2008年07月31日

陸の孤島 バローで売られてないものとは…これだっ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



昨日に引き続き北緯71度23分、北米大陸最北端の地,バローであります。


バローに関する記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪

      陸路のないアラスカ最北端 バローに向かう
      永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!
      エスキモーの必需品 毛皮で厳冬を過ごす
      舗装されていない村 バロー
      村にひとつしかないもの…それは…これだっ!
      素朴なバローの子供たち
      ツンドラに咲く可憐な花々
      真夜中の太陽! MIdnight Sun!
      真夜中に遊ぶバローの子供たち
      「世界の頂点」という名前のホテル 
      北極圏でメキシカン
      北極海で日本料理(もどき)



昨日の記事の続編です〜。


【おまけ】でクイズをお出ししまして。


たくさんの方にお答えいただきました〜。(*゚▽゚)ノ


Skyさん、E店長さん、つなみさん、おね太郎さん、
どれみさん、borarnさん、naotoさん、コメットさん、
かげさん、hiromeiさん、まーさん、Yogacatさん、reeさん。



ありがとうございました〜♪ (*^-゚)v Thanks!!



さて、その「あるもの」でありますが…。


まず日本料理レストランの「Teriyaki 将軍」で聞いてみたんです。


すると「ないわよ〜。このあたりじゃーどこのレストランにも置いてないねぇ〜」


…って答えでした。


えっ! レストランに置いてないんですかー! w(゚听;)w


なんでだろう??? (・・?)


で、アラスカのスーパーに行ってみたんですよ。


探してみましたがありませんでしたねー。


で、店員さんに聞いてみたんです。


すると「売ってないよ」といともあっさり言われちゃいました。( ̄Д ̄;


バローではその「あるもの」を手に入れることは無理なようです。c(゚^ ゚ ;)


そこで なぜ売ってないのか聞いてみますと…。


「ありえない! だれも飲まない」…ってことでした。


そうなんです。


正解は飲みものだったんですねー!


えいと@夫妻が大好きな、アレです。(^○^)b


そうっ! お酒! アルコールでございました〜。(^▽^)/


お答えくださった全員の方が正解でございましたー!


皆さまっ! おめでとうございますぅ〜♪ (⌒ー⌒)∠☆.:*:・'゚☆Pan!


おぼれるというキーワードと、


えいと@夫妻が大好き…っていうことが大きなヒントになったようですね。(⌒∇⌒)v



さて、なぜバローではお酒を売っていないのか。


その理由でありますが…。


実はバローには禁酒法という法律があるんだそうです。


え? 禁酒法? (@.@)???


それって1920年から1933年までのお話なんじゃないのぉー?


もう禁酒法は過去の話なんじゃないのぉ〜?


…って思いますよね? (・◇・ )b


アメリカでは今でもお酒の販売に厳しい州があります。


これは禁酒法のなごりお酒を買うのに時間帯が制限されてたり、


普通のスーパーでは購入出来ない州があるようですが、


バローではお酒そのものが買えない、どこにも置いてない…ということなんですねぇ。c(゚.゚*)


どうやらバローの禁酒法は、アメリカの禁酒法とは別ものであるようです。


禁酒法ではなかった時代、つまり自由にお酒が飲めた時代に、


バローにおいてお酒に酔っぱらった人間による事件や事故が多発していたんだそうな。


それで住民の意思(選挙)で禁酒の法律を独自に作ったんだそうです。


どの程度の事件,事故だったのかはわかりませんが、


多くの住民が お酒は危険! ないほうがいい!


…って判断したわけですから、よっぽどだったのかもしれませんね。(゚-゚;)ウーン


バローの冬は夜が長いんですよね。


で、娯楽があまり多くないこともあり家で酒を飲むことが多かったんでしょう。


もしかしたらこの長いバローの冬の夜が、


お酒を多量に飲む環境を作り出していたのかもしれませんね。(-_-)ウーム



ところで。


バローのスーパーマーケットですけど。


けっこう大きなスーパーが1軒ありました。


 a-barrowsu-paa.jpg


中の写真を撮らなかったんですが、米系スーパーとさほど変わらない感じでしたよ。


もっとこじんまりしたスーパーが何軒かあるにかなーと思ってたので、意外でしたねー。


牛乳や野菜、牛肉など普通に売ってました。


でね。


驚いたのはその値段です。


めちゃくちゃ高いんですぅー!(@Д@;


牛乳などの乳製品、油類、野菜類がすごっく高かったんですねー。(; ̄□ ̄A


バローの地はツンドラ(永久凍土)ですからね。

 永久凍土についてはこちら ↓ の記事を見てくださいね〜♪
    永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!


バローでは農業はできないし、牛や豚も飼育できないため、


アメリカ内地から全て運ぶ必要があるんです。


陸路がないために物資の輸送はすべて空輸に頼ることになります。


それでこんなにも物価が高いんでしょうね。( ̄_ ̄ i)


陸の孤島と言われているバロー。


過酷な地で生きるということは、我々にはわからない苦労がたくさんあるんでしょうねー。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。