2009年06月01日

BBQグリルがファイアー! & つらい〜二日酔い


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



昨日、えいと@夫の友人がえいと@んちに来ましてねー。


用事があって来たんですけど、その後、えいと@んちで夕ご飯を一緒に食べよう〜♪…って話になりまして。


BBQをいたしました〜!(*゚▽゚)ノ


そう! あのBBQで焼く 牛ミンチ100%のハンバーガーですぅ〜。(=^▽^=)ノ

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    手作りでお店以上のおいしさ! 手作りハンバーガー!


 a-hnbaga09-1.jpg


これこれ! これ ↑ ですよぉー!(≧∇≦)b


このBBQグリルで焼くハンバーガーがお店で食べる以上においしかったので、


友人にも味わってもらおう〜♪…って思い、作りましたー。


友人もかな〜り満足してくれてましたよ。 (*゚▽゚*)v


彼は日本風のタマネギのみじん切り等が入ったハンバーグよりビーフ100%の方が好き♪と言っておりました。


皆さまはいかがですか? d(゚ー゚)


アメリカ〜ンなビーフ100%のハンバーグか、


それとも玉ねぎのみじん切りや豆腐などが入った和風ハンバーグか、


どちらがお好みでしょうか? (⌒o⌒)b


えいと@はどっちも好きですねぇ〜。


日本のハンバーグはふわっとやわらかくておいしいですしね♪ (=´▽`=)


でも、手軽に作れるのはアメリカ〜ンのビーフ100%ハンバーグですね!


マジで簡単♪ しかも失敗なし♪ v(*⌒▽⌒*)v



ところで…。


BBQの後片付けの時に、こんなになっちゃいましたよー。



            ↓





            ↓





            ↓




 a-fire09-1.jpg


じゃん! ファイアー!でありますー!(@Д@;


何でこんなことになっちゃったのでしょうかね??? (゚_゚i)タラー


グリルの中に落ちた油のせいでしょうか?


ガス式のBBQグリルをお持ちの方、こんな風になっちゃうことってありますか〜?


分解して中を掃除した方がいいのかなぁ〜。(〃゚д゚;A 




    【おまけ】


ヒトが来ると飲んでしまう えいと@…。(^o^;)


昨日もビールを飲みながら夜中の2時までおしゃべりをいたしまして…。


今日はしっかり二日酔い〜〜〜でございますー。(._+;)


毎度のことですが二日酔いは辛いですねぇー。(-д-;)


わかっちゃいるんですけどねぇ。飲んじゃいます。(~∇~;)


ビールを飲みながらおしゃべりするって楽しいですもんね。


あぁあ〜〜〜。しんどー。(;´д`)


今日は1日グロッキーな えいと@でございました〜。(x_x)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 12:38| Comment(19) | TrackBack(0) | お気楽 飲み会編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

すくすく♪グリーンたち & 元気がないゼラニウム (T-T)


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



ここんとこ気温がいまいち上昇しない バッファローでございます。


5月の最終月曜日のメモリアルデーまでは毎日快晴で 気温も高かったのですが。


今週に入ってからというものの涼しいんです。


ちょっと寒いくらいな時もあります。((´д`))


ま、さすがに雪が降ったりすることはないんですけどね。


最低気温が摂氏で一桁(3度〜6度)になることもあって霜がおりる日もあるようです。


本日の最高気温が摂氏15度ですー。


去年の記事を見ると、今の時期は摂氏35度くらいに上昇してるんですけどー。


同じ6月でもその年によって気温がぜんぜん違うのねー。


ま、あんまり暑いのも困りますけどねー。(;^_^A




さて。


先日えいと@家にやって来た グリーンでございますが。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   ガーデニングの季節がやって来た!
   殺風景な部屋がお花で華やかに〜♪
   また買っちゃった〜♪ 癒しのグリーン
   誰か止めて〜〜〜っ!<(""0"")>どんどん増えていくグリーンたち♪


ホントにひとつ買っちゃうとどんどん増えていくのでございますー。


まるで栓がポーンって抜けちゃった水道管のようですな。(^o^;)


でもっ!


えいと@んちはアパートメント!


これ以上増えるとどーしようもなくなっちゃうので我慢の子でございます。 d( ̄‥ ̄)=3



で、えいと@んちのグリーンちゃん。


成長が見られるのですよー。(´ ▽`)


    a-den09-8.jpg


このトロピックスノーちゃん ↑ですけどね。


 a-den09-4.jpg


見て見て〜〜〜っ。


真ん中から新しい葉っぱが出て来ましたよ〜。y(^ー^)y


 a-hana09-30.jpg


こちら ↑ はえいと@家にやって来た日の状態です。


   a-den09-5.jpg


こんな風 ↑ に新芽がくるくるとらせん状に出て来るんですねー。


かわいぃ〜っ♪ o(≧∇≦o)三(o≧∇≦)o 


 a-den09-7.jpg


ここから ↑ も新芽がにょき〜って出て来てます〜♪


生きてるんですねー。(´∀`)



 a-den09-10.jpg


こちら ↑ の多肉ちゃんも元気ですー。(≡^∇^≡)b


左のメンドリ & ヒヨコちゃん ↑の大きさは変化なしですね。


成長が遅いのかな。その方がいいですけどね。


相変わらずかわいいわぁ〜♪ (´▽`*)


このまんまの形でいて欲しい気がしますー。


ところで、右の黄麗(おうれい)ちゃん ↑ですけど。


これってもしかして徒長しちゃってます? (゚ペ)???


こういうひょろ〜とした状態で売られてたんですけど…。


本来はもっと背が低い状態でなきゃいけないのかしら? (・・∂) ???


ホームセンターの室内に置かれてたから日照不足気味だったのかもしれませんね。(-_-)ウーム



 a-den09-9.jpg


えいと@んちのリビングの2段ボックスの上がと〜ってもにぎやかになりました♪ ( ´艸`)


一番右のミリオンバンブー ↑は、


以前、前に住んでいたアパートメントのゴミ捨て場に捨てられてたのを えいと@夫が拾って来たんですねぇ。


生きてるのに捨てるなんて…かわいそすぎません??? (T^T)


えいと@んちに来てから元気いっぱい! ガンガン大きくなってます♪ (;∇;) ヨカッタ~



しかし…。しかしです。。。


こちら ↓ だけが少し元気がないのですよ〜〜〜。(ノ_・。)


  a-den09-3.jpg


  ゼラニウムちゃん ↑です。


 a-den09-1.jpg


こんな風 ↑ に花の色がうすいのがあるんですよ。


ね? ちょっと花びらが白っぽいでしょー?


で、蕾のまま咲かないまま枯れてしまう花もあるんですよ〜〜〜。(*/□\*) シクシク


 a-den09-12.jpg


これが現在のゼラニウムちゃんの姿 ↑です。


花や葉はどんどん増えているんですけど、


右側が元気がない感じがしません? (´_`。)


もしかして肥料が足らないのかしら…って思って、これ ↓ を買って来たんです。


   a-den09-11.jpg


置き肥です。顆粒状の。


花を咲かすってけっこう肥料を必要としますよね?


このShake'n Feedってのを少し土の上の部分にパラパラとまいてみました。


お水は控えめにしてるんですけどね〜。c(゚^ ゚ ;)


うーん、元気になってくれるかなぁ〜。 (Θ_Θ;)


やっぱり花は難しい!


丈夫で頑丈な ゼラニウムちゃんが枯れちゃったら…。


悲しすぎます〜〜〜。ε=ε=ε=(ノTдT)ノ


どなたかアドバイスを! Give me〜っ! m(。≧Д≦。)m




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 10:14| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(グリーン編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

脱獄不可能な牢獄! アルカトラズ島


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



久々に えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪


これはえいと@夫の今年1月にサンフランシスコで行われた学会に えいと@がくっついていった時の旅行記です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    サンフランシスコ旅行記 (2009年1月2日〜9日)目次



今回から3回に渡りサンフランシスコにある牢獄をお送りしたいと思います。


サンフランシスコにある牢獄とは…!


それは脱獄が不可能であった牢獄なんですねー。(@o@;)


いったいどんな牢獄なのでしょうか!



            ↓





            ↓





            ↓




a-SFalka09-1.jpg


じゃん! アルカトラズ島でございますー。(*゚▽゚)ノ


行かれた方もおられるんじゃないでしょうか。


SFでは大人気の観光地ですからねぇ。


えいと@夫妻がサンフランシスコに行ったのは1月のはじめで、まだオフシーズンだったので、


事前の予約なしでもOKでした。(*゚v゚*)


 a-SFalka09-9.jpg


ピア33にチケットブース ↑があるので、ここでその日のチケットを購入できます。


しかしっ!


観光客があふれるオンシーズンは、いきなりチケットブースに行ってもまずチケットは買えませんよ! ( ̄o ̄)b


すごい先まで予約がいっぱいだそうですから、


夏に行かれる方は旅行の計画をたてたらはやめにウェブサイトで予約をした方がいいですヨン。

 ウェブサイトはこちら → アルカトラズクルーズ.com



さて。


サンフランシスコは霧の街っていわれますよね。


えいと@夫妻がアルカトラズ島に行った時はすごーっくいいお天気だったけど霧がかかってたんですねー。


a-SFalka09-1.jpg


このアルカトラズ島の全体像も くすんだように見えますよね〜。


こんなにいいお天気でもが出るんですねぇ〜。σ(゚・゚*)


a-SFalka09-2.jpg


アルカトラズ島へは専用のフェリー ↑ で片道15分です。


a-SFalka09-3.jpg


これ ↑ は えいと@夫妻が帰る時にすれ違った、これからアルカトラズ島に行くフェリーです。


けっこうたくさんの人が乗ってますよね〜。


1月上旬のオフシーズンでも、これだけの人が行くんですから、すごいですよー!('д')b


えいと@夫妻は午前中のはやい時間のフェリーで行ったので、まだそんなに混み混みではなかったですが、


遅い時間になればなるほどどんどん人が多くなります。


なのでできるだけ午前中のはやい時間に行かれる方がいいと思いますよん。 d(゚д゚)


a-SFalka09-7.jpg


SFの陸地から船で15分の距離にある牢獄、アルカトラズ島。


a-SFalka09-6.jpg


この島の周辺は潮流がかなり速く、泳いで渡ろうとしても流されてしまったり溺れてしまうことがほとんどだそうで。


たとえ牢獄から脱出できたとしても 島からの脱出は不可能とされたようです。


で、矯正不可能とみなされた者が主に服役させられたそうなんですねー。



ところで、脱獄不可能とされる監獄を脱獄する映画がありましたよね。


       


この二つのDVD ↑ を見てからアルカトラズ島に行くと、よりいっそう楽しめるようですよ。(*゚∀゚)b


   a-SFalka09-5.jpg


青い空! 青い海! (*´∇`*)


そして軍艦のような形をしたアルカトラズ島!(⌒ο⌒)b



次回はいよいよアルカトラズ島に上陸し、牢獄の中に入って行きます。(^▽^)/


ぜひ! 見にお越し下さいまし〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年06月04日

極悪罪人が投獄された牢獄内部を見る!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪


これはえいと@夫の今年1月にサンフランシスコで行われた学会に えいと@がくっついていった時の旅行記です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    サンフランシスコ旅行記 (2009年1月2日〜9日)目次



昨日の記事の続編です。


サンフランシスコにある 脱獄が不可能であった牢獄をお送りしております。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    脱獄不可能な牢獄! アルカトラズ島


a-SFalka09-1.jpg


この島の周辺は潮流がかなり速く、泳いで渡ろうとしても流されてしまったり溺れてしまうことがほとんどだそうで。


たとえ牢獄から脱出できたとしても 島からの生きて脱出することは不可能といわれた牢獄であったようです。



さて。


この牢獄はカセットテープを聞きながら見学ができます。(料金に含まれています)


英語以外、もちろん日本語のテープもあったので、英語が苦手な えいと@もOK〜♪ (*^o^*)~♪



 a-SFalka09-27.jpg


こんな風 ↑ にヘッドホンをつけてテープの誘導にしたがって歩いて見学いたします。


a-SFalka09-14.jpg


囚人の部屋はそれぞれが個室になっていて3階建てになっていました。


a-SFalka09-11.jpg


窓にはもちろん鉄格子がはまっていますが、


昼間は光が差し込んでかなり室内はかなり明るかったみたいですね。


でも夜は電気が少ないため、かなり暗かったようであります。


   a-SFalka09-20.jpg


各自の部屋にはベッド、洗面所、トイレがあります。


トイレなんか丸見え状態ですよ。


向かい合わせの部屋もあるし、看守が見回りに来るため、


プライバシーなんてまるでなし!ですね。


   a-SFalka09-27.jpg


廊下から独房の中を見るとこのような感じ ↑ です。


   a-SFalka09-16.jpg


そして、独房の中から廊下を見るとこんな感じ ↑ です。



 a-SFalka09-18.jpg


こちら ↑ は懲罰房です。


何か問題を起こした時に入れられる部屋のようですね。


ドアを閉められると、小窓も閉められてしまうので中は真っ暗です。


24時間、暗闇の中で反省をしなければならないんでしょうね。


        


こちら ↑ の映画の中で、囚人のひとりと争いになって(主人公が襲われそうになって)反撃してケンカになっちゃったために懲罰房に入れられる…ってシーンがあるんですが…。


こんな真っ暗な部屋で24時間を過ごす…って、かなりきつい懲罰だと思いますねぇ。


食事も丸1日抜かれちゃいますし、トイレも…ね。垂れ流しですから…。



トラブルを起こしたり囚人同士で争いごとなどをすると懲罰房に入れられちゃいますが、


模範囚にとっては、けっこう住めば都であったようですよ。


模範囚は趣味や娯楽を各自の部屋に持ち込むことが許可されていたんです。


   a-SFalka09-21.jpg


こちら ↑ は絵画です。


油絵などを描いて楽しんでいた様子が伺えます。


   a-SFalka09-17.jpg


こちら ↑ は楽器、ギターですね。


そして雑誌やマガジンなどを読むこともできたようです。


こんな風 ↑ に模範囚は趣味を楽しむことができたんですねー。


他には模範囚はスポーツも許可されていたようです。


 a-SFalka09-28.jpg


野球 ↑が人気のスポーツであったようですよ。



しかし、ここアルカトラズ島に送られてくる囚人は、


殺人犯などの凶悪犯や、何度も脱獄を繰り返す囚人であるので、


手紙を出したり 面会をするのにはきびしい制限があったようです。


a-SFalka09-19.jpg


こちら ↑ は面会室です。


面会時はガラス越し、会話は電話で行うようになっていたようです。


もちろん、その会話は看守にしっかり聞かれています。


脱獄に関する会話がなされていないかどうかのチェックがされていたようですよ。


手紙の内容もチェックされていたようです。


やはり囚人には自由は認められていなかったのですねぇ。



そんな厳しいチェックがあっても脱獄を企てる囚人が出てくるのです!


ちょっと長くなってしまうので脱獄については次回の記事にすることにいたしますねー。



さて! ここでクイズです!(*゚▽゚)ノ


脱獄に成功した囚人は、いったい何を使って脱獄したでしょうか?


脱獄に使われた道具は何でしょうか!(⌒ο⌒)b


おわかりになりますか?


皆さんが普段、お使いになってるものですよー。d(゚∇゚)


映画「アルカトラズからの脱出」をご覧になった方はご存知ですよね〜♪


これかな〜って思われたものを コメントに書いてくださいまし〜。(o⌒∇⌒o)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年06月05日

不可能を可能にした男たち アルカトラズ脱獄Story


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪


これはえいと@夫の今年1月にサンフランシスコで行われた学会に えいと@がくっついていった時の旅行記です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    サンフランシスコ旅行記 (2009年1月2日〜9日)目次



昨日の記事の続編です。


サンフランシスコにある 脱獄が不可能であった牢獄をお送りしております。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    脱獄不可能な牢獄! アルカトラズ島
    極悪罪人が投獄された牢獄内部を見る!


   a-SFalka09-5.jpg

   
この島の周辺は潮流がかなり速く、泳いで渡ろうとしても流されてしまったり溺れてしまうことがほとんどだそうで。


たとえ牢獄から脱出できたとしても 島からの生きて脱出することは不可能といわれた牢獄であったようです。



さて。


今回は脱獄についてです。


模範囚になれば趣味も許され、スポーツもでき、住めば都であった獄中生活ではありますが、


起床、就寝時間は決められ、労働を課せられるという窮屈さから逃れることはできません。


しかも看守には見張られているし、プライバシーや自由がまったくない生活なのですね。


ここは男性ばかりの牢獄であり、若い囚人は欲求不満に陥ることもあったでしょう。


このアルカトラズ島は、大都市サンフランシスコにほど近い場所に位置します。


   a-SFalka09-31.jpg


アルカトラズ島からサンフランシスコの街が このように見えるんですね〜。


窮屈な獄中生活をしている囚人にとって サンフランシスコは夢の街に感じていたことでしょう。


脱獄を考える囚人が出て来てもおかしくはありません。


かつて脱獄を試みた囚人がいたらしいのですが、


ほとんどは射殺されたり、溺れたりで失敗に終わっています。


それだけアルカトラズは脱獄が難しい条件がそろった牢獄であったんですね。



そんな中何人かの囚人が脱獄を企て、


その中の3名が1962年に脱獄に成功した
といわれています。


しかし、どうやって脱獄したのか…。


いくら部屋の中に趣味の道具を持ち込めるとはいえ、


囚人が自由に何でも持ち込めるというわけではなかったのです。



まず、彼らは看守に怪しまれないように普段は優秀な模範囚に徹することから始めます。


模範囚の中でも特に行いが良い囚人は、看守のチェックも甘くなりますし、


危険物を扱う作業所での労働ができるようになります。


独房の裏側は通気口、配水管などのスペースになっているのですが、


その場所の清掃係をまかされるようになったんですね。


これは脱獄するためのルートを調べる絶好のチャンスでした。


そして!


脱獄に使用された道具ですが。


昨日の記事でクイズに答えていただいた方々!

おね太郎さん、べりーさん、コメットさん、母ちゃん、ba-chamaさん、
もやこさん、E店長さん、ひろめいさん、ももんがさん、チャチャ丸さん、
もみじ饅頭さん、reeさん、たまてんさん、ミントさん、moiさん、ちびか〜ちゃん。



ありがとうございました〜♪


皆さん! するどい!


そうなんです! 普段 我々もよく使うあれなんでですよねー。



            ↓





            ↓





            ↓



  a-SFalka09-40.jpg


じゃん! スプーンでしたー!


フォークやナイフ、バターナイフってお答えくださった方もおられましたが、


実は、この刑務所は食事はスプーンのみしか使えなかったんだそうです。


ナイフやフォークはケンカした時の武器になっちゃいますからね。


メニューはパスタが多かったようですが、


パスタをスプーンで食べるシーンが 映画「アルカトラズからの脱出」にも出てきましたよ。


食堂の備品(スプーン)を食堂から持ち出すことはできなかったはずですが、


頭のいい脱獄囚は うまいことちょろまかして持ち出したんでしょうね。


a-SFalka09-26.jpg


彼ら ↑ が脱獄に成功したと言われている3人です。


この3人はIQがかなり高かったそうですよ。


でっ! こちらが脱獄に成功した囚人の部屋 ↓です。


   a-SFalka09-24.jpg


すごいですねー。しっかりと穴が掘られていますよ。


   a-SFalka09-25.jpg


この壁の下の部分はすこしコンクリートがやわらかくなっていたそうです。


脱獄囚たちはスプーンで地道に壁を掘っていったのでしょうね。


   a-SFalka09-23.jpg


そして、こちらが独房の裏の通気口 ↑です。


ここの掃除担当であった脱獄犯は、脱獄のルートを容易に探すことができたでしょうし、


脱獄のための道具を隠すこともできました。


他に使った道具は、昨日のコメントでたまてんさんが、完璧な回答を書いてくださいました。


・壁を掘るのにはスプーン

・ダミーの頭を作るのと壁の穴をカモフラージュするのに紙や粘土、油絵の具

・ゴムボート作製にレインコート(のようなもの)



これらの道具 ↑ も模範囚を装うことで巧みに準備をしていったんです。


21時に点呼をし消灯をした後は看守の見回りはあるのですが、


朝の起床時間までは看守は囚人の頭数しか数えないことを知っていたわけです。


そこでダミーの人形の頭部を作成し身代わりにベッドに寝かせていたのです。


その人形の髪の毛は散髪所の掃除で集めたらしいんですね。


かなり功名に、そして綿密に計画が練られていたことが伺えます。



そしてアルカトラズ島の周辺は潮流がかなり速く、泳いで渡ろうとしても流されてしまったり溺れてしまうことを知っていた脱獄囚は、


レインコートを使ってゴムボートのようなものを作成し、


溺れないようにしっかりとつかまって泳いで行ったと考えられています。



この3人が脱獄に本当に成功したかどうかははっきりとはわかりません。


しかし死体が発見されなかったこと、脱獄の1ヶ月後に脱獄犯からFBIに手紙が送られたことから、


脱獄に成功したのではないかといわれています。


しかし、時効が成立した現在でも姿を現さないことから、


脱獄は成功しなかった=死亡してどこかに流されてしまったのかもしれませんね。


ミステリーであります。



この3人が脱獄したのは1962年の6月11日です。


その翌年の1963年の3月21日に連邦刑務所は閉鎖されています。


この閉鎖は この刑務所を運営するコストがかかりすぎたことが一番の理由だそうですが、


脱獄が不可能だといわれたアルカトラズで、脱獄に成功した人間が出たことも理由のひとつであったのかもしれませんね。




    【おまけ】


今回記事にしたことを知った上で、映画「アルカトラズからの脱出」を観ると、さらに楽しめるんじゃないかなと思います。


        


そして、こちら ↓ も面白かったですよ!(You Tube 1〜5話 各10分)

 「The True Story: Escape from Alcatraz」

   
アルカトラズからの脱獄がどのように行われたのかの検証をしてるんですね。


英語のVTRで日本語の字幕がないんですけど、映画「アルカトラズからの脱出」を観たことがある方は、字幕なしでも楽しめると思いますよ〜。


お時間がある方はご覧になってみてくださいね〜。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。