2007年05月07日

4つの顔を持つ太陽


   万博記念公園の自然文化園の入り口の真正面に


   世間を見渡すようにそびえ立つ太陽の塔。


   故 岡本太郎氏の代表作です。
  

   太陽の塔は3つの顔を持っています。


   j-taiyounotou10.jpg



 お腹の真ん中にあるのが現在の太陽 ↑です。


 【現在の太陽】の顔は見る位置により表情が変化するんですよ〜。
お気楽写真館【表情が変化する!】←こちらをご覧くださいね〜♪)


 人によって感じ方はいろいろだと思いますが、


 えいと@は泣いているように見える太陽が強烈に印象に残りました。


   j-taiyounotou11.jpg


  黄金に輝く顔が未来の太陽 ↑です。


  未来がこの黄金の太陽のように輝き続けてくれることを願いますね〜。


j-taiyounotou14.jpg


 3つ目の顔は背中にあります。


 この背中の太陽は過去の太陽 ↑です。


 なぜ過去の太陽はこんなに無表情で冷たい印象があるんでしょう?


 そしてなぜ深い緑色なんでしょう?

  
 万博の守り神的な意味合いもあったようですが…。


 きっと岡本太郎氏には、いろんな考えが頭の中に渦巻いていたんでしょうね〜。




 ところで、太陽の塔にはもう一つの顔があるらしいんですよ〜。


 それは太古(地底)の太陽と呼ばれる太陽だそうです。


  万博博覧会が終了した後、
  当時兵庫県が新設する予定だった美術館に展示する
  …という理由で引き取ったものの、 
  美術館の話がぽしゃってしまいそのまま太陽は放置。
  管理すべき筈の兵庫県もその行方を全く把握していなく
  行方知れず
…ということのようです。
        (HP『太陽の塔』を参照させていただきました)


非常に残念ですね〜。


見たかったですねぇ。太古(地底)の太陽。 


岡本太郎氏が4つの太陽の中で最も気に入っていた太陽であったらしいんですね〜。



大阪吹田市の千里の象徴、太陽の塔。


過去も現在も、そしてこれからも、


日本、そして世界を4つの顔が見つめていくことでしょう。



     【おまけ】


えいと@が新しく購入したレンズで撮影した太陽の塔をもう少しご紹介しましょう〜♪ (o^∇^o)


   j-taiyounotou12.jpg


   j-taiyounotou13.jpg


  あと、もうひとつ。


  真後ろから見た太陽の塔の頭部 ↓です。(^-^)


   j-taiyounotou15.jpg


これ ↑ は日本庭園から撮影した写真で、


ちょうど建物の屋根から頭部だけがにょきと覗いていたんですね〜。


何だか鳩ぽっぽの頭みたいでかわいい〜って思いました〜。(=^▽^=)



それではまた〜。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜  


      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
  愛の揺れるハート2ぽち☆↑ での応援 いつもありがとうございますひらめき


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。