2009年03月16日

ゲイの街 カストロ in サンフランシスコ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 サンフランシスコ 編)



今回はゲイの街、カストロについてであります。(*^-^*)


ここカリフォルニア州、サンフランシスコ2008年5月に全米2番目の同性結婚合法となった州なんですね。


ちなみに1番目の州はマサチューセッツ州で、2004年から同性結婚の登録が始まっています。
(その他の同性結婚やパートナーシップを認めた国に関してはこちらを参照してください)



さて。


サンフランシスコのダウンタウンを離れてカストロという街に向かいました。


以前、ご紹介したチンチン電車でも行くことが出来ます。(^○^)b

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    電車好き必見! かわいいSFのチンチン電車


今回は地下鉄に乗って行ってみました〜。


 a-SFcast09-2.jpg


地下鉄の駅 ↑ です。


チンチン電車と同じミュニメトロは地下も走っているんですよ〜。


 a-SFcast09-1.jpg


地上を走るチンチン電車は、比較的ゆっくりとしたスピードなのですが、


この地下鉄は信号待ちなどないのでスピードがはやいんですねー! ピューッ!≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ


あっという間にカストロに到着しましたよ。(o^-^o)


   a-SFcast09-6.jpg


こちらがゲイの街、カストロ ↑です。


レインボーの旗がゲイのシンボルのようです。



で、ぶらぶらと歩いていますと…。


いましたね〜! ゲイのカップルが! (*^^*)


男性同士で手をつないで歩いてるカップルもいましたし、


信号待ちの時に抱き合ってハグ〜黒ハート…なんてやってるカップルもいました。(/▽*\)〜♪ イヤァン


さすがにカメラは向けられませんでしたー。(;^◇^;)


ホントは写真に撮らせてもらいたかったですけどね〜。でも失礼ですもんね。


でねっ。


ゲイって かっこい〜いカップルが多いんですよ!(@∇@)


肥満なカップルはいませんでした。 


みんな引き締まった体つきなカップルばっかり!(≡^∇^≡)b


女同士のカップルもいましたが、断然男同士のカップルが多かったです!


うーん。


オトコが好きなオトコが多いってことなんでしょうかねぇ〜? ( ̄~ ̄;)


a-SFcast09-3.jpg


こちらはカストロシアター ↑ 映画館ですね。


このカストロシアターは1922年に開館された映画館のようです。


古い映画館なんですねー。(*゚v゚*)


 a-SFcast09-7.jpg


こちら ↑ はカストロの住宅街です。


すごい電線でしょう?


これはトロリーバスの電線なんですよ。


 a-SFcast09-8.jpg


普通のバスも走ってるんですが、サンフランシスコにはトロリーバス(電気バス)が健在なんですね〜。


坂の多いサンフランシスコには このトロリーバスが適しているって思いましたよ。


坂での発進がすごいんです!


これは感激しちゃいましたね〜。(ノ*゚▽゚)ノ



ところで…。ここからちょこっとまじめなお話です。


カリフォルニア州、サンフランシスコ2008年5月に全米2番目の同性結婚合法となった州であると、記事のはじめに書きましたが。


皆さま、ご存知かと思いますが 先日のアメリカ合衆国の大統領選挙と同時に、


ここカリフォルニア州においてProposition8 (ゲイの結婚禁止 ) を問う投票が行われました。


結果はYES が 52.5%、NO が 47.5% となり、改めてゲイカップルの結婚は禁止されることになったのです。


このゲイの結婚についてはいろんな考えがあるでしょう。


愛は性を超えるという考えの方は多いでしょうし。


心情的には愛し合ってるのであれば同性でも結婚していいんじゃないの…って思いますよね。


しかし この結婚というものは宗教が大きくからんでいるのですねぇ。


カソリック系のキリスト教は同性の結婚を強く禁じているわけなんです。


人間の誕生はアダムとイブが出発点であり、


アダムとイブは男と女以外の何者でもなく、男同士、女同士ではないのですね。


そして結婚は神との契約のもとに行われるべきものという教えがあるので、


男女間以外の同性結婚は 神との契約に違反することになるという考えがあるのです。


そのために同性の結婚はカソリック系のキリスト教ではありえないことなのです。


もし同性の結婚を認めてしまうと、キリスト教そのものを否定してしまうことになるようです。


アメリカ人の中には熱心なカソリック系のクリスチャンが多くいますし、


Proposition8 (ゲイの結婚禁止) に賛成する票が勝つという結果になったのでしょうか。


日本人はクリスチャンが少ないし 理解しがたいことかもしれませんが、


熱心な信者にとっては重大なことのようです。


しかし、すでに同性の結婚をしてるカップルはどうなるんでしょう?


今後、同性の結婚をしたいカップルはマサチューセッツ州に集まるのでしょうか?


いろんな問題がある この同性の結婚ですが…。


皆さまはどんな風にお考えになりますか?




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。