏は異変に気がつき始めた。


日教組ではない教師が常に仲間はずれにされているのだ。


重要な連絡事項も 日教組ではない教師には伝えない、


職員室にその日教組ではない教師が入ってくると その瞬間に会話が途切れる、


明らかに無視をしているのである。


B氏がショックだったのは職員会議で 日教組ではない教師の意見がことごとく没になっていることであった。


B氏はこの学校で仕事をやっていくには日教組に入るしかない…


そう思い、仕方なく日教組に入会したという。


現在、B氏は日教組の力が強くない学校に勤務している。


もちろん日教組は脱会したそうだ。


あまり多くは語らないが、その当時日教組の組合員でいることのストレスが多かったようである。



日教組は教師の間でいじめを行い、日教組に入らない教師を弾圧し、


教師の思想に染まらない生徒の将来をつぶしてしまうという恐ろしい組織なのだ!




ところで日教組は「自衛隊」に著しい嫌悪感を持っている。


日教組のスローガンに「反戦平和」がある。


子供たちを二度と戦争には行かせない! 教え子を戦場に送らない!


一見、いいことをいっているようであるが 要するに何が何でも「戦争反対」なのである。


日教組にかかると戦争に関連する自衛隊は「悪」であるらしい。


こちらのサイトにこんな体験が書かれている。

私の父は自衛官だった。
小学生も安保反対デモのまねをしていた60年安保騒動の翌年、小学校の4年生だった私は社会科の授業中、担任の女性教師から「大野君のお父さんは自衛官です。自衛隊は人を殺すのが仕事です。しかも憲法違反の集団です。
みんな、大きくなっても大野君のお父さんのようにならないようにしましょう。先生たちは自衛隊や安保をなくすために闘っているのです」と言われたことがある。

それ以来、同級生の態度が変わった。
給食の時間は机を集めてテーブルクロスをかけ、みなで一緒に食べていたのが、私ひとりだけのけ者になった。
教室の隅でひとりで食事した。
朝、学校に行くと上履きがなくなっていた。運動場から帰って来ると、ランドセルの中身がほうり出されていたこともあった。
下校途中、石を投げられてけがをしたこともある。

そのうち、学校に行くのがいやになり、半月ほど登校拒否をした。
その時、私はまだ10歳になっていなかった。担任はあわてて自宅にやって来た。結局、親に説得されて学校に通い始めた。
目に見えるいやがらせはなくなったが、同級生の視線は冷たく、以前のような仲の良い関係ではなくなっていた。



日教組によると「自衛隊なんていりません!日本は平和主義を唱えているから戦争はないんです!」「自衛隊は人殺しの集団です!」…ということらしい。


ある掲示板でこういう書き込み ↓ を見つけた。

このずうっっっと太平の続いた日本でどこにお国の為になるならって息子を差し出せる親がいますか?
いないですよ。そういう風に教育されてないですもん。

国家の尊厳ってものを傷つけられたら断固とした覚悟をしないといけないのに。
相手にどこまでも付け上がられて。
見なさいよ、今のテイタラクを。
みんな戦争だけは嫌だと、どっか他所の国がやってくれと。
できればアメリカが行って叩いてくれと、そう思っている節がありますよ。

無いとは言えないでしょう?
この腑抜けの日本で、軍備しろ核持て、その後ろ盾でもって外交しっかりやれって言ったら おお、そうだって誰か言いますか?
みんな後じさりするだけでしょう?
陰謀説どころの引き方じゃないと思いますけど。

これですよ、腹立たしいのは。
現実を絶対に直視しない。
どこまでも腰を低くかがめて、どこまでも譲ってどけ座でもなんでもしようって そういう根性ですよ。
子供、差し出せないのよ。
アメリカ人にやってもらいたいわけよ、金だけ出してね。



結局「反戦平和」を強力に唱えることで日本人から「国を守る」という意識を払拭してしまったのだ。


今でも我が子を自衛隊にだけは入れたくないという親は多い。



こちらのニュース ↓ もぜひ! 読んでください。

沖縄県では毎年、6月23日の「慰霊の日」が近づくと、県内の各小中高校で、昭和20年の沖縄地上戦を題材とした平和教育の特設授業が行われる。

だが、その内容たるや、「平和教育」から大きく逸れたものとなっている。
「実際は沖縄の民が公民化を強いられたなかで、いかに苦しんで死んでいったのかを教え込み、日本軍を悪として悲惨さだけをたたき込む。鬼畜日本兵、鬼畜日の丸、鬼畜君が代だ。その結果、愛国心のない子供を増やしてしまった」

かつて教壇に立った70歳代の元県立高校校長は自戒を込め、こう語る。

30歳代の県立高校教員も「戦争の悲惨さではなく、日本兵がどれだけ悪かったかを知らしめるビデオを流すことが多い。悲惨さを強調し、誤った歴史観をすり込むことで、反日感情と被害者感情を植え付け、それを闘争に利用しようとするのだ」と指摘する。

この教員によると、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し「また沖縄は日本の犠牲になる」と生徒たちに教える教員もいるという。沖縄教職員組合(沖教組)と沖縄県高等学校障害児学校教職員組合(高教組)の非組合員でも、そう洗脳される教員がいるとし、こう警鐘を鳴らす。

日本があって沖縄があるはずなのに、授業ではそれを否定することから始まる。怖いのは、おのずと反日意識がすり込まれ、沖縄県民の目線でしか考えられないように教え込まれてしまうことだ」


【揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地】反日・反米思想植え付ける「平和教育」(産経ニュース)


--------------------------------------------------------------------------


日教組の目的は何なのか?


日教組は創設当時から天皇制、日本政府打倒を掲げて、マルクス主義に基づく階級闘争的イデオロギーによる教育活動を目指していた。


その結果、愛国心やモラルを剥奪して日本人を骨抜きにし、日本を弱体化させてしまった。


日教組の罪とはいったい何か?


「ゆとり教育」により考える力を奪い、予習復習を否定し学力の低下をまねいた。

結果平等ばかり追求し、機会の平等を完全に破壊。その結果、親の経済力で子供の学歴が左右されることにつながった。

社会・国家の単位を「個」とするため、家族・家庭の崩壊が急増している。

「自由」「権利」「個性」「自己実現」の価値を強調し過ぎたがために「フリーター」「ニート」が大量に発生。

フェミニズムの影響で未婚・晩婚・少子化に拍車をかけている。

ジェンダー・フリー教育で過激な性教育、性道徳の破壊を招いている。


         長尾誠夫 高校教師・作家 WILL12月号参照


---------------------------------------------------------------------------



こんな恐ろしい日教組に子供の教育を任せていていいのでしょうか?


民主党と日教組は一心同体です!


その証拠に日教組は民主党の強力な支持母体なのです。


その民主党が日本国家解体をめざしていることに、国民はもっと関心を持つべきではないでしょうか?


民主党政権が続くと 日教組の子供への反日教育は継続することを知ってください!


将来の日本を担う我々の子供たちを守るためにも、


参議院選挙では 日教組出身の民主党議員を当選させてはなりません!


日教組出身議員は、
輿石東(民主党)、横路孝弘(民主党)、鉢呂吉雄(民主党)、神本美恵子(民主党)、佐藤泰介(民主党)、辻泰弘(民主党)、那谷屋正義(民主党)、水岡俊一(民主党)、近藤正道(社民党)
(敬称略)


今回参議院選挙に立候補しているのは、
輿石東(民主党)、那谷屋正義(民主党)、水岡俊一(民主党)、近藤正道(社民党)(敬称略)ですよ!


山科県選挙区の輿石東(こしいし あずま)氏は「日教組のドン」です!


輿石東氏は日教組の会合において「教育の政治的中立はありえない」と とんでも発言をしています!

輿石東氏(民主党)山科県 → http://senkyomae.com/p/404.htm
那谷屋正義(民主党)比例区 → http://senkyomae.com/p/84.htm
水岡俊一氏(民主党)兵庫県 → http://senkyomae.com/p/91.htm
近藤正道氏(社民党) 新潟県 → http://senkyomae.com/p/340.htm



こちら ↓ は日教組阻止を強く主張する「たちあがれ日本」の中山成彬氏の’街頭演説の様子です。

日教組と闘う中山成彬氏を応援! 保守の大御所がエール「頑張れ!」(花うさぎの「世界は腹黒い」さんより)


こんな風に日本の将来を真剣に考えて「打倒! 日教組!」を掲げて頑張ってくださる候補者を応援したいですね。



有権者の皆さま! お願いです!


耳障りのいいマニフェストに騙されないでください!


マスコミに乗せられないでください!


どの政党が日本のために働いてくれるのかをよくよく考えてあなたの清き1票を投じてください。


こちらに大変参考になるHP ↓があります。


選挙に行く前に知りたい 放送されない政治家の思想と実績


2010年参議院選挙候補者の思想と実績がまとめられています。


このHP ↑ では国益重視(+1)、中立(±0)、国益軽視(-1)の三段階で評価し、その合計点により政治姿勢を判断してあります。


HPの上に掲載されている政治家は日本の国益を損なう「反日議員」であり、


下にいくほど日本の将来を考える「愛国議員」であると言っていいと思います。


参議院選挙まであと2日です。


ぜひ! 選挙前にこのHP ↑ をチェックしてください。



日本列島は日本人のものです!


日本を守るために、日本のことを真剣に考えてくれる政治家、政党に投票してくだだることを願っています…。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 18:42| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

参議院選は「当選させてはいけない党、候補者を落とす選挙」だ! どの党が闇法案に賛成か反対かを知った上で選挙に行こう!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



明日(日本時間の7月11日)はいよいよ参議院選挙ですね!


期日前投票(不在者投票)に行かれた方が4%前後おられるそうです。


残りの方々は明日の11日に投票することになりますね。



皆さまは もう投票する党、候補者は決まりましたか?


もうすでに決めておられる方はいいのです。そういう方は強い信念をお持ちの方が多いでしょうから。


毎回言われることですが選挙の結果を左右するのは「浮動票」といわれるどの党に入れようか迷ってる方々なんですね。


どの党に入れようか決めかねている方々の判断で選挙の結果が決まるといってもいいでしょう。


判断材料が乏しいから迷われるのであろうと思います。


去年の衆議院選挙では マスコミが「政権交代!」と大きく騒ぎ過ぎたことがあり、


「浮動票」が「民主党」を選択させたのであろうと推測します。


まさか、こんなに日本の国益を損なうような政治をするなんて思わなかったのでしょう。



今回の参議院選挙はしっかりと「各政党がどんな考えを持った政党なのか」を知った上で選挙に臨んで欲しいと思っています。


なぜなら参議院も民主党の議席が過半数を超えてしまうと、


「外国人地方参政権」「人権擁護法案」「選択制夫婦別姓」などの


日本の国を崩壊させてしまう「売国法案」がすんなりと成立してしまう恐れがあるからです。


何としても日本を守りたい!


そんな風に思ってくださる方は、ぜひ、この先を読んでください。


お願いします。。。



過去記事 ↓ にも書きましたがこの選挙の争点は「消費税」ではありません!
   消費税が選挙の争点ではない! 闇法案の存在を忘れないで!


今回の選挙は「外国人地方参政権」「人権侵害救済法案(人権擁護法案)」「選択制夫婦別姓」などの、


いわゆる「日本解体3法案」を各党がどんな風に捉えているかということです。


「日本解体3法案」を推進している党や議員に票を入れることは、


「日本の主権を外国人に手渡す」「日本が中国のような情報規制される国になる」「夫婦別姓は戸籍法の廃止=家族の崩壊に導く」


…ということに賛同したことになるのです。


なのでどの党、どの議員が「3法案に賛成か、反対か」を知ることは大変重要なことなんです。

 どんなに恐ろしい法案かはこちらの記事 ↓ を参考にしてください。
   知ってください! 外国人地方参政権について
   言論支配の日がやってくる? 人権擁護法案
   本当は怖い「選択制夫婦別姓制度」



「日本解体3法案」に対する各党の姿勢

@外国人参政権法案 A夫婦別姓法案 B人権擁護法案



   民主党…@賛成 A賛成 B賛成

  公明党…@賛成 A賛成 B賛成

  社民党…@賛成 A賛成 B賛成

  共産党…@賛成 A賛成 
B反対


   自民党…@反対 A反対 B反対

  国民新党…@反対 A反対 B反対

  たちあがれ日本…@反対 A反対 B反対

  日本創新党…@反対 A反対 B反対

  みんなの党…@反対 
A? B?

   新党改革…@反対 A? B?

   幸福実現党…@反対 A? B?


            (一部訂正しています。申し訳ありません。。。)



そして国防に関してはどう考えているのかも重要な点です。


沖縄の米軍基地問題で「日本の国防」について考えられた方が多いのではないかと思います。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    沖縄米軍基地と日本の国防について考える
    「基地反対」を叫ぶ前にやるべきこと


こちらのアンケート結果を見てもおわかりいただけると思いますが。


多くの方が沖縄には米軍が必要、なぜなら現在の自衛隊では国防に不十分だからと答えています。


そして出来たらアメリカに頼らず 自分たちの力で日本を守りたいと考えている方も多いのです。


でも現状では無理なんですよね。憲法9条にしばられているから…。


しかし! この先もずーーーっと日本だけで日本を守ることは無理とは言ってられないと思うのです。


世界情勢はどんどん変化しているのに、


なぜ日本は 戦後にGHQが作った「憲法9条」を守り続けているのでしょうか?


そろそろ自分たちの憲法を作成してもいいのではないでしょうか?


そのためには議論を始める必要があります。


きっと法律の改正には何年もかかるでしょう。


だからこそ! 今の時期に準備を始めないといけないと思うのです。


「日本の国防について前向きに考えている政党はどこか、ということも選挙の大きな争点であると思っています。



こちらに各党公約に見る外交・安全保障政策の動画 ↓ があります。



【鍛冶俊樹】検証〜各党公約に見る外交・安全保障政策(You Tube 23分33秒)


ちょっと長いのですが お時間がある方はぜひ! ご覧になってください。


ご覧になる時間がない方のためにこちらの方 ↓ が書き起こしをしてくださってますので転記させていただきます。
    右翼でもなく左翼でもない正しい物の見方


  〜〜〜引用ここから〜〜〜


軍事ジャーナリストの鍛冶俊樹氏をお迎えし、参院選に向けて各党がマニフェスト等で明らかにした公約につき、
日米関係等の外交や、防衛予算の考え方 及び サイバー戦争への対処等の安全保障、
憲法9条を削除するかどうか、
そして、外国人参政権付与の賛否などの視点から順に検証していただくとともに、
国防を争点から外すことの不条理についても、お伺いします。

 1 日米>日中(日米関係と日中関係、どちらを重要視するか。アメリカ重視なら○)
 2 防衛予算(これ以上防衛予算を削ると日本の防衛は崩壊する 防衛予算増額なら○)
 3 サイバー戦争対処(サイバーテロに対し軍事問題として対処していれば○)
 4 憲法9条削除(軍事の否定を表す憲法9条柵書にげbん窮していれば○)
 5 外国人地方参政権反対(国の安全保障の観点から反対を表明していれば○)


この判断基準を基に各党を見ていくことにします。


国民新党
 ○1 自衛隊と米軍の連携強化
 ○2 防衛関連予算の拡充
 ×3 (言及なし)
 ○4 自主憲法の制定
 ○5 外国人地方参政権反対


自民党
 ○1 インド洋補給支援活動の再開
 ○2 適切な人員と予算の強化
 ○3 サイバー攻撃対策等、強化
 ×4 9条2項を維持しつつ..9条1項(戦争の否定)を維持」なので実際は○ 
 ○5 外国人地方参政権反対


たちあがれ日本
 ○1 集団的自衛権の解釈適正化
 ×2 (言及なし)
 ○3 インテリジェンス機能
 ○4 自主憲法制定
 ○5 参政権は国民固有の権利である。外国人参政権は反対。


みんなの党
 ○1 米軍再編への協力 
 ×2 (言及なし)
 ×3 (言及なし)
 ×4 現行憲法の見直し(見直しだけでは9条の変更は難しい)
 ○5 外国人地方参政権反対


公明党
 ○1 抑止力の維持と基地の段階的整理
 ×2 コスト削減
 ×3 サイバー犯罪としての取り締まりのみ
 ×4 9条堅持
 ×5 永住外国人地方参政権付与


新党改革
 ○1 日米安保を基軸、多元外交
 ×2 (言及なし)
 ×3 (言及なし)
 ×4 憲法改正(改正では9条の変更は難しい)
 ×5 (言及なし)


民主党
 ×1 東アジア共同体、日米地位協定の改定
 ×2 防衛計画の本年中の改定(「先送をしている」ので×)
 ×3 (言及なし)
 ×4 「国のかたち」を変える(「日本破壊を意味する」ため×)
 ×5 (言及なし)← マニフェストに記載していないが外国人参政権推進


社民党
 ×1 県外・国外移設
 ×2 自衛隊の縮小
 ×3 (言及なし)
 ×4 憲法の平和主義を遵守
 ×5 永住外国人地方参政権付与


共産党
 ×1 日米安保破棄
 ×2 軍事費の抜本的な削減
 ×3 (言及なし)
 ×4 9条を生かし平和外交
 ×5 (言及なし)



ある意味、共産党や社民党の潔さには頭が下がる

そして、民主党の詐欺がまた露呈

あと、日本創新党にも触れて欲しかった ○| ̄|_


というわけで、私が日本創新党のマニュフェストを評価してみる。


日本創新党
 ○1 日米同盟を基軸、集団的自衛権行使を容認
 ?2 (言及なし)ただし他の政策から削減はないと予想
 ×3 (言及なし)
 ○4 自主憲法の制定
 ○5 外国人地方参政権に全力で反対する



やはり素晴らしい

ついでに幸福実現党のマニュフェストを評価してみる。


幸福実現党
 ○1 日米同盟を強化、集団的自衛権行使を見直す
 ○2 大幅な増加 ただし...
 ×3 (言及なし)
 ○4 憲法9条改正
 ○5 外国人地方参政権に反対(各候補が明確に反対を表明)



幸福実現党は、K国を同盟国として扱っているのは不快だが、

それ以外は「帰化の厳正化」といった基本的な話から、空母やステルス戦闘機の製造まで盛りだくさんの内容だ。

敵国首脳を名指しで拉致被害者を救出すると言っている!!


「防衛に対する総合評価」

自民党>国民新党・日本創新党・たちあがれ日本>>>>>>みんなの党>>>公明党・新党改革>>>>>>>>>>社民党・共産党>>>>>>民主党>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>幸福実現党


「幸福実現党」はダントツで最下位だ。

御覧頂ければわかるが、これが与党のマニュフェストだったら敵国から即クレームが来る内容。

だから、総合評価が一番下なのか?

いや、そんな事はない


理由はこれだ↓

「○○教圏と○○教圏の戦いに終止符を打つために努力」!!

..頼むから、そこには見るな、触れるな、放っておけ!!

これがなければ、ダントツでランキング1位だったのに。


                      〜〜〜引用ここまで〜〜〜


幸福実現党の「○○教圏と○○教圏の戦いに終止符を打つために努力」!!っていったい何だろう…?


…と気になったので幸福実現党のマニフェスト(PDF)を調べてみました。


すると…!


外国の宗教戦争に終止符を打つことに努力するということが書かれてるんですよね。


何で日本の政府が外国の宗教戦争に介入する必要があるのでしょうか…?


このあたりが「幸福実現党」は宗教団体の政党だな…と感じる部分ですね。


そしてみんなの党も、個人的にはどうかな…って思っています。


みんなの党のマニフェストを見ていると、何となく民主党と近い気がするのですよ。


「民主党はダメかぁ。他の党もよくわかんないし。じゃ〜みんなの党かな」


…という消去法で「みんなの党」を選ぶのは危険かな…と感じています。


これは私の考えなので、あくまで参考に…ということでお願いします。



とにかく!


明日が選挙当日です!


どの党がどういう方針でいるのかをしっかり把握して選挙に臨んでください。


私は海外居住者です。


海外居住者には「公職選挙法違反」は適応しないそうなので、あえて書かせていただきます!


タイトルに書いているように、


今回の選挙は当選させてはいけない党、候補者を落とす選挙であると言ってもいいと思います。


ちょっと過激なんじゃないの…?


…と思われるかもしれませんが、かなり危険人物が立候補しているのですよ。


この候補者 ↓ は絶対に当選させてはならない人物です。

輿石東氏(民主党)山科県 ↓
   http://senkyomae.com/p/404.htm



この人 ↑ は日教組のドンです。


日教組は日本の教育を破壊 ↓しているのです!

   民主党に潜む「日教組」の魔の手から日本の子供を守ろう!
   日本の将来をつぶす「日教組」の教育


こんな恐ろしい日教組に日本の政治を任せていいはずがありません!


そして! この候補者 ↓ も絶対に当選させてはならない人物です。

千葉景子氏(民主党)神奈川県 ↓
   http://senkyomae.com/p/23.htm



この候補者 ↑ は「マニフェストに載せなくても日本解体3法案は秋の国会で絶対に成立させる」と言い切っている人物なのです。


そして千葉景子氏は 菅直人氏とともに 拉致被害者の犯人「辛光洙(シン・グァンス)」の助命嘆願書に芳名を連ねた議員なんです!


こんな人が日本の法務大臣を勤めていることがとてつもなく恐ろしい…!


そして何といっても民主党の議席数を減らさなくてはなりません!


民主党の 仙谷由人官房長官は「日韓戦後処理は不十分」として「日韓請求権協定で消滅した個人補償を行う」と述べたそうですね。

 日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」−官房長官(時事ドットコム)


「日韓基本条約」は国同士で結ばれた条約ですよ?


国同士の条約を無効とするんですか! 民主党は!


もう…信じられない! 


韓国人に個人補償するための財源確保のために消費税のUPを考えているんじゃないでしょうね…?


まずは日本人のことを考えるべきなんじゃないですか? 


日本の政党なんですから!



山梨県、神奈川県、そして全国の有権者の皆さま! 


お願いです!



選挙にいかれる前にこのHP ↓ をチェックしてください。


選挙に行く前に知りたい 放送されない政治家の思想と実績


日本は日本人のものです!


日本を守るために、日本のことを真剣に考えてくれる政治家、政党に投票してくださる
ことを願っています。。。


    



     【お知らせ】


これから選挙に行かれる方にお知らせです。


比例区は政党名ではなく候補者名を記入すれは2票分の価値となるということです。

akiraさんの「平凡な日常」より『参院選』個人名を書けば2票分の価値がある?

選挙が近づいているが、最近の選挙は選挙区と比例区があってややこしい。しかも比例区の方式が衆議院と参議院で違うので余計に判りにくい。
選挙区制の方は、選挙区の大きさが違うだけで投票については両院で同じ方式(注)だから自分の選挙区に立候補している候補者の名前を間違いなく書けばいい。ただ、比例区の方が違う。
参議院の方は、比例区の候補者の中から一番支持したい人を選んで投票用紙に記載すればいいだけのことで、もし特に支持する人がいない場合は代わりにに政党の名前を書いてもいいことになっている。ところが、衆議院の方が候補者名ではなく政党名を書くことになっているので参議院も政党名を書くものだと勘違いする人がでてくる。私の周りの人間に聞いてみると、比例区は政党名を書くものだと何となく思っている人が多い。
私も前の参院選では政党名を書いてしまったような気がする。

そして、ここがポイントなのだが、参院選の比例区では「政党名」ではなく、絶対に「候補者の名前」を書くべきなのだ。

個人名を書いた票は、もしその候補者が当選できなくても、その人が立候補した政党の得票になる。
だから、投票したものにとっては2票分の値打ちがあることになる。政党名では1票分だ。
と言っても、開票したら1票が2票に増えているわけではないが。しかし、当選者の得票数の多少はその人が議員になってからの大きな力になる。
同じ議員でも100万票取った人と15万票の人では発言の重みが違う。
だから、党側は個人票が単に党内の順位を決めるだけのものではない事を理解し、できるだけ多くの票を個人名で獲得させるべきだ。


   10-1touhyou.jpg
自民党公認参院選立候補予定者『三橋貴明氏』の名刺の一部のコピーをお借りしました。


皆さま! 比例区は「政党名」ではなく「候補者の名前」を書きましょう!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 18:29| Comment(10) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

韓国への戦後補償など必要なし! 政治家は近代歴史を認めよ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます。



2010年度の参議院選挙が終了しましたね。


去年の衆議院選挙の時の悪夢が甦えらなくてよかった!


本当にそう思います。


日教組のドン 輿石東氏(民主党)が当選してしまったのは残念ですけどね…。


山科選挙区の宮川典子氏(自民党)はよく頑張ったと思います。


わずか3745票差! 本当に惜しかったです。


やはり日教組、労働組合の組織票が大きかったのでしょう。


しかし! 千葉景子氏は落選しましたね!


神奈川県民の皆さんが千葉景子氏にNO!を突きつけてくださいました!


本当に良かった! この人が当選して 力を発揮したら日本は亡国への道一直線でしたからね…。


千葉景子氏は落選したにもかかわらず 菅総理は法務大臣を続投させるとか何とか言ってますが…。


国民は許しませんよ! 千葉景子氏にNO!をつきつけたのですから!


選挙は国民の民意ですからねっ!


潔く退散していただきましょう。



今回の選挙では民主党の獲得議席数は44議席で10議席減少しました。


単独で過半数の議席の獲得には至らなかったわけで、


これも、有権者の皆さまがしっかりと考えて投票してくださったからだと思います。


それでも44議席も獲得したわけですよ。


そして衆議院では今でも圧倒的多数の議席を有する与党なのです。


これからも民主党の独断的な政治は継続していきます。


我々国民は、今後もしっかりと政治を見つめていく必要があると思います。



さて、先日、民主党の仙谷由人官房長官は「日韓戦後処理は不十分」として「日韓請求権協定で消滅した個人補償を行う」と述べました。

 仙谷由人官房長官は7日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国との戦後処理について質問を受け、「一つずつ、あるいは全体的にも、この問題を改めてどこかで決着を付けていくというか、日本のポジションを明らかにする必要があると思っている」と述べ、従来の政府の対応は不十分だとの認識を示した。
 これに関連し、仙谷氏は同日の記者会見で、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べ、政治的判断で個人補償を行うべきだとの考えを示唆した。仙谷氏の発言は日韓両国の間に波紋を呼ぶ可能性がある。 

 日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」−官房長官(時事ドットコム)


このニュースを知った時には唖然としました…。


民主党の仙谷由人官房長官は近代歴史をご存知ないのでしょうか?


もし、歴史を知っているにもかかわらずこんなことを言い出したのだとしたら…。


何だかとても恐ろしいことだと思うのですが…。



このニュースに関して、とてもわかりやすい例 ↓ がありましたので 紹介させていただきます。
   本当に、日本と日本人が大好き(はぁと♪)


   〜〜〜引用ここから〜〜〜

例えば、

あなたには、もう20年以上前に別れた妻がいたとします。
子供は、それぞれが引き取り、財産分与もしました。

財産分与の条件は、妻に有利なものでしたが、
以後、一切、財産や子供の養育費などを請求しない、という約束でしたから、
こちらに不利な条件でものんで円満に離婚が成立しました。

20年以上の歳月がたち、
元妻は再婚し、新しい家族がいます。

こちらも再婚し、新しい家族がいます。
お互いの家族の間には、血を分けた兄弟がいます。

兄弟は、血縁関係にあるので、ときどき交流があり、
これまでは、大きなトラブルもなく過ごしてこれました。

ところが、
元妻が、また離婚・再婚し、新しい夫ができました。

すると、驚いたことに、
その新しい夫が、20年以上前にケリのついた最初の離婚のときの財産分与の件を持ち出し、
当時の条件が不服だと言い出して、
そのときの約束を無効にしろとか、条件を見直せ、とか言い始めました。

これは、全く法的にも、常識的にも理不尽な言いがかりであり、
当然、従う必要もないし、支払う必要もありません。

しかし、その夫はありもしない、元妻は私からDV被害を受けていたというようなことまで話を捏造して、
話を蒸し返すどころか、前提まで変えようとしています。

この降って沸いたような話を受け、
それぞれの家族が混乱をし始めました。

元妻の家族、子供たちは、財産がもらえると思って期待しています。
一方私の家族は、相手に対する嫌悪感が大きくなっています。

この件で、これまで良好だったお互いの家族の関係は、
修復不可能までに壊されてしまいました。

血を分けた兄弟だちは、両家の間にたち、
切り裂かれるような心の傷を抱えてしまいました。

終わり。


         〜〜〜引用ここまで〜〜〜


一度決着がついたことを 後になって蒸し返し賠償をする。


これって非常におかしなことだとは思われませんか?


朝鮮半島への戦後の補償は「日韓基本条約」ですべて完了しています。


日韓基本条約は「これで日韓の間の補償問題を決着させるということを明確にしたもの」であり、


韓国は対日請求権放棄と引き換えに日本から経済援助を得て、その資金で経済建設を推進し、個人補償は徴用死亡者のみに限定する。


…というのが日韓基本条約により規定された日韓の間の戦後補償の最終決着だったのです。


日本は韓国とは戦争をしていないので賠償責任はなかったにもかかわらず賠償したのです。


しかも国同士の条約なのですよ?


条約を締結して一旦決着した補償問題を蒸し返さないことは国際法のもう一つの大原則なはずです。


その国際法を覆そうというのでしょうか? 民主党の仙谷由人官房長官は!


こんな「お金をあげます」発言をすれば韓国側は期待をするでしょう。


期待をさせておいて、結局賠償しないとなれば今以上に反日感情が高まってしまうことにつながりかねないのではないでしょうか?


それにしても、民主党議員は近代歴史を少しは勉強して欲しいと思いますね。


そりゃね。大東亜戦争では韓国朝鮮人の方も苦しみましたし、多くの方が亡くなりましたよ。日本人と同様にね。


でも、戦争の時代は韓国朝鮮人は日本人だったんですから。


日本人といっしょに戦うのは当然ではありませんか。


日韓併合に関して詳しく知りたいと思われる方はこちらのHP ↓ をご覧くださいね。
    国民が知らない反日の実態〜日韓併合の真実
    日韓併合の真実



そして、私たちがよく耳にした「強制連行」についてですが…。


今年の3月頃にこのニュース ↓ が出ましたよね。


日本軍による韓国朝鮮人の「戦時徴用」は245人だったというものです。

戦時中の徴用令によって日本に渡航し、昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったことが10日、分かった。
自民党の高市早苗元沖縄・北方担当相の資料請求に対し、外務省が明らかにした。
 
資料は34年7月11日付で、245人について「みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいない」と結論付けている。

永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の推進派は、在日韓国・朝鮮人が自分の意思に反し日本に住んでいることを理由の1つとして挙げてきた。

     在日朝鮮人、戦時徴用はわずか245人(産経ニュース)


もちろん、時は戦時中です。


朝鮮や韓国の人々が日本人と同じように戦争で戦ったという事実はあるでしょう。


しかし、今までは50〜60万人程度いると言われている在日朝鮮人・韓国人は、戦時中に日本に強制連行されてきた上に 戦後帰れなかった気の毒な人たちという認識があり、


特別永住者には「在日特権」といわれる優遇措置が多くとられて来ました。


「在日特権」に関しては「ウィキペディア 在日特権」をご覧になってください。
「在日特権」で検索していただくと山のように出て来ます。


そして 外国人参政権という新たな特権も付与しようとしているのです。


現在、日本に住まわれている在日韓国、朝鮮人の多くは 自らの意思で日本にやって来た方々の子孫なのです。


しかし民主党の原口大臣までもが「強制的に日本に連れて来られたという歴史があるので云々…」と発言しています。


そろいもそろってどうして民主党議員は歴史を歪曲させ、それを政治に持ち込もうとするのでしょうか?


政治家は近代歴史をしっかりと認めた上で 政治を行うべきです!



民主党が衆議院の解散をしない限り、あと3年は民主党政権が継続します。


民主党が議席の過半数をとれず、千葉景子氏が落選したとはいえ、


まだまだ安心は出来ません!


多くの民主党議員の考えは「日本解体法案」に賛成なのですから。


今後もしっかりと政治を見つめ、


民主党政権が日本の国益を損なう政策を行おうとする時には はっきりとNO!を突きつけないといけません。


我々の子孫のために日本を守るためにも、


出来るだけはやく民主党政権をストップさせる必要があると、そんな風に思います。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を守りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき
ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 12:52| Comment(23) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

個人旅行は高い〜台湾旅行の飛行機コスト


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


さて、久々のえいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。



台湾旅行といえばパッケージツアーで参加される方が多いと聞きます。


なぜかというと個人旅行で行くよりもパッケージツアーの方が 断然格安だからんですね。(・∇・)b


6月の台湾旅行は特に格安の時期なんだそうで。


梅雨で蒸し暑い時期ですからね〜。ε-(´o`;A アチィ


いくら人気のある台湾といっても6月に行く方は少ないのでしょうね。


ツアーだといくらくらいからあるのかしら〜♪…と意味もなく調べましたら、なんと!


3泊4日で往復飛行機代+ホテル代で3万円台なんてのがありましたよ! (゚ロ゚屮)屮 ヤスッ


すごいですねぇ〜〜〜。飛行機とホテルがついてて3万円台! !!! (゚〇゚;)


ちょっといいホテルにランクアップでも4万円〜6万円台! !!! (゚〇゚;)


こりゃ安いわ。


そりゃ〜〜皆さんパッケージツアーを選択されますよね。d(⌒▽⌒;)



ところで、今回の えいと@夫妻の台湾旅行は完全な個人旅行だったのです。


なにせ学会が目的ですからねぇ。


学会中の滞在ホテルはかなりはやい時期に決めていたわけですし…。


ホテル代はもちろん自己負担ですよ〜。(- -;) 学会用の割安レートがあるんで少しは安く宿泊できるんですけどね…。


で、あとはエアーチケットです。(これも もちロン自己負担ですぅ 涙)


けっこうギリギリまで悩んじゃったのですよね。「(´へ`;ウーム


@ アメリカ → 日本 → 台湾 → 日本 → アメリカというルートにするか。


A アメリカ → 日本 → 台湾 → アメリカにするか…。


悩んだ結果@のルートに決めたのであります。


で、日本と台湾のエアラインを選ばなくてはならないことになったのですが…。


日本 - 台湾の便には日本アジア航空(日亞)、エバー航空(長榮)、エアーニッポン(※エバー航空と共同運航が多い;日空)、キャセイパシフィック航空(國泰)、ユナイテッド航空(美國聯合)、ノースウェスト航空(美國西北)、中華航空(チャイナエアライン;華航)があります。


いろいろ調べた結果、えいと@夫妻はキャセイパシフィック航空がいいなって思ったんです。


なぜかというと大阪 - 台北便は キャセイパシフィック航空だけ 帰りの便が夕方便だったからなんです。


他の便は帰りの便がほとんど早朝便なのですよ。


早朝便だと最終日は帰るだけになってしまいますからね〜。


しかし…。


キャセイパシフィック航空は価格が高い…! c(゚^ ゚ ;)ウーン


もっとはやい時期に購入していたら早割で 往復4万円+TAXその他の諸経費で合計5万円くらいであったのですが、


えいと@が購入しようとした時期は往復7万円+TAXその他の諸経費で合計9万円弱もしていたんです〜〜〜。


高すぎー! ヽ( ̄д ̄;)ノ


で、一番価格が安かったのが中華航空(チャイナエアライン)でした。


格安チケット屋さんを片っ端から調べてもチャイナエアラインが最も安かったのです。


往復32000円+TAXその他の諸経費で42000円というのが一番安かったかな。


価格の安さには代えられない! 


…ということでチャイナエアラインを利用することに決めました。


ここで えいと@は 一応チャイナエアライン本社のHPで正規チケットの価格も調べてみたんです。


すると…!


往復3万円+TAXその他の諸経費で 合計38700円と出てるじゃないですか!Σ(・ω・ノ)ノ!


これにはびっくり!


格安チケット屋さんよりも正規チケットの方が安いなんてね〜。(; ゚ ロ゚)b


こういうこともあるんですね。リサーチはすべきだなって思いました。d(゚д゚)(。_。)ウン!


で、二人分で77400円です♪


キャセイパシフィックの一人分より安くでチケットGETです♪ (・∀・)v ウホホ♪


ところで、日本 - 台湾でもオイルサーチャージがかかるんですねぇ〜。( ̄□ ̄;)


距離的には日本国内線なのに〜。( ̄_ ̄|||)


だって大阪と台北だとたったの2時間半ですよ?


それで往復8000円のオイルサーチャージがかかっちゃうなんて…。


なんかムカつくー。( ̄Θ ̄;)



さて、えいと@夫妻が利用したチャイナエアラインでありますが。


 t-hikouki10-1.jpg


こちらがチャイナエアライン ↑でございますー。(*゚▽゚)ノ


   t-hikouki10-2.jpg


こちらの花柄がトレードマーク ↑のようですね。(*'ー'*)


飛行機に乗ってちょっとゆっくりしたらお食事が出て来ました。


台北行きの飛行機は昼便だったので、ちょうどランチにいい時間ですね。(o^-^o)v


 t-hikouki10-3.jpg


こちら ↑ が行きのフライトのエコノミー席のお食事です。


まぁまぁいい感じ。おいしかったですよ。(*゚▽゚*)


エコノミー席の機内食にしたら合格点ではないでしょうか。


 t-hikouki10-5.jpg


こちら ↑ は帰りのフライトのお食事です。



ところで、チャイナエアラインの帰りの便の時間が朝の8時半発だったのですよ。


えいと@夫妻が最終日に宿泊したホテルから空港までシャトルバスで1時間かかります。


で、国際線って 普通は搭乗の2時間前には空港に到着しているのが鉄則じゃないですか。


特に台北の桃園空港は朝8時〜9時発の便が集中しているそうで出国手続きやセキュリティチェックが混み合うと聞いていたのです。


そうすると朝5時のシャトルバスに乗らないといけません。(バスは1時間に1本しかなかったのですよー!)


そうなると朝4時には起きて準備しないと間に合わないじゃないですか。Σ(・口・)


荷物のパッキングもあるわけだしー。


朝4時起きはきつすぎる〜〜〜!(≧σ≦)


1時間前にチェックインしてもきっと間に合う!という えいと@夫の判断で6時のシャトルバスに乗ることにしましたよ。


それだったら朝5時起き。朝の1時間は大きいですもんね。('д')b


で、7時15分頃にチェックインしました。間に合いましたよー。良かったー。ε=(^◇^ ; ホッ!


飛行機に乗ってからは即! 爆睡いたしましたっ!(-.-)Zzz・・


そんなわけで機内食が出て来ても食欲なし!


 t-hikouki10-5.jpg


帰りの便のお食事は なんとなくマズそうに見える ↑のは気のせいでしょうか…?( ̄~ ̄;)



この早朝便しかないってのは辛いですねぇ〜。(-。ー;)


成田 - 台北便だとチャイナエアラインだけで1日5〜6便、復路は夕方便もあるんですよー。


大阪 - 台北は1日1便、しかも早朝便のみしかないって…。


不公平だー! ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆


…と、心の中で叫びまくった えいと@でございました。。。




     【お知らせ】


当ブログにご訪問、温かいコメントをいつもありがとうございます。


お返事が遅くなるときもありますが、すべて拝見させていただいています。


コメントは本当にうれしいです。


自分が書いた記事に何らかの反応がある…っていうのがうれしいのですね〜。


これからはしばらく台湾旅行記をUPしてまいりますが、


時々日本の政治に関する記事もUPしていく予定です。


政治なんて興味がない〜って思われる方もおられるかもしれませんが、


私たちの祖国、日本のことです。大切な問題がいっぱいあります。


外国に住まわれている方で、外国の国籍をとられた方がおられるかもしれません。


そういった方にとっても祖国 日本なのです。


大切な私たちの日本を守るためにも、


政治の記事の時も、ちらっと読んでくださいね。


そしていろんなご意見をいただけると嬉しく思います。



過去記事でいただいたコメントのお返事 ↓ を書きました。お時間がある時にご覧になってくださいまし〜。

    消費税が選挙の争点ではない! 闇法案の存在を忘れないで!
    民主党に潜む「日教組」の魔の手から日本の子供を守ろう!
    「外国人参政権」を公約から外した民主党
    日本の将来をつぶす「日教組」の教育
    参議院選は「当選させてはいけない党、候補者を落とす選挙」だ!
    韓国への戦後補償など必要なし! 政治家は近代歴史を認めよ!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 01:35| Comment(14) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。