2009年01月31日

ケーブルカーの歴史を振り返る


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@のサンフランシスコ旅行記でございます〜♪ (*^▽^*)~♪

 サンフランシスコの過去記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    アメリカ的生活(旅行 サンフランシスコ 編)


今回も昨日の記事に引き続きケーブルカーであります。


え? しつこいって? (¬o¬)b


まぁ、そう言わずにお付き合いくださいまし〜。(=´ー`)ノヨロシク

 ケーブルカーの関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    どこに行っても坂!坂!坂!の街 サンフランシスコ
    SF名物! ケーブルカーで風を切る!
    ユニーク! 人力で方向転換! & ケーブルカーの運転



サンフランシスコにはケーブルカーの博物館があります。


   a-SFke-buru09-30.jpg


ここには歴代のケーブルカーの展示があるんですねー。


小さい博物館ですが電車が好きな人は必見!な博物館ですよ!(*゚▽゚*)b


で、どんなレトロなケーブルカーが展示されてるのか、ご紹介しましょう〜。(o⌒∇⌒o)/


   a-SFke-buru09-34.jpg


これ ↑ は初代ケーブルカーです。


横サイドを遮る窓がいっさいない!w( ̄▽ ̄;)w スゴー!


しかも屋根が小さいっ!


雨の日とかどうしたんでしょうね??? (・◇・;)???


いくらサンフランシスコっていっても雨の日や真冬に風を切って走るのは辛いでしょー。(^^; )


   a-SFke-buru09-32.jpg


こちら ↑ はだいぶ改良され現代に近いケーブルカーです。


しかし。。。


a-SFke-buru09-33.jpg


2車両の連結であったようですが、前の車両は窓なしなんですね〜。


初代の車両の屋根に比べたらだいぶマシですけどね。(^o^;)



ここから少しケーブルカーの歴史に触れておきます。


ケーブルカーは ある事故をきっかけに登場することになります。


ケーブルカーが登場する前は馬車が主流でした。


1869年の霧の夜、満員の乗客を乗せた馬車が悲惨な事故を起こしたそうです。


馬が足を滑らせ、急勾配の坂を転落するという悲惨な事故でした。


この事故をきっかけに安全にこの坂を昇降できるケーブルカーが導入されたそうです。


馬車の代わりとして1873年よりサンフランシスコの街を走り始めたんですね。



ところで。


今では大人気のサンフランシスコ名物 ケーブルカーですが。


実は 歴史上、廃止寸前の危機に陥ったことがあるそうなんですよ。


その原因は…。ご存知の方もおられると思いますが…。


1906年に起こった サンフランシスコ大地震です。


マグニチュード7.8の大地震がサンフランシスコの街を襲い、


その地震と火災によりケーブルの線路は完全に破壊
されてしまったようです。


当時の市長によりケーブルカー廃止宣言が打ち出され、


ケーブルに代わり 全線バスに切り替わる案が出されました。


そこで市民が立ち上がります!


ケーブルカー救済大キャンペーンが全市で行われ、廃止案は撤回されたそうです。


その後も時代の流れには対抗出来ず、3路線にカットされ 台数も激減します。


そんな中、1950年に市はケーブルカーの保存と保護を決定し、


1964年にはアメリカ発の動く国定歴史記念物に指定されたそうです。

                     Cable car Musrum 参照


そして現在も元気よく走るケーブルカーが存在するんですねー! (^◇^)b


市民の力でケーブルカーを存続させたんですね!


すばらしいお話じゃありませんか!(;∇;)



ところで。


このケーブルカーは一般的なケーブルカーとは構造が全く異なるんですよ。


線路の下をケーブルが走っており、そのケーブルを掴むことによって車両を走行させているそうなんですね〜。


   a-SFke-buru09-36.jpg


この線路の中央のレール ↑ の下にケーブルがあるんですねー。


停車する場合はケーブルを離すわけです。


つまり個々の車両は運転士の判断によって任意に発信・停止が可能になっている…というシステムになってるそうなんです。


   a-SFke-buru09-17.jpg


すべてこのバーで運転士が操作 ↑するんですね!


そして!


これらのケーブルは3路線分ともすべて ケーブルカー博物館内の動力室を通るよう敷設されていて、


同室内の大型モーターによって常に循環しているんです。


そう! これですっ! ↓


a-SFke-buru09-35.jpg


このケーブルカーの博物館そのものがケーブルの原動力なんですねー。


すごかったです! ものすごい音! ものすごいエネルギーでした! (@∇@)



こうやって歴史を振り返ってみますと…。


市民の声がなかったら現在 ケーブルカーは存在しなかったかもしれないんですね〜。


ケーブルカー廃止宣言に対し 一番に声を上げたのは何と! 


ケーブルカーレディと呼ばれる女性だったそうです。(ノ*゚▽゚)ノ


過去に頑張ってくれた人々のおかげで、現在サンフランシスコの街にケーブルカーが走ってるのでありますね! v(*'-^*)-☆




    【おまけ】


このケーブルカー博物館はおみやげも売ってるんですよ。


Tシャツや小物、ポスターなどが売られていました。


で、えいと@夫はこんなものを買いましたよー。(* ̄∇ ̄)/


         ↓





         ↓





         ↓


     a-SFke-buru09-37.jpg


じゃん! ネクタイです。(*゚▽゚)ノ


どんなをよーく見てみますと…。


   a-SFke-buru09-38.jpg


ケーブルカーの柄のネクタイでございましたー!(≧∇≦)ブハハハ!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。