2008年07月10日

お葬式に参列して… 精一杯 今を生きよう!


皆さま、こんにちは。えいと@です。



今回は真面目なお話です。


今朝、えいと@夫妻はお葬式に参列してきました。


えいと@夫の大学院の事務員の方(女性)がお亡くなりになったんです。


40代という若さで逝ってしまわれました。


病名は肺がん。


彼女はこの3月上旬から咳が出始めたようなんですね。


ちょうどその頃、えいと@夫も風邪をひいて咳がとまらなかったらしいんです。


で、夫はその事務員の方と「今年の風邪は咳がよく出るねぇ」…って話をしてたそうです。


6月上旬に「体調が思わしくないため休職する」というお知らせとともに休職され、


そして先日、お亡くなりになられました…。


発病から何ヶ月も経っていないのに…。



若い年齢の癌は進行が非常にはやいそうです。


肺がんに関しては、自覚症状があった時には治療の希望はかなり薄いといわれています。


あまりにもはやい死。


亡くなられた方ご自身、そしてご家族の方は病気を受け入れる時間はあったのでしょうか…?


残されたご家族の方の悲しみを思うと 胸が締め付けられるような思いです…。



人間の命は無限ではありません。


不老不死はありえないのです。


全ての人に必ず死は訪れます。


どんなに健康そうに見える人でも いつかは死ぬんですね。


そしていつ死ぬかは誰にもわからないのです。


70年後かもしれない、30年後かもしれない、10年後かもしれない。


もしかしたら明日死んでしまうかもしれないんです。



えいと@夫妻は 時々自分たちの死について話し合うことがあります。


年齢から言うとまだまだ先のことのように思いますが、


いつ何時、何があるかわかりませんからね。


そして、今回改めて感じたこと!


それは今を精一杯生きること!です。


人さまに迷惑をかけるような生き方をしない!


後ろめたいようなことは絶対にやらない!



限りのある人生を悔いのないように生きる!


どんな風に生きるかは人それぞれだと思います。


学んでいる方は一生懸命に勉学に励みましょう!


お仕事をされてる方は仕事に対する責任を果たしましょう!


子供を育てておられる方は、自分の子供が立派な成人になるように育て 見守っていってあげてください!


専業主婦や引退された方は、自分の役割をしっかりと果たしましょう!



そして、一番大事なことは人生を十分に楽しむこと!


自分がすべきことをしっかり行い、楽しく生きることが一番大切なんじゃないかな…って思いました。


いつまで命があるか わからないからこそ、


自分自身のために、そして家族をはじめ自分を取り巻く人々のために毎日を大事に生きて行く必要があるんじゃないかな〜…って。


そんなふうに思います。



…亡くなられた事務員の方のご冥福をお祈りいたします。




*本日はコメント蘭をお休みさせていただきます。ご了承ください。



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちら ↓ をポチッ☆と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪



posted by えいと@ at 09:26| えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。