2008年07月26日

真夜中の太陽! Midnight Sun!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



さて、今回は真夜中の太陽! Midnight Sunをお届けします。(*゚▽゚)ノ


えいと@夫妻のアラスカ最後の訪問地バロー Barrowは、


北緯71度23分、北米大陸最北端の地であります。(^-^)


   a-alasikamap11 .jpg

      陸路のないアラスカ最北端 バローに向かう
      永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!
      エスキモーの必需品 毛皮で厳冬を過ごす
      舗装されていない村 バロー
      村にひとつしかないもの…それは…これだっ!
      素朴なバローの子供たち
      ツンドラに咲く可憐な花々



北極圏に位置するバローは、


5月10日〜8月2日までの85日間は太陽が沈まないんですねぇ〜。


つまり! 白夜(びゃくや、はくや)なのでございます!(゚▽゚*)


えいと@夫妻がバローを訪れた時は、まさに白夜の時期でした。


   a-barrowsinboru4.jpg


これは日中の太陽 ↑です。きれいでしょう〜? (´∀`)


ここはWhale Born Archっていうバローのシンボル的な場所です。


   a-barrowsinboru2.jpg


これ ↑ は鯨の骨で作ったアーチです。


鯨ってやっぱ大きいーーーっ! (ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォーッ!


   a-barrowsinboru3.jpg


北極で見る太陽は眩しいーーーっ! (ノ>。☆)ノ


北極海にキラキラ反射してとってもきれいでした♪ (=^▽^=)



そして!


こちらがMidnaight Sun! 真夜中の太陽 ↓ですっ!


a-byakuyanotaiyou3.jpg


少し雲が多かったのが残念ですけど、


これは真夜中0時の太陽なんですねー!


すごいでしょう? (*⌒▽⌒*)b


1年のうち85日間、3ヶ月弱は24時間明るいんです。


その反対に11月18日〜1月24日までは極夜、


68日間は太陽が昇らないんですね〜。


つまり1日中太陽を拝むことが出来ないわけです。



ところで、えいと@夫妻は北欧の北極圏で極夜を経験しています。(*゚v゚*)


極夜っていっても1日中真っ暗というわけではないんですよ。


1日のほとんどは暗いんですけど、数時間はうっすらと明るい時間がありました。


もちろん太陽は顔を出さないんですけどね。


朝焼け、夕焼けがほぼ同時に来るのが印象的でしたね〜。(=´▽`=)



反対に白夜太陽は沈まないけど真夜中はすこし薄暗くなるように感じました。


a-byakuyanotaiyou2.jpg


こんな感じ ↑ です。少し薄暗い感じがしますよね?


北極海に面した太陽が沈まない街、バロー。


あぁ、地球って丸いんだなぁ〜…ってバローに来て感じました。



このバローへはアンカレジ、あるいはフェアバンクスからのツアーで参加することになります。


旅行者が個人でバローに行くことは難しいようです。


で、1泊2日のツアーと日帰りツアーがあるのですが、


1泊のツアーに参加しないとMidnaight Sunを見ることはできないんですね。


もしバローでMidnaight Sunを見たいな〜って思われる方は、ぜひ!


1泊宿泊するプランを立ててください。(*'ー'*)b


興味がおありの方はバローのツアーのHPをご覧になってくださいましー。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。