2009年04月06日

自分の国を愛すること


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



昨日、日本の5日の午前11時半頃に北朝鮮の弾道ミサイル(人工衛星)が打ち上げられましたが。


その後の日本はどんな様子でしょうか。


インターネットニュースでは、

  北朝鮮は「衛星が軌道に」
  何も軌道に入らず=北の打ち上げ失敗か−米防衛司令部

など、成功したのか失敗したのか、テポドンなのか衛星なのか…わけわかりませんが。


とにかく、北朝鮮は打ってしまいました。


日本政府そして日本人はこの事実を絶対にうやむやにしてはいけないと思います。


日本人の傾向としてのど元過ぎれば熱さ忘れる…って部分があるので ちょこっと心配です。


今回過ぎ去ったこととして忘れるなんてことがないようにお願いしますよ!


今回は北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、


日米両国は英仏などと連携し 対北朝鮮非難の決議案を国連安保理に早期に共同提案する方針
(北朝鮮ミサイル:早期に非難決議案…日米英仏)


…ということなので、少し進展があるかなとは思いますが…。



ところで。


日本はもっと強い意志声明を出すべき!! そして、若者達は、もっと自分の国に関心を持つべき!!(By reeさん


というコメントを昨日の記事でいただきました。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね。
    自国を守れ! 日本の国防を考える


ホントにそうですね。


日本の若者はもっと自国に関心を持って欲しい!と思います。


なぜ自国に関心がない日本人がいるのでしょう?


関心がない=日本がどうなってもいい…ってことでしょうか?


日本がどうなってもいい=日本のことが好きではないということなのかもしれません。


皆が皆そう思ってるわけではないでしょうけれど。


なぜ日本のことが好きじゃないって思う人がいるんでしょうか?



一時愛国心を持とうって叫ばれた時期がありましたね。


安倍元総理の時代でしたか。


教育現場で子供に愛国心を教えようって言われました。


なぜ愛国心を教えなければいけないなんて話になったのでしょうね?


自分の国がいい国だと思えば愛国心は教えなくても自然とわいてくるものなんじゃないでしょうか。


わざわざ教育しないといけない…って話が出たことは、


きっと日本人には愛国精神が乏しいと判断されたからでしょう。


なぜ日本人には愛国精神が乏しいのでしょう。


それは教育の賜物ではないかと考えています。


実は、私自身社会人になってからかなり教育をされました。


反戦、人権問題を重視する職場であったわけです。


若かったせいか、すっかり洗脳されてしまいましたよ。


昨日紹介したたかじんのそこまで言って委員会! 90分まるごと「国防スペシャル」のはじめの方で、


20代前半の若者がそろって日本は侵略国家で悪いことをしてきたと答えています。


この若者たち ↑ と同じ感じでしたね。いや、もっとひどかったかもしれません。


日本は悪い国だった=日本は反省すべき国=日本は尊敬できない国=好きになれない国


…という構図が出来上がっていましたからね。


その後、その職場を去った後に 色んな人の話を聞き、本を読み、


その職場で教育されて来たことのほとんどが事実ではなかったことを知ったのです。


偏った教育って恐ろしいと感じました。



確かに日本はアジア諸国を植民地にし韓国を併合しました。


それが侵略行為であると非難されていますが、あの時代は全世界がそういう流れではなかったですか?


侵略行為を行ったのは、日本だけではありません。


イギリス、フランス、スペイン、オランダなどの西欧諸国は日本よりずっと早くから アジアやアフリカの諸国を支配しています。


なぜ日本だけが非難されるのでしょうか。


戦争に負けたから? 敗戦国はすべてに関して悪者にならないといけないのでしょうか?


戦後、日本は敗戦国のレッテルを貼られ 他国に遠慮した外交をしてきました。


もう戦後60年以上が経過しています。


そろそろ遠慮の外交を卒業して日本のために、日本国民のために主張する外交・政治を行って欲しいものです。



日本は戦前、戦中 アジア諸国の中で唯一欧米諸国と同様の政策をとって来ました。


日本だけが「その歴史が悪の根源である」という考えを持っているんです。


日本人の心の奥に潜んでいる自虐史観が「日本を愛する心」を押さえつけているように感じます。

 自虐史観についてはこちらのサイトをご覧ください。


今の時代の道徳観、正義感で、あの時代の善し悪しを語るのは間違っていると思います。


どんな国の歴史にもいい部分、悪い部分があります。


それを認めた上で自分の国を愛し 守っていこうとする心を持つことが大切なんじゃないでしょうか。


教えられて来たことを鵜呑みにするのではなく 真実を学ぶことが必要であると考えます。



    【おまけ】


今日もYou Tube ↓ の紹介です。お時間がある方は見てくださいね〜。


  You Tube テキサス親父が喝!日本の誇りと愛国心(4分)



    【追記】


前回、今回と難しいテーマの記事にもかかわらず 多くの方のコメントをいただいたこと、感謝いたします。


皆さまがこの件に関してきちんとご自分の考えを持っておられることを知り、うれしく感じました。


すばらしいご意見がたくさんありました。


そしてコメントのお返事として書かせていただいたことは、今回及び前回の記事の本文には書ききれなかった えいと@の考えを書いています。


お時間がある方はぜひ! 4月5日及び6日の記事のコメント欄 ↓ をご覧になっていただきたいと思います。


ほんの5〜6年前まではタブーとされていた話題も、少しずつ表現できるようになってきたことは喜ばしいことです。


インターネット状にもたくさんの情報が流れるようになりました。


ただ、気をつけないといけないのは、どの知識が正しくて、どの知識が誤ってるのかをしっかりと見極める必要があるということです。


少しでも多くの日本人が日本を正しく理解して日本を大切に思う気持ちを持ってくれたらいいなと思います。


我々日本人が自分の国を守らなくて 誰が、どこの国が守るというのでしょうか。


日本は我々 日本人にとって大切な故郷(ふるさと)なのですから…。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 09:46| Comment(49) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

さようなら〜ナイアガラの滝 冬景色


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



日本は桜がきれいに咲いているそうですね。


素敵でしょうね〜。(*´∇`*)


青い空にピンクの桜の花ってすごっく美しいんですよね〜。


もう暖かくなって来てるのかなぁ〜。いいですねー。春♪ (*⌒―⌒*)


なのに…。


なのに…。


なんとバッファローは雪が降っていますよぉーっ! w(゚ロ゚;)w オォー


ですよっ! もう4月だっていうのに!ヽ( ̄д ̄;)ノ


夕方までだったんですけどね。


日が暮れてからになって、今は吹雪いておりますよ。( ̄ェ ̄;)


気温も氷点下に逆戻りでありますぅー。


あぁ さむ〜ぃ。(((p(>◇<)q)))


バッファローの春はいつ来るのでしょうか。


4月の末でしょうか? 5月の初めでしょうか?


まだもうちょっと先のようであります〜。(*´ο`*)=3




さて。


今回は久々にナイアガラの滝の写真でありますー。(*゚▽゚*)ノ


まだ雪が残る美しいナイアガラの滝をお楽しみくださいまし〜♪


a-Ntakit09-2.jpg


   a-Ntakit09-4.jpg


a-Ntakit09-8.jpg


a-Ntakit09-3.jpg


   a-Ntakit09-1.jpg



いかがでしたか〜? 


やっぱいいですねー。ナイアガラの滝! (*^^*)


この写真 ↑ は2月中旬の時のものです。


この冬ははやい時期から寒くなり、雪の量が多く、駆け足で冬が去っていった感じです。


バッファローの厳しい冬は、多分今日の雪でおしまいでしょう。


寒いけどすばらしい冬景色を見せてくれるバッファロー近郊が えいと@はとっても気に入っています。(=´▽`=)


また来年の1月頃までお預けであります〜。


さようなら〜! 凍り付いたナイアガラの滝! (T_T)ノ〜〜〜




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 11:21| Comment(37) | TrackBack(0) | お気楽写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

雪国 再び 


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



昨日4月なのに雪が降った〜!って記事を書きました。

 昨日の記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    さようなら〜ナイアガラの滝 冬景色


さて。夕べ、寝ている時のことです。


久々に聞きましたよ。


雪かき車の音を…。( ̄ー ̄;)


雪をかくガーッって音を聞きながら寝ておりました。(-.-)Zzz・・・


早朝からお疲れさまでございますー。


もう雪かきの仕事は終了〜♪って思ってたかもしれませんのにねぇ〜。ヾ(^-^;)



それにしても。


まさか4月の2週目でこんなに雪が降るとは思いませんでしたねぇ〜。(-_-)ウーム


もちろんアメリカの北国ですから4月に雪が降ることはあるんですけどね。


しかし、ここ最近アメリカの北国バッファローも春らんまん〜♪な陽気になっていましたから。


で。


夕べから半日で えいと@んちのベランダはこのありさまになっちゃったのででございます。



          ↓





          ↓





          ↓



 a-saisnow09-1.jpg


じゃん! BBQグリルの上に雪がてんこ盛り〜♪状態ですっ! 拝|゚Д゚|pワオォ!!


昨日、日が暮れてから降り出したですが。


夜になってガンガン降り始め、吹雪になってしまいまして。(; ゚ ロ゚)b


気温もしっかり氷点下! w( ̄Д ̄;)w


寒うございますぅー。(((=_=)))ブルブル


今年は春が早く来た〜♪…って喜んでいたのになぁ。((´д`))


 a-saisnow09-2.jpg


えいと@んちのベランダの真ん前にある木です。↑


せっかく新芽が出ていたのに…。


この寒さでひっこんじゃいますねぇ〜。(・Θ・;)


 a-saisnow09-3.jpg


おぉおー! 寒そうですね〜〜〜。


マジで冬に逆戻り〜でございますぅー。彡(-_-;)彡ヒュ〜


 a-saisnow09-4.jpg


これ ↑ は えいと@のアパートメントのゴミステーションなんですけど。


氷柱(つらら)ができちゃってましたよー!


たった一晩で! w( ̄▽ ̄;)w


でね。この氷柱ですが。


 a-saisnow09-5.jpg


斜めに氷柱ができているんですねー! (*^m^*)=3


夕べはすごーっく強風だったので氷柱が斜めになっちゃったんですね。



今日、ちょっと出かけたんですけど。


何だかとっても疲れちゃいましたよー。(*´ο`*)=3


寒いと体力を使うのでしょうか?


え?


単に運動不足じゃないの? (¬o¬)b …ですって?


まぁ、そうとも言いますかね。(^▽^;)




    【おまけ】


今日、こんなものを買いました。(=^▽^=)



        ↓





        ↓





        ↓



   a-saisnow09-6.jpg


これ ↑ なんですよー。ガーリックチップなんですがね。


これね、160グラム入ってて2.99ドルなんですよ。


安いですよね?


けっこう大きな瓶なんですよ。高さが18センチあるんですー。


これもパスタにいれたらいい感じになるかなーって思います。(*゚v゚*)b


で。


瓶がかわいい〜♪…って思いません? (⌒ο⌒)b


昔ながらの素朴な瓶に入ったガーリックチップ♪でございましたー。(´▽`)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 11:57| Comment(38) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

現代と19世紀が入り交じった街 アラモスクエア


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



久々に えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 サンフランシスコ 編)



今回は現代と19世紀が入り交じった街についてであります。


高級住宅街である丘の一角にある芝生が敷き詰められた広場があります。


そこから目前に広がるパステルカラーが印象的な7つのビクトリアンハウスがあるのです。


その美しい街、そこはアラモスクエアと言われる場所です!



          ↓





          ↓





          ↓


a-SFaramo09-4.jpg


じゃん! この建物 ↑がそうですー。(^▽^)/


19世紀に主流であったビクトリアンハウスが一部こうして残っているのですね。


何とも美しい建物であります。(*´∇`*)


ここはアメリカのドラマ「フルハウス」の舞台になった場所でもあるそうですよ。


a-SFaramo09-2.jpg


ちょっと視線を遠くに向けるとサンフランシスコの都心部を臨むことが出来ます。


素敵じゃあ〜りませんか? (=´▽`=)


19世紀に主流だったビクトリアンハウスと 遠くに立ち並ぶ高層ビルとがマッチした風景ですねぇ。


a-SFmramo09-5.jpg


サンフランシスコの街は坂が多く、小高い丘になっている場所が多いので、


街のあちこちからこんな風 ↑ にサンフランシスコの都心部が見えるんですね。(*'ー'*)b



さて、このビクトリアンハウスですが。


イタリアネート・ハウス…幅が狭くアーチ型。ローマの派手なスタイルを真似て建築された。サンフランシスコでは1860〜1880年に流行した。

スティック・スタイル・ハウス…1890年代に垂直型を強調して建てられた家。はじめてこの様式の建物を建てたのはVincent Scully。多くは屋根が切妻で屋根裏には採光用の窓が取り付けられている。人々が家を明るい色に塗り始めたのがこの時期である。

クイーン・アン・ハウス…1885〜1905年に流行したスタイル。この建築様式は塀などの外からの支持構造を持たず、その建物自体の自立構造で立っている。円錐型の屋根やたくさんの装飾品が有名。


         地球の歩き方 サンフランシスコとシリコンバレー参照


…といくつかの種類にわけられるそうです。


どのビクトリアンハウスがどのタイプなのか 比べてみるのも楽しいかもしれませんね。(⌒ο⌒)b


こちらにビクトリアンハウスの詳しい構造が書かれているHPがあります。興味のある方はどうぞ〜。



ところで。


このアラモスクエア自体は治安は悪くはないのですが、


ここに行くまでにかなり怪しい場所=治安が悪そうな場所があるので、


行かれる方はバスに乗って公園の前で降りるようにした方がいいと思います。


えいと@は公園の前まで行くバスに乗らなかったので3ブロックほど歩いたのですが。


かな〜り怪しい場所があって ちょっと怖かったです。


何事もなかったので良かったですけどね。


皆さまは行かれる時には気をつけてくださいまし〜。




    【おまけ】


上の写真 ↑ は小高い丘のてっぺん近くまで行くときれいに撮ることが出来ます。


そして、そこにはまたの〜んびりとした時間が持てる広場があるのです。



          ↓





          ↓





          ↓



a-SFaramo09-1.jpg


こんな風 ↑ にゆっくりと読書するのもいいですねー。(=^▽^=)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年04月10日

荘厳な雰囲気をもつゴシック建築 グレース大聖堂


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 サンフランシスコ 編)



アメリカには美しい教会がたくさんあります。


以前、記事にしたミッションドロレス教会も大変美しい教会でした。

 ミッションドロレス教会の記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    SF最古の教会 ミッションドロレス教会



さて、今回はサンフランシスコ中心地にそびえ建つグレース大聖堂であります。



             ↓





             ↓





             ↓



   a-SFgkyoukai09-1.jpg


これ ↑ がグレース大聖堂です。


ノブビルの頂上付近にあり全米のキリスト教監督派の教会の中で3番目に大きい建物だそうです。


   a-SFgkyoukai09-4.jpg


パリのノートルダム寺院をモデルに建設された荘厳な雰囲気をもつゴシック建築です。


もともとは1849年のゴールドラッシュ時代に建設されたそうですが、


残念ながら1906年のサンフランシスコ大地震で焼失してしまったそうで、


現在のグレース大聖堂1928年に建設開始され1964年に完成したものだそうです。


   a-SFgkyoukai09-2.jpg


   a-SFgkyoukai09-3.jpg


うっとりするような美しい外観の大聖堂です。


マリリン・モンローとジョー・ディマジオが結婚式を挙げたことでも知られる有名な大聖堂だそうですよ。



さて、ドネーション(寄付)をして大聖堂の中を見学させていただきます。


   a-SFgkyoukai09-6.jpg


一歩中に入ると静寂に包まれ外の世界の騒がしさとは無縁な感じでした。


a-SFgkyoukai09-11.jpg


   a-SFgkyoukai09-12.jpg


   a-SFgkyoukai09-7.jpg


   a-SFgkyoukai09-5.jpg


言葉にできないほどのすばらしさです。



そして。


このグレース大聖堂を訪れる方に必ず見て欲しいのがこれです。



          ↓





          ↓





          ↓



a-SFgkyoukai09-8.jpg


これ ↑ はエイズ撲滅を願って制作されたキース・ヘリングの作品です。


そう、かの有名な「キリストの生涯 The Life of Christ」ですよ!


これがここグレース大聖堂に飾られているのです。


入り口を入ってすぐ横にありますので、行かれる方は見てくださいね。



ところで、これは ↓ 何をされてるかわかりますか?


a-SFgkyoukai09-9.jpg


あの歩いている方達は、地面の模様(ラビリンス=迷路、迷宮と呼ばれています)に沿って歩きながら瞑想、または瞑想の祈りをしているのです。
瞑想の祈りといっても神との対話、自身の内面との対話と様々あるようです。



何と、今回コメント欄 ↓ で教えてくださった方がおられました!


サンフランシスコ近郊にお住まいのK.Bさんです。


K.Bさん! ありがとうございました〜!




    【おまけ】


このグレース大聖堂を見学させていただいて 残念に思ったことがありました。


それはカメラのフラッシュです。


この大聖堂内でのカメラ撮影は禁止ではありません。


でね。フラッシュを使って写真を撮ってる観光客が何人かいたのです。


確かに大聖堂内は暗いため フラッシュがなかったらうまく写らないでしょう。


しかし、ここは神聖なる大聖堂なんです。


観光客のために開放してくださっていますが、


お祈りを捧げてる方が数名おられたのです。


暗い大聖堂の中で何度も光るカメラのフラッシュ。


とても残念に感じました…。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。