2007年09月16日

驚き!!! (@Д@;の手作業な銀行のシステム その理由は…


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


一昨日と昨日の記事で、たくさんのコメントをいただきましてありがとうございました〜。(^人^)

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ ↓
  家賃のペナルティが来るか来ないかドキドキの2週間
  行方不明になった銀行のチェック(小切手)


皆さまが えいと@と一緒になって怒ってくださったりびっくりしてくださったり…。


とても嬉しく思ってます〜。(;∇;)



さて。


再びアメリカの銀行について書いてみたいと思います。


アメリカの銀行…って。


信じられないかもしれないんですけど。


手作業が中心なんですよーーーっ!ヽ(*'0'*)ツ


昨日、コメントでおね太郎さんが以下のことを書いておられました。


私がびっくりしたのが
こちらの「自動引き落とし」ってね、
日本みたいにコンピューター処理でなくって
銀行員が「小切手を切って入れるから当然ミスがあるますから、ご本人がしたほう
が確実ですよ」
ってオットが銀行員に言われたそうですよ〜〜〜
つまり、えいと@さんの家賃なら行員が
「1日はえいと@家の・・」
って手で書いて処理するんです。



そうなんです。


一応、アメリカにも自動引き落としなるシステムは存在するんですよ。(-_-)


しかしっ!


コンピューターが自動でやるのではなく、


銀行員が 一人分ずつ手作業でやってる!!!
Σ(゚口゚; のでありますよぉ〜。


どうです? これ、日本じゃありえないお話でしょ?


でも事実なんですねー。(゚ー゚;A


他にも、例えば他の銀行に送金しようとしますでしょ?


アメリカの銀行はこれも手作業でやるわけなんです。


通帳から数字だけをコンピューターで操作して送金処理をする日本と違い、


アメリカは銀行員が手作業で一度出金手続きをしてそれから送金処理をするんですねー。(; ̄□ ̄A


もちろんATMでの送金も手作業なんですよ。


以前に記事に書きましたがATMの入金や送金は当日処理できないんですね。(-"-;


銀行員による手作業ですから。

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ ↓
   本当にアメリカは先進国なのか?!(愚痴)その2


信じられないでしょう? (@_@)


これがアメリカの銀行システムなんですね。


で。


どうして今時こんな手作業でしか処理ができないのか


…といいますと。


実はね、銀行の回線システムの問題らしいんですね。(゚-゚;)


日本の場合は銀行同士の回線は1種類のみなんだそうです。


だから他銀行へもATMやインターネットで簡単に送金ができるんですね。


ありがたいことです。(=´▽`=)


日本の場合は郵貯と銀行の回線システムがまだ別なんですね。


郵便局も民営化されたわけですし、今後は1本化していくことになるんでしょう。


しかし!


ここアメリカの銀行の回線はっ!


な、なんとっ!!! 6種類!!!!!! |)゚0゚(| ホェー!! もあるそうなんですっ!


その回線システムが全く異なるために銀行間のやりとりが全て手作業になっちゃうんですねー。


6種類のうちの同じ回線システムを使っていれば日本と同じようにコンピューターでできるんですけどね。


アメリカの銀行ってめちゃくちゃ数が多いですから。


ほとんどの銀行が違う回線システムなわけなんですねー。(−x−;)


じゃあ1本にすればいいじゃん? (・◇・ )b


そう思われますぅ〜?


(* ̄∀ ̄)"b" チッチッチッ


そんな簡単にできるんだったら今頃こんなめんどーなことやってません。


今、この時点でシステム統合しようとしたら、


きっとアメリカ中 大混乱!!! |||凹[◎凸◎;]凹||| になってしまうことでしょう。


皆さま、ご記憶に残っておられますでしょうか?


2002年に第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併によりみずほ銀行が誕生した時のことを。


あの当時、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行はそれそれ異なった処理システムで操業してたわけなんですね。


で、合併に伴いシステム統合をしたわけです。


その結果、何が起こったか…というと。


ATMが使えない! 送金が出来ない! 二重に引き落とされてる! 入金したのに記帳されない! <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!


などなど、ものすごい不具合が出ちゃったわけです。


あの時の状況がアメリカ中で起こったら…。 ( ▽|||)サー


1銀行の不具合ではなく、アメリカ中の銀行が不具合になってしまうわけなんですよね。


あぁ、考えただけでおそろしい…。(((((((;´д`)))))))


そんなわけで、今更どーすることもWE CAN NOT!!!なわけなんでありますねぇ〜。(T_T)


なのでアメリカに住んでいる方々は、


家賃、光熱費,電話代、インターネット代、その他もろもろを、


毎月毎月、めんどうでもチェック(小切手)をきって郵送
してるわけなのでありますねー。


本当に面倒だしきちんと届くか心配なんですけど、…仕方がありません。(≡д≡) 




   【おまけ】


昨日のコメントで


『小切手』って聞くとやっぱり社長とかがやりとりするイメージしかなくて
なんかすごいわ〜と思ってしまいます。



って書いていただきました。(*^^*)(By フタコトリさん)


確かに日本に住んでると小切手なんてお目にかかることってなかなかないですよねー。


小切手っていったら会社の取引で使われる手形とか、


フタコトリさんが書かれてるように、


社長さん等の偉いさんが「これで支払ってくれたまえ!」( ゚Д゚)y─┛〜〜


…なんて100万円単位のお金が書いてあるようなイメージですよねー。


活字で書いててもなかなかイメージできないと思うので、


日本にお住まいの方のためにアメリカのチェック(小切手)はこういうものだ!


…と実物をお見せいたしましょう〜〜〜っ。(*゚▽゚)ノ


アメリカにお住まいの方は見飽きたシロモノだと思われますが…。(^_^;)


a-banktixekku1.jpg


じゃん! これ ↑ であります。こういうにはいって送られて来るんですねー。


ちなみにこれ ↑ は解約したC銀行のチェックです。もう使っておりません。


a-banktixekku2.jpg


これ ↑ がチェック(小切手)であります。


大きさの比較のため携帯電話を横においてみました。


わりに小さいもんでしょ? (^○^)


a-bankutixekku3 .jpg


使い方はこうです。↑ こんなふうに書き込んで1枚ちぎって(切って)使います。


黒字の部分を自分で記載するわけなんですね。


これがアメリカで生活する者にはまことに身近なものなんでありますねぇ。


金額が大きくなくても使えるんですよー。


5ドルや10ドルとかでもきることが出来ます。(*゚v゚*)


はじめてチェックをきった時は、もうドキドキ (〃゚д゚; しましたけどねー。


もう慣れちゃいましたねぇ〜。(=^‥^A


どっかの社長さんや偉いさんじゃなくても、


アメリカでは銀行口座を持っていれば持つことが出来る小切手なのです。


これがなければまっこと不便なわけであります。


なので送って来なかったA銀行にはちょこっとムカついてる えいと@なのでありました〜。(〜д〜*)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)


posted by えいと@ at 09:57| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(愚痴編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

美しい運河の街 NY州 Lockport


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



本日は美しい運河の街 Lockport(ロックポート)をご紹介したいと思います。(^-^)


ところで、えいと@夫妻は先月運河の街 Lowellに行って来ました。


Lowellはマサチューセッツ州ボストンの郊外にあるきれいな街です。


そして産業革命の時代に栄えた繊維工業の街であります。

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ ↓
      産業革命の街 Lowell を訪ねる
      CANAL(運河)をボートで巡る



今回ご紹介するLockportはニューヨーク州バッファローから車で1時間くらい離れたところにある美しい街なんですね。


a-lockportunga1.jpg


きれいでしょう? (*^^*)


古い街なんですよー。Lockportって。


Lockportの運河


カナダからの資源をNY州やMA州に運搬するための分岐点


…としての役割を果たしてたんですね。


Lowellとの違いは繊維工業などの産業のためではなく、


運搬のための運河であったんですね。


なので運河の汚染状態もLowellのように深刻なことにはならなかったようです。


    a-lockportunga5.jpg


こういう ↑遊歩道が運河沿いに設けられてるので、


気持ちのいい季節には散歩や日なたぼっこを楽しむためにここを訪れる人が多いんですよー。(*゚▽゚)


a-lockportunga4.jpg


  自転車で運河を散歩する父子 ↑ですね〜。


  こういう風景を見ると和みますよねー。


  すごく平和なひと時を感じちゃいます。


a-lockportunga7.jpg


運河には橋があちらこちらにかかっておりまして。


その橋は船が通る時には、


カンカンカンカン!!!!!と、まるでJRの踏切のような音を出し、


ググググーーーッ橋が上に上がるのでありますねぇ〜。


a-lockportunga6.jpg


ね? 上と下の写真の橋の位置が違うでしょう?


写真の左側の白い塔に係の人がいて、


船が橋に近づくとこうやって鐘を鳴らして橋を上下させているんですねー。


はじめはJRの踏切みたいな音にかなーりびっくりしたけど、(゚ー゚;A


こういう風景って昔風でいいもんだなーっ思いましたねぇ。


a-lockportunga8.jpg


船が通らない時には橋はこんなふう ↑ になっていて、


普通に車や自転車,歩行者も通るんです。


現在は資源の運搬は大型トラックが行うようになり、


運河の役割も時代とともに少なくなってしまったんですねー。


現在は観光用のボートやたまにどこかの会社の船が通る静かな運河です。


a-lockportunga2.jpg


    a-lockportunga3.jpg


アメリカのいいところはこういう古い街並を積極的に残すところなんですねー。(*゚v゚*)


まわりに住宅もあるんですけど景観を壊さないような建物ばかりです。


これってすばらしいことですよね。(^▽^)b


でね。


うれしいことに。


えいと@夫妻は引っ越して来て、このLockportの運河まで自宅から近いんですよー。(*^▽^*)


歩いては行けませんけどね。


気が向いたらちょこっと行ける距離なんです。


真冬の運河も見ることができちゃうんですねー。


とっても楽しみです♪ (⌒o⌒)b♪



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

ラベル:写真 風景 運河

2007年09月18日

ちょっとお先にしゃぶしゃぶ鍋〜♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



先日の日曜日、アメリカの北部は気温が下がりましてねー。


ノースダコタ州やミネソタ州の北部なんて、なんとっ! 


氷点下! (゚_゚i)タラー になったらしいんですねー。


えいと@が住むニューヨーク州バッファローはそこまでは下がらなかったですけど、


気温が華氏43度(摂氏6度)になったわけです。


6度!ですよっ! 6度っ!!!!! (@Д@;


今、いったい何月ぅ〜〜〜っ?


ハイ。9月です。(;´▽`A


9月ちゅーたら日本じゃまだ残暑厳しい毎日ですよねー。


アメリカの北部では9月で摂氏一桁な気温になることもあるんですよねー。


おぉ、寒い。(((=_=)))ブルブル


ま、幸いにしてバッファローが摂氏6度になったのは午前5時〜6時頃。


そんな時間に えいと@夫妻が起きてるわきゃないのでありまして。(∩。∩;)ゞテヘヘ


お布団に包まって爆睡中なのでありましたー。(∪。∪)。。。zzzZZ


でも日中の温度も華氏51度〜60度(摂氏11度〜15度)とけっこう涼しい…ていうか。


涼しいどころか ちょっと寒かったのでありますよ。{{(>_<)}}


そこでっ!


その日の夕食はしゃぶしゃぶにしたのでありますね〜っ♪ (=^▽^=)ノ



ところでアメリカでは薄切りのお肉は非常に手に入りにくいんですねー。


スーパーのお肉売り場なんかではまず売ってません。(*゚ο゚)b


お肉専門店ならスライサーで薄切りにしてくれるお店があるんです。


以前の記事でご紹介しましたが → アメリカでしゃぶしゃぶ!


バッフアローにはFEDERAL MEATSってイタリア系のお肉屋さんがあります。(^-^)


引っ越してこのお肉屋さんが家から遠くなっちゃったんですけど、


今回、たまたま用事があって近くを通ったので、牛ロースの薄切りをオーダーしました。


アメリカのお肉屋さんで普通に「薄切りでお願いします」…ってオーダーすると、


豚の生姜焼きくらいの厚さのスライスになっちゃうんですよー。(゚-゚;)


なので「紙のようにめっちゃ薄くスライスしてね」


…って頼むんです。(*゚▽゚)ノ


薄くスライスできないお店や、冷凍してからだったらスライスしてくれるお店もあるんですが、


このFEDERAL MEATSは、すぐその場で紙のように薄くスライスしてくれます。


  a-itariausuggiriniku1.jpg


今回は2ポンド(約900g)の大きさのロース肉をスライスしてもらいました。(^○^)


1ポンドくらいのお肉だと機械でスライスできないようですが、2ポンドは大丈夫でした。


  a-nabenozairyou2.jpg


…あんなしおいしそうに盛り付けてないけど…。


だってぇ〜。2ポンドの薄切り肉をひとつの袋にまとめて入れられちゃったんだもん〜。


はがすの大変だったんですよっ!


でも…。これ ↑ で700gくらいですかねー。二人で700gって…ちょっと食べ過ぎ??? (>▽<;


  a-nabezairyou1.jpg


材料は…白菜と豆腐と…。


豆腐はこれ ↓ が一番絹ごし豆腐に近いんですね。


  toufu1.JPG


この豆腐 ↑ は中国系のスーパーで売ってます。1丁1.25ドル(約150円)くらいです。


アメリカのスーパーに売ってるTOFUはちょっと固いんですよねー。鍋には向かないかなー。


あと…これ ↓ なんですけどね。


  a-ookiisiitake1.jpg


アメリカのきのこなんですけど。


なんて名前なんですかね? (・◇・ )? これ。かなーり歯ごたえのあるきのこです。


大きいんですよー。直径13〜15センチはあります。


今回は急きょ しゃぶしゃぶをすることになったので、材料はこれだけ。(=^‥^A


    a-wagayanonabe.jpg


えいと@家には土鍋がないんで、鍋料理はもっぱらこの深鍋 ↑ です。


ひとくちいただいて出て来た言葉は…。


あぁ〜♪ おいしいぃ〜♪ 幸せぇ〜♪ (*´∇`*)


であります。


やっぱ寒い時にはしゃぶしゃぶ! 鍋!ですねぇ〜。(*^▽^*)v



   【おまけ】


しゃぶしゃぶに欠かせないごまだれ。


アメリカで買うとめちゃくちゃ高いのでありますよー。(;へ:)


gomasyabu1.JPG  gomasyabu2.JPG


ね? このゴマだれが6.5ドル!(760円!) Σ(゚口゚; なんですっ!


ま、仕方がないですけどねー。(-_-;)


白菜も高いし…。


日本の食べ物はアメリカでは高くかかっちゃうのでありましたー。|||||(_ _。)ブルー||||



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

posted by えいと@ at 09:31| Comment(24) | TrackBack(0) | お気楽クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

植村直己よ 永遠に… アラスカ タルキートナ


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


しばらくお休みをしていましたが、シリーズえいと@のアラスカ紀行を再びお送りしたいと思います。


えいと@夫妻はカナダ バンクーバーを出発し、


クルーズにてアラスカインサイドパッセージを巡り、


スワード、アンカレジを経て、


アラスカ鉄道でタルキートナという小さい街に到着しました。

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ → アメリカ的生活 旅行アラスカ編



さて。


皆さまは植村直己をご存知でしょうか?


そう、かの有名な冒険家 登山家の植村直己であります。


彼の人生最後の登山はここタルキートナから出発したんですね。(o^-^o)


a-alasukataruki-tona2.jpg


廃車をモーテルの看板 ↑にしちゃうあたり、アメリカですねー。


ここ ↑ ↓ はかつて植村直己が宿泊した モーテルRATITUDE62です。


a-alasukataruki-tona3.jpg


植村直己はこのモーテルの5号室に宿泊したらしいんですねー。


えいと@夫妻が予約をした時には、もう5号室は予約済みでして。(日本人以外のお客さん)


えいと@夫妻は10号室でした。(゚・゚*)


a-alasukataruki-tona7.jpg  a-alasukataruki-tona8.jpg


お部屋はね、狭かったですー。(〃゚д゚;


登山家たちが宿泊や休憩をしたり、食事を摂ったり


…の目的で造られたモーテルですから。


シャワーはバスタブなし。


お世辞にもきれいとは言えないモーテルですが、不潔な感じはなかったし、


狭いこと以外は文句はないホテルです。(^_^)


アラスカにしたら宿泊料金は安かったですしね。一部屋1泊で70ドル+TAXでした。(アラスカは全体に宿泊費が高いんですー)


   a-alasukataruki-tona4.jpg


タルキートナのダウンタウンにタルキートナ歴史博物館 ↑があります。


ここには植村直己に関する展示があるんですね。(^○^)


a-alasukataruki-tona5.jpg


植村直己 白き峰に燃ゆ


ステキですねー。(*゚v゚*)


植村直己の冒険、登山について英語で説明が書いてありました。


「植村はついに帰らなかった」で始まるんですね。


1984年2月に世界初のマッキンリー厳冬期単独登頂に成功した植村直己。


その3日後に植村と思われる人物が手を振っているのが確認されましたが、


その後の消息がとだえ、遺体もまだ見つかっていないそうです。


a-alasukataruki-tona6.jpg


43歳で亡くなった植村直己。


この写真はちょっと若い頃の写真ですね? きっと。


素敵な笑顔ですねー。(=^▽^=)



   【おまけ】


このあたりの禁煙マークはかわいいんですよー。(@⌒ο⌒@)b


a-alasukataruki-tona9.jpg


ね? かわいいでしょー? これ ↑ がそうなんですよ。


NO PUFFINですって。ヾ(>▽<) キャハハー


PUFFIN(パフィン)っていうのは鳥なんですね。


日本名はニシツノメドリっていう、ちょっとお顔の変わった鳥さんです。


アラスカのスワードやアンカレジ周辺にたくさんいるんですね。


なぜNO SMOKING!ではなくNO PUFFINなんでしょうねぇ。( ̄ー ̄?)


レストランのウェィトレスさんに聞いてみたんだけど、


「さぁ、このあたりでは禁煙マークはこれが定番ね」とのお返事。


地元の方もなぜパフィンなのかよくわかってないのかな?( ̄∇ ̄?)


パフィンが煙草を吸うなんて…。


ちょっとヘンテコな想定ですよね〜。


でも、ま、かわいいし、あまり深く考えないでおきましょう。(*^^*)


   追記

コメントでこの煙草を吸うパフィンの意味を教えてくださいました!(By ノリコさん)

 こちらの記事 ↓ に書いてますので見てくださいね〜♪
    貴重な情報をありがとう! コメントは偉大だ! 



さてっ!


次回はフライトシーイングでマッキンリー山に接近します! (*゚▽゚)ノ


えいと@夫妻のアラスカ旅行のハイライトといってもいいくらい感激的な景色の写真をUPしますね〜。


ぜひ! 見に来てくださいね〜♪ (o⌒∇⌒o)/



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

2007年09月20日

感激! 植村直己の眠るマッキンリーに小型飛行機で接近!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はアラスカ Mount McKinleyの美しい景色をお送りします。(*゚▽゚)ノ


アラスカ Mount McKinleyは北米の最高峰。標高は6194メートルです。高いですねー。


そしてここは植村直己が永遠の眠りについた地でもあるんですね。

関連記事はこちらを見てくださいね♪ → 植村直己よ永遠に…アラスカ タルキートナ


さて。ここデナリ公園一帯は山岳地方でお天気が非常に変わりやすく、


マッキンリーがクリアーに臨めるのは20%以下であると聞きます。


雨が降らなくても雲に隠れてなかなかその姿を見せてくれない…ということらしいんですね。(゚^ ゚ ;)


しかしっ!


なんとラッキーなことに、えいと@夫妻がタルキートナに滞在した日は、


こんなクリアーな日はめったにない! (@∇@)


…と地元の方が絶賛するくらいの快晴でありました。(/^▽^)/ ヤッター


このアラスカ旅行は全ての訪問先がハイライトなのですが、


その中でも特に!!! スペシャルハイライト!!! (≧∇≦) がここマッキンリーだったわけなんですねー。


さて、そのスペシャルハイライトなマッキンリー。


えいと@夫妻はフライトシーィング(遊覧飛行)にチャレンジしたんですねー。(^∇^)


小型飛行機に乗っていざ! マッキンリーへ!!! \(^▽^)/


a-makkinnri-2.jpg


Mount McKinleyはデナリ公園とタルキートナのほぼ中間に位置し、


電車もバスも車も通れないような、湿地帯の奥に凛とそびえ立っている山なんですね。


   a-makkinnri-1.jpg


小型飛行機で30分程湿地帯の上空を飛んでいましたが、


向こうの方 ↑ に見えてきましたよー。マッキンリーがっ!!!!! (◎◎ゞ)


a-makkinnri-4.jpg


標高が違うと残雪もぜんぜん違うんですねぇ〜。↑


a-makkinnri-3.jpg


    これ ↑ は氷河の痕跡ですね。


    氷河がたどった道筋がくっきりとわかります。


   a-makkinnri-8.jpg


さあ! いよいよ小型飛行機はマッキンリーに接近して行きます! ↑


a-makkinnri-11.jpg


雪がとってもきれいですよねー。↑ サラサラの雪質っぽい感じですねー。(゚∇゚)


a-makkinnri-6.jpg


小型の飛行機なのでかなーりマッキンリーに近よってのフライトです!↑


もう手が届きそう〜〜〜。。。( ̄▽ ̄)ノ…そんなわけはありませんが。(=^‥^A


   a-makkinnri-9.jpg


山頂付近はこんな風になってるんですねー。すごい切り立った感じの山ですね〜! w(*゚o゚*)w


こんなすごい山に登るなんて…。登山家ってすごい!ですよねー。(-_-)ウーム


a-makkinnri-5.jpg


植村直己が眠るマッキンリーを上空からこんなに間近にクリアーに観ることができて、


本当に本当に感激!!!!! (;∇;) でありました!



次回はマッキンリー近くの山の氷河の上に立つ!


そしてマッキンリーのクレバスの様子をお送りしますね〜。


ぜひ! 見に来てくださいまし〜。(●⌒∇⌒●)ノ



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。