2007年08月18日

かゆいところに手が届く感激のサービス! アンカレジのB&B


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りいたしておりますえいと@のアラスカ紀行。


今回はアンカレジでお世話になったB&Bについてであります。


皆さまはB&Bってご存知でしょうか?


B&B=Bed and Breakfastのことで、


朝食付きの宿泊施設であります。(^_^)


多くは家族で経営されていて、こじんまりしたペンションのようなものですね。


さて。


えいと@がアンカレジで宿泊したB&Bは…。


なんとっ!


日本人の方が経営されているB&Bなのであります! (*'∇'*)


a-annkarejiyado10.jpg


セレブレティクルーズでは英語攻めでけっこう疲れちゃったえいと@ |||(-_-;)||| (えいと@夫は平気であったらしい…クソォ)


やはり日本語が通じる…ってホッとします。ε=(´▽`)


お部屋はこんな感じ ↓ です。


a-annkarejiyado3.jpg


   a-annkarekoyado4.jpg


a-annkarejiyado2.jpg


ベッドルームの横にリビングがついてたんですけど、そこからの眺めがよかったですね〜。(^-^)


   a-annkarejiyado1.jpg


B&Bに到着して,シャワーをあびてホッとして窓の外を見ると、こんな ↑ きれいな景色が…。(=´∇`=)


アンカレジでは7月は白夜までにはならないにしろ、


かなり日照時間が長いんですね。


日が沈むのは午前2時〜4時くらいの間らしいんです。


この写真 ↑ を撮った時間は午前1時くらいです。


明るいですよね〜。(^○^)


えいと@夫妻はこのB&Bには3泊したんですが、はじめの2泊は景色のいい2階のお部屋を使わせていただきました。


3泊目は1階に移動 ↓ です。


a-annkarejiyado6.jpg


a-annkarejiyado9.jpg  a-annkarejiyado8.jpg


なんかすごく広いんですよね〜。特にBath Roomが…。(゚-゚;)


   a-annkarejiyado7.jpg


こんなに広いトイレ……。( ̄∇ ̄;)


まるで御殿のようであります。


なんだか長者どんなっちゃった気分でしたねぇ。(=^‥^A



さて。


B&Bは朝食がついてるんですよ。


Bed and Breakfastですからね。(⌒^⌒)b


でね!


でね!


a-annkarejiyado13.jpg


和食の朝食 ↑だったんですよぅ〜〜〜っ! (;∇;)


アメリカ生活をしてる えいと@夫妻にとってこんなにうれしいことはありませんでしたね〜!


焼いたシャケとか、おしたしとか…。梅干しにのりですよぉ〜〜〜。(T∇T)


翌日は納豆にししゃもの焼いたのもありましたぁ〜〜〜。(≧∇≦) ウレシイ〜!


こういう純日本的な食事ってアメリカに住んでる日本人にはめっちゃうれしいものなのであります。


このB&Bは【オッカー、オットーハウス】って名前なんですけど、


まさにお父さん、お母さんのようにお世話をしてくださるんです。


本当にすばらしいサービスであったんですよぉ! (=^▽^=)


駅や空港までの送迎はお父さん。


チェックイン、アウトの駅までの送迎だけでなく、


レンタカーを借りるために空港までの送迎もしてくださいました。


でね、お父さんは楽しい方で、いろいろお話をしてくださいましたよ〜。


20数年前にアラスカに来られたそうです。


アラスカの魅力に取り付かれた人ってアラスカに住んじゃう…っていいますけど、


このお父さんもそうなのかもしれませんね。(^-^)


でね。


えいと@が感激したのはお母さんのちょっとした心遣いなんですね〜。


例えば…。


えいと@夫妻はリカーショップでビールを買って冷蔵庫に冷やしておいたんです。


夜になってB&Bに帰って来て、さて、ビールを飲もうかな〜と冷蔵庫を開けると…。


グラスが冷やしてあるんですねぇ〜。(゚o゚*)


もう感激いたしました〜。(;▽;)


他には…。


3日目、えいと@夫妻はマタヌスカ氷河に行く予定をたてたんですね。


すると、お母さんは「あのへんは昼食を摂るところがないから」って言ってお弁当を持たせてくれたんですよ〜。


本当にレストランも何もなくって、なんとお弁当のありがたかったこと! (*゚▽゚*)


おいしくおいしくいただきました〜〜〜。(⌒¬⌒*)


4日目の朝にはタルキートナに向かうために


再びアラスカ鉄道に乗る予定だったんですが、


朝が早くて朝食を摂る時間がなかったんですね。


そしたら、またお弁当をこしらえてくださったんですよ〜。


「列車の中で食べてね」って。


何というすばらしいサービスでしょう! (;▽;)


かゆいところに手が届いたサービス…って、こういうことをいうんだなぁ〜。


…って感激しまくりましたね〜。(*´∇`*)


日本人ならではの細やかな心遣いですよね。


オッカー、オットーハウスのお父さん、お母さん。


本当にありがとうございました!
<(_ _)>


いつの日か、またアンカレジに行く時には絶対に泊まりにいかせていただきます〜! ヽ(゚▽゚*)


皆さまもぜひ! アンカレジに宿泊される時には、


オッカー、オットーハウスがおススメですよ〜! (^▽^)/


 メール mseanc☆alaska.net  ☆を@に変換してくださいね♪
 電話 (907)276-2033
 FAX (907) 276-3805
  (日本語OKです〜♪)


最後にお二人のお写真を…。(*^^*)


a-annkarejiyado5.jpg


 (ブログに写真を載せてもいいよって許可をいただきました〜♪)



それではまた〜〜〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



       banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
    良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)


posted by えいと@ at 09:54| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。