2009年01月17日

裏通りのサンフランシスコ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@夫妻は1月2日から7日間、サンフランシスコ
に行っておりました。(*^▽^*)



ところで、PCの調子がイマイチで一眼レフで撮影した写真の整理がいまだできていません。(´_`。)


コンパクトデジカメで撮った分はOKですので、今回からしばらくコンデジで撮った写真に関連する記事を書いていきます。



以前の記事にも書きましたがサンフランシスコの第一印象は坂が多い!


…ってことであります。


このことに関しては後に記事にいたしますね〜♪ (^ー^)b



そして、もうひとつの印象は…。


落書きが多い!…っていうことです。


サンフランシスコって美しい街…っていうイメージがあったので、正直驚いたんですよ。Σ(・ω・ノ)ノ!


昨日の記事に書きましたが安全な地区のほんの100メートル先が怪しい地区であることがあるんですね。(・Θ・;)


うっかりしてると危ないことがわかっていない観光客がすんなりと行ってしまいそうな距離なんですねー。


で、落書きはそういうちょっと怪しい地区に多いんですよ。d(゚д゚)


 a-SFtian4.jpg


こういう落書き ↑をあちこちで見かけたんですねー。(・・;)


 a-SFtian1.jpg


こういう漫画的ナものもありましたが、多くは殴り書きって感じでしたかね〜。


でねっ!


こんなものも見かけたんですよ〜!



        ↓





        ↓





        ↓



 a-SFtian5.jpg


これですっ! トラックに落書き!( ̄△ ̄;)


はじめはわざと書いてあるのかなー?…って思ってたんですけどね。


しかしどう見ても落書きとしか思えないようなものですよね〜。(・へ・;;)


 a-SFtian6.jpg


ね? どう見ても芸術的とは思えないでしょー?


トラックの持ち主はあきらめてるのかなぁ〜? (゚-゚;)ウーン



で、こういう風景も見ました。



        ↓





        ↓





        ↓



   a-SFtian3.jpg


これ ↑ は落書きをしてるおじさんではありません。


落書きを消しているおじさんです。


自宅のガレージに書かれちゃったようですよ〜。


自分の家に落書きをされちゃーたまりませんよねぇ。( ̄~ ̄;)


大変でございます。



で、閉まってる店舗や民家には鉄柵があるところがとても多かったですね。


 a-SFtain7.jpg


バッファローでもそうですが、こんな風に鉄柵があるところはだいたい治安が悪い地区なんですねー。( ̄ヘ ̄;)


サンフランシスコでは、ちょっと裏通りに入るとこんな風に鉄柵のある建物がとても多かったです。


他にはホームレスの人やお乞食さんが多かったですね〜。


道を歩いてると紙コップをさしだして「助けて欲しい〜お金を恵んで〜」ってしょっちゅう声をかけられましたよ。( ̄。 ̄;)



こんな風に書くとサンフランシスコって恐ろしい街なのか?…って誤解されちゃうかな?


けっしてそんなことはないんですよー。(・o・)b


確かにテンダーロイン、その他の一部の地区など 非常に危険と言われる場所は、


犯罪率が高く、麻薬の売買や売春などが日常的に行われてるので決して近寄ってはいけない地区なのですが、


その他の地域は夜の一人歩きをしない、一般的な注意を怠らないなど、ちゃんと気をつけていればとりあえずは大丈夫な場所がほとんどです。(゚ー゚)


ホームレスやお乞食さん旅行者には危害を加えることはないようですし。


こういう裏の部分がある…ということなんですねー。



えいと@夫が学会に参加している最中は、えいと@は一人でサンフランシスコの街を歩き回りました。(*゚▽゚*)b


サンフランシスコって本当に楽しい街でしたよー! (⌒∇⌒)


その様子はまた記事にしていきますので、また見に来てくださいね〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。