2008年07月11日

アメリカのお葬式 FUNERAL HOME


皆さま、こんにちは。えいと@です。



昨日の記事の続編です。

 昨日の記事はこちら ↓ を見て下さいね。
    お葬式に参列して… 精一杯 今を生きよう!



今日のバッファローはとってもいいお天気です。


本当に雲ひとつない快晴です。


昨日は雨模様でした。


最近ずーっと雨が降ってなかったんですけどね。


昨日は朝から霧雨で、午後には一瞬ですがバケツをひっくり返したような大雨が降りました。


お葬式の時に雨が降る…っていうのは、


故人がこの世に未練を残し 自分の死を嘆いている場合が多いと言われています。


式はシトシトと霧雨が降る午前から始まりました。



皆さまは外国のお葬式を見られたり参列されたことがおありですか?


日本のお葬式にもいろんなパターンがあるように、


アメリカのお葬式にもいろいろあるようなんですね。


アメリカはクリスチャンが多いため 教会で行われることが多いようですが、


今回はFUNERAL HOME(お葬式会場)で行われました。


 a-osousiki3.jpg


いっけん普通のおうちみたいですよね?


日本のお葬式会館っていかにも〜!…って造りが多いので、その違いにびっくりしちゃいました。


FUNERAL HOMEの中の様子 ↓です。


親族、参列者が全員退場した後、写真撮影の許可をいただきました。


   a-osousiki5.jpg


 とってもこじんまりしたFUNERAL HOMEです。


 a-osousiki6.jpg


   前の棺 ↑ に故人が眠っておられます。


   a-osousiki1.jpg


  会場には故人が元気であった頃の写真 ↑ が飾られています。


   a-osousiki2.jpg



故人はおそらくクリスチャンであったろうと思われますが、


神父さん(牧師さん)のお姿はありませんでした。


親族 及び 関係者だけの小さな式であったようです。


はじめに親族が参列者に挨拶をされます。


そして故人の元気であった頃のエピソードを話し始めました。


会場にはすすり泣く声が聞こえて来ます。


おもしろいエピソードの時には笑いも起こりました。


このへんが日本のお葬式とはちょっと違うところだな…って感じました。


そして大学院の学部長が挨拶され、


故人を見送る音楽が流れます。


そして、最後に一人一人が棺の前に立ち、


棺に右手をあて、故人にお別れをして退場
します。


 a-osousiki4.jpg


セレモニーは約1時間で終了し、その後墓地へと向かうのです。



以上が 今回のアメリカのお葬式の流れでした。


で、えいと@が驚いたことがあったんですよ。


参列者の方々の服装です。


日本であればお葬式は喪服を着用ですよね?


お通夜であれば喪服でなくてもダークな服であればいいと思うんですけど。(地域によって違いはあるかもしれません。)


アメリカにもお通夜はあるようで、


今回もお通夜、お葬式と2日間のセレモニーが行われました。


で、お通夜ではなくお葬式の服装ですけど…。


柄物のシャツを着てる女性の方がおられたり、


男性も薄いブルーのスーツの方がおられたんですよ。


黒いネクタイをされてる男性は少なかったし…。


もちろん場違いな派手な服装の方はいませんでしたけどね。


このお葬式の時の服装に関しては、


神に召されることは 神が選んでくれたということ、


けっして悪いことではないため華やかなの服装も許されている。



こういうコメント ↑ を本日いただきました。(By reeさん)


宗教によって違いはあるそうですが、必ずしも喪服でなければならないということはないようです。


日本とアメリカの「死」の考え方の違いが、このへんにも現れてるな…と感じました。



あと。


アメリカにはお香典はないようです。


そして皆さま ご存知のようにアメリカは土葬です。


今回は親族のみが墓地に向かわれるということで、


えいと@夫妻はここで失礼しました。



国が違えばセレモニーも違うものなのだなぁ〜…と思った1日でした。




  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪




posted by えいと@ at 09:05| Comment(28) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(日常編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。