2007年05月08日

【過去の太陽】のクールな眼差し


昨日の記事で太陽の塔には【4つの顔】があることを書きました。
(詳しくはこちらの記事→ 4つの顔を持つ太陽 を見てね♪)


その記事で たまてんさんが、


過去の太陽は、様々な戦争の過去を嘆いているのでしょうか。


暗く長い時代がどういうものだったのか、考えさせられます。



…というコメントを書いてくださいました。


この【過去の太陽の顔】はどういう意味を持つんだろう…。


…って考えてみました。



  j-taiyounotou20.jpg


   これ ↑ が過去の太陽です。


太古の太陽は別にあるようなので、(HP【太陽の塔】参照)


この過去の太陽は人類が誕生した後の太陽であると思います。


j-taiyounotou23.jpg


過去の太陽は…。


目がつり上がって白目をむいているんですよね…。


すごくクールで冷ややかな眼差しです。


そして氷のように冷たい表情。


カラーは深い緑色…。


これはいったい何を言わんとしてるんでしょうか?


終わることのない争いごと、戦争に対しての怒りなんでしょうか?


それとも…。


太古の昔から生命を育んで来た地球を、


地球の歴史から見たら、ごくごく最近出現した人類が


地球を破壊しつつあることに怒りを表してる
んでしょうか?


j-taiyounotou21.jpg


表側は【現在の太陽】、そして裏側は【過去の太陽】。


表と裏にそれぞれの顔を置くことで、どんなメッセージを伝えたかったのか…。


4つの顔を比べてみると…。


【太古の太陽】はひょうきんな平和な表情をしています。
(参照させていただいたHPはリンクを貼っても飛ぶことが出来ません。興味のある方は『太陽の塔』で検索をして見てくださいね♪)


人類が誕生するまでの長い長い年月は、生命体のルールが守られてきました。


争いはあっても、それは自分の生命を守るため、生きるためであり、


私利私欲のための争いではなかったんですね。


なので【太古の太陽】の表情は穏やかなんじゃないかな…って思います。


【過去の太陽】は、刺すように冷たい表情です。


【現在の太陽】は見る角度によって


すねているような、怒っているような、泣いているような表情に見えます。


そして【未来の太陽】は…。


黄金色ではあるけれど 表情がつかめない感じがしますね〜。


私たちの母なる地球の未来…。どうなるんでしょう?


岡本太郎氏はものすごく強いメッセージを残してるように感じます。


皆さまはこの4つの顔を持つ太陽を見て、何かを感じられましたか…?


えいと@は今まで「変てこな顔やなぁ〜」としか思わなかったのに、


写真を撮ることでこんな風にいろいろ感じることが出来ました。


今後も、写真を撮りながらいろんなことに気づいていければいいな〜…って思います。



それではまた〜。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜  


      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
  愛の揺れるハート2ぽち☆↑ での応援 いつもありがとうございますひらめき


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。