2009年08月31日

また筋肉痛〜引っ越しのお手伝い & 契約について


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



あぁあ〜〜〜筋肉痛ですぅー。( ´△`)


え? また急にゴルフでもしたんでしょ?…ですって?


いえいえ、違うんですよ〜〜〜。(>_< )Ξ( >_<)


実は、昨日友人の引っ越しのお手伝いをしたのです。(・o・)b


以前の記事にも書きましたが、アメリカの引っ越しって自分でやっちゃうことが多いのです。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   アメリカのお引っ越しはとってもチープ♪ だけど…


  a-uhall2.JPG


で、こういう引っ越しの車のレンタル ↑があるのですね。(^○^)b


アメリカではおなじみのU-HAUL(ユーホール)です。


一軒家のお引っ越しをされる場合や、女性、年配者しかいない場合は引っ越しの業者に依頼されることが多いのですが、


アメリカの人たちって自分たちで引っ越しをやっちゃうことが多いのですね〜。


自分たちで引っ越しする場合、こういう引っ越し用のトラックをレンタルするのです。(*'ー'*)


えいと@もアメリカ国内で3回引っ越しをやりましたが、


ぜーんぶU-HAULを借りて 自分たちだけで引っ越しをやりました。(o^-^o)


留学生の場合、そんなに家具等は多くはないのですが


アメリカ生活が長くなって来ますとだんだん荷物が多くなっていくんですね〜。σ( ̄、 ̄=)


特に本! 院生の場合は本が多いのです。


また、その本が重いのですよ〜〜〜。('〜`;)


本を段ボールに入れる場合は小さい段ボールにしないと 持ち上がりませんよ〜〜〜。マジで。('д')b


で、昨日は1日引っ越しのお手伝いをしてきたわけですが…。


今日はしっかり筋肉痛ですぅ〜〜〜。(;´д`)


今回はにきましたよ。


っていっても普通の肩こりの部位ではなくて、


真っ正面から見て真ん前の肩です。わかります? どこか。d(^o^;)


この前 観たミュージカル、サウンド・オブ・ミュージックのプリマドンナの写真でご説明申し上げますね。


えーっとね。ここが普通の肩の部位 ↓ですよね。


    a-kata09-1.jpg


この部分が肩こりがする〜って言われる部位 ↑ですよね?


えいと@が今回筋肉痛になったのはこの部位 ↓ なんですよー。


    a-kata09-2.jpg


ここ ↑ です〜。わかりますー? d(^◇^;)


腕とのさかい目と申しましょうか。


こんな部位が痛くなったのはじめてですよ〜。.( ;・_・)


重いものを持つとこんなところが痛くなるのでしょうかねぇ? けっこうきつい筋肉痛ですよ。


他は大腿部が少し痛むくらいですかね〜。


これは重いものを持って階段を何度も往復したからでしょうね。d(゚д゚)


バッファローは低層のアパートメントが多いので、


エレベーターなどというステキなモノはないのですよ。(-Θ-:)


ひたすら階段を昇降するのです。


いい運動になりましたよー。(~∇~;)


えいと@夫は腰に来たと申しておりますね〜。


もともと腰がそんなに強くないヤツなので、重いものを運んだり立ったりかがんだり〜って言うのがこたえたようです。( ̄∇ ̄;)




     【おまけ】


今回しっかり主張するって大事なことだなぁ〜って思ったことがあります。


…というのは、引っ越し主のH君はこの引っ越しのトラックをA市にある店舗でレンタルする契約をしていました。


ところがU-HAULの車の配置の都合でB市の店舗に車をピックアップしにいくことになったそうです。


H君が引っ越す先はA市なので、A市でレンタルした方が返却等を考えると距離が近いのです。


そこでH君は予約はA市でしたのだから、マイレージはA市の店舗の往復分でOKという約束をしたんだそうです。


このマイレージというのは引っ越しするのにかかった走行距離のことです。


このU-HAULのレンタルは 車本体のレンタル料金+マイレージ(走行距離)+保険+TAXで料金が決まる仕組みになっています。


近場で引っ越しすればする程走行距離が短くなるので価格が安くなるのです。


A市の店舗の往復の方がB市より近かったのですね〜。


A市の店舗に車がないのはU-HAULの都合だからB市で借りたけれどA市のマイレージにしてもらったということなんですね。


しかし。


当日、そんな決まりはないと言われてしまったようなのですね〜。


つまりB市の店舗の車をレンタルするのだからB市までのマイレージがかかるって言われてしまったそうなんですね。


その差は40ドルもするそうです。大きいですよね!


いったんOKをもらってるのに人が変わると言うことが違う!


こういうことってアメリカではよくあることなんですよ。(-д-;)


そこで!


H君の彼女が交渉を始めたのですよ〜!


もうすばらしかったですね! あー言えばこういう! 聞き惚れちゃいました〜っ!(´∀`) ウットリ


あぁ〜えいと@も英語で言いあいをしてみたい〜って思っちゃいましたよ。


無理ですがね…。(=^‥^A


こういう時は男より女の方が交渉がうまい…っていうか口が立つってことでしょうかねぇ? (*^m^*)


で、結局A市からのマイレージでOKということで話がついたのです。


言ってみるもんですね〜。


主張しなきゃダメってことですよね。d(゚д゚)(。_。)ウン!



こういう引っ越しのトラックをレンタルするのも契約です。


契約がノーマルであってもなくても口約束ではダメなのです。


必ず書面に残す、変更等をした場合は担当した人の名前を聞いておくべきですね。


今回はオンラインの契約だったので、書面に残ってなかったし、担当の名前も聞いておかなかったそうなんですね。


なのでけっこう交渉に時間がかかってしまいました。



以前、えいと@夫妻が経験したアラスカでの悲しい出来事の時にも痛烈に感じましたよ。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   デナリでの悲しい出来事
   誰が一番悪いのか? 悲しい出来事を検証する


契約の変更、イレギュラーな契約の場合は必ず書面に残す!


契約をする時の鉄則だなぁ〜と今回も思った次第です。


皆さまもお気をつけ下さいまし〜。( ̄Λ ̄)b




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 14:46| Comment(19) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(引っ越し編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。