2007年12月08日

治安が悪化してる? 最近のBUF…って。。。


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



いきなりですが。


皆さまのアメリカの治安のイメージ…ってどんなものでしょう?


アメリカの治安は悪い! 犯罪社会だ!


銃社会だもの。乱射事件もあるし、怖い国! アメリカは危険!


貧富の格差がひどいから、泥棒が多そう。現金は持ち歩けないって聞くし。



…そんなイメージがありますよね?


確かにはずれてはいません。そういう地区はたくさんあります。


だけどアメリカ全土 = 治安が悪いわけではないんですね。


かえって日本より住みやすいぞ!…って思える地区もたくさんあるんです。


アメリカのここが治安がいい、ここは治安が悪い…というのははっきりとは言い切れません。


なぜなら同じ街でもワンブロック違うだけで、治安がガラリと変わることが多いんです。


アメリカで治安がいいか悪いかを見分ける一例をちょっとあげておきますね。

*公共の場所にスプレーなどで落書きがしてある箇所が多くみられる。
*公衆電話など公共のものが取り外されている。
*閉鎖されたガソリンスタンドがあちこちでみられる。
*窓やドアに鉄格子がはめてある。


こういう場所 ↑ は治安がよくない所が多いようです。



さて。えいと@が住む、ここバッファローは治安に関しては悩める州なんです。


バッファローのダウンタウンは、極めて治安が悪いといえるんですね。


強盗、ひったくり、強姦、時には殺人事件などが珍しくない地区です。


鉄格子がはめられてるお店や家を多く見かけます。


普通、ダウンタウンっていったら人が多く,お店もたくさんあってにぎやかな場所なんですけどね。


かつてのバッファローはNY州第2の都市として栄えたんですが、


産業の衰退とともに街も衰退してしまったんですね。


立派な建物や教会があるのに、訪れる人は少なくひっそりとしています。


バッファローのダウンタウン全体の治安が悪いわけではないんですけど、


夜間は、場所によっては日中でも一人で歩いたりはしない方がいい街なんです。



ところで。えいと@夫妻はダウンタウンからは車で1時間半離れた郊外に住んでいます。


静かでいい街です。


治安もよく、街を歩いたり散歩してる人は穏やかな表情をしています。


夜に犬の散歩をさせてる人をよく見かけます。


えいと@夫妻は今年の6月にこの街に引っ越して来たわけですが、


その前には えいと@夫の大学の近くに住んでいました。


えいと@夫の大学はNキャンパスとSキャンパスあります。


Sキャンパスの近辺では ひったくりや強盗、強姦などの事件がたびたび起こり、


治安が悪い地区として認識されていました。


対してNキャンパスでは、そういう事件はなく 治安がいいとされていたんです。


しかし 先日、Nキャンパスである事件が起こりました。


その事件…というのは…。


何と! 悲しいことに強姦(レイプ)事件であります。


しかも大学の敷地内で…だったらしいんですね。


夕方の5時〜6時頃だったそうです。


最近は陽が暮れるのがはやく午後5時前には真っ暗になります。


それにしても治安がいいと言われていたNキャンパスで起こったことに驚きを隠せません。


実は今年の3月にも大学のNキャンパスの近くで強姦事件が起こっているんですね。


この時は敷地外でしたし,真夜中であったらしいんですけどね。



バッファロー近郊の治安が徐々に悪化しているんでしょうか?


治安が悪い地区が少しずつ広がっているのかもしれません。



治安がいいとされている地区でも100%安全である保証はないんですね。


アメリカにお住まいの方やご旅行される方も、犯罪に巻き込まれないように十分に気をつけましょう。


暗くなってからの一人歩きはしない!


これは絶対ですね!


事件に巻き込まれてからでは遅いんですから…。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)




posted by えいと@ at 10:16| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。