2007年08月24日

マタヌスカ氷河の上を歩く!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りいたしておりますえいと@のアラスカ紀行。
(今までの記事はこちら→【アメリカ的生活 旅行アラスカ編】をご覧くださいね♪)


さて、今回は歩くことができる氷河、マタヌスカ氷河であります。(^-^)


アンカレジから102マイル(約165キロ)ほど東に走ると、


マタヌスカ氷河が見えて来ます。


a-madanusuka1.jpg


ここ ↑ は氷河の上を歩けるらしいんですが、


地球の○○方によりますと…。


入場料一人5ドルを支払い、ゲートをくぐって氷河近くの駐車場に車を停めたら歩くのは自由。


ただし、氷河の上は多数のクレバスがあり、個人でウロウロするのはおすすめしない。(クレバスに落ちても誰も助けてくれない。)


氷河トレッキングを遂行している会社があるので、専門ガイドをつけて歩いた方がいい。



…なんて恐ろしいこと (; ̄Д ̄) が書いてあるんですね〜。(ちなみに原文そのまま ↑ です)


なのでツアーに参加しようかな〜っと思いB&Bのお母さんに相談したんですよ。


そしたら「道しるべがあるからガイドをつけなくても大丈夫。


あまり奥の方に行かなければ平気よ、私も行ったわよ、夫と二人で。」c(゚ー゚*)


…って教えてくださったんですよね。


なーんだ。ガイドブックでは絶対に危険!!!…って思わせる書き方ですよねぇ〜。(・Θ・;)


じゃ、二人で行こうか〜ってことになりまして。


歩いて来ました! マタヌスカ氷河を!!! (^▽^)/


マタヌスカ氷河の入り口はひじょーにわかりにくかったですねぇ〜。


一度、通り過ぎちゃいました。(〜д〜*)


こりゃどう考えても行き過ぎやろ〜…ってUターンして戻り、


ここかな????? (?_?) …っていう坂を降りて行くと…。


a-matanusuka14.jpg


奥にぽつんとこういう建物 ↑ が…。


一見普通の民家?…って思わせるような感じでしたが。


とりあえず入って行くと、ここが入り口の受付でありましたね。


ヒジョーにわかりにくかったです〜。


…できたらさぁ。標識なり案内板なりを設置しといてちょーだい。(-。−;)


ところで、このマタヌスカ氷河の末端は個人の私有地なので、


入場料がいるんです。


地球の○○方には一人5ドルって書いてあったのに一人15ドルに値上がってましたよぉ〜。びっくり。(@Д@;


で、


ここで怪我をしても、身体障害者になっても、帰って来れなくなっても、死んじゃっても、責任はすべてあなたにありますよ〜。


…っていう何とも恐ろしげな誓約書にサインさせられます。(; ̄ー ̄A


a-matanusuka13.jpg


誓約書にサインをして入場料15ドル×2を支払いをすませた後、


こういうゲート ↑ をくぐってマタヌスカ氷河へへ向かいます! (*゚▽゚)ノ


a-madanusuak2.jpg


オレンジ色のコーンが道しるべになっています。(^_^)


   a-madanussuka7.jpg


氷河の端はやはりとけてますね〜。(-_-)


これもやはり地球温暖化の影響なんでしょうか…。


今から18000年前には60マイル(約100キロ)ほど先のパーマーという街までこの氷河があったそうなんですね〜。


a-madanusuka4.jpg


遠くから見てるのと、実際に歩くのとではぜんぜん違いますよぉ。


当たり前だけど、氷河って冷たいんです♪ (≧▽≦)キモチイイ〜


a-madanussuka12.jpg


気温はそんなに低くはないんだけど、空気がキーンとした感じでさわやか〜ないい気持ちでした。(゚▽゚=)


あ、そうそう!


氷河を歩く場合はサングラスは必須ですよ〜!


めっちゃ眩しいですから〜〜〜! (☆_☆)


   a-madanusuka3.jpg


ふと。10ミリレンズでえいと@の足を写してみる…。↑


足が長く見えるよーな気がしてなにげにうれしい…。(´∀`)


…って実際には長くないんですが…。(;^_^A


a-madanusuka6.jpg


奥の方に行くと、こんな風 ↑ にぬかるんでいるところがあちらこちらにあります。


ここは歩かない方がいいですね〜。


底なし沼…とまでは言いませんが、


足を踏み込んじゃうと、かなり沈むんですね〜。(゚_゚i)


下手したら靴が脱げちゃって帰りに難儀することになるかもしれません。


その上、こういうぬかるみでこけでもしたらめっちゃみじめですよ〜。(|||_|||)


足場が不安定なので、こういうところへは行かない方がいいですね〜。


…って、えいと@夫妻は行っちゃったんですね〜。Σ(|||▽||| )


戻るのに大変な思いをしました。(´Д`|||)


a-madanusuka9.jpg


a-madanusuka10.jpg


空と山と氷河のコントラストがとっても美しいですね〜。(*´∇`*)


でね。個人で行く場合、注意しなきゃいけないことは、


氷河があまりにきれいなもんで、ついついどんどん奥の方に行っちゃう…ってことなんですねぇ。


はた! (゚Д゚;) …と気づくと方向がわからなくなっちゃうんです。


どちらをみても真っ白な氷河ですからね〜。


えいと@夫妻は何とか戻ることができましたが…。ε=( ̄。 ̄;A(えいと@夫の野生のカンが働きました)


ガイドをつけない場合は方向は必ずチェックして、


まわりに誰もいなくなったら戻るようにした方が安全です。d( ̄  ̄)


道しるべのコーンはいつの間にかとぎれちゃってるんですもん。(+。+)


もっと奥に行きたい場合はガイド付きのツアーに参加した方がいいでしょうね〜。



…てなわけで。


一部ではありましたが氷河の上を歩いた!


…ってことで、えいと@夫妻は満足〜♪したのでありました〜。(⌒o⌒)b♪



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



       banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
    良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。