2007年09月20日

感激! 植村直己の眠るマッキンリーに小型飛行機で接近!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はアラスカ Mount McKinleyの美しい景色をお送りします。(*゚▽゚)ノ


アラスカ Mount McKinleyは北米の最高峰。標高は6194メートルです。高いですねー。


そしてここは植村直己が永遠の眠りについた地でもあるんですね。

関連記事はこちらを見てくださいね♪ → 植村直己よ永遠に…アラスカ タルキートナ


さて。ここデナリ公園一帯は山岳地方でお天気が非常に変わりやすく、


マッキンリーがクリアーに臨めるのは20%以下であると聞きます。


雨が降らなくても雲に隠れてなかなかその姿を見せてくれない…ということらしいんですね。(゚^ ゚ ;)


しかしっ!


なんとラッキーなことに、えいと@夫妻がタルキートナに滞在した日は、


こんなクリアーな日はめったにない! (@∇@)


…と地元の方が絶賛するくらいの快晴でありました。(/^▽^)/ ヤッター


このアラスカ旅行は全ての訪問先がハイライトなのですが、


その中でも特に!!! スペシャルハイライト!!! (≧∇≦) がここマッキンリーだったわけなんですねー。


さて、そのスペシャルハイライトなマッキンリー。


えいと@夫妻はフライトシーィング(遊覧飛行)にチャレンジしたんですねー。(^∇^)


小型飛行機に乗っていざ! マッキンリーへ!!! \(^▽^)/


a-makkinnri-2.jpg


Mount McKinleyはデナリ公園とタルキートナのほぼ中間に位置し、


電車もバスも車も通れないような、湿地帯の奥に凛とそびえ立っている山なんですね。


   a-makkinnri-1.jpg


小型飛行機で30分程湿地帯の上空を飛んでいましたが、


向こうの方 ↑ に見えてきましたよー。マッキンリーがっ!!!!! (◎◎ゞ)


a-makkinnri-4.jpg


標高が違うと残雪もぜんぜん違うんですねぇ〜。↑


a-makkinnri-3.jpg


    これ ↑ は氷河の痕跡ですね。


    氷河がたどった道筋がくっきりとわかります。


   a-makkinnri-8.jpg


さあ! いよいよ小型飛行機はマッキンリーに接近して行きます! ↑


a-makkinnri-11.jpg


雪がとってもきれいですよねー。↑ サラサラの雪質っぽい感じですねー。(゚∇゚)


a-makkinnri-6.jpg


小型の飛行機なのでかなーりマッキンリーに近よってのフライトです!↑


もう手が届きそう〜〜〜。。。( ̄▽ ̄)ノ…そんなわけはありませんが。(=^‥^A


   a-makkinnri-9.jpg


山頂付近はこんな風になってるんですねー。すごい切り立った感じの山ですね〜! w(*゚o゚*)w


こんなすごい山に登るなんて…。登山家ってすごい!ですよねー。(-_-)ウーム


a-makkinnri-5.jpg


植村直己が眠るマッキンリーを上空からこんなに間近にクリアーに観ることができて、


本当に本当に感激!!!!! (;∇;) でありました!



次回はマッキンリー近くの山の氷河の上に立つ!


そしてマッキンリーのクレバスの様子をお送りしますね〜。


ぜひ! 見に来てくださいまし〜。(●⌒∇⌒●)ノ



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。