2007年10月20日

あの災害を忘れまい! 災害で折れた大木を使った記念の彫刻


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



10月も20日であります。はやくも1/3が過ぎましたね。


だんだん紅葉も美しく色づきはじめ、


秋が深まって来たな〜と感じますね。(*^^*)


しかし。


ここ最近、暖かいんですよ。


えいと@の住むバッファローが。(゚o゚*)


アメリカの北国は今頃は初雪がふってもおかしくないんですけどね。(-_-)ウーム


最近の外気温で暖かい時は華氏75度(摂氏23〜24度)を超える日もあるんですねー。(゚ロ゚屮)屮


どうしちゃったんでしょう?


地球温暖化の影響ですかね? (?_?)


この反動で11月以降がめちゃくちゃ寒くなったらイヤだなぁ〜。


ちょっと不安であります。(´ヘ`;) 



さて、ちょっと前のこと。


えいと@夫とバッファローダウンタウンに行った時のことです。


広場を囲むように何体かの彫刻を見つけましてね。( ・◇・)b


   a-BUFdowntown3.jpg


これら ↑ ↓ は去年のバッファローを襲った季節外れの大雪で倒壊した木々で作った彫刻だそうです。


   a-BUFdowntown1.jpg


そうなんです。


皆さまに感謝! 明日でブログ1周年であります〜!の記事でも書きましたが、


去年の今頃、季節外れの大雪がここバッファローを襲ったんですねぇ〜。(T□T)

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ → アメリカ的生活(災害編)


忘れもしません。2006年10月13日のことでした。(≡д≡)


停電で心細い夜の間中、


バキバキ〜〜〜ッ!!! ザザザーーーッ!!!


…という木がなぎ倒される音が一晩中続いたんですよ。( ̄_ ̄|||)


翌朝、起きてみてびっくりしました。(; ̄Д ̄)


一晩で1メートルほどの雪が積もってることにも驚きましたが、


多くの木がまっぷたつに裂けていたり、


真ん中から折れていた
(@Д@; んですね。


なぜ、そんなひどいことになったかというと…。


10月はまだ木々たちは葉をつけているんです。


落葉には時期がはやかったんですね。


そこで季節外れの大雪! (゚Д゚;)


10月に降った雪は水分をたくさん含んでおり、とても重い雪であったわけです。


その雪の重みに耐えられなくなった木が、次々に倒壊していったんですね。


かわいそうな木々たち…。号(┳◇┳)泣


倒れた木の中には樹齢100年を超す立派な木もあったようです。


そこで、ボランティア達が集まり、


その樹齢100年以上の木でこれらの彫刻を作成したということらしいんですね。


a-BUFdowntown2.jpg


  これ ↑ はバッッファロー(牛)ですね。


  a-BUFdowntown4.jpg


これ ↑ はアメリカのシンボル、イーグルです。



災害は忘れた頃にやって来る…って言いますよね。


備えあれば憂いなしともいいます。


今後、災害などがないことを祈りつつ、


何かあった時にはあわてないで対処できるようにしたいと思います。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)



ラベル:災害 大雪 倒木 彫刻
posted by えいと@ at 10:48| Comment(18) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。