2007年08月05日

アラスカで氷河を観る!(ジュノー編)


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


さて、今回はアラスカ インサイドパッセージのジュノーで観た氷河の写真をご紹介しますね〜。(=^▽^=)ノ


昨日の記事のPhoto Safariの後半は、


氷河の近くまで伸びているトレイルを歩く!


…でありました。(昨日の記事はこちらを見てくださいね♪)


昨日に記事に書いたように、ジュノーは雨が多いのでありまして。


えいと@が歩いた日も小雨模様でありました。(゚・゚*)


おかげで暑くないトレイル散策ではありましたけどね〜。


   a-jyuno-hyouga11.jpg


さて、トレイルをどんどん奥に進んで行きますと…。


a-jyuno-hyouga2.jpg


じゃん! これ ↑ はメンデンホール氷河(Mendenhall Glacier)であります。(^▽^)/


このメンデンホール氷河は空港や港、ダウンタウンから近く、


ハイキングトレイルがあるので、氷河をかなり近くで観ることが出来るのであります。


メンデンホール氷河は、ジュノー・アイスフィールドから流れ出てメンデンホール湖へ。


その規模は、全長19.3km、先端の幅2.4km、湖面上の氷壁の高さ30.4mであります。


a-jyuno-hyouga6.jpg


a-jyuno-hyouga5.jpg


氷河の表面ってこんなになってるんですね〜。(*゚o゚*)


デコボコでギザギザなんですね〜。


氷河が青く見えるのは、


太陽の光が氷河を通過して我々の目に入るまでに、青色以外の色が吸収されてしまうらしいんですね〜。


吸収されにくい青色が残って、こんな風に見える…ということらしいです。(*゚v゚*)



a-jyuno-hyouga4.jpg


さて、世界中に氷河は数多くありますが、


後退している氷河ばかりではなく、


実は前進している氷河もあるんですね。


地球温暖化が叫ばれていろいろ問題になっていますが、


氷河に関しては温暖化だけが原因ではなさそうです。↓
 http://www.npo-glacier.net/dictionary/index.html#retreat
 http://www.lowtem.hokudai.ac.jp/kyoudou/report/H14/2AniyaMasamu-report.html


短いスパンで考えると温暖化の影響を受けて後退していると考えられるんでしょうけど、


地球をひとつの生命として考えると氷河の前進や後退は活動のサイクルであると考えられているようです。



…ちょっと難しいことを書いちゃいましたが…。(*^.^*)


とにかく! 


間近にこんな大自然を観ることができて感激ものでした〜。(*´∇`*)


アラスカにはこのメンデンホール氷河をはじめ数多くの氷河があります。


氷河の上を歩く!…なんていう経験もしちゃいましたよ〜。(⌒∇⌒)b


それについてはまた後ほど記事にUPいたしますね〜♪



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



       banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
     愛の揺れるハート2ぽち☆↑ での応援が励みになります〜♪わーい(嬉しい顔)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。