2007年08月06日

ゴールドラッシュにタイムスリップ! ホワイトパス&ユーコン鉄道に乗る!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


皆さまはゴールドラッシュってご存知でしょうか? ( ・◇・)b


が発見された土地へ金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者が殺到することであります。


アメリカでは1840年代にカリフォルニア州、1850年代にコロラド州、


1870年代にサウスダコタ州、そして1899年にアラスカ州
などで起きたようです。


そしてカナダ ユーコン準州では1896年代にゴールドラッシュを迎えました。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照)


アラスカクルーズの3番目の寄港地、スキャグウェイは、


かつてゴールドラッシュ時代に金採掘者を運ぶ旅客列車 及び貨車


として使われていたWhite Pass & Yukon Routeのアメリカ側の終点駅なのであります。


insaidopasse-jitizu .jpg


   地図で示すとスキャグウェイはここ ↑ です。
         (クリックで拡大します)


   yu-konntetudoumappu.jpg


ホワイトパス駅〜スキャグウェイ駅20.4マイル(約33キロ)の道のりです。↑(クリックで拡大します)


a-yu-kontetudou1.jpg


現在は観光の列車として、このホワイトパス&ユーコン鉄道は走っています。


a-yu-kontetudou9.jpg


     列車の中はこんな感じ ↑ ↓ です。(^-^)


   a-yu-kontetudou7.jpg


7月でも寒い地域なので石炭ストーブ ↑がたかれていました。


a-yu-kontetudou8 .jpg


車掌さんが乗車券のチェックにやって来ます。


その後に入国審査の係員がパスポートチェックに来るんですねぇ。


…っていうのは、この鉄道の終点駅、ホワイトパス駅はカナダにあるんですね。


このエクスカーションは列車で往復するパターンと、


片道をバスで走ってホワイトパスまで観光しながら行き、片道列車という2パターンがあるんです。


バスの場合はカナダに出国し、再びアメリカに入国ということになるのでパスポートチェックが必要なんですね〜。


往復列車の場合は下車しないようなのでパスポートの提示は不要のようです。


a-yu-kontetudou2.jpg


山の中腹の絶壁を走る、このホワイトパス&ユーコン鉄道。


なかなかスリリングな2時間でありましたよ〜。


   a-yu-kontetudou3.jpg


左側は手を伸ばせは接触するくらい岩に近いので、


あまり身を乗り出して写真を撮るのはとっても危険でありました〜。(^o^;)


何度かおっと危ない!…って思うことがありましたもん。(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆


客車は窓が開かないので、写真を撮りたい えいと@は2時間この場所 ↓ にいたんですよね〜。


   a-yu-kontetudou4.jpg


ここ ↑ は客車の接続部分です。


はっきり言ってかな〜り寒かった!!!ですよぉ〜。(((p(>◇<)q))) サム〜


でも、そのおかげできれいな写真がたくさん撮れたので、よしとしましょう。(*^^*)


   a-yu-kontetudou11.jpg
   

a-yu-kontetudou12.jpg


きれいでしょう? (*゚v゚*)


スカッと晴れてたらもっともっときれいだったんですけどね〜。


古い列車に乗って、ゴールドラッシュ時代にタイムスリップしたような、


そんな楽しい2時間の列車の旅でありました〜。(=^▽^=)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



       banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
     愛の揺れるハート2ぽち☆↑ での応援が励みになります〜♪電車



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。