2009年01月14日

Salvation Armyでお買いもの♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



Winのパソコンの調子が思わしくなくて写真の整理ができません。(TmT)ウゥゥ


コンパクトカメラの方は問題がないんですが一眼レフカメラの編集ができないんですね〜。


サンフランシスコ旅行記をはやく記事にしたいんですが、もうしばらくお待ちくださいまし〜。m(*- -*)m



さて、今日はこーいうお店 ↓ を見つけたのでご紹介します。


*今回は写真がかなり多いですが、画素数、ピクセルはかなり下げてますのでPCが重くなることはないと思います。


 a-DNCe3.jpg


ここ ↑ はDonation Centerです。


まだ使えるけど不要なもの(ゴミではないもの)をここに持参し、


それを低価格で販売して、その売り上げを寄付するというお店なんですね〜。(*^ー^*)


そう! Salvation Armyといわれる、いわば救世軍、社会鍋での寄付を行うお店なんです。


こういうお店が えいと@の住む地域にあるなんて、ぜんぜん気がつきませんでした。



中に入って見てみますと、いろんなものが売られています。


 a-DNCe17.jpg


洋服が多かったです。


シャツ、ズボン、ジャケット、子供服など…。いろいろありました。


どれも1枚3ドル前後で売られています。


いい状態の服もありましたが…うーーーん…って思うようなのもありました。( ̄~ ̄;)


 a-DNCe6.jpg


奥の方にオルガン ↑がありましたよ。これはまだ充分使えそう。きれいだし。


 a-DNCe7.jpg


おぉー! ブラウン管のTV ↑です。しかもチャンネルがダイヤルですよー!


えいと@夫が欲しがりましたが却下いたしました。


TVにさわってるのはえいと@夫です。却下されてもしばらくは欲しそうにその場を離れません。


あんたは子供か。(¬o¬)σ


   a-DNCe13.jpg


うわー! 古いラジオ ↑もありますよー。


 a-DNCe10.jpg


ひゃー! 古いレコード ↑です!(◎∇◎)


これはマニアにはお宝なんじゃないでしょうか?


 a-DNCe9.jpg


あらら〜。ジャケットのないレコード ↑ですよ。


 a-DNCe14.jpg


ソファーや椅子 ↑も売ってましたよ。けっこういい状態のものもありました。


   a-DNCe5.jpg


きゃー! マットレス ↑が売ってるー!


こんなの買う人いるのぉ〜? ( ̄ー ̄?)


ベッドの台にする…とかならよさそうですけどね。(アメリカではマットレスを2重にして使うことがあるので)


しかし…こういう大型のものはトラックがないと運ぶのが大変そうですねー。


 a-DNCe8.jpg


PCのキーボード ↑ですー。これらは何とひとつが99セントでしたよー。


 a-DNCe12.jpg


家庭用電話機、トースター ↑ですねー。


 a-DNCe4.jpg


コーヒーメーカーやブレンダー ↑もありますよ。


 a-DNCe20.jpg


食器のセットです。これはいいかもしれませんね! (^○^)b


セットで5〜6ドルでしたよ。


新品の食器って高いですから〜。


留学生や短期の赴任の方にはいいでしょうねー。(^-^)


 a-DNCe11.jpg


までありますよー。女性用のパンプス、サンダル、男性用の革靴、運動靴。いろいろありましたよ。


他人が長いこと履いていた靴ってクセがついてるんじゃないのかなぁ〜? 履きにくそう。


水虫の心配とか…ないんでしょうか??? (^o^;)


 a-DNCe15.jpg


うわっ! ですっ! すごいですね〜。


いい状態のがあったらめっけものかもー! (^◇^)b


 a-DNCe16.jpg


ベルト、ネクタイです。


ベルトを30本くらい買ってるお客さんがいましたよ。


ベルトは1本1ドルでした。


サイズが合えばいいかもしれませんね。(^ー^)


   a-DNCe18.jpg


わぉ〜! ウェディングドレス ↑ですよー!


こういうのも出しちゃうんですねー! w(*゚o゚*)w


しかし…。こういうとこでウェディングドレスを買う人っているのかなぁ〜? 安いんでしょうけどね。 ( ̄~ ̄;)



そしてっ!


えいと@夫はあるものに魅せられてしまい、欲しいと主張したものがあります。


それは…。これですっ! (*゚▽゚)ノ


        ↓





        ↓





        ↓



   a-DNCe19.jpg


じゃん! 時計 ↑なんですよー。(*^^*)


えいと@夫はこの時計が自分を呼んでいた…なーんて言うんですよ。(;^_^A


でも、買って動かない時計じゃ〜困りますよね?


このお店は返品を受け付けてくれませんから。


ちょうどコンパクトカメラの電池があったので、それで試してみましたよ。


すると…。


ちゃんと動くではありませんか! (ノ*゚▽゚)ノ


価格も4.99ドル+TAXで5.4ドル(現在のレートで500円)です。


ま、これならいいかーと思い買うことを許可しました。 …えいと@が財務大臣ですからねっ。(*^m^*)



で…。


帰って来てきれいに拭いて電池を入れて壁に飾ってみますと…。


   a-DNCe2.jpg


なかなかいいじゃあーりませんか〜! (*⌒∇⌒*)v


   a-DNCe1.jpg


1日経った今でも、しっかり動いていますよ。


それにしても…すごい存在感のある時計であります。


えいと@夫はかな〜り気に入ったようです。(´∀`)


ま、いい買い物ができましたよ。


Donation(寄付)に協力出来た…っていうのもありますしね。



皆さまも、お近くにこういうDonation Centerがありましたら、ぜひ! 覗いてみてください。


意外な掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。v(*'-^*)-☆




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



2009年01月15日

高い! サンフランシスコの宿泊!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ


えいと@夫妻は1月2日から7日間、サンフランシスコに行っておりました。(*^▽^*)



ところで、PCの調子がイマイチで一眼レフで撮影した写真の整理がいまだできていません。(´_`。)


コンパクトデジカメで撮った分はOKですので、今回からしばらくコンデジで撮った写真に関連する記事を書いていきます。



今回はサンフランシスコで宿泊したホテルについてであります。(*^-^*)


皆さま、ご存知のようにアメリカの都会のホテル代ってめちゃくちゃ高いのでございます。


サンフランシスコも例外ではございません!


もうね、めげそうな値段なんですよー! (´Д`|||)


季節にもよりますが、ダウンタウンのユニオンスクエア近郊のホテルなんてね。


もうすごいんですよー!


高級ホテルなんて1泊が500ドルも600ドルもしちゃうんですっ! ((((((ノ゚听)ノ ヒョェー


えいと@のアメリカのアパートメントの1ヶ月の賃貸料に迫る価格ですっ! \(;゚∇゚)/


ス、スイートになんて泊まろうものなら1泊3000〜5000ドルもしちゃうホテルだってあるんですっ! |)゚0゚(| ホェー!!


どんな人間ですかっ! 1泊に50万円も使える人はっ! (; ̄Д ̄)


えいと@夫妻のような庶民には夢のまた夢でございますね。(~∀~;)



んでね。


だいたいが高いんで えいと@的には中級ホテルで良かったんですよ。


でもねー。えいと@夫がもう申し込んじゃってたんですよね。( ̄_ ̄|||)


…っていうのが、ASSAの学会の参加者は高級ホテルに限り学会レートで宿泊できるってことだったんです。


一番人気はRitz-Carlton San Franciscoだったそうで。


リッツ・カールトンは日本でも高いですよね〜。


ちなみに、Ritz-Carlton San Franciscoだと1泊500ドルのお部屋が学会割引で160ドルで宿泊できたらしいんですね〜。w(*゚o゚*)w


1泊160ドルでも充分高いけど…。


500ドルが160ドルはお得感大!ですもんね。(゚д゚)(。_。)ウン!


すぐに申し込んだんですが、すでに満室になっちゃってダメでした〜。残念!


で、次に人気だったGrand Hyatt San Francisco1泊300ドルのお部屋が学会割引で130ドルです。


ここも半額以下で宿泊出来るのでお得ですよねー。(゚ー゚)(。_。)ウン!


ここは部屋の空きが残ってたらしく、えいと@夫妻の宿泊ホテルはここに決まりました。


そのGrand Hyatt San Franciscoでありますが…。


   a-SFho5.jpg


じゃん! 36階建ての高層ホテルでありました! (*゚▽゚)ノ


 a-SFho4.jpg


ひときわ高くそびえ立ってるのがGrand Hyatt San Franciscoでございます。(*゚▽゚*)b


ユニオンスクエアのすぐ近くで立地もばっちり!


 a-SFho1.jpg


お部屋はこんな感じ ↑ です。


高級ホテルって枕がやたらと多いんですねー。


頭は二人で2個しかないのに枕が6つ+クッションが2個+足置き枕までありましたよ。(^^;)


   a-SFho2.jpg


Bath Roomは広くて清潔 ↑です。(*゚v゚*)


このBath Roomだけで6畳くらいありましたよー。広い〜!


   a-SFho3.jpg


お部屋全体も広いですねー。


かなりゆったりしたスペースでございました。(*⌒▽⌒*)


ここで5泊いたしましたが、すごくくつろげましたよ〜。


スペースだけでなく居心地もいいんですねー。


ベッドの寝心地もめっちゃよかったんです。


アメリカのホテルってかけ布団がないことが多くありません?


毛布とシーツだけだったり。


でも、ここのホテルは何と! 掛け布団が羽毛布団だったんですよー。(ノ*゚▽゚)ノ


これはうれしかったです〜。(*'∇'*)v


どこへ行くにも便利な立地で、行動しやすかったですしね。



ただね…、ひとつ文句を言わせていただくと…。


何でもかんでも高いんですよ。(-_-;)


部屋の冷蔵庫にドリンクバーがあったんですけど、


ビール1本が小瓶で8ドルですよ〜! ¥(◎日◎)¥ タカスギー!


外のレストランやバーで飲んだ方が安いじゃん。。。(-д-;)


ミネラルウォーターもありましたが1.5リットルのボトルで7ドル!


びっくりたまげー! w(゚听;)w


サンフランスシスコの水質はイマイチ…ってことなんで、あまり水道水は飲まない方がいいらしいんですね〜。


ホテルにはコーヒーメーカーがあるから、作って飲みたいですやん?


なので、ホテルの外のWalgreensで1ガロン(3.78リットル)を99セントで買ってきましたよっ! 重かったですっ!(-ε-)


あとねっ! 驚いたのはインターネット接続料!


都会のホテルはだいたいがインターネット接続は有料なんですね。


それは納得してますが、その金額に驚いたのなんの!


1日35ドル! ですよぉーっ!


さ、さ、35ドルぅーっ! (; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!


5日間つないじゃうと175ドル! ひゃー!('〇';)


信じられません。誰がつなぐか! ι(`ロ´)ノ


ビジネスで絶対に必要な人はつなぐんでしょうね〜。会社持ちで…。(゚ー゚;A



そんなこんなで高級ホテルって何でもかんでも高いんです。 (;´д`) トホホ


でね。


きわめつけ!


サンフランシスコのホテルのTAXですが…。


な、な、なんとっ!


14%なんですよーーーーーっ!


もう笑いしか出ません〜〜〜。(↑∇↑) アハハハハ。。。


お金が飛んでいく街ですね〜。( ´△`)



でもね。


あまりにも格安のホテルには宿泊しない方がいい ある理由があるんです。


その理由ですが…何だかわかりますか? ('д')b


長くなっちゃうので次回に書きますね。


また見に来てくださいまし〜。(o⌒∇⌒o)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年01月16日

お金で安全を買う国! アメリカ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



昨日の記事の続編であります。

 昨日の記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    高い! サンフランシスコの宿泊!


サンフランシスコには1泊500ドルも600ドルもするようなめちゃくちゃ高級なホテルから、


そこその値段でスティできる中級ホテルや格安ホテルまで いろんなホテルがあります。


で、サンフランシスコなどの大都市では、あまりにも格安のホテルには宿泊しない方がいい ある理由があるということを昨日の記事でちらっと書きました。


そのある理由なんですが…。


何人かの方が想像してくださったように治安の問題があるんですね。d(゚д゚)(。_。)ウン!


高級ホテルであれば安全な立地にあるだけでなく、セキュリティに関しても安心です。


一般的な注意は必要ですが、夜遅くにホテルに帰って来ても問題はまずないんですね。(*゚ー゚)b


で、サンフランシスコに限らず、アメリカではワンブロック違えば別世界であることが多いんです。


日本ではちょっと想像しにくいんですけど、一筋向こうの通りは怖い地域ってことなんです。


特にサンフランシスコは一筋がすごく近いんですねぇ。


100メートル歩いたらヤバい地域に入ってしまう…って感じの場所があるんですよー。(゚-゚;)


 a-SFtian10.jpg
 

これ ↑ はサンフランシスコのダウンタウン周辺の地図ですが。


青い丸の部分がユニオンスクエアです。


ここがサンフランシスコの中心で、このあたりは人が多いし夜でもまず危険はありません。


えいと@夫妻が泊まったGrand Hyatt San Franciscoは、まさにこのユニオンスクエアにありました。


で、黄色い丸なんですが…。


えいと@が6日間歩いてみてここはヤバいぞって感じた地区です。


雰囲気でわかるんですよね〜。( ̄- ̄;)


この辺りはぜったいに夜は歩かない方がいいなと感じたのです。


えいと@が歩いた範囲だけでこれだけ感じたんです。きっともっとたくさんヤバい地区があるだろうなって思います。(; ̄□ ̄A


でね。


格安ホテルの多くは、そういう治安が良くない場所にあるんですね。


もちろん治安が悪いから絶対に危ない!…ということではありませんが、


安全な地区を歩くよりはよりいっそう注意が必要になってくるわけです。


女性だけの旅行であったり一人旅の場合は、


高級ホテルでなくてもいいので中級クラスのホテルにはスティした方が安全です。



でっ! もうひとつ理由があるんですよー!


これはアメリカに限らないことだと思うんですが。


どんな理由かといいますと…。


   ↓





   ↓





   ↓



格安ホテルってシーツを毎日替えないんですよ〜っ!!! w|;゚ロ゚|w


連泊する場合にシーツを替えないのは問題はないんです。


自分が使うんですからね。エコの観点からもいいと思います。v('ー^*)


でもお客が変わってもシーツを一定期間 交換しない格安ホテルがあるのです。


つまり…。


誰が寝たかわからないシーツで寝るっていうことなんですねー。(; ̄Д ̄)


これはかなり不衛生なことんですよー。(−x−;)


だってね。


どんな人が泊まったのかわかんないわけです。


ダニやノミ、シラミがつく可能性だってあるわけですよー! ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


ぎぇ〜〜〜っ!!!!!ヾ(≧□≦*)ノ …って思われるでしょう?


えいと@も思いましたよ!


日本ではあり得ないかもしれないけどアメリカの格安ホテルではあり得るんです!(~∀~||;)


格安ホテルの中でもいろんなランクがあると思うので、すべての格安ホテルがそうだとはいいませんが…。


ノミやダニ、シラミの話はけしてジョークではなく、マジなお話なんですよーっ! (`ロ´;)b


そういう理由があってあんまりな格安ホテルは避けた方がいいんですね〜っ!


書いてたらかゆくなって来ちゃったぁ〜!(ウソです! 笑)



ところで。


出かけている間に荷物の中からモノがなくなったり、勝手に私物を使用されるのではないか?…と昨日のコメントで書いていただきました。


これはまずないと思います。(・o・)b


アメリカのホテルにおいては、連泊した時に部屋に物を置きっぱなしで出かけても物がなくなる経験はしたことがありません。


安いホテルでも大丈夫でした。(えいと@の経験上)


でも貴重品セキュリティボックスに入れるか、持ち歩いた方がいいでしょうね。


他にはシャワーなどのお湯の出が悪いのではないか?…というコメントもいただきました。


これはありそうですね〜。(^o^;)


格安のホテルってメンテナンスがいい加減な感じがしますもんね。


シャワーをしててお湯が急に水になったら泣きたくなっちゃいますねー!(;△;)


他には格安ホテルはマフィアと絡んでるんじゃないか?…っていうコメントもありました。


昨日のコメントでは笑い飛ばしちゃったけど…。(hiromeiさん ごめりんこ〜笑)


ありえるかもしれませんよねー。(-_-)ウーム


だけど、これは格安ホテルに限らないと思います。


高級ホテルで開かれるパーティで麻薬の取引が行われることもあるそうですしね。('д')b



いろいろ書きましたが。


すべての格安ホテルが危険な地区にあり、シラミやダニ、ノミの心配がある…っていうことはないんです。


だけど高級ホテルや中級ホテルに比べるとリスクが高いということなんですね。


アメリカにお住まいの方は身を持って感じておられると思いますが、旅行者の方は特に気をつけていただきたいんですね〜。


そして! 知ってください!


アメリカって国は お金で安全を買う国である!ということを! ( ̄0 ̄)b


格安ホテルに宿泊する方はリスクを伴うということを理解した上でご利用くださいまし〜。v(*'-^*)-☆




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年01月17日

裏通りのサンフランシスコ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



えいと@夫妻は1月2日から7日間、サンフランシスコ
に行っておりました。(*^▽^*)



ところで、PCの調子がイマイチで一眼レフで撮影した写真の整理がいまだできていません。(´_`。)


コンパクトデジカメで撮った分はOKですので、今回からしばらくコンデジで撮った写真に関連する記事を書いていきます。



以前の記事にも書きましたがサンフランシスコの第一印象は坂が多い!


…ってことであります。


このことに関しては後に記事にいたしますね〜♪ (^ー^)b



そして、もうひとつの印象は…。


落書きが多い!…っていうことです。


サンフランシスコって美しい街…っていうイメージがあったので、正直驚いたんですよ。Σ(・ω・ノ)ノ!


昨日の記事に書きましたが安全な地区のほんの100メートル先が怪しい地区であることがあるんですね。(・Θ・;)


うっかりしてると危ないことがわかっていない観光客がすんなりと行ってしまいそうな距離なんですねー。


で、落書きはそういうちょっと怪しい地区に多いんですよ。d(゚д゚)


 a-SFtian4.jpg


こういう落書き ↑をあちこちで見かけたんですねー。(・・;)


 a-SFtian1.jpg


こういう漫画的ナものもありましたが、多くは殴り書きって感じでしたかね〜。


でねっ!


こんなものも見かけたんですよ〜!



        ↓





        ↓





        ↓



 a-SFtian5.jpg


これですっ! トラックに落書き!( ̄△ ̄;)


はじめはわざと書いてあるのかなー?…って思ってたんですけどね。


しかしどう見ても落書きとしか思えないようなものですよね〜。(・へ・;;)


 a-SFtian6.jpg


ね? どう見ても芸術的とは思えないでしょー?


トラックの持ち主はあきらめてるのかなぁ〜? (゚-゚;)ウーン



で、こういう風景も見ました。



        ↓





        ↓





        ↓



   a-SFtian3.jpg


これ ↑ は落書きをしてるおじさんではありません。


落書きを消しているおじさんです。


自宅のガレージに書かれちゃったようですよ〜。


自分の家に落書きをされちゃーたまりませんよねぇ。( ̄~ ̄;)


大変でございます。



で、閉まってる店舗や民家には鉄柵があるところがとても多かったですね。


 a-SFtain7.jpg


バッファローでもそうですが、こんな風に鉄柵があるところはだいたい治安が悪い地区なんですねー。( ̄ヘ ̄;)


サンフランシスコでは、ちょっと裏通りに入るとこんな風に鉄柵のある建物がとても多かったです。


他にはホームレスの人やお乞食さんが多かったですね〜。


道を歩いてると紙コップをさしだして「助けて欲しい〜お金を恵んで〜」ってしょっちゅう声をかけられましたよ。( ̄。 ̄;)



こんな風に書くとサンフランシスコって恐ろしい街なのか?…って誤解されちゃうかな?


けっしてそんなことはないんですよー。(・o・)b


確かにテンダーロイン、その他の一部の地区など 非常に危険と言われる場所は、


犯罪率が高く、麻薬の売買や売春などが日常的に行われてるので決して近寄ってはいけない地区なのですが、


その他の地域は夜の一人歩きをしない、一般的な注意を怠らないなど、ちゃんと気をつけていればとりあえずは大丈夫な場所がほとんどです。(゚ー゚)


ホームレスやお乞食さん旅行者には危害を加えることはないようですし。


こういう裏の部分がある…ということなんですねー。



えいと@夫が学会に参加している最中は、えいと@は一人でサンフランシスコの街を歩き回りました。(*゚▽゚*)b


サンフランシスコって本当に楽しい街でしたよー! (⌒∇⌒)


その様子はまた記事にしていきますので、また見に来てくださいね〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年01月18日

寒波がやって来た! 気温が華氏でマイナスだっ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪(o^∇^o)ノ



12日の週、アメリカの北国に寒波がやってまいりましたー。(((p(>◇<)q)))


中西部から東海岸にかけて非常に厳しい寒さに見舞われたんですね〜。


中西部なんて北極か南極ですか?…っていうような気温であったようですし。


摂氏でマイナス40度なんて…!|)゚0゚(| ホェー!!


まさに人間が住むような気温ではないですねぇ。((´д`))


えいと@夫妻が住むバッファロー郊外も中西部ほどは下がりませんが、かなり低気温でございました。


華氏でマイナスになるなんてね〜。((((~~▽~~ ;)))


華氏でマイナスってどんなけ寒いか想像出来ますでしょうか?


華氏0度=摂氏マイナス17度!なのでございますよー。


なので華氏でマイナス…ってことは摂氏でマイナス20度を超えるということなのでありますねー。


空気が痛いんですからー。{{(|||▽|||)}}


ほんとに厳しい寒さの3〜4日間でございました。



で。


これだけ寒いと気になっちゃうんですね〜。( ´艸`) ムフ


何が…って。


運河やオンタリオ湖ですぅー。(≧∇≦)b


でっ! このクソ寒い中行って来ましたっ! (・∀・)/



ところで、皆さま。


これ ↓ はいったい何だと思われますか?


   a-kanpa09-1.jpg


これはですね〜〜〜。



      ↓





      ↓





      ↓



 a-kanpa09-2.jpg


じゃん! 車のフロントガラスなんですね〜。(^^;)


雪を落としてもその下がガリガリに凍っちゃってるわけです。


これをかき落とさないと何にも見えなくて運転が危険ですからねー。


えいと@夫ががんばっておりますー。えいと@は車の中〜♪ わはは (*^m^*)



さて、車の雪かきが終わると出発です。


まずは運河ですー。(*゚▽゚)ノ


a-lockportunga1.jpg


これが夏の運河 ↑の様子です。きれいでしょー? (*´∇`*)


で! 前回の冬は、こーんな不思議な運河 ↓を見ることができました。


  a-BUFunga5.jpg


覚えておられる方もいらっしやると思います。


きっと凍ってはゆるみ、ゆるんでは凍り…を繰り返してこのような形に凍り付いたのでありましょうねぇ。(^○^)b


で、去年の1月下旬ではうっすらと凍り付く感じでしたね〜。


   a-lockportungakoori9.jpg


これ ↑ が去年の1月下旬の運河の様子です。


運河の表面が夕陽に光ってきれいですねー。


去年は暖冬であったため、この時期でもまだカチンコチンにはなっていなかったんですよね。(*'ー'*)



そして今年は…っ!


      ↓





      ↓





      ↓



   a-kanpa09-3.jpg


じゃん! すっかり雪に覆われちゃってますねー!w(*゚o゚*)w


雪の下はカチンコチンに凍ってる状態であろうと思われます。


運河の河の部分と陸の境目がわからくなっています。


運河に落っこちないように注意しなくてはなりません。( ̄  ̄)b


それにしても…。


車を停めて運河まで出るのが一苦労でございましたよー。(;^_^A


なにせ雪が深くて歩ける場所を探すのに苦労しましたからね〜。


新雪の部分に足を入れようものなら太ももの部分までズボッと入ってしまう勢いでしたから〜。\(;゚∇゚)/


へたすりゃ足が抜けなくなっちゃいますからねー。


もしくは靴が雪の中に取り残されちゃったりね〜。


気をつけなきゃ〜。(〃゚д゚;A



さて、次回はオンタリオ湖でございますー。


オンタリオ湖は寒かったですっ!


おそらく体感温度は摂氏でマイナス30〜35度越えだったと思いますっ!


10分外にいるだけで居たたまれないほどの寒さ!でありましたよー。(゚_゚i)タラー


お楽しみに〜♪ (o⌒∇⌒o)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

ラベル:寒波 雪国 運河
posted by えいと@ at 10:00| Comment(20) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。