2009年12月26日

返品大国! アメリカ! Part2


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日はまーったくイブらしくない一夜を過ごした えいと@夫妻でございますー。(- -;)

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    アメリカでのイブはお家に引きこもり〜♪


昨晩は 教授と夜の9時半〜12時半すぎまでスカイプ電話で論文の議論をしておりましたよー。


その後 えいと@夫は午前5時頃まで仕事をやっていた様子です。(^^;)


んで、一夜明けた25日も午後3時までPCの前に釘付けでございました。


学会が近いんで仕方がないんでしょうけどねぇ〜。(*´ο`*)=3


やれやれでございますー。┐(´-`)┌




さて、今回は返品大国 アメリカの続編を書きたいと思います。


前編は……なんと去年の今頃書いてたんですね〜。Σ(・ω・ノ)ノ!

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    返品大国! アメリカ!



欧米の方々にとってクリスマスに家族や親戚がみんなで集り クリスマスプレゼントを贈りあう。 


これは絶対に欠かせないイベント!
のようです。(=^▽^=)b


日本でもクリスマスプレゼントはありますよね。


えいと@も子供の頃25日の朝に枕元に置かれているプレゼントがうれしかったもんですー。(*´▽`*)


でも日本の場合は子供が小さい間に親から子へプレゼントするだけで、


子供が大きくなったらプレゼントはしなくなる家庭が多いんじゃないかなって思います。(・o・)b


親戚中にプレゼントを贈る家庭も日本では少ないですよね?


でも、アメリカは自分の子供だけでなく、自分や配偶者の両親、祖父母、兄弟姉妹、いとこ、甥、姪にもクリスマスプレゼントをする家庭が多いようなのです。(家庭によってどこまで…っていうのは違いがあるようですが)


これはホントに大変だと思いますよ〜。d('д')


プレゼントを準備してラッピングするだけで、ものすごい労力がいりますよね〜。


それが楽しみである反面、クルシミマスになってる方もいらっしゃるようです。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    クリスマスはクルシミマス???



で、去年に返品大国! アメリカ!の記事に書いたように、


もらったプレゼントの中で気に入らないものがあれば返品 交換しちゃうのですね。(・・*)


だいたいは、前もってリクエストを聞いておくことが多いようなんですけど、


それでも好みやイメージと違ったっていうことが少なからずあるんですよねー。


そんな時のために アメリカのギフトには返品用のレシート(金額が書かれていないレシート)をプレゼントと一緒に入れておくんですね。


それを26日以降にスーパーのカスタマーセンターに持って行くと同じ金額のギフトカードに交換してもらえる…ってわけです。


で、自分の好きなものを買うんですね〜。


そのため26日にはカスタマーサービスにすごい列ができるのです。


このへんの感覚が日本人である えいと@には理解しがたいことなのですねぇ。c(゚^ ゚ ;)ウーン


だって一生懸命に選んでくれたプレゼントですよ? (・o・)b


それをちょっと気に入らないから…って返品しちゃうなんて…。(・へ・;;)


もし、えいと@が「これだったら喜んでもらえるかな?」って時間をかけて一生懸命に選んで贈ったものが 返品されちゃったとしたら…。


すごーっく悲しく思っちゃいますねぇ〜。(ノд-。)


ある意味合理的ではあるとは思うこともありますけど…。


こんなんだったらギフトカードにすればいいのにーって思いますが。


そうなると25日にプレゼントの包装紙をビリビリーって破る楽しさがなくなっちゃいますもんね〜。


プレゼントを開けるときのワクワク感は どの国も同じでしょうしね。


難しいことですね〜。(-_-)ウーム




さて、ここから本題。(…長い前置き、ごめりんこ〜 ( ̄∇ ̄*)ゞエヘ)


この返品する習慣はホリデーギフトに限りません。


食料品や生鮮品は無理ですが衣類や雑貨、電化製品においてはレシートがあったら簡単に返品できちゃいます。d(゚д゚)


日本でもサイズ違いや不良品であったりした場合には返品交換できますよね。


でも、アメリカの場合は不良品でなくても返品できちゃうのです。


その返品の期限が60〜90日と とーっても長いのですねぇ。(お店によって異なります)


でねっ! 返品の理由がびっくりなんですよ。( ̄ェ ̄;)


例えばサイズが合わない、イメージが違った、使い勝手が悪いなどの理由だったら納得いくんですけど、


驚くことに「買った時には欲しかったが、今は気が変わった、または使わなくなっていらなくなった」とか、


「今、お金が必要だから返品する」なんてぶっ飛びそうな理由で返品するケースもあるんだそうです。|)゚0゚(| ホェー!!


もちろん未開封、未使用でなくても返品可能です。(−x−;)


返品の期限以内であれば使いまくったモノでも返品できちゃうっていうから驚きですよね。(”ロ”;)


びっくりしたのはセーターを2〜3週間着て、そろそろ洗濯しないとクサくなって来たから返品なんてことをする強者もいるんですよー!!?(゚〇゚;)マ、マジ???


返品できるようにタグを取らないで着るんだそうです…。


…ってことは…。


簡単に返品できるお店では、2〜3週間着て返品された クサい服が普通に売られてる…ってことですよね? Σ(=∇=;ノノヒィッー!!


これを聞いた時には返品のポリシーのゆるいお店では あまり買い物をしない方がいいなーって思いましたよ〜。


返品ポリシーのゆるいお店ではこれは返品されたものでしょー?…っていうことが明らかにわかるものが普通に売られているんですもん。Σ( ̄⊥ ̄lll)


昔はタグがなくても、レシートがなくても返品できるお店が多かったようなんです。


そうなると返品制度を悪用する人が出てくるんですよねー。


そういう悪用するケースが多いとお店もたまったもんじゃありませんよね?


最近はレシートがなかったら返品は受け付けないお店が増えて来たそうです。


店によっては返品されたものについては、割引されて売ってるところもあるんです。


そういうお店は一度使ったものは元の価格では返品ができないのでしょうね。


そういうお店の方が安心できます。(*゚∀゚)v


それにしてもこのあまりにも簡単に返品ができる…っていうことには たまげちゃいますよねぇ〜〜〜。ヽ( ̄д ̄;)ノ


合理的かもしれないこの制度ですけど、


返品されたものを知らずに買っちゃう可能性がある…って言うのはちょっとイヤな気がしますね〜。|||(-_-;)|||


こういう返品の習慣ってアメリカだけなんでしょうかねぇ?


欧州や他の国ではどうなんでしょうか…???( ・◇・)???




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)




posted by えいと@ at 09:44| Comment(20) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。