2007年09月22日

マッキンリー上空から登山者発見! & 雪山のクレバス


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回は、昨日の続編であります〜。(^_^)

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
   植村直己よ永遠に…アラスカ タルキートナ
   感激! 植村直己の眠るマッキンリーに小型飛行機で接近!
   キーンと張りつめる空気! 山の上の氷河に降り立つ!



さて。


今回は世にも恐ろしい雪山のクレバス(゚_゚i) をご紹介します。


皆さま、クレバスってご存知ですか?


氷河や雪渓上の深い割れめ、亀裂のことをいうんですね。


普通の山であれば大きく亀裂が入っていたら見た目ですぐにわかります。


しかし、冬の山,雪山においては、


その深いクレバスに新雪が積もってわかりにくくなるんですね。


かの植村直己もクレバスに落下!( ̄[] ̄;) したことがあるようなんですよー。


この時には奇跡的にアイゼンのツメがクレバスの途中でひっかかり命拾いしたということです。 ( ▽|||)サー


宙吊りになった状態で下を見ると底なしの暗闇であったそうです。 
                (植村直己冒険館 参照)


考えただけでもおそろしい…。雪山のクレバス。 (((( ;〜Д゚)))ガクガク


a-makkinnri-kurebasu3.jpg


これ ↑ ↓ がクレバスです。(小型プロペラ機により上空より撮影)


a-makkinnri-kurebasu4.jpg


a-makkinnri-kurebasu5.jpg


夏山であれば雪があってもクレバスの有無はわかるんですね。


やはり冬山の登山は危険なんですね。


厳冬期単独登山を成し遂げた植村直己…って…。


すごすぎます…。(゚∇゚;)


a-makkinnri-hyouga15.jpg


これ ↑ はえいと@達が降り立ったPica Glacier(山の上の氷河)です。 昨日の記事を見てくださいね♪


トコトコ歩いているのは えいと@夫 ↑ であります。(=^‥^A


えいと@夫が歩いている向こうに穴ぼこがあるのがわかりますか?


a-makkinnri-hyouga16.jpg


この穴ぼこ ↑ がクレバスなんですねー。


小型飛行機の車輪の後がある場所以外は大変危険なのでありますよー。



  a-makkinnri-kurebasu2.jpg


さて、こちらの写真 ↑ ↓ は氷河のくぼみに出来た池なんですねー。(小型プロペラ機により上空より撮影)


a-makkinnri-kurebasu1.jpg


これ、小さく見えますけど、きっと大きい池なんだと思います。


こういう池を地理学的にはLacunas(ラクーナ)と呼ばれるそうです。


透き通るような青い池、Lacunas。


これは氷河の前進や後退により氷河が動くことでクレバスが閉じていき、そのくぼみが池となるようなんですね。


なんか自然ってすごい!ですよねー。(>▽<)



さて、お次ぎは…。


a-makkinnri-kyanpu1.jpg


これ ↑ は夏山登山のグループなんです! (*゚▽゚)ノ


偶然にも登山中(歩行中)のグループをパイロットが発見したんですねー。


こんな風に1列になって歩くんですねー。


こういう雪山登山は前の登山者との距離を一定に保つことが必要なんですね。


夏山はまだ視界がありますが、これが冬山登山だと視界がブリザード等で遮られるので、


前の登山者を見失う=遭難の危険に結びついてしますわけです。


あぁ…。おそろしい…。(((((;´д`)))))


a-makkinnri-kyanpu2.jpg


これ ↑ は登山者のキャンプですねー。


テントを張っている様子が伺えます。


北米最高峰,世界第3位の高さを誇る美しいマッキンリー。


登山家の心を魅了してやまない山なんでしょうねー。(*゚v゚*)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。