2009年12月07日

古き良き日本を感じる〜昭和ノスタルジー


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@の「田舎モンの東京見物シリーズ」でございます〜。

 「田舎モンの東京見物シリーズ」過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
     ニホン的生活(観光 東京編)


10月中旬〜11月中旬の1ヶ月間、日本に一時帰国していたうちの3日間 えいと@夫の用事で東京に行っておりました。



前回、東京には昭和の時代を感じる場所が何カ所かあることを記事にしました。

こちら ↓ は浅草の地下街で見た「昭和」であります。
    昭和初期にタイムスリップ〜東京の下町


そしてこちら ↓ は日比谷ガード下の「昭和」であります。
    ガード下の昭和ノスタルジーな居酒屋さん



東京って日本の中心地であり大都会ですよね。


高層ビルがたくさん立ち並び、ファッションその他、何でも日本の最先端をいくのが東京であると思います。


しかし。


昔ながらの古き良き日本の面影を多く残しているのも東京なんだなぁ〜って、


今回の2泊3日の東京見物で感じちゃいました。


最先端な部分とノスタルジーな雰囲気の両面を持っている…って。


とってもステキですよね。(o^-^o)



えいと@夫は、15〜20年前(10代の頃)は関東に住んでいたので銀座周辺のことはけっこう詳しいのですが、


久しぶりに来てみて、変わった部分が多いって申しておりました。σ(゚・゚*)


でも、こういった昭和ノスタルジーな雰囲気を持つ地域が変わらずに健在であったことに対し、かなりうれしかったようです。



ところで、えいと@は 昔のポスターを見るとすごーっく興奮しちゃうんです。o(゚∇゚)o


例えば、昨日の記事のお店の天井に貼ってあった、このポスター。↓


 j-tsitamati09-6.jpg


こういう古い絵を見ると、ものすごーーーっく懐かしく感じてしまうのですよ。(´▽`)


他にはオロナミンCのコンちゃん ↓とか、


    orockoba.jpg
      (こちらから画像をお借りしました)


左上 ↑ に「巨人の星」の星飛雄馬がさりげなくいるところなんて、とってもいいですね〜。


他にはボンカレーの松山容子さん ↓とか…。


      bon.jpg
     (こちらから画像をお借りしました)


「牛肉、野菜入り!」…って!(*^m^)o=3


昔は牛肉は贅沢品だったのでしょうねぇ〜。


タンパク質をしっかりとって元気な体を!…な時代だったのでしょうね〜。


こういう看板 ↑ を目にすると、なんとも懐かしさがこみ上げてくるのです〜。(´∀`)


やはり子供の頃に感じた「日本」が残ってる…っていうのはうれしいものなんです。(*゚∀゚)*。_。)ウンウン♪


20歳前後のお若い方々にはわかんない感情かもしれませんけどね〜。



さて、こちらこちらで紹介した以外のステキな昭和を写真でUPしておきます♪


   j-ga-dosita09-1.jpg


j-ga-dosita09-3.jpg


   こちら ↑ は新橋のガード下です。


   レストランの他に古い倉庫などがありました。


j-ga-dosita09-5.jpg


   こちら ↑ も新橋のガード下です。


   屋台っぽい飲み屋さんですねー。


   こういうお店も好きだな〜。(ひとりじゃよー入らんけどね〜)


   j-ga-dosita09-4.jpg


こちら ↑ は有楽町ガード下です。


日曜日はみごとにクローズされちゃうんですね〜。平日の夜に行けば良かったなー。


お店が開いてたら、きっと楽しかったでしょうね〜。ε-(´・`)



さて! 前回の【おまけ】でお出ししたクイズですが…。


母ちゃん、reikoさん、おね太郎さん、かげさん、
yokoさん、bachama さん、どれみさん、
ひろめいさん、べりーさん、ちいさん、mucciさん。



回答をありがとうございました〜♪ ( v^-゚)Thanks♪


ちょっと難しかったですね〜。ごめりんこですー。(´ε`*)ゝ



さて! 昭和レトロを感じる、1軒のお店がポツンとあった神聖な場所とは…!



            ↓





            ↓





            ↓



   j-yasukuni09-1.jpg


じゃん! 靖国神社なのでありましたー。\(o⌒∇⌒o)/


靖国神社の敷地内にあった、この茶店(ちゃみせ)↓が、何とも昭和だったのでありますよ。


j-yasukuni09-2.jpg


まぁ、神社ですからねー。


キラキラの今風な喫茶店よりかは、こういう雰囲気のお店の方が断然しっくりきますよね。


j-yasukuni09-3.jpg


お店の中はこんな感じ ↑ です。


けっこう昭和なムードが漂ってると思いません?


靖国神社を参拝した後にこういう茶店でお茶をいただいて まったり〜するのもいいかもしれませんね〜。(=´▽`=)



実は えいと@夫妻が東京にやって来てまず訪れたのが、この「靖国神社」だったんです。


それにはある理由があるんです。


次回はその理由を交えて「靖国神社」についてを記事にしたいと思います。(*^^*)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 04:26| Comment(24) | TrackBack(0) | ニホン的生活(観光 東京編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

靖国神社にて昇殿参拝を行う


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@の「田舎モンの東京見物シリーズ」でございます〜。

 「田舎モンの東京見物シリーズ」過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
     ニホン的生活(観光 東京編)


10月中旬〜11月中旬の1ヶ月間、日本に一時帰国していたうちの3日間 えいと@夫の用事で東京に行っておりました。



前回の予告通り、今回は靖国神社を参拝したことについて書きたいと思います。


えいと@夫妻が東京に着いてまず1番に訪れた場所、それが靖国神社です。


      j-yasukuni09-1.jpg


なぜ 靖国神社に行きたかったのか…。


それには理由があります。


実はえいと@夫の父方の叔父が大東亜戦争で戦死しているからなのです。


えいと@夫の父君は大正9年生まれで、健在なら90歳になります。(えいと@夫は父君が50歳代後半に生まれた子供です)


叔父がかの戦争で亡くなったであろうことはわかっていたらしいのですが、いったいいつ、どんな風に亡くなったのかが長い間わからなかったのです。


えいと@夫の父君は、長い間 弟(えいと@夫の叔父)の消息を調べていたのですが、病気で亡くなってしまいました。(えいと@夫が7歳の頃です)


その後、えいと@夫が父親に代わり 叔父の消息を調べていたのです。


そして! 今年、ついにわかったのです!


叔父は特攻作戦で亡くなったということが…!



皆さまは桜花作戦をご存知でしょうか。


1945年(昭和20年)の 海軍中佐(戦死後大佐) 野中五郎氏を指揮官とした特攻作戦です。

 詳しくは桜花 (航空機)(Wikipedia)をご覧になってくださいね。


野中五郎中佐は最後まで桜花作戦に絶対に反対の立場であったそうです。


絶対に成功する見込みがなかった桜花特攻作戦を、国賊といわれようとも反対し続けた野中五郎中佐。


しかし戦争の時代は軍司令部の命令は絶対です。


1945年(昭和20年)3月21日に第721航空隊の陸攻(母機)18機に「桜花」15機を搭載した第一神風特別攻撃隊神雷部隊は出撃しました。


そしてアメリカ第58機動部隊の遥か手前で迎撃戦闘機に襲撃され全機撃墜され、全滅したのです。

 こちらに桜花作戦で亡くなられた方の名簿があります。


この名簿 ↑ の中にえいと@夫の叔父の名前を見つけた時は驚きと同時に安堵したと えいと@夫は申しております。


戦後64年にして叔父の消息がわかったのです。


それまで何度も えいと@夫の夢に叔父が出て来たらしいのですね。


撃墜され後ろ向きに落ちていく…そんな夢を何度もよく見たと えいと@夫は言います。


きっと成仏できなかったのでしょう。


叔父が亡くなったのは昭和20年3月21日、享年22歳です。


未来ある22歳の若者の命が散ったのです。


どんな気持ちで死んでいったのでしょう?


誰だって死にたくはないはずです。


喜んで特攻に行った兵士は誰一人いなかったと思います。


しかし時代は戦争のまっただ中。


逃げることはできない時代です。


日本を守るために戦うしかなかったのです。


自分たちが戦わなければ 家族がみんな死んでしまうかもしれないのですから…。


家族を守るため、日本の国を守るために自らの命を犠牲にしてくださったのですよ…。


みんな顔では笑って、心で泣いて出撃していったに違いありません。


それほど緊迫した時代であったのです…!


興味がある方はこちらのYou tube(1分42秒)をご覧ください。


アメリカ兵が撮影した桜花を搭載した一式陸上攻撃機が撃墜される映像 ↑が残っています。



j-yasukuni09-5.jpg


そういう理由があって、えいと@夫妻は靖国神社に参拝してまいりました。


今回、二人で昇殿参拝をしました。


j-yasukuni09-8.jpg


昇殿参拝とは神殿の中に入り、246万6千余柱の神霊に手をあわせ、神霊と共にお神酒をいただく参拝です。


参拝をしてお神酒をいただいた時、ここに眠っておられる英霊のおかげで今の平和があるんだということをひしひしと感じました。


今の平和な日本があるのは、命をはって戦ってくださったご先祖さまがおられたからなのだ…と。


感謝の気持ちを込めて 弐礼弐拍手壱礼をしてまいりました。


何だか心が洗われるような気持ちになりました。


 j-yasukuni09-12.jpg


こちら ↑ は参拝後にもらうお守り、お神酒、神菓です。


このお神酒とお守りをアメリカにもって来ました。


お正月にお神酒を二人でいただきたいと思います。



叔父が亡くなったのは桜花作戦が実行された3月21日。


おりしもえいと@夫の父君の命日と同じ日なのですねぇ。


戦後64年にしてやっと叔父の供養をすることができました。


叔父もこれで やっと安らかにあの世に行けるのではないかな…って。


そんな風に思います。



      樱花特攻 (You Tube 3分53秒)



次回は靖国神社に併設されている遊就館を見学したことについて 記事にしたいと思います。(こちら → 愛する人のために命を捧げることをご覧ください)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 03:03| Comment(26) | TrackBack(1) | ニホン的生活(観光 東京編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

愛する人のために命を捧げること


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日の記事の続編です。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    靖国神社にて昇殿参拝を行う



東京を訪れた際、えいと@夫妻は靖国神社で昇殿参拝を行い、その足で遊就館に行きました。


j-yasukuni09-10.jpg


この遊就館は、幕末維新期の動乱から大東亜戦争に至る戦没者、国事殉難者を祭神とし、戦没者や軍事関係の資料を収蔵・展示しした 靖国神社の施設です。

*遊就館内は撮影が禁じられていたので写真がありませんが、こちらのサイトで中の様子を見ることが出来ます。興味のある方はどうぞ。


遊就館には 幕末、明治維新、戊辰戦争、西南戦争、日清戦争、北清事変、日露戦争、満州事変、支那事変、大東亜戦争に至る歴史が資料とともに展示されています。


この遊就館のことを「戦争を美化する軍事施設だ」とする意見もあるようですが、


えいと@は決してそうは思いませんでした。


過去の戦争は歴史上事実であり、その資料が順序だてて残されているのです。


近代歴史の戦争を否定することは日本そのものを否定することになると思うのですが…。


皆さまはどうお考えになられますか?



さて、遊就館を見学してえいと@自身が最も心打たれたのは「大東亜戦争の兵士たちの遺書」です。


両親に、妻に、子供たちに書かれた遺書が、数多く展示されていました。


どの遺書も 愛する家族のことを思いやるものばかりでした。


「この世に生を与えてくださってありがとうございました」と両親にお礼を述べる遺書。


「子供たちのために頑張って生きぬいてください」と妻に我が子の未来を託す遺書。


「お母さんを大切にしなさい。お母さんのような女性になりなさい」と我が子にあてて書かれた遺書。



中でも「お父さんに会いたくなったら、いつでも靖国にいらっしゃい」と書かれた遺書には涙が出ました。


あぁ、やはりそうなんだ。


戦争で亡くなられた方々は愛する家族のために、家族が住むこの日本を守るために戦ったのです。


そして戦争で「死」を覚悟した兵士たちは、靖国に魂が祀られることを信じていたのです。


戦友と「靖国で会おう!」というのが合い言葉であったといいます。


靖国神社は日本人の心そのものなんですね…。




戦争は悲劇です。


人を殺すことが合法であること=戦争なのです。


誰だって人殺しなどしたくないはずです。


しかし戦争という状況は「敵を少しでも多く殺す」ことが重要なのですね。


人殺しなんていいことではないと、わかっているはずなのに戦争をし、人間が人間を殺す…!


今の時代から考えるとなんて愚かなことを…!って思うかもしれません。


しかし国が滅びてしまうかもしれない状況であれば…!


それを回避するためには戦争するしかなかったとしたら…!


もちろん軍の暴走はあったでしょうし、振り返ってみたら戦争を回避できる方法があったかもしれません。


しかし、実際に戦争が起こってしまったら、国民は戦わざるを得ないのです。


自分だけが逃げるわけにはいきません。


だって…!


戦わなければ自分の国が滅んでしまうかもしれないんですよ…?


愛する家族が皆殺しにされてしまうかもしれないんです。


先人方は「国を愛するからこそ、家族を守るために」に命をかけて戦ったのです!



今の時代で「かの戦争をした日本は悪である!」と言い切る日本人の方々に伺いたい!


今 現在 日本が戦争の真っ最中で、


自分の親が、自分の夫が、我が子が日本を守るため、愛する家族のためにに賢明に戦い、戦死した
としましょう。


後の時代に「戦争をした日本人はみんな悪だ!」などと言われたら…。


いったいどう感じますか?



悲しくはないですか?


確かに戦争は悲劇ですし、あってはならないことです。


でも、戦争の時代に生まれてしまったら戦わざるを得ないのですよ。


それを全面に否定してしまうのは…日本人としてどうなんでしょうか?



特定アジアの国では日本の首相が靖国神社に参拝しただけで毎度大騒ぎをします。


その国にはその国なりの言い分があるでしょう、


しかし靖国問題を政治的プロパガンダとして利用していることも事実です。


日本が相手にするからよけいに大騒ぎするのです。


特定アジアの国が大騒ぎをするのはその国の立場や政治的な意味があるんでしょうけどね。


ですが日本人が靖国神社参拝に反対するのは いったいどういうわけなのでしょうか。


靖国神社は戦争を思い起こさせるものであるから 参拝したくないとの声うぃ聞くことがあります。


しかし戦争も歴史の1ページなのです。


戦争の時代に生まれた先人方が賢明に 必死にその時代を生きたことは事実なのです。


戦争を否定することは 日本の歴史、日本の存在そのものを否定することにはならないでしょうか…?


確かに戦争は悲劇ですし、もう二度とあってはならないことだと思いますが、


戦争を歴史として、実際にあった事実として受け入れられないのでしょうか。


我々のご先祖さまが戦って来た歴史なのです。


否定しても歴史は消えないのですよ…。


今の平和な日本があるのは、一体誰のおかげなのか。


日本人は平和ボケをしていないでしっかり見つめる必要があると思います。



そして現政党が掲げている国立の追悼施設建設ですが。


魂が入っていない箱ものに誰が手を合わせるというのでしょうか?


靖国神社は戦没者の御霊が込められているからこそ参拝の意味があるのです。


意味のない建築物を税金で造って欲しくはないですね。


それこそ税金の無駄遣いではないでしょうか?



戦後に行われてきた歴史教育戦勝国の都合のいいように行われて来ました。


国の数だけ歴史があると言われています。


見る方向が違えば 歴史も違ってきますからね。


果たして教えられてきた歴史を鵜呑みにしたままでいいのか…。


来年は戦後65年になります。


そろそろ日本人は日本人として歴史をきちんと認識する時期に来ているのではないかなと思います。


その上でご先祖さまを敬い、今の平和があることに感謝することが大切なのではないかな…と思います。


今、こうやって生きているのは両親のおかげ、その両親は そのまた両親のおかげ。


戦前、戦時中、戦後に必死に生きて来られた先人方のおかげで 今の我々があるのではないでしょうか…?


そんな風に考えたら先人方の英霊が眠る「靖国神社」にお参りに行こう!


…と、自然に思えるのではないかなと思います。


j-yasukuni09-7.jpg



おりしも12月8日(ハワイ時間では12月7日)は真珠湾攻撃が行われた日ですね。。。


アメリカ海軍戦艦「アリゾナ」で亡くなられたアメリカの兵士の方々のために黙祷をしたいと思います…。

  パールハーバーに関してはこちら ↓ の記事をご覧ください。
    終戦の日を迎えて〜真珠湾にて戦争を振り返る


 その他の「大東亜戦争について考える」関連の過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
    自分の国を愛すること
    戦争で戦った兵士が眠る 戦争記念碑




     【おまけ】


以前もご紹介しましたが、戦争の歴史と靖国神社について わかりやすく制作されているアニメがあります。


全部で30分弱のアニメーションです。(遊就館の映写室でも放映されていました)


まだご覧になってない方は、ぜひご覧になってくださいね。↓


  誇り〜伝えよう日本のあゆみ〜 近現代史から学ぶ その1(10分)
  誇り〜伝えよう日本のあゆみ〜その2(9分58秒)
  誇り〜伝えよう日本のあゆみ〜その3(8分6秒) 




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 05:07| Comment(30) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

すき焼き すき焼き るんるんるん♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



先日をしましたぁー!\(*^▽^*)/


ここんとこ、寒くなって来ましたからねー。


アメリカに住んでても、やはり寒い時には鍋!でありますっ!(^∇^)ノ


鍋の中でもすき焼きですよっ! 好き焼きっ♪


もう〜〜〜贅沢しちゃいますっ!v(≧∇≦)v


すき焼き すき焼き るんるんるん♪ですよぉー!ヘ( ̄▽ ̄*)ノ♪♪♪



ところで、アメリカってお肉自体は値段が安くてGoodなのですけど、


薄切り肉が手に入りにくいっていう問題があるのですよね。


日本のようにスーパーやお肉屋さんで薄切りの肉は売られてないんです。


たいていブロック(塊肉)で売ってるんですよね。


で、薄くスライスして欲しいってオーダーしても5〜7ミリくらいが限界のお店が多いのです。


しかしっ! えいと@の近所にはステキなお肉屋さんがあるのですよー!


 a-nikuya.jpg


ここは薄切り肉を販売してくれるお肉屋さんなのです。


前日に依頼しておくと お肉を半冷凍させてスライスしてくれるのです。


その他にあらかじめ薄くスライスしたお肉を冷凍して売ってるのですねー。


でっ! 今回はその冷凍した薄切りのお肉を買ってみることにしました。(o ̄∇ ̄o)b


 a-sukiyaki09-2.jpg


   こんな風 ↑ に箱に入って冷凍されています。


 a-sukiyaki09-3.jpg


なかなかいい感じのお肉ではありませんか〜。部位はサーロイン ローストです。


買って来た日はカチカチに凍ってるので冷蔵庫で丸1日解凍しなきゃいけませんけどねー。


アメリカのすき焼きが日本と違うところは、お肉は安くてその他の食材が高いってことなんです。


お肉なんて、サーロインが3ポンド(1.36キログラム)で14.99ドルなんですよー。


100グラムにすると86円! 安っ!!!(゚ロ゚屮)屮 ウソッ!


それに対し、白菜はひと玉(小さいのが)350円くらいするし、(- -;)


豆腐は1丁が200円もするんだもん。(-д-;) タカイ~


で、糸こんにゃくは売ってないのでこれ ↓ で代用します。


 a-sukiyaki09-9.jpg


これ、なかなかいいですよー。豆腐のしらたきです。(^○^)b


食感は糸こんにゃくみたいな感じです。


ただ、この豆腐しらたき、一袋230円もしちゃうのですねー。


一袋150円くらいで売って欲しいですねぇ〜〜〜。230円は高いー!(´o`;


あと、すき焼きに欠かせない大事なもの…それは生卵です。(o^-^o)b


アメリカでは基本的に生卵は食べないのですね。


ゆで卵やスクランブルエッグ、オムレツなど、


必ず火を通して卵を食べるようなんです。


なので売られている卵の殻のサルモネラ菌などの処理が日本に比べてきちんとされていない場合があるのです。


州や地方によっては生食用の卵が売られてるところもあるようですが、


バッファローでは見たことがありません。


「アメリカの安い卵を生で食べても大丈夫よー!」っておっしゃる方もおられますが、


えいと@家では卵を生で食べる場合はオーガニック卵を使うようにしています。


tamago.JPG  tamago2.JPG


オーガニックの卵 1ダースで400円ですよー! 卵1個が33円!


高いよ〜…。(;´д`)ノ …でも仕方がありません。


a-sukiyakitonabe11.jpg  a-sukiyakitonabe12.jpg


こちらは白ネギの代わりになるリーク(Leek) ↑っていうお野菜です。


葉っぱの部分はちょっと固いんですけど、ネギの味がちゃんとします。


今回はキノコ類はなしですー。(高いんだもん。。。)



さて、えいと@んちのすき焼きは普通の鍋&カセットコンロでやってますー。


 a-sukiyaki09-5.jpg


     えいと@夫妻、鍋を囲むの図 ↑


 a-sukiyaki09-6.jpg


     うーん、おいしそー! (*^¬^*)


 a-sukiyaki09-7.jpg


1本だけビールを飲んじゃいましたよ〜。


またあうんですよねー。すき焼きにビールって!


それにしてもすき焼きに卵って贅沢ですよねー。( ´艸`)


え? 卵を入れるのって普通ですか?


えいと@が子供の頃って卵がとっても高価だったので、


すき焼きの時に卵が許されたのは父だけでしたよー。c(゚^ ゚ ;)


子供に卵なんて許されなかったですねぇ〜。┐(´-`)┌


あぁ〜すき焼きに卵って贅沢ぅ〜♪ (*´∇`*) …って思ってしまう えいと@なのでありましたー。



   a-sukiyaki09-1.jpg


翌日には残ったおダシで卵丼 ↑を作りましたよ。


これもおいしいんですよぉ〜〜〜。(*^▽^*)


えいと@家ではおダシの最後まで無駄にしません! d( ̄‥ ̄)=3


満足いたしましたー。(*⌒―⌒*)



やはり鍋はいいですねー。


幸せ感じちゃいますー。(*´∇`*)


皆さまは鍋の中で一番好きなのは何鍋ですか? (⌒ο⌒)b




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 08:01| Comment(24) | TrackBack(0) | お気楽クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。