2007年08月23日

アラスカで一度絶滅した氷河期時代の生き残り【ジャコウウシ】


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りいたしておりますえいと@のアラスカ紀行。
(今までの記事はこちら→【アメリカ的生活 旅行アラスカ編】をご覧くださいね♪)


今回は氷河期時代からの生き残り、ジャコウウシについてであります。(^-^)


ジャコウウシ(ムスクオックス)は北極のツンドラ地帯に住み、−40度でも耐える毛皮におおわれている動物です。


かつてアラスカにも多く生息していましたが、


毛皮と食肉用として乱獲され、絶滅してしまったそうです。


乱獲しちゃうと…ダメですよね〜。(-_-;*)


で!


アラスカのアンカレジにはMUSK OX Farmがあるんです。


a-jyakouusi16.jpg


ここ ↑ は、絶滅してしまったジャコウウシの繁殖と研究のための牧場なんですね〜。


アラスカのジャコウウシが絶滅してしまったので、


グリーンランドからジャコウウシを連れて来て、ここで育ててるそうです。


そして成長したジャコウウシをアラスカの自然に帰す


…という活動をされているようです。


   a-jyakouusi10.jpg


彼女 ↑ が案内役をしてくれました。かわいいですね〜〜〜っ! =^-^=


まずはMuseumから案内してくれます。


a-jyakouusi1.jpg


オスとメスと比べると、だんぜんオスが大きいんですね。(*゚o゚*)


左がオス、右がメスです。


で、眼下腺や蹄腺から分泌する臭いのある分泌液をつけてマーキングをする習性があるそうです。


メスは交尾期に眼下腺からジャコウに似たニオイを分泌するそうですよ〜。


ジャコウウシの名前の由来は、このへんからきているようです。(*゚v゚*)


a-jyakouusi12.jpg


ジャコウウシの子供はこんな感じらしいですよ〜。(=^∇^=) カワイ〜


今は繁殖の時期じゃないようなんで、赤ちゃんジャコウウシを観ることはできませんでした。


a-jyakouusi9.jpg


これ ↑ はキブィウトと呼ばれる毛なんですが、


1頭のジャコウウシからほんのわずか、


しかも1年に1回しか取ることができない貴重な部分の毛らしいんですね。


a-jyakouusi14.jpg  a-jyakouusi15.jpg


そのキブィゥトエスキモーの手により、こういう製品に生まれ変わるのです。


これがね、ものすご〜〜〜くやわらかくて暖かいんですよ。(*´∇`*)


ただね。


お値段が高いんです。


右の帽子で2万円くらいだったと思います。


なぜ、そんなに高いのか。(゚.゚*)


案内してくれた彼女(上の写真のかわいい子♪)が説明してくれました。


それはキブィゥトという、ほんのわずかしか取れない貴重な毛であるとともに、


アンカレジ付近に住むエスキモー達の生活支援のためなんですね。


アンカレジ付近に住むエスキモー達は、ジャコウウシの毛を紡いで毛糸製品を作ったり、


川の魚を捕って生活してるそうです。


ただ単に高価なのではなく、理由があるんですね〜。(^○^)



さて。


いよいよ牧場に案内してもらいます。


a-jyakouusi2.jpg


     けっこう広いですよ〜。(⌒▽⌒)b


   a-jyakouusi5.jpg


何だか、みなさん、だれておりますねぇ〜。(;^_^A


そうなんです。


ジャコウウシは北極圏に生息する動物です。


この時期(7月)のアンカレジは暑い時には気温が摂氏20度くらいになるので、


ジャコウウシにとってはうだるような暑さなんですねぇ〜。


   a-jyakouusi3.jpg


でも、中にはこうやって活発(?)に動いてる子もいましたよ〜。


   a-jyakouusi6.jpg


なんだかがおさげのようでかわいいですねぇ〜。(=´∇`=)


ジャコウウシの角はおそろしく尖ってるため、


こうやって先っちょをカットしてるんですねぇ〜。


a-jyakouusi13.jpg


これ ↑ は他の博物館にあったジャコウウシの剥製ですけど、


角が尖ってて危険なので、ワインのコルクをはめてありましたもんねぇ〜。


a-jyakouusu8.jpg


ジャコウウシの瞳 ↑ であります。剥製のじゃなく生きてるジャコウウシの瞳であります。


優しい目ですね〜。(o^-^o)



人間は武器を持つことで、多くの動物を絶滅の危機に追い込んできました。


人間が生きて行くため、動物を捕獲することは必要なことでしょう。


でも乱獲することで数を極端に減らしてしまっては、


もとの数にもどすことはかなり困難なことです。


動物の数を人間がコントロールするって傲慢なことかもしれませんが、


絶滅危惧種は保護するしか方法がないんですね。


このジャコウウシの牧場を見学して、


人間と野生動物の共存についていろいろ考えさせられました。(-_-)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



       banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
    良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。