2007年12月26日

バッファローウィングをお家で作ろう!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



日本にお住まいの皆さまはクリスマスのイベントも終了し、


お正月にむけて忙しく過ごしておられることと思います。(*^^*)


アメリカはまだまだクリスマスの余韻に浸っておりまして、


本日からはクリスマス クリアランスなるセール(叩き売り)が始まるんですね〜。


特にクリスマスグッズは激安で売られますから、


来年にむけて買っておくのもいいかもしれませんよぉ〜。(^○^)b



さて。


えいと@夫妻は今年のクリスマスはおうちでまったり〜♪ (*´∇`*) と過ごしましてね。


さて、肝心のディナーを何にしようかと考えました。σ(゚・゚*)


でね。先日、アメリカの地元スーパーでこういうもの ↓ を見つけたんですよ〜。


 a-tedukuritikin2.jpg


     これ ↑ ↓ 何かわかりますか? ( ・◇・)?


    a-tedukuritikin4.jpg


これはね鶏の手羽元、手羽中の冷凍なんですねー。


こういう物が売ってるのは知っていましたが、今まで買うことはなかったんです。


今回、なんとっバッファローウィングを家で作ってみよう! ( ̄0 ̄)/ オゥッ!!


…って思いつきましてねぇ。買ってみたんですよ。


5ポンド(2.26キロ)入りで9.99ドル(1150円)でしたよ。


グラムで約50円ちょっと。安いですよねー。(^-^)v



ところで皆さま、バッファローウィングってご存知でしょうか?


羽が付いた牛の肉なんかじゃありませんよぉ。(^▽^;)


チキンウィングのタバスコソース和え…とでもいいましょうか。


ここバッファローが発祥の地なのでバッファローウィングって言われてるんですね。


で、バッファローにはおいしいバッファローウィングのお店がたくさんありまして。(^-^)


その中でも一番人気のANCHOR BARっていうレストランに、えいと@夫妻もよく行くんですよ。

 ANCHOR BARについての記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    めちゃうま〜♪ バッフアローウィング!


でもね〜、なにしろ一番人気ですから、


レストランはいつでも混み混み状態なわけなんですよねー。


前なんてTake Out(お持ち帰り)ですら45分〜1時間待ち!(-。−;) な状態だったんですよぉ〜。


挫折しました。|||(-_-;)|||


そんなわけで何度もレストランまで行ったのに食べられない…という経験をしてるんですよね〜。


えいと@の家からANCHOR BARまでは車で1時間半はかかっちゃうので、


そうそう「ちょっと食べにいく〜?」っていう距離ではございません。(ノд-。)クスン


スーパーのデリのお惣菜コーナーにも売ってますけど、けっこうお高いんですよねー。



そこでっ!


家で作っちゃえ〜っ! (`∇´)ノオッッシ!!!


…って思ったのでありますよ〜。うはは。


でっ!


作ってみましたよ。バッファローウィングもどきをっ!!! (>▽<)b


なんでもどきなのかと言いますと…。


実はね〜。


油で揚げてないからなんですねぇ〜。(;´▽`A


バッファローウィングのちゃんとした作り方は、油で揚げてソースをからめるんですよね。

 正しい作り方はこちらのHPをを見てくださいね〜。


でも、えいと@は油で揚げたりする料理が出来ない体質なんですねー。


油に酔っちゃう…っていうか。(・Θ・;)


オーブンで焼く方法もあるんですけど、時間がすごくかかっちゃうしなぁ〜…って思いまして。


なので圧力鍋または電子レンジを使用して作ることにしてみましたぁ〜。


 a-tedukuritikin6.jpg


これ ↑ ↓ が圧力鍋で加圧3分、自然減圧させた状態です。


 a-tedukuritikin5.jpg


いい感じですねー。(≧∇≦)v オッケー☆



次に電子レンジを使って作る方法です。


とちゅう肉汁や血液が出てくるので、それを捨てて再度電子レンジでチンです。


   a-tedukuritikin8.jpg


これもまずまずの出来ですねぇ。オッケー☆⌒c( ̄▽ ̄)


電子レンジは時間が長過ぎたらカリカリになっちゃうので要注意ですよー。


袋に電子レンジで作る時間が書いてありますが、


その通りやっちゃうとカリカリのおせんべみたいなチキンが出来上がっちゃいます。(経験済み)(;^ω^A


チキン1個につき50〜60秒で十分だと思います。



そして! 肝心なバッファローウィングソースですが。


    a-tedukuritikin3.jpg


これ ↑ を買って来ましたよぉ〜〜〜。バッファローウィングソース! v(*'-^*)-☆


アメリカのスーパーには普通に売ってます。


右のはANCHOR BARオリジナルソースで、


左のはRed Hotっていうソースです。


このソースをからめて3〜4分置くと味がしみ込んでジューシー (=´∇`=) になるんですねー。


 a-tedukuritikin7.jpg

         出来上がりの図 ↑


冷めたら再度電子レンジで軽くチンします。


油で揚げなくてもじゅうぶんおいしかったですよ〜。(*゚v゚*)


圧力鍋のほうはかなり肉が柔らかくなりますね。


電子レンジの方が肉がしっかりしてました。


これはお好みですね〜。(o^-^o)


あと、ソースの味の違いですが。


メーカーによって微妙に違うんですけど、どとらも似通ったお味でしたよ。


ANCHOR BARのソースの方が値段が高かったんですよね。


これはブランド代かなーーーって思いました。(゚〜゚o)


で、このソースはタバスコソースなのでかな〜り辛いんですよね。


なのでお好みでケチャップやウスターソースなど加えてもいいと思いますよ〜。


お家でバッファローウィング♪


また作ろーっと♪ (⌒o⌒)b



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)




posted by えいと@ at 10:07| Comment(26) | TrackBack(0) | お気楽クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。