2008年10月11日

ゴミのポイ捨てについて考える Part2


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪



昨日ゴミについての記事を書きましたが、


寄せていただいたコメントを拝見して、またさらにいろいろ考えさせられました。(-_-)ウーム

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪
    ゴミを捨てないで! モラルを持って生きよう!


なので、今日もしつこくゴミのお話でございます。


もう少しおつき合いくださいませ〜。m(*- -*)m



昨日は川辺や海辺に何気なくポイ捨てしたゴミが動物の生命を奪っていること。


そして何気なくポイ捨てした煙草が土壌を汚染し、川や海を汚していることについて書きました。


河原や海辺に捨てられた釣り糸やゴミが、


野生の海鳥や動物にからまって命を落としていることや、


海のそばに捨てられたゴミ、船から捨てられたゴミが太平洋を海流にのって漂流し、


太平洋の小さな島で育っているアホウドリの赤ちゃんの餌となり その小さな命が奪われている



…という現実があることをお伝えしました。


そのゴミの多くは…日本からのもの。


本当に、えいと@夫妻はミッドウエーに流れついたゴミを見て愕然としましたよ。(||゚Д゚||)ガーン


ポカ○スエットのペットボトル、山○パンの袋、○○スーパーのレジ袋 etc…。


見覚えのある日本語の文字がはっきりと読み取れました。


あの時のショックは忘れられません。。。|||(-_-;)|||


地球は人間だけのものではない! 野生動物たちのものでもあるのだ!


人間の心ないポイ捨てが 環境を汚し、野生動物の命を(回り回って人間の命も!)脅かしているのである!



…ってことを忘れてはならないと思います。



さて。


昨日の記事でこんなコメント ↓ をいただきました。


小さい時に住んでいた地域は、町中ゴミだらけでした。それが常識だと思っていたので自分も平気でゴミを道に捨ててました。(By かげさん


周りの人間が平然とゴミを捨てるので それが当たり前、普通のことになってしまっているっていうことなんですね〜。


これって怖いことですよね。


ポイ捨てが当たり前な環境からそうでない場所に引っ越した場合、


当たり前ではないことに気がつかなかったり、誰にも教えてもらわなかったら…!


恐ろしいことになってしまいます。


ちなみにこのコメントを書いてくださったかげさんは、現在ではゴミだらけが当たり前の常識ではないことに気がつかれ、


きちんとゴミはゴミ箱に捨てる常識ある生活に改められております。(・∀・)v イエーイ



ところで、アメリカでもゴミを普通にポイ捨てしてる場所ってもんがあるんですね。


サーキット場のレース後がゴミの山!


…っていうコメントを昨日いただきました。(By おね太郎さん


以前、お友達ブロガーのM家さんもご自身のブログで書かれていましたが、


サッカーや野球などの観客席の足もとはゴミだらけ!なんだそうです。


どういうことかといいますと…。


アメリカ人はゲーム中にピーナツを食べるらしいんですが、


そのピーナツの殻ををぜーんぶ足もとにポイ捨てするらしいんですねー。( ̄□ ̄;)


みんながやってるから当たり前! 普通! 別に怒られることではない!わけです。


何でもゲームの後に掃除する人たちの雇用のため…とかいう理由らしいんですけどね。(゚-゚;)


しかしね。


その足もとにポイ捨てするのを子供たちは見ているわけなんですよ。 (・o・)b


その子供も大人のマネをして同じことをするようになるんですねー。


アメリカのサーキットや野球観戦では許されることなのかもしれませんが、


他の国では許されないことであったりしますよね?


例えば普段は足もとにゴミをポイ捨てするアメリカ人が 日本に行って野球観戦をした場合にはどうするでしょうね?


ついついいつものクセでポイ捨てをしてしまわないでしょうか? (・へ・;;)


アメリカの子供だから一生アメリカで生活をする…とは限りませんからね。


海外旅行だってするでしょうし。


現在、アメリカに住んでおられる日本人の方は自分の子供にどう説明していいか迷うそうです。(Θ_Θ;)


そりゃーそうですよね。


みーんなやってることなのになぜ自分たちだけダメなの?…って子供だったら不思議に思っちゃいますよ。



モラルって国によって違うなぁ〜…って外国に住んでみて感じることがよくあります。


このゴミに関してだけで見てもアメリカと日本では全然違うわけです。


最近はちょっとずつ進んでるとはいえ まだまだリサイクルに関しては遅れているアメリカ。


これはね〜、仕方がないんですよ。(-。ー;)


アメリカは日本に比べて国土が大きいですからねぇ。


捨てる場所がまだまだいーっぱいあるんですよ。


リサイクルするより埋め立てた方がはやいしコストがかからないわけです。('д')b


日本ではゴミを埋め立てる場所がなくなってきているからゴミを減らすことが緊急課題ですけど、


アメリカでは他にもっと課題がたくさんありますからね。


ゴミ問題は二の次です。


それにアメリカはリサイクルのシステムが整っていないということもあって 個人の意識が薄いんでしょう。


だけどアメリカも少しずつは変化して来ていますよ。


エコバックもちょっとずつ浸透して来てるようですしね〜。(*゚v゚*)b



あと、もうひとつ。


愛煙家としては、タバコのポイ捨ては許せません。特に車からポイ捨てするヤツ。死んだらエエねん!!
そういう一部の喫煙者がいるから、愛煙家の肩身がせまく。。。あっ、単なる愚痴になってしまいました^^;
(By まーさん


そうなんですよね〜。( ̄- ̄;)ンー


喫煙者はマナーが悪い!…ってたたかれることが多いようですが。


すべての喫煙者がポイ捨てや歩き煙草をしているわけではないのですよね。


一部のモラルの欠けた喫煙者のために愛煙家全体がそんな目で見られるってくやしいことだと思います。


一人悪い人間がいたら このカテゴリーの人間は全員同じだ!


…って思われがちですよね〜。(T-T)


煙草を吸う方は自分が愛煙家の代表として世間から見られてるんだ!


…っていう心構えで煙草を吸っていただきたいものであります。( ̄◇ ̄)b



長くなって申し訳ないけど、あとひとつ。


アルピニストの野口さんは、他の国の登山家に、こう言われたそうです。
「日本人はどこにでもごみを捨てる…このチョモランマ(エベレスト)にも、あの富士山にも。(落ちているごみに日本語が書かれたものが圧倒的に多かったようで)
どう思うんだ。(恥ずかしくないのか)」
その後、野口さんは清掃登山を始めたようです。
(By ショウノジさん


アルピニストの野口氏が雪山の清掃活動をされてるのは知っていましたが、


こういういきさつがあったことは知りませんでした。


野口氏は日本の登山家を代表して 山にゴミを捨てる現状を恥じたんですね。d(゚д゚)


もちろん日本の登山家がみんなゴミをポイ捨てしてるわけではないんでしょう。


しかし日本の文字が書かれたゴミが雪山に残っているわけです。(ーヘー;)


一部の登山家の行いはすべての登山家の責任と考え活動を始められたのだと思います。


すばらしいことですね!


アルピニスト、野口氏の活動をさらに支持したいと思いますっ! (≧∇≦)b




ゴミ問題でいろんな方向に話が波及しましたが…。


一人一人が自分の行動に責任を持つことが大切であると思っています。


地球を汚さない! 地球上の生命を守る! 人に迷惑をかけない!


我々 個人で出来ることって小さなことかもしれません。


でも! 


気がついた人が毎日の生活の中で注意を払っていけば、ちょっとずつ変わっていくんじゃないかなーって。


そんな風に思います。(*゚▽゚*)b




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 10:00| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。