2007年09月21日

キーンと張りつめる空気! 山の上の氷河に降り立つ!!!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回は、昨日の続編であります〜。(^_^)

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
   植村直己よ永遠に…アラスカ タルキートナ
   感激! 植村直己の眠るマッキンリーに小型飛行機で接近!


小型プロペラ機でマッキンリーの周辺をフライトし、


マッキンリー山から約15マイル(約24キロ)離れたPica Glacierという氷河に着陸します。


このタルキートナのフライトシーイングは何種類かあり、


小型のプロペラ機でマッキンリー付近をフライトのみのコース 1.5時間。


小型のプロペラ機でマッキンリー付近をフライト後、氷河に降り立つコース 2時間。
← えいと@夫妻のプランはこれ。(⌒ο⌒)b


その他にも小型ジェット機でフライトするコースなど、いろいろなコースが選べるんですね。


はじめはフライトだけで十分かなー…と思ってたんですが、


アラスカのマッキンリーなんてそう何回も来れる場所ではないし、


せっかくだから山の上の氷河に降りちゃおう! (* ̄∇ ̄)/


…ってことで2時間コースを選んだんですねー。(*゚v゚*)


a-makkinnri-hyouga5.jpg


これ ↑ がえいと@夫妻が乗った小型プロペラ機です。


パイロットを入れて5人乗りなんですよー。


めっちゃ小さいプロペラ機でしたー。(゚ー゚;A


a-makkinnri-hyouga4.jpg


いよいよPica Glacierに降り立ちます!


見てください〜。この澄み切った青い空!!!!! ↑ ↓ (*´∇`*)


空気がすんでいてキーン!と張りつめたような感じでしたねー。


太陽が雪に反射してすごーっく眩しい!!!んですよー。(◎Д◎)


サングラスは絶対に必需品!ですっ! d( ̄‥ ̄)=3


   a-makkinnri-hyouga6.jpg


ここは氷河なんですが、その氷河の上にが降って積もってるんですねー。


なのでサラサラなんです。(^○^)


今まで観て来たアラスカの氷河は青い氷の塊で固かったんですね。

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ ↓
   アラスカで氷河を観る!(ジュノー編)
   世界遺産 グレーシャーベイに迫る!
   感激! 轟音とともに崩れる氷河!!!
   マタヌスカ氷河の上を歩く!


このPica Glacierも雪がなかったら氷の世界なんでしょうねー。


雪に覆われた山の上の氷河なんですねー。(=^▽^=)


  a-makkinnri-hyouga8.jpg


小型プロペラ機の着陸時に使用するタイヤにもスキーが取り付けてあるんです。↑


a-makkinnri-hyouga9.jpg


マッキンリーもこーんなに近いんですねー。↑


a-makkinnri-hyouga2.jpg


えいと@達の飛行機より早い時間にPica Glacierに到着していた他の飛行機が出発をするようです。↑


えいと@達のプロペラ機よりやや大きい飛行機のようですね。σ(゚・゚*)


a-makkinnri-hyouga3.jpg


  ぶぅーーーーーーーーーーーん!!!


  ものすごい音でしたよー。爆音です。(゚o゚*)


a-makkinnri-hyouga1.jpg


飛んでいきました。速いですねー。もう小さくしか見えませんよ。↑


 a-makkinnri-hyouga10.jpg


パイロットのおじさんと記念撮影〜♪ ↑ ヽ(^◇^*)/


このおじさん、お客さんといっしょに写真を撮ったりしないのかなぁ? ( ・◇・)?


「一緒に写真を撮ってください〜」ってお願いしたら、


「え? わし? わしと一緒に撮るの?」 !!!(゚ロ゚!


…って、えらくびっくりされちゃったんですもん。(^_^;)



…てなわけで。


約20分間Pica Glacierの上で青い空と白い氷河+雪、クリアーな空気を楽しみ、


えいと@達はタルキートナに向けて出発したのでありました〜♪ (⌒∇⌒)



ところで、昨日予告しておりましたマッキンリーのクレバスの様子の写真は、今回 載せきれませんでした〜。m(*- -*)mス・スイマセーン


次回の記事にUPしますねー。


と、同時に登山中やキャンプをしているグループ(上空から撮影)の写真もUPします。


また見に来てくださいまし〜。(o⌒∇⌒o)/



   【おまけ】


復路は座席のチェンジです。o(゚▽゚o)


えいと@はパイロットのおじさんの横の座席に座りました。


往路はえいと@夫妻は中央の席で、もう一組の女性がパイロットの横でしたからねー。


交代で えいと@がパイロットの横の席に座れました。


 a-makkinnri-hyouga11 jpg


これ ↑ は えいと@夫が最後部座席から撮影した写真です。


小型のプロペラ機に乗る時は、全員こんな風 ↑ にヘッドホンをします。


プロペラ機ってめっちゃうるさいですからね。(;´Д`A ```


飛行機の中で普通の会話なんてできません。まったく聞こえません。/(x_x)\


なので緊急時はこのヘッドホンを使って会話をするんですよー。


えいと@の後ろにある首を絞めて来そうなノリの紐 ↑ はシートベルトであります。(;^_^A


 a-makkinnri-hyouga12 .jpg


飛行機の中はすごっく狭くて、えいと@夫は天井に頭がくっついています。↑ (^∇^;)


最後部座席が一番狭いんですねー。


このフライトシーイングは体重制限があるようです…。 (^^;)


お相撲さんとかは…乗れないんでしょうねー。。。おそらく…。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)



2007年09月22日

マッキンリー上空から登山者発見! & 雪山のクレバス


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回は、昨日の続編であります〜。(^_^)

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
   植村直己よ永遠に…アラスカ タルキートナ
   感激! 植村直己の眠るマッキンリーに小型飛行機で接近!
   キーンと張りつめる空気! 山の上の氷河に降り立つ!



さて。


今回は世にも恐ろしい雪山のクレバス(゚_゚i) をご紹介します。


皆さま、クレバスってご存知ですか?


氷河や雪渓上の深い割れめ、亀裂のことをいうんですね。


普通の山であれば大きく亀裂が入っていたら見た目ですぐにわかります。


しかし、冬の山,雪山においては、


その深いクレバスに新雪が積もってわかりにくくなるんですね。


かの植村直己もクレバスに落下!( ̄[] ̄;) したことがあるようなんですよー。


この時には奇跡的にアイゼンのツメがクレバスの途中でひっかかり命拾いしたということです。 ( ▽|||)サー


宙吊りになった状態で下を見ると底なしの暗闇であったそうです。 
                (植村直己冒険館 参照)


考えただけでもおそろしい…。雪山のクレバス。 (((( ;〜Д゚)))ガクガク


a-makkinnri-kurebasu3.jpg


これ ↑ ↓ がクレバスです。(小型プロペラ機により上空より撮影)


a-makkinnri-kurebasu4.jpg


a-makkinnri-kurebasu5.jpg


夏山であれば雪があってもクレバスの有無はわかるんですね。


やはり冬山の登山は危険なんですね。


厳冬期単独登山を成し遂げた植村直己…って…。


すごすぎます…。(゚∇゚;)


a-makkinnri-hyouga15.jpg


これ ↑ はえいと@達が降り立ったPica Glacier(山の上の氷河)です。 昨日の記事を見てくださいね♪


トコトコ歩いているのは えいと@夫 ↑ であります。(=^‥^A


えいと@夫が歩いている向こうに穴ぼこがあるのがわかりますか?


a-makkinnri-hyouga16.jpg


この穴ぼこ ↑ がクレバスなんですねー。


小型飛行機の車輪の後がある場所以外は大変危険なのでありますよー。



  a-makkinnri-kurebasu2.jpg


さて、こちらの写真 ↑ ↓ は氷河のくぼみに出来た池なんですねー。(小型プロペラ機により上空より撮影)


a-makkinnri-kurebasu1.jpg


これ、小さく見えますけど、きっと大きい池なんだと思います。


こういう池を地理学的にはLacunas(ラクーナ)と呼ばれるそうです。


透き通るような青い池、Lacunas。


これは氷河の前進や後退により氷河が動くことでクレバスが閉じていき、そのくぼみが池となるようなんですね。


なんか自然ってすごい!ですよねー。(>▽<)



さて、お次ぎは…。


a-makkinnri-kyanpu1.jpg


これ ↑ は夏山登山のグループなんです! (*゚▽゚)ノ


偶然にも登山中(歩行中)のグループをパイロットが発見したんですねー。


こんな風に1列になって歩くんですねー。


こういう雪山登山は前の登山者との距離を一定に保つことが必要なんですね。


夏山はまだ視界がありますが、これが冬山登山だと視界がブリザード等で遮られるので、


前の登山者を見失う=遭難の危険に結びついてしますわけです。


あぁ…。おそろしい…。(((((;´д`)))))


a-makkinnri-kyanpu2.jpg


これ ↑ は登山者のキャンプですねー。


テントを張っている様子が伺えます。


北米最高峰,世界第3位の高さを誇る美しいマッキンリー。


登山家の心を魅了してやまない山なんでしょうねー。(*゚v゚*)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

2007年09月23日

ロブスターをBBQグリルで焼くとめちゃGood!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


BBQグリルを購入してはや1ヶ月。(^-^)

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ → BBQグリルで焼き肉だぁ〜〜〜っ♪


けっこう使ってるんでありますよー。


便利です。かなり♪ (⌒∇⌒)v


準備も後片付けも、すべてえいと@夫の役目だし…。


こんなに便利なものはないですねーーーーっ! v(≧∇≦v)三(v≧∇≦)v



さて。


昨日、本日と2日続けてBBQをした えいと@家。


何ぃーーーーーっ? 2日もBBQぅーーー? (゚∇゚ ;)


よーやるなぁ〜…って思われます?


うふ。(*´∇`*)


ホント,その通りでございます。よーやりますよね。2日も。(;^_^A


でもねっ!


1日目はお肉。


そして2日目はなんとっ!


ロブスターを焼いたんでありますよ〜っ。(〃^∇^)ノ


ロブスターですよ。海老のでっかいの。(´∀`)


a-BBQrobusuta-2.jpg


じゃん! これこれ、これですよー。ロブスター。↑ ↓ (*^▽^*)/


a-BBQrobusuta-3.jpg


アメリカのスーパーなどではこんな風にロブスターの尾だけで売ってくれるんですねー。


以前、まるまる生きたまま買ったことがありますが、


あれは辛い…。|||(-_-;)||


生きたまま鍋にしたんですよねー。


あれはかわいそうで泣きそうでしたー。。゜゜(´□`。)°゜。

 関連記事はこちらを見てくださいまし。→ じゃ〜〜〜ん! バルタン星人だっ!


あんな残酷なことはもうしたくないんで、


えいと@はそれ以降はロブスターの尾の部分を買うようにしてるのであります。


a-BBQrobusuta-7.jpg


焼きに入りますよ〜。うぅうーーーっ! いい色になって来てますねっ! (=´▽`=)


a-BBQrobusuta-6.jpg


さてっ! 焼き上がったようですよー。(゚▽゚*)


  a-BBQrobusuta-8.jpg


いい色ですねー。赤って食欲をそそる色なんだそうですよー。


a-BBQrobusuta-9.jpg


えいと@夫がロブスターの殻と格闘しております。↑ (>▽<)


かなーり熱かったようです。


a-BBQrobusuta-10.jpg


どうです〜? おいしそうじゃあーりませんか。(⌒¬⌒*)


何もつけなくてもほんのりと自然な塩味がするんですよ。


めっちゃおいしかったです! (≧∇≦)v


おススメですっ!!!!! 焼きロブスター!!!(=∩_∩=) v



   【おまけ】


えー、1日目のお肉のBBQですが。


えいと@はテンダーロインのステーキ肉を買って来たんですよ。


a-BBQhireniku1.jpg


どうです? なかなかよさげなお肉でしょう? (*^^*)


実は安かったんですよねー。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


でね。


アメリカのお肉って脂肪分が少ないんですよねー。


テンダーロインはもともと脂肪分が少ない部位ではあるんですが。


何ていうかね。


日本で買うテンダーロイン(ヒレ肉)とはちょっと違うんですよねー。


日本のテンダーロインに比べて固いんですよね。c(゚^ ゚ ;)


…かなり…。


安かったからかなー。(-ω-;)ウーン


なので。


a-BBQhireniku2.jpg


こんな風 ↑ にステーキっぽくBBQすると、なんかいまいちだったんですね。( ̄へ ̄|||) …写真がボケました〜。(T_T)モウシワケナイ


なので。


a-BBQrobusuta-5.jpg


2日目はこんな風 ↑ にテンダーロインを焼き肉風にして焼いてみました。


すると、おいしくいただけたのでありますねー。(⌒ο⌒)b


アメリカのお肉も工夫次第でおいしくいただけることがわかって、


えいと@はとてもうれしいですぅ〜♪ (○゚ε^○)v



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

posted by えいと@ at 10:21| Comment(20) | TrackBack(0) | お気楽クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

何歳になってもチャーミーグリーン♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


今回は久々にお気楽写真館をお送りします♪



えいと@がこうなりたいなー…って願っていること。


それは何歳になってもチャーミーグリーン♪なんです。(*^^*)



a-tya-mi-green2.jpg


なんてステキ♪なんでしょう。(*´∇`*)


熟年になってもこんな風に手をつないで歩く…って。


いいですねー。(o^-^o)


この写真 ↑ はアラスカ アンカレジのジャコウウシ牧場を見学した時に、同じグループであったご夫婦です。

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ ↓
   アラスカで一度絶滅した氷河期時代の生き残り【ジャコウウシ】





a-tya-mi-green1.jpg


こちらの写真 ↑ はLockportの街を散歩してる時に見かけたご夫婦です。

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ → 美しい運河の街 NY州 Lockport


いいですねー。(^-^)


お天気のいい日に運河沿いを手をつないでお散歩。


なんかほのぼの〜ほっこり♪しますよねー。(=´▽`=)



ご夫婦の奥様のお尻が大きいのは、


きっと幸せの証なんでしょうねー。=^-^=



以前ご紹介した 熟年になっても…I Love You…♪


いついつまでも こんな風に笑顔で相方を見つめるようでありたいな〜♪


…っていつも えいと@は思います♪ (=^∇^=)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

posted by えいと@ at 09:18| Comment(19) | TrackBack(0) | お気楽写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

アラスカ鉄道にてタルキートナからデナリ公園へ


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はアラスカ鉄道にてデナリ公園に向かいます。

 今までのアラスカ紀行の記事はこちら ↓ を見てくださいね♪
     アメリカ的生活(旅行アラスカ編)



さて。


北米最高峰,マッキンリーに別れを告げ、


アラスカ鉄道はデナリ国立公園へと走ります。(^-^)


a-alasukataruki-tona1.jpg


これ ↑ はタルキートナの駅です。


小さい小さい駅なんですよー。(^○^)


a-arasukatetudoudenari1.jpg


列車の各ドアーにはこんな風 ↑ に車掌さんがいて、チケットのチェックをします。


素敵な笑顔の車掌さんですねー。(*゚v゚*)


   a-arasukatetudoudenari12.jpg


アラスカ鉄道には一般席(コーチ席)の他に展望席 ↑もあるんです。


別料金の展望車両もありますが、(後日記事にしますね〜♪)


この展望席 ↑ ↓はコーチ席の中にあって、自由に座ることが出来ます。


ただし、ずーっと独り占めで展望席に座りっぱなしはマナー違反なんですねー。( ̄  ̄)b


他のお客さんが入って来て席がなかったら変わってあげるようにしましょう。☆^∇゜)


a-arasukatetudoudenari8.jpg


屋根の部分が透明ガラスになってるので、なかなかいい眺めです。(o^-^o)


a-arasukatetudoudenari3.jpg


おやっ。反対側からアラスカ鉄道がやって来ましたよ。(*゚o゚*)


a-arasukatetudou4.jpg


おぉおーーーっ! 近づいて来ましたねーっ!ヽ(*'0'*)ツ


a-arasukatetudou5.jpg


アラスカ鉄道は1日1本しか走らない単線の列車であります。


1日1回、アンカレジ発 → フェアバンクス行き


フェアバンクス発 → アンカレジ行き のアラスカ鉄道がすれ違う場所
が、


ちょうどタルキートナとデナリ公園の間なんですねー。(⌒ο⌒)b


a-arasukaterudou6.jpg 


列車と列車の間隔が狭いのでスピードを落として走るんですねー。(^_^;)


a-arasukatetudoudenari11.jpg


さて。3時間40分のアラスカ鉄道の旅が終わり、


いよいよデナリ国立公園駅 ↑に到着しました〜! (^▽^)/


次回からデナリ国立公園の大自然の記事をUPしますね〜。


ぜひ! 見に来てくださいませ〜。(=^▽^=)ノ



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。