2007年08月21日

驚き! こんなトンネルはじめて!!!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りいたしておりますえいと@のアラスカ紀行。
(今までの記事はこちら→【アメリカ的生活 旅行アラスカ編】をご覧くださいね♪)



さて。


今回はポーテージとウィッティアを結ぶトンネルについてであります。(^-^)


トンネルぅ〜? 普通じゃん? σ(゚・゚*)


…って思われますぅ?


(* ̄∀ ̄)"b" チッチッチッ


それがねぇ〜。ちょっと変わったトンネルなんでありますよぉ〜。


ウィッティアといえばスワードと同じ港町。


インサイドパッセージを航海したクルーズ船の終着港なのであります。


セレブレティクルーズやホーランドアメリカはスワード港に、


プリンセスクルーズはウィッティア港に入港するのでありますねぇ。


で、アンカレジからそのウィッティアに車で行くには、


あるトンネルを通らなければ行くことが出来ないんですねぇ〜。


その、あるトンネル…っていうのがちょっと変わったトンネルなのであります。(>▽<)


a-ankareji-uittia1.jpg


アンカレジ方面からポーテージを越えると…。


a-ankareji-uittia2.jpg


何やら高速道路の料金所みたいなブースが…。(*゚o゚*)


そうなんです。


このトンネルは有料なんですねぇ〜。


往復で10ドルだったと思います。


で、お金を支払うと「1番に並んで」…って言われるんです。


1番? はいはい。1番ね。


a-ankareji-uittia3.jpg


車の種類によって並ぶレーンが決められてるようですね〜。


普通車は1番。トラックは○番。大型トレーラーは○番



…というように別れて停車します。


そして、待つんです。


え?


何をか…って? (?_?)


それはね。


対向車、またはアラスカ鉄道なんですよ〜。(^。^)


何ぃ〜っ? アラスカ鉄道ぉ〜〜〜? (゚д゚;)


…って思われるでしょ?


そうなんです。( ̄  ̄)b


アラスカ鉄道と車が同じトンネルを使う!


…っていうことなんですよ〜。


こんなトンネルはじめてです。(;^_^A


10分ほど待つと信号が青になりました。


a-ankareji-uittia4.jpg


1番レーンの車から順番にトンネルに入って行きます。


a-ankareji-uittia6.jpg


ほらね。線路がある ↑でしょう?


このトンネルは、ウィッティア行きの列車、ウィッティア行きの車、アンカレジ行きの列車、アンカレジ行きの車が交互に通るんですよね〜。


   a-ankarejiu-uittia7.jpg


線路の上を車が走る…ってなんかヘンテコな感じでしたね〜。(;゚∇゚)


線路の上にタイヤが来ると、ハンドルを取られる感じになるようなんで、(すべるんでしょうかね〜)


運転にちょっと神経を使うようです。(〃゚д゚;


前を走る車も、ちょっと線路とはずらして走ってますもんね〜。↓


a-ankareji-uittia8.jpg


5〜6分走ると出口が見えて来ましたよ〜。


a-ankareji-uittia9.jpg


無事通過〜〜〜♪ (≧▽≦)


帰りは30分くらい待たされちゃいましたね〜。(^_^;)


アラスカ鉄道が通る時間帯は、もっともっと待たされるようですよ〜。


貨物車も通りますからね〜。


貨物車ってめちゃくちゃ長いんですもん。(・・;)


アラスカ鉄道が通る時間帯は、時間をチェックしておかないと1時間以上も待たされることもあるようですよ〜。



とにかく…。


線路の上を車を走らすなんて…。


ちょっと一風変わったトンネルでした〜。(*゚▽゚)ノ



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



       banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
    良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。