2007年11月11日

かつて栄えたニューヨークセントラル鉄道 Lockportの駅


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



先月のある日、とてもお天気がよかったのでドライブでお出かけしました。


1ヶ月前の10月はお天気がよくお出かけ日和が多かったんですね〜。


そこであるひとつの駅を見つけました。


a-lockporteki1.jpg


この駅 ↑ はニューヨークセントラル鉄道のLockportにある駅です。


ニューヨークセントラル鉄道は、


1853年 にニューヨーク州のオールバニとバッファローを結ぶ鉄道として創業されたものなんですね。



1853年 - ニューヨーク州のオールバニとバッファローを結ぶ鉄道として創業
1867年 - 鉄道王の一人であるコーネリアス・ヴァンダービルトに買収される
1869年 - ハドソンリバー鉄道と合併、ニューヨーク・セントラル・ハドソンリバー鉄道としてニューヨークに乗り入れる。
1877年 - 買収によりシカゴに乗り入れを実現する
1902年 - 看板列車となる20世紀特急の運行が始められる
1913年 - ニューヨーク市街に新駅「グランド・セントラル・ターミナル」を設ける
1914年 - ハドソンリバーの文字を外し、旧名ニューヨーク・セントラル鉄道に戻す
1968年 - 経営再建のためにペンシルバニア鉄道などと合併、ペン・セントラル鉄道へ
1970年 - ペン・セントラル鉄道倒産
1973年 - 国により再建への模索が行われる
1976年 - 他の倒産した鉄道と共に、半公営企業、コンレール(統合鉄道会社)として再建の道を歩み始める

          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照



かつてはニューヨークシティとバッファローを結ぶ足として栄えた鉄道でしたが、


エリー運河の物流と競合し、


そして自動車やトラックなど車社会への移行に伴い、


現在は旅客は廃止され、貨物のみの運行となっているようです。


a-lockporteki3.jpg


a-lockporteki2.jpg


なかなか趣のある素敵な駅ですよね。


しかし…。


a-lockporteki4.jpg


旅客としての役割が終わった駅は、現在はこんな風 ↑ になってしまっています。


かつては旅客車用の駅として栄えたであろうこの駅は、


保存されることなく、また、壊される事もなく廃墟として存在しているんですね。


文化財的な駅だったのに…。


もったいないですね…。


a-lockporteki6.jpg


    a-lockporyeki5.jpg


アムトラックなどアメリカの長距離電車はあることかあるんですが、


限定された地域にのみにしか走っていません。


かつては原油が安かったということで、


車社会に拍車がかかり、


現在においての中距離の移動手段は車が中心になってしまいました。


採算の取れない線は廃線になったり、本数が減ってさらに利用しにくくなってる線もあるようです。


原油価格が高騰してしまった現在において、


利用したくてももう存在しない長距離列車もあるのです。


そして利用されなくなった駅はこんな風に朽ち果てていくのでしょうか。


この廃墟となった駅をみて、ふと寂しい気持ちになってしまいました。。。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)



2007年11月12日

トレイルを歩きながら アラスカ デナリの自然を満喫!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はデナリ公園入り口周辺のトレイルについてお送りいたします。(*^-^*)



 デナリ公園の関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      アラスカ デナリ国立公園の大自然
      アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その1
      アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その2
      片道6時間の終点、カンティシュナの村
      ゴールドラッシュ時代の雰囲気を味わう! 砂金採りに挑戦!
      お尻のような不思議な柱 & トナカイのホットドッグ


今までのアラスカ紀行の記事全体はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      アメリカ的生活(旅行アラスカ編)



さて。


デナリ滞在も最終日を迎えました。


この日は午後3時45分のアラスカ鉄道 フェアバンクス行きに乗車するので、


3時には駅に到着しないといけません。σ(゚・゚*)


朝から小雨模様だったので、雨がやむまでゆっくりと過ごし、


昼頃から雨がやんだので、トレイルを歩きながらアラスカ鉄道の駅に向かう事にしました。


このデナリ公園入り口周辺にはたくさんのトレイルがあるんです。


1時間30分くらいのコースから4時間のコースなど、いろんなトレイルがあるんですね。


雨が降ってなかったら荷物を預けて、午前中から4時間のコースを歩きたかったんですけど、


あいにく朝は小雨が降ってたのであきらめて、雨がやんだあとトレイルを歩きながら駅に向かうコースを選びました。


歩いたトレイルはマッキンリーステーショントレイルです。(*゚▽゚)ノ


    a-alasukadenarieki17.jpg


こんな風 ↑ な小径を歩きます。


普通に歩いて1時間半くらいのコースです。


えいと@夫妻はとちゅうで立ち止まって花や木を眺めたり、写真を撮りながら歩いたので、


2時間半くらいかけて駅まで歩いたわけなんですね。(#⌒∇⌒#)ゞ


道中、けっこう楽しくて、あっという間に2時間半が過ぎましたね〜。


a-alasukadenarieki4.jpg


さて。デナリはブルーベリー、ブラックベリーの宝庫なのであります。


トレイルのあちこちにブルーベリーやブラックベリーの木がありました。(*^^*)


a-alasukadenarieki8.jpg


ブルーベリーをちょっとつまんで食べてみると…。


甘酸っぱくておいしいぃい〜♪ (*´∇`*)


ちなみにブラックベリーは渋かったです。( ̄* ̄; )


トレイルにはアラスカのかわいい花がたくさん咲いていました。(^◇^)


a-alasukadenarieki16.jpg


この白いお花 ↑ はGrass of Parnassus


またはBog Starっていうお花。


小さくて可憐な感じ。お星さまみたいな形ですね。☆ヽ(▽⌒)


a-alasukadenarieki10.jpg


これ ↑ はLanguid LadyまたはChiming Bellsってお花です。(他にも呼び方はあるようです)


Languidってだらけた、元気がない、弱ったって意味なんですよー。


Languid Ladyってちょっとひどくないっすか? (^o^;)


えいと@はChiming Bellsって名前がかわいいなぁ〜って思いました。


つぼみは赤くて花が咲くと紫になるんでしょうか?


ちょっと変わったお花ですね♪ (^○^)b


    a-alasukadenarieki15.jpg


これ ↑ はMonkshoodってお花です。


すごくきれいな色のお花ですよね〜。かわいぃ〜♪ (*゚v゚*)


でもね、これは毒を持つ花なので食べてはダメ!らしいんですよー。


へー、毒を持ったお花なのかぁ〜。


…って思いながら意味調べたらMonkshoodってトリカブトじゃないですかーっ! (@Д@; 


ε=ε=ε= ヒイィィィ!!!!(||゚Д゚)ノ


きれいなバラにトゲがあるように美しい花には毒がある場合があるんですねぇ〜。(; ̄ー ̄A


きれいなお花だから…ってうっかり摘んじゃったらえらいことになってますね。


山歩きやトレイルの散策をする場合は、十分に気をつけないとダメですねぇ〜。ヽ( ̄д ̄;)ノ



このトレイルは大きな道路に近く、駅につながってるにも関わらず、


野生動物が出る場合もあるようですし。( ̄⊥ ̄;)


実際、比較的新しい野生動物のう○こもありましたよ。煤i゚∇゚|||)


小さい動物ならいいけど、こういう場所でグリズリーやムースには絶対に逢いたくないですよね〜。(;^_^A アセ


今回は獰猛な野生動物に出会うことなく、無事に駅までたどり着きましたけどね〜。(〃゚д゚;A ヤレヤレ



ちょっと長くなりそうなので、続きは次回に書きますね〜。


また見に来てくださいまし〜。(⌒∇⌒)ノ



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)

2007年11月13日

デナリの森の中を歩く & リバーラフティング


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回は昨日の続編デナリ公園入り口周辺のトレイルについてお送りいたします。(*^-^*)

 昨日の記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
      トレイルを歩きながら アラスカ デナリの自然を満喫!


 デナリ公園の関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      アラスカ デナリ国立公園の大自然
      アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その1
      アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その2
      片道6時間の終点、カンティシュナの村
      ゴールドラッシュ時代の雰囲気を味わう! 砂金採りに挑戦!
      お尻のような不思議な柱 & トナカイのホットドッグ


今までのアラスカ紀行の記事全体はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      アメリカ的生活(旅行アラスカ編)



さて。


マッキンリーステーショントレイルを進んでいきますと川が見えて来ました。


a-alasukadenarieki1.jpg


これ ↑ はNenana River(ネナナ川)という川で、


リバーラフティングが楽しめるの川であります。(^-^)


実は えいと@はデナリの2日目にこのリバーラフティングを経験しました。


カメラを持ち込めなかったので、写真が1枚もないんですが、


めちゃくちゃ楽しかったです。(´▽`)


a-alasukadenarieki2.jpg


トレイルを歩いていると、ちょうどラフティングに行くバスが通りかかりました。


そうそう! こんな ↑スクールバスに乗って川上まで行ったんでしたよ。(^○^)


スクールバスってあまり乗りごごちが良くないなぁ


…って思いましたねぇ。古いバスだったからかな? σ(゚・゚*)


ラフティングにはホワイトウォーターラフト、リバーフロートなど何種類かあるんですが、


えいと@は4時間コースのホワイトウォーターラフトに参加しました。(^▽^)/


けっこうハードなコースです。


a-alasukadenarieki3.jpg


穏やかな部分もあるんですが急激に流れが変わったり、急流になったりして、


めちゃくちゃスリリングなラフティングでしたよ〜。(*゚▽゚)v


5月中旬〜9月中旬の間 営業のようです。


興味がある方はこちらのHPをどうぞ〜♪ → http://www.denaliraft.com


ちなみに…。


えいと@がラフティングを楽しんでいる間、


えいと@夫はサーモン釣りにチャレンジしておりました。(*^^*)


釣れたそうですがリリースしたようです。



さて、お話をトレイルにもどしまして…。


    a-alasukadeanarieki5.jpg


立派なシラカバの木 ↑ですね〜! w(゚o゚*)w めっちゃ大きかったですよ。


a-alasukadenarieki11.jpg


かわいい松ぼっくり ↑ですね〜。(*゚v゚*)


アラスカに松の木はけっこうたくさんありました。


アラスカの松は成長のスピードが非常におそいそうです。


長く厳しい冬の間は成長がほとんどないために、


1メートルに満たない高さの木でも樹齢が数十年
であったりするんだそうです。


    a-alasukadenarieki12.jpg


これ ↑ は何でしょうね? 茶色いのは実か種でしょうか? ( ・◇・)?


    a-akasukadenaieki7.jpg


これ ↑ は木につく苔ですね。


この苔はムースのエサになっているようです。(o^-^o)


a-alasukadenarieki14.jpg


約2時間半、デナリの自然の森を満喫して、


いよいよアラスカ鉄道 デナリ公園駅 ↑に到着しました〜。


アラスカの自然の宝庫、デナリともお別れです。


次回はアラスカ鉄道でフェアバンクスに向かいます。(*゚▽゚*)/



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)


2007年11月14日

また連絡ミス??? (`ε´) ちょこっと愚痴


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はトレイルの記事のおまけ ちょこっと愚痴 (`ε´) であります。

 トレイルの記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
    トレイルを歩きながら アラスカ デナリの自然を満喫!
    デナリの森の中を歩く & リバーラフティング



さて。


アラスカ旅行のメイン、デナリ。


デナリではDenali Crow's Nest Log Cabins3泊4日宿泊いたしました。

 Denali Crow's Nest Log Cabinsに関する記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      山小屋風のログキャビン Denali Crow's Nest Log Cabins


いいホテルだったんですが、ちょっとしたトラブルがあったんですね〜。lll(-_-;)lll


何があったか…って?


聞いてくださいますか〜〜〜。えいと@の愚痴話を…。(´□`。)



チェックアウトの日、朝から小雨模様だったので、


えいと@夫妻はチェックアウト時間(午前11時)までホテルでゆっくりする事にしました。


11時になったのでチェックアウトです。


フロントに向かい、キーを返します。


そしてアラスカ鉄道の駅までバスで行きたい…と申し出ますと、


「今さっきバスは出発したよ」 Σ( ̄ロ ̄lll)…って言うんです。


どういうことか聞くと、11時ちょっと前にバスは出てしまった。


12時15分にアンカレジ行きのアラスカ鉄道が到着するから、


そのお迎えのためバスは1時すぎまでホテルにはもどらない。


このホテルは1台しかバスはないから1時まで待つか、駅まで歩くしかない。
…とのこと。


えぇえ〜〜〜〜〜っ! そんなぁ〜〜〜〜っ!!!!! <(T◇T)>


………。 ( ̄_ ̄|||)


このホテルからアラスカ鉄道駅までは、歩けない距離ではない(普通に歩いて30分くらい)んですが、


えいと@夫妻には荷物があるんですよね〜。(T_T)


それをひっぱりながら歩く…って「えぇえーーーっ」(´Д`|||) …って感じなわけです。


それにしてもさぁ〜。


チェックアウトの時間は11時なのに、11時前にバスを出すか??? (▼皿▼#)


どうして11時まで待ってくれないんだよぉ〜。(TmT)ウゥゥ・・・


午後1時過ぎまでバスを待つのもイヤだったので、


荷物を引っぱりながらのトレイル散策に出発した (〃´o`)=3 …ってわけなんですよ。


    a-alasukadenarieki6.jpg


こんな風 ↑ に…ね。(;^_^A アセ


森の中は舗装されてないので、(当たり前)


かなり歩きにくかったですよっ!!! ι(`ロ´)ノ



それとね、これだけじゃなくってね。


実は送迎バスに関してもうひとつあるんですよ。(-"-;)


それはデナリに到着した初日のことです。


アラスカ鉄道がデナリに到着する時間には、


デナリの宿泊所の送迎バスが駅に集まるんですね。(^○^)b


しかし…。


いくら待ってもDenali Crow's Nest Log Cabinsのお迎えのバスは来ません。(ーヘー;)


他のお客さんはドンドン、自分のホテルのバスに乗って宿泊地へ向かっていきます。


ポツンと残された えいと@夫妻。(・_・")(・_・")


他のホテルのスタッフが「あなたたちはどこのホテルなの?」って聞いて来ました。


Denali Crow's Nest Log Cabinsだと言うと、


「あー。あそこはいつも来るのが遅いのよ、


あまり遅いなら電話した方がいいわよ」



…って教えてくれました。


いつも遅い??? なんじゃそりゃ??? (〜д〜*)


…って思いましたが、とりあえず電話してみました。


すると、10分か15分くらいしてお迎えのバスが来ましたよ。


で、バスドライバーが言うには、


「今日は駅へのお迎えの欄が空白だったから、


チェックインのお客さんはいないと思った。ごめんねぇ〜♪」



…ってことなんですね〜。


はぁ〜? 


バスのお迎えの欄が空白だったぁ〜?


で、チェックインの客がいないと思ったぁ〜?
(@Д@;


あのー。ヾ( ̄o ̄;)


ちゃんと予約もしてるし、出発直前にメールで確認もしてるんですけどぉ〜。( ̄Θ ̄;)


アラスカ鉄道が到着する時間にお迎えのバスを駅に向かわせる


…って書いてあったよぉ〜。


駅に到着したら電話連絡が必要! 電話してね♪


…なんてどこにも書いてなかったよぉ〜!(≧ヘ≦)


で、あのまま電話をしなかったらえんえんと待たされた…ってわけですかぃ? (-д-;)


うーん。


これもやはり横のつながりが薄い、連絡ミスのひとつの例なんでしょうか??? (*〜^〜)/??

 横のつながりが薄い…についてはこちら ↓ の記事を見てくださいね〜♪
      デナリでの悲しい出来事
      誰が一番悪いのか? 悲しい出来事を検証する



こーんなことはあったんですけど。


このDenali Crow's Nest Log Cabinsの総合的な評価は悪くないんですよ。


デナリでは充分楽しめたし♪ (*゚▽゚)ノ


こうやって愚痴って聞いてもらえば、それでOK!


アメリカではこういうことがよくあるから、皆さまも気をつけてね〜…ってことで。(* ̄ー ̄)b



さっ!


次回はいよいよアラスカ鉄道展望車両に乗ってフェアバンクスへ向かう!です。(^▽^)/


また見に来てくださいね〜。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)

posted by えいと@ at 09:16| Comment(22) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(愚痴編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

アラスカ鉄道のGOLD席と展望車


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はアラスカ鉄道の展望車の紹介です。

 アラスカ鉄道に関する過去記事はこちら ↓ を見てくださいね♪
    アラスカ鉄道でアンカレジに向かう! 
    アラスカ鉄道にてタルキートナからデナリ公園へ



さて、えいと@夫妻が利用したアラスカ鉄道でありますが。

 
 alasikatetugoutizu .jpg

     (地図はクリックすると拡大します ↑)


スワードを出発し、


アンカレジ→タルキートナ→デナリ公園
を経て、


いよいよ終点 フェアバンクスです。


スワードからデナリ公園までは、えいと@夫妻はコーチ席(一般席)を利用しました。(^-^)


しかし!


デナリ公園駅から終点フェアバンクスまでの区間は、


な、な、なんとっ!!!!!


GOLD席! (@∇@) を取ったのでありますよ。


1区間だけですけど、ちょっと贅沢しちゃいました〜♪ (*´∇`*)


 a-alasukatetudoutenbou1.jpg


GOLD席っていうのはグリーン車みたいなものです。


GOLD席とコーチ席は行き来が出来ないようになっています。


つまり専用車…っていうことなんですねー。


そしてっ! 


GOLD席は展望車両なんですねー。(⌒ο⌒)b


    a-alasukatetudoutenbou2.jpg


こんな感じの席 ↑ ↓ になっています。コーチ席よりも豪華な座席です。


 a-alasukatetudoutenbou3.jpg


なかなか座り心地は良かったですよ。(o^-^o)


で。コーチ席にも展望席はあって、


コーチ席の人でもその展望席であれば自由に行くことが出来ます。


でも、ずーっと展望席に座っておけるわけではないんですね。


混んで来たら後から来た人に替わってあげるのがマナーなんです。


さて、GOLD席の展望車でありますが。


   a-alasukatetudoutenbou15.jpg


こんな風 ↑ に天井が直射日光が入りにくいように配慮されています。


なので眩しい!…ってこともないんですよ。(゚▽゚*)


 a-alasukatetudoutenbou4 .jpg


でね、えいと@夫妻の席は一番前の特等席だったんですよね〜。


この席だと真ん前に座席がないため、前、上、横のパノラマを楽しめるわけです。


めっちゃラッキ〜♪でありました。☆^∇゜) v



そして、食堂車はGOLD席専用の食堂車なんです。


コーチ席のお客さんが来ないんで、混む事がないんですね。


 a-alasukatetudoutenbou19.jpg


コーチ席のレストランはハンバーガー(お皿に入ったちょっといい感じのハンバーガーです)などがメインなメニューでしたけど、


GOLD席のレストランはメニューが豊富でしたねー。(´▽`)


a-alasukatetudoutenbou17.jpg


これ ↑ はシーフードの何かです。(何か忘れました。汗)


a-alasukatetudoutenbou18.jpg


これ ↑ はビーフシチューですね。


けっこうおいしかったですよ〜。(⌒¬⌒*)


a-alasukatetudoutenbou5.jpg a-alasukatetudoutenbou6.jpg 


そしてこのGOLD席にはミニBarがあって専属の乗務員さん ↑がいるんです。


この乗務員さん、愛嬌があって笑顔がステキな女性でした。(*^^*)


コーチ席だと、ビールが欲しい時などは売店や食堂車まで足を運ぶ必要があるんですが、


GOLD席はこの車両で買う事が出来るんですね〜。


パノラマで景色を見ながら飲むアラスカビールは格別でしたね〜。(*^¬^*)



そしてね!


    a-alasukatetudoutenbou14.jpg


お化粧室(WC)↑ がめっちゃきれい!((((≧▽≦)))) なんですねー。


これは感激でしたね〜〜〜。広かったしね。(´∀`)


 a-alasukatetudoutenbou7.jpg


で、これ ↑ が展望車両のみにあるバルコニーなんですねー。


コーチ席で外の写真を撮る時には窓越しなんですけど、


GOLD席にはこういうバルコニーがあるのでダイレクトに外の風景を写真に撮れるんです。


写真が大好きな えいと@にはたまらなくうれしいスペースでしたね〜。(o⌒∇⌒o)v


ほとんどバルコニーに出てましたよ。(*^.^*)



さて、そのバルコニーからの景色でありますが…。


長くなるので次回にお送りいたしますね〜。


ぜひ! 見に来てくださいまし〜。(⌒∇⌒)ノ



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。