2007年12月19日

雪国の運命……雪でドアが開かない朝


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



昨日に引き続きアメリカの北国 バッファローから雪事情をお伝えします。

 昨日の記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
    開かずの窓をOPEN! BBQグリルの雪かきだッ!



さて。昨日の朝のことなんですが。


お寝坊の えいと@がめずらしく朝の8時頃に起床しましてね。(〃'∇'〃)ゝエヘ


床にポーンと置いてある新聞をとろうと玄関ドアを開けたんですが、


新聞がないんですねぇ。 (゚-゚?)


あ、ご存じない方のために。(^o^)b


以前の記事に書きましたが、

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
    不思議なアパートメントのオートロック セキュリティ


アパートメントの場合、毎朝部屋の前までは配達があるんですけどね。


新聞受けなるモノがないので床にポーンと置いてあるんですよ。


  a-o-torokku1.jpg


こんな風 ↑にね! (~ヘ~;)


えいと@的には地べたにモノを置く…っていうのはどうしても抵抗があるんですよね〜。(`ε´)


上と下はちゃんと分けたい…って考えなもんで。


しかし新聞受けのケースがないんで仕方がありません。(-"-;A


その床にあるはずの新聞がなかったんですよ、昨日の朝は。


おかしいなぁ〜と思ったんですが、ま、いっかーと思ってドアを閉めたんですね。


それから30分ほどして…。


全てのドアをノックして回る音がしたんです。


「何? 何事?」(@Д@;…って思いましたが、


ドアをノックした人はすぐに出て行ってしまいまして、


何だろう????? (?_?) …って思っていると、


他の部屋の方々が部屋から出て行くんですよね。


どうやら積雪で棟の出入り口のドアが開かなかったようなんですねー。


えいと@のアパートメントは棟の出入口は2カ所あります。


正面玄関と駐車場からの出入口の2つです。


普段使ってるのは駐車場側の出入口で半地下 ↓になってるんですねー。

 
 a-yukiguninoasa4 .jpg


この半地下の部分に屋根がないんですよ。


だから雪が多い時には積雪でドアが開かなくなっちゃうみたいなんです。( ̄へ ̄|||)


昨日の朝はかな〜り積もりましたからねー。


メンテナンスのお兄さんが除雪するまで外に出られなかったんでしょうね。(; ̄□ ̄A


で、新聞配達の人も棟の中に入れなかった…ってわけなんですね。


しかし…。


豪雪地域のバッファローは多い時には7フィート(約2メートル)の積雪があると言われてるんですよ。


なんで半地下の階段のところに屋根をつけなかったんでしょう? (゚ペ?)???


大雪のたびにメンテナンスの除雪を待たないといけない…って。


それで遅刻しちゃってもいいんでしょうかね? ( ̄o ̄;)


アメリカの会社の多くはフレキシブルな勤務体制のようなので、


日本のように9時までには出勤しなければならない!…ってことはないようですけど。


…それにしても…。


アメリカ人って物事に対しておおらかなのか…テキトーなのか…。(~∇~;)


除雪が終わるまでおとなしく部屋で待ってるんですねぇ〜。(´〜`;


あ、そうそう。


新聞は今朝、2日分の配達がされてました。(;^_^A



     【おまけ】


屋根付きの駐車場でない限り車の雪かきは必須です。


各個人の車まではメンテナンスが雪かきしてくれませんからね。(^_^;)


 a-yukiguninoasa1.jpg


車の雪かきを頑張る えいと@夫 ↑であります。(^o^;)


えいと@夫妻はバッファローの近郊に住んでいるんですが、


ここはバッファロー中心部よりも豪雪地域のようなんですねー。


しかも…。


今年は雪が例年よりも多いとの予報が出ています。(゚_゚i)


えいと@夫よ…。


頑張ってくれたまえっ!!! (・∀・)ノ ファイトー!



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)




ラベル: 雪国 雪かき
posted by えいと@ at 09:23| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。