2008年03月30日

太陽の塔の顔をクローズアップ!


ただ今、日本に一時帰国している えいと@です、こんにちは。(o^∇^o)ノ



先日、3月中旬に大阪の万博公園に行ってきた えいと@であります。


お天気がよくポカポカ暖かい(暑いぐらいでした〜)1日でございました。

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
     梅のお花見を楽しむ & 今日がお仕事最終日だーっ♪
     昨日で仕事終了と思いきや… & 春を楽しむ梅のお花見



さて。


皆さまもご存知だと思いますが、この万博公園には故岡本太郎氏の作品があるんですね。


1970年に開催された万博博覧会のために制作された作品です。


そう! 太陽の塔です。


   j-taiyounotoukakakudo9.jpg


じゃん! この塔 ↑ が太陽の塔でありますっ!


去年の記事に書きましたが、太陽の塔は4つの太陽の顔を持っているんですね。

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      4つの顔をもつ太陽
      【過去の太陽】のクールな眼差し
      表情が変化する!(えいと@のお気楽写真館)


こちらの記事 ↑ に詳しく書いていますが、


背面に描かれた冷たい表情の【過去の太陽】


正面に描かれたちょっとすねたような怒ったような表情の【現在の太陽】


黄金色に輝く【未来の太陽】



そして【太古(地底)の太陽】4つの顔を持つんですね。


今回はそんな太陽の塔の顔をクローズアップしてみたいとおもいます〜。



まずは黄金の【未来の太陽】↓です。


   j-taiyounotoukakudo5.jpg

j-taiyounotoukakudo6.jpg



次はクールな眼差しの【過去の太陽】↓です。


   j-taiyounotoukakudo1.jpg


   j-taiyounotoukakudo3.jpg


そしてちょっとすねた感じの【現在の太陽】↓です。


   j-taiyounotoukakudo4.jpg


j-taiyounotoukakudo2.jpg


   j-taiyounotoukakudo8.jpg
   

   j-taiyounotoukakudo7.jpg



いろんな角度からクローズアップしてみました。


ちなみに【太古の太陽】は現在行方不明になっているため観ることは出来ません。

  万国博覧会が終了した後、
  当時兵庫県が新設する予定だった美術館に展示する
  …という理由で引き取ったものの、 
  美術館の話がぽしゃってしまいそのまま太陽は放置。
  管理すべき筈の兵庫県もその行方を全く把握していなく
  行方知れず…ということのようです。

        (HP『太陽の塔』を参照させていただきました)


【太古の太陽】は、故岡本太郎氏が4つの太陽の中で最も気に入っていた太陽であったらしいんですね〜。


どこかに眠っているのでしょうか? 残念でなりません。


ぜひ! 観てみたいものですね〜。



この4つの顔を持つ【太陽の塔】


故岡本太郎氏の強いメッセージが込められているように感じます。


どんな風に感じるかは、個人でそれぞれ異なるんだろうな…って思います。


去年の記事でたくさんの方がいろんな風に感じてくださいました。

  コメントその1   コメントその2   コメントその3


皆さまはどんな風にこの4つの顔を感じられたでしょうか?




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



お手数ですが こちら ↓ をついでにポチッ☆としてくださったらうれしいです〜♪

        burogurannkinngu .gif 

  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ☆ 感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。